2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【野菊の墓】 澤井信一郎 【Wの悲劇】

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 22:13:43 ID:SbZOowhI
澤井信一郎監督を語ろう!!

澤井監督は、1938年8月16日生まれ。
1961年、東京外国語大学ドイツ科卒業。同年、東映入社。
入社後は、マキノ雅裕に師事。鈴木則文らにつき助監督の経験を20年余り積む、
その間に脚本・助監督を務めた「トラック野郎」が東映の看板シリーズとして5年間君臨した。
現在失われつつある撮影所で培われた映画表現手法と集団作業としての現場主義に基づく的確なプロの仕事ぶりに定評ある名匠。

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 22:15:45 ID:SbZOowhI
◆ 監督作品◆

野菊の墓 (1981)
Wの悲劇 (1984)
早春物語 (1985)
めぞん一刻 (1986)
恋人たちの時刻 (1987)
ラブ・ストーリーを君に (1988)
福沢諭吉 (1991)
わが愛の譜 滝廉太郎物語 (1993)
日本一短い「母」への手紙 (1995)
時雨の記 (1998)
仔犬ダンの物語 (2002)
17才〜旅立ちのふたり〜 (2003)

3 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 22:18:33 ID:SbZOowhI
最新著作『映画の呼吸 沢井信一郎の監督作法』

著者/訳者名 沢井信一郎/著 鈴木一誌/著
出版社名 ワイズ出版 (ISBN:4-89830-202-5)
発行年月 2006年10月
サイズ 462P 22cm
価格 3,990円(税込)


目次

第1部 撮影所渡世(カチンコさえなければ、いい職業なのに―助監督時代その一
早撮りと粘り―助監督時代その二 ほか)

第2部 監督のいる場所(現場百遍、監督第一作『野菊の墓』
『野菊の墓』を読み解く ほか)

第3部 映画作家という態度(マキノ雅弘に「小さくいけ」と言われた『早春物語』
映画界に入るまで ほか)

第4部 冷戦と昭和を超えて(『福沢諭吉』は、授業シーンをゆるがせにしない
シナリオ作りにおける笠原和夫との行き違い ほか)

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 23:39:05 ID:CjTUer9o
TV代表作 宇宙刑事シャイダー

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 23:39:46 ID:CjTUer9o
TV代表作 宇宙刑事シャイダー

6 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 23:44:39 ID:fnk1LVOO
シャイダーでは、「アニーにおまかせ」とかって歌も作詞してたような

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 03:05:23 ID:CAtMHupI
紫綬褒章受章も書いて欲しい。
福沢諭吉を撮ったのが大きいのかな。

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 00:39:10 ID:5/Ror3rj
ミニスカコスをしぶる森永奈緒美にアンダースコートを穿けば良いと提案しただけでも偉い。



9 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/20(水) 03:13:01 ID:s0CxS5+F
澤井監督が演出した回ではパンチラを恥ずかしがる仕草が見れ貴重。

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/21(木) 23:57:32 ID:Tk91o5At
実力あるのはわかるけどこっ恥ずかしい場面が多いよな。
意外と「17才」は良いと思ったけど。

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 17:33:33 ID:3+MJgwrw
ひとりしかいない悪寒wwwwwwwwww



12 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 18:24:51 ID:jvHdDfGt
>>2
職人風なのに意外と寡作なんですよね。もちろん流れた映画も多いのだろうが、自分でも資質的に
処理できない企画は受けない人なのだろう。

>>8
シャイダーは第1話の監督だったので、この人が基礎を作った(TVシリーズは第
1話の監督がフォーマットを作る) 本編の合間にどうして引き受けたのか不明なTV作品が散見されるのが謎。
ttp://www.geocities.jp/kmkr_01/tv.sawai-shinichiro.html

>>10
澤井さんは、映画的な演技やリアリズムは作り物として照れずに俳優は
やるべきであると思っているんですよね。
作品数が少ないので、未ソフト化のTV作品を除けばコンプリートは割合に容易な監督。

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 22:51:08 ID:n78RUYzA
福沢諭吉で脚本の笠原和夫に「ドラマはいらない」なんて
失礼なこと言ってないんだって。

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 13:15:41 ID:RV3gkeDU
ケータイ、ネカフェも活用して
ひとりぼっちでがんばれ
wwwwwwwwwwwwwww

15 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/09(火) 05:20:16 ID:ZOq2tGv1
「福沢諭吉」をストローブ&ユイレに匹敵するとか言ってた人もいたな

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 04:34:05 ID:k9v8HvSu
んなわけない。
筒井は肯定派で梅本は(澤井の映画に)否定派。
俺は二人の見分けがつかない。

17 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/12(金) 06:17:57 ID:t87BsA4y
>>16
筒井とは筒井武文のことか? あの人は素が善人なので自分が観たものは割と何でも誉めるよ。
梅本はよく分からないが、否定派だったとは知らなかった。

>俺は二人の見分けがつかない。

そんなこともないでしょうw 

18 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 06:14:49 ID:z20mICw/
梅本は澤井の映画を「ワイラーに遠く及ばない」とか書いてた。

19 ::2007/01/13(土) 14:27:14 ID:bqaJDPfa
お、がんばってるな、よしよし
その調子だマッチポンプはげwwwwwww

引き続きがんばれ




20 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 14:41:01 ID:b0hf0bDA
ルックスは知的な紳士風って感じだよね。
単純な見た目だけ見るとまとまな人って気はする。
ただやっぱり一部の評論家(山根、上野)連中は澤井映画を
過剰評価してると思うけどね。
あいつらは澤井だからという理由だけで誉めてる。
監督名だけでしか映画を評価しないからこいつらは信用できない。
話を戻すとWの悲劇は傑作だがこれが映画作家としてのピークだったのか?
これ以降は見るべき作品はないと思う。
最近のハロプロものだって昔の澤井だったらもうちょっとキチっと
撮ったはず。
滝廉太郎物語は退屈なだけだったしこれこそ過剰評価以外なにものでもない
と思うけどなあ。

21 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 21:29:20 ID:i02zHLE7
>>Wの悲劇は傑作だが

お前の評価が全く当てにならないことは分かった

22 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 13:57:46 ID:d16Kh7Zb
ブックオフで文庫本5冊105円コーナーを漁ってたら
渡辺典子が表紙の「恋人たちの時刻」初版を発見。
文庫出てから降板とはタチ悪いな。
河合美智子で正解だったけど。





23 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/20(土) 05:33:46 ID:DX1Sklfj
80年代の(邦画)監督は役者に恵まれなかったとつくづく思う。


24 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/21(日) 07:39:31 ID:k1c7PTxI
>>22
へー、角川文庫の表紙にまでなってたのか。<渡辺典子

シナリオの段階で脱ぐのは分かってたはずだし、
角川春樹だってOKしてたはずだよね。
本人が最後まで踏ん切りがつかなかったのかなあ。


25 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 11:43:26 ID:PJtwZKJW
角川文庫は題名が決まったくらいの段階で、写真表紙にしていた。
当然スチルもないので、前の映画のスチルを流用していたね。
「蘇える金狼」は「殺人遊戯」から、とか。
そして、メインビジュアルが決定してからは差し替えていく。
三人娘の表紙も、異装版がよくあった。

26 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 12:33:48 ID:3SPDWxaY
同じ作家の「恋人たちの季節」という作品集も発見。
それも表紙は渡辺典子www
86年の秋の時点ではまだ渡辺主演で進んでた模様。
どーでもいいトリビアでした。

27 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/26(金) 03:42:13 ID:+L9EpLxS
「めぞん一刻」
映画的には正統派だが原作とはズレまくり…みたいな作品かと思って観てみたら


なんじゃこりゃ?

28 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/30(火) 06:47:36 ID:h2ujIdsv
相米の失敗作っぽくてそんなに悪くないよ

29 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/31(水) 05:14:43 ID:k0NuLvdl
良くも悪くも田中陽造

30 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/21(水) 14:10:26 ID:+OuqBImQ
「蒼き狼」を見たが……当然ながら澤井らしさは希薄。
どうして引き受けてしまったのか。
ギャラ以外に、澤井としては得るところはなかったのではないか。

31 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/21(水) 14:37:26 ID:BYgzia21
春樹のチーフ助監督やれる人間が澤井しかいなかったんだろう

32 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/21(水) 15:03:41 ID:+OuqBImQ
>>31
うまいね。春樹の脳内では、確かに助監督くらいのつもりなんだろう。
ラストの27,000人を集めたモブシーンを春樹は実際に演出してるが、
ホントは自分で全部監督したかったんだろう。
プレスシートでは澤井の記述はほとんどない。写真は一枚もなし。
澤井のドラマ部分はA班、原田徹のアクション場面がB班、それと仏田弘のVFXと、
完全に分けて、春樹総監督のつもりなんだろう。

33 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/21(水) 18:07:17 ID:AwcSNk0D
「野菊の墓」、聖子のためのアイドル映画かと思って観たけど、丁寧に作られた良い映画でしたね。
安曇野の景色が綺麗で切なさ倍増しました。

34 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/26(月) 19:45:11 ID:P+Fv6lds
3月の衛星劇場で「蒼き狼」公開記念・澤井信一郎特集

恋人たちの時刻
早春物語
野菊の墓

35 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 23:27:58 ID:9Rrgn1TM
チャンネルNECOのおすぎとの対談で、春樹「一応澤井ショットと角川ショット撮るけど
編集権は自分だから結局澤井ショットは使わないわけだ」
メイキングにチラッと映ってた澤井監督かわいそ〜。

36 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/06(火) 18:54:16 ID:MwgTuH3D
澤井さんの魅力ってどの辺りですか?
手堅い演出、安定した画面作り、テーマ希薄といったところなんですか?
よく分からない。


37 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 00:15:09 ID:RDXuNWGu
「恋人たちの時刻」は河合美智子を思いっきり脱がせてるな。
20歳くらいの女の子がここまで裸を晒した映画(AV除く)は
いまでは皆無に近いのでは。
あと、北海道の風景がよく捉えられている。主役2人の演技下手が惜しい。

38 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 20:50:44 ID:RVh0haar
男のストーカー願望が結実したような映画だね。
あんまり意味深に捕らえないほうがいい映画。

39 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/10(土) 12:17:25 ID:31xrNFTr
>>33
>「野菊の墓」、聖子のためのアイドル映画かと思って観たけど、丁寧に作られた良い映画でしたね。

  100%同感。小道具への目配りも行き届いているし、意外な名作かも。

40 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/10(土) 18:43:30 ID:wsm+ySTd
「蒼き狼」は澤井信一郎の黒歴史となりますた・・・。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)