2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

八甲田山

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/29(日) 19:38:46 ID:OmjrnnPm
あーーーー唄いてぇ

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/29(日) 19:45:21 ID:OmjrnnPm
雪の進軍
 
一番 雪の進軍氷をふんで どれが河やら道さえ知れず 馬は斃れる捨ててもおけず
    此処は何処ぞ皆敵の国 ままよ大胆一服やれば 頼みすくなや煙草が二本

二番 焼かぬ乾物に半煮え飯に なまじ生命のある其のうちは こらえ切れない寒さの焚火
    煙いはずだよ生木が燻る 渋い顔して功名談 すいというのは梅干一つ

三番 着のみ着のまま気楽なふしど 背嚢袋に外套かぶりゃ 背の温みで雪解けかかる
    夜具の黍殻シッポリ濡れて 結びかねたる露営の夢を 月は冷たく顔覗きこむ

四番 命捧げて出てきた身ゆえ 死ぬる覚悟で突喊すれど 武運拙なく討死せねば
    義理にからめた恤兵真綿 そろりそろりと頚締めかかる どうせ生かして還さぬ積り



3 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/29(日) 20:03:34 ID:5K+nRp2X
またか

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/30(月) 20:09:36 ID:kEqEAVFh
事件当時とほぼ同じ服装でロケしたから
本当に遭難しかけた

と大竹まことが言ってた気がする。

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 20:54:26 ID:ff+Q0ZKL
あまりの厳しさに、東京へ逃げ帰った俳優も......


6 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 21:17:52 ID:lF0KPhoh
>>2
映画では、”どこが河やら―”と唄ってた希ガス

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 16:55:37 ID:xjztUaCL
凍り付いた斜面を登ってくシーンと立ったまま野宿しているシーンで
一人、また一人と倒れていくところが印象に残ってます。
邦画で傑作と思う作品のひとつですね。


8 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 21:39:17 ID:OUoRBztg
雪中を歩き回るだけの映画なんだけど、何度見ても引き込まれてしまう。

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/02(木) 22:53:34 ID:7HM3YavZ
>>2
何処が川原や一切知れず

だとず〜うっと思ってた。

>>7
まったく同感。今作ると今風のしらこい映画になりそう。
あのときのスタッフ・俳優陣だからあの雰囲気が出せた。

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/03(金) 06:51:04 ID:JuwYUu32
DVD で追加したシーンが画質違いすぎてワロス

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/03(金) 08:37:13 ID:UITOg0o+
真夏に見てよかった

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 21:02:53 ID:c9SIiw34
目標、1,000スレ突破!
「△△△△△八甲田山スレッド△△△△△」を追い抜け!

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/08(水) 21:55:53 ID:Gch+gP7X
あいつらまだ歩いてるんだろうなあ。

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/10(金) 19:22:39 ID:+qNlvyRf
>13
せっかく屯営まで帰ったのに、
津川連隊長に追い返されてちゃって・・・かわいそう

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/10(金) 21:16:14 ID:H+1zDhSb
>>13
あの遭難事件の後、吹雪の晩になると、青森5連隊の前まで行進音が聞こえた
そうだね。さ迷っているのかなぁ。

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/12(日) 06:35:48 ID:zKsT0aA/
陸軍第五連隊跡の学校(市立T中、県立A高)どっちも卒業した私が来ましたよ。
あ、ついでに、映画「八甲田山」はほぼT中の学区内が舞台です。
当初の目的地だった田代平に分校があったらしいです。

17 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/14(火) 06:18:31 ID:Hghw9iGx
>>16
お尋ねしますね。
その学校では遭難事件について何か教えていますか?
また、遺跡・資料の展示等はありますか?

18 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/14(火) 18:47:32 ID:0qW5q/kx
>>15 門の近くまでザッザッと軍靴を鳴らして遭難者一隊が吹雪の中現れたそうで、当時の兵士が
『ここは、貴様らの来る場所ではない!
演習訓練に戻れ!』
と、声を張り上げて命令したら
踵を返す音がして吹雪の向こうへ戻って行ったのを涙で見送った、というのを文献で読んだよ。
今でもあの季節には、ラッパの音や軍靴の音が聞こえるらしい・・・

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 21:47:13 ID:miZqeCEy
そういえば公開当時、どっかのTV番組で新田次郎先生が執筆中に"話掛けられた"と言ってたっけ。
「自分は**連隊の**であります」と声がしたので、過労で幻聴かと思ったら、文献にその名があったと言う..
>てか、皆さん話が怖い(^_^;)

20 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 21:53:51 ID:jHPGlhDr
おまいら、あきらめるな!
一歩一歩前へ進むんだ!

21 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 22:30:04 ID:miZqeCEy
ゆき〜のしんぐん・こおりをふんでぇ〜

22 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/17(金) 16:14:35 ID:Lm5asXfu
旅順で機関砲の前に突撃させられるのと
八甲田山雪中行軍ではどっちがマシだろう?

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/17(金) 21:58:36 ID:PQMryDuT
>>22
旅順の方が圧倒的に生還率高いと思うのは気のせい?

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 10:17:54 ID:N1TT8TLk
んんん、「二百三高地」?

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 00:04:40 ID:b8humoOW
高倉健と北大路欣也、かっこよかったなぁ。

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 18:26:58 ID:3fa39gNr
25に激しく同意

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 22:07:20 ID:M6+KLG55
「続、八甲田山」創ってけんろ
内容?生還者のその後ってところかな

28 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 22:24:16 ID:OI9dGWKE
>>27
シナノ企画で?

29 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 22:55:00 ID:7PnFVYN+
>>23
結果論としてはそういえるが、八甲田の大遭難は、何10年に一度の寒波が襲ってきた
から、あの結果になった。事前的な確率から言えば、旅順の方が危険度が高いと考え
る方が自然では。

30 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/22(水) 00:11:35 ID:8DsT60iz
ラスト近くの、徳島大尉が神田大尉の棺の前で泣くシーン。
何度観ても涙が出てしまう…。

31 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/22(水) 02:59:48 ID:DTOx7dOr
さて、そろそろ露営するか。

32 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/22(水) 03:07:29 ID:YX4C7Yvd
徳島大尉の少年時代の回想シーンに出てくる
古き良き日本の景色や風俗がたまらなく美しくて、
そんな時代の日本人と隔絶されてしまった現代人の自分がなにやら悲しく思えてきます。

33 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/24(金) 03:03:58 ID:viJRmGHC
木綿のシャツに小倉の軍服、ラシャの外套を重ね着、軍足(靴下)を2枚重ねて履き、
藁で編んだ雪靴を履いて、軍手を2枚着用。
そんな薄着で氷点下20℃にも達する冬山に入り込んだら、そりゃ死ぬ罠



34 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 18:10:36 ID:7mYcAEIz
凍傷に罹るってどんな感じ?

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 22:49:13 ID:w8NaQrWQ
そんでもって、予行演習の日が小春日よりで歩いていると汗が出るくらいだったというのが、また間が悪い。
偶然が重なるということが、あるんだよなあ。


36 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 14:58:55 ID:Mdnezhrc
最後の田茂木野集落で、村人たちが天候が荒れるから登るなと止めるのを田舎者呼ばわりしてバカにして強行したらしい。
まあ、自業自得ってとこだな。
部隊は宮城や福島出身者がほとんどで地元出身者が居なくて、八甲田山周辺の気象に疎かったらしい。
東北でも北と南では冬山の厳しさは大きく違うし、農民出身ばかりで山に慣れていなかったらしい。
ちなみに田茂木野集落には遺体安置所があったらしい。

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 15:01:09 ID:lA2TZWxI
λ....  

38 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/28(火) 16:36:48 ID:FtUjij3b
前、ドライブで銅像茶屋に立ち寄ったら遭難の経緯とか記録した本があって
興味津々で立ち読みしたんだが、パラパラっと捲って凍傷で腕や足が
無くなった兵隊さんの写真がすぐに目に入って欝になってすぐに戻したよ。

「〇〇第一露営地」やら「後藤伍長発見の地」やら道路沿いに
看板があるとこを見ると、昔からの道が今も使われてるんだね。
夜中はおっかなくて走りたくないなw

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 01:32:24 ID:U1Zgv3We
あいつら今夜も歩いてるのかなあ...

40 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 03:45:33 ID:w6K6dZbX
紅葉きれいかな?それとも、ゆきーのしん( ry

41 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 16:40:32 ID:7fnfD+jI
木村大作ってあんなにガラっぱちなのにキレイなカメラワークなのが不思議

42 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 15:44:45 ID:3Youzi2H
>>22
機関砲で撃たれて体穴だらけにされて
激痛の中死んでいくよりは
冷凍睡眠の中でゆったり死んでいくほうが
遙かにマシだろ。

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 17:55:31 ID:OQLIZo9z
またこの季節がやってきましたな。
そしてまた見たくなる予感

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 22:40:31 ID:3l6LegMJ
なんか、八甲田山で米兵ふたりが行方不明らしいと聞いてきてみたが、、、あんまし話題になってないね

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 23:46:57 ID:cCdGAJRy
つttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061203-00000089-jij-soci

46 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 00:21:20 ID:Lj1DS6Uv
>>43
去年のクリスマス・イブに、部屋で一人で夜通し「八甲田山」「タクシー・ドライバー」
「ブラザーサン・シスタームーン」と立て続けに見たら若干気が滅入った。

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 01:19:08 ID:14TTWKUG
>>46
イブに一人でそのチョイスはどうよw

48 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 18:32:52 ID:J05CBptp
同意W

49 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 20:06:20 ID:lSpni1b5
>>45

ニュー速+では、そのニュースで凄い盛り上がってたのなw

【社会】八甲田スキー場で不明の米兵2人、無事発見
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165201004/l50
【社会】八甲田スキー場で米兵2人遭難、スノーボードでコース外れる 青森 ★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165193379/l50
【社会】八甲田山で米兵2人遭難、スノーボードでコース外れる…青森
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165156900/l50

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/06(水) 04:07:18 ID:TZVNB3DM
凍死直前、体が熱くなって着ている服全部脱ぎだすという噂があったけど
それって信憑性はあるの?

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/06(水) 11:41:34 ID:3s38wHQE
帰還した兵士の証言を記録したノートがそっくり残ってる。
まあ、雪中行軍遭難事件は長年に渡って闇に葬られたも同然の状態だったがね。
でも、わざわざ掘り起こそうとした郷土史家が何人かいて、結局みんな財産食い潰したそう。
生き証人や遺族を探して歩いたり、陸軍関係の人物探しや図書館通い、資料集めなど、何も手掛かり無い状態で着手すれば、相当費用かさむ。青森からの交通費、滞在費用も馬鹿にならない。

十和田湖町(当時)にいた郷土史家の協力と、聞き書きを重ね世に出した原作者新田次郎の功績無しには「雪中行軍」発掘は語れない。
それと、映画八甲田山はやっぱり創価絡みで資金豊富だったが、原作に無くて映像化に必要な部分の考証には随分苦労したようだね。

52 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/07(木) 18:10:36 ID:ZXixoxjA
自分もT中出身です。
当時は第五連隊の兵舎をそのまま教室に使ってたので隣の教室と内装が違ったりしてました。
すごく古い建物で不便だとは思ったけど別段恐いと感じたことはありませんでしたよ


53 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/07(木) 23:19:58 ID:3ELipC2J
登山をする者から一言いわしてもらいと、実は薄着・厚着て問題よりも
”防水&防風対策”てことのほうが重要。
薄着でも服(特に下着)が濡れてなくて(雪&汗)、防風対策ができていれば
なんとかなる・・・氷点下20度・強風の状況でも
(ただし本人が”元気である”て条件がつくが)

54 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/09(土) 10:14:02 ID:6aUj8GjY
足先に唐辛子で、油紙で包んでた様な時代ですもんねぇ(^_^;)
山の神様に祟られる前に死にそう。

55 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/09(土) 22:43:35 ID:fV/NVXco
はっきょう打算

56 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 00:37:10 ID:r9y8A6tm
今夜も歩いてるんだろうなあ

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 06:52:57 ID:EyOjl21H
八甲田山の話をすると、一緒に「聖職の碑」を思い出すのですが、彼等が学校登山した山って何処か覚えてる人いますか?

58 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 14:33:28 ID:sXEjAQv7
>>57
木曽駒ヶ岳じゃなかったっけ。

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 18:54:53 ID:EyOjl21H
58さん、サンクスです。本屋で原作捜しても無いんで“?”ですた。
>八甲田の冬季踏覇もスゴイけど、3000m級の山に学校登山する信州人も並外れな気がしますw

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 23:09:23 ID:EJKOCvMb
この子達はぁ〜私のぉ〜命だぁ〜
せんせー!

61 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 04:05:13 ID:xuue76Bh
そろそろ小隊ごとに出発するか・・・

62 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 18:01:28 ID:YLHNeOzR
あんな立派な教師達も、今じゃ絶滅危惧種。
>さて、行きますか。

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 22:27:29 ID:Ky84X8Ff
>>52
あ、昔の筒井中出身者ですね。
私は昭和60年入学で、古い校舎は見たことありません。
新校舎の完成は昭和55年頃と聞いたような記憶がかすかにあるのですが。
自分は、あの斉藤仁を出した柔道部に所属しておりましたが、
柔道場、剣道場はかなり古い建物のようで、五連隊時代まで遡れるかもしれません。幸いにして怪談は聞かずに卒業しましたけど。
それと、筒中体育館向かいの官舎なんかが建っている辺に、陸軍病院があったそうです。

64 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 03:33:34 ID:T7EQpsFs
>>61
出発するでありますか?

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 21:05:36 ID:PJUgJRRY
>>59
千畳敷から2時間で頂上へいけるぜ。この山は小学生の遠足にぴったりだぞ

66 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 18:47:53 ID:MXPify8v
>>59ですが>>65さんへ
>え、そんなモノですか?ウチの周辺に高いyamaは1つしか無く、(1200m位)下から登ると4時間かかるんでそれから推測してましたw有名なyamaは登り易いのかぁ。

67 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 23:22:41 ID:++IRulZY
気が触れて雪山だっちゅうのに素っ裸になっちゃう兵隊さんが大竹まこと?

68 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 05:50:34 ID:2azhYmaR
>>67
その話はガセらしい

69 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 19:17:12 ID:15k/NiMC
冷え込んでくると観たくなる映画だな。

70 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 03:34:59 ID:uWe5wBTv
雪中で立小便をしてると、僅かな間に足元が凍り付いてしまって身動き出来なくなってしまう。
エキストラで参加した役者の中では、そうなったヤツをマヌケと皆で雪をぶつけたりして遊ぶのが流行ったが、
あるとき大竹が調子に乗って雪玉をぶつけまくったやつが振り返ると…

71 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 10:40:00 ID:0pNdda/V
それは大村千吉であった。

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 10:53:42 ID:uWe5wBTv
正解は、鬼の形相の緒形拳でしたw

73 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 14:05:43 ID:WgNTEg7N
緒形は冗談通じなさそうだなw

74 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 00:50:47 ID:WzHdvdpD
江藤伍長殿でありましたか!

75 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 01:19:22 ID:6zdg/Jrp
後藤伍長じゃなくて?

76 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 01:27:39 ID:WzHdvdpD
>>75
史実は後藤房之助伍長
映画は江藤伍長
後藤伍長は宮城県栗駒(現栗原市)出身
くりこま歴史伝承館ってとこで後藤伍長の展示やってた

77 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/19(火) 14:31:01 ID:pkQwV+cu
新田次郎の原作で「劍岳」というのがあって、それの映画化権を
新田の息子が持ってたのを木村大作が譲り受けて映画化する
という企画があるらしい。
衛星放送の「活動屋・木村大作の春夏秋冬」という番組の中で
木村が松竹の社長に売り込んでた。
監督は木村大作自身がやるらしい。


78 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/19(火) 18:29:45 ID:d8okYG1E
へー(*_*)

79 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/21(木) 20:56:18 ID:8AkDLvhK
大作、元気なうちに撮っちゃいなよ。東映ばっかじゃなくて松竹や
東宝の大作見たいよ。

「六甲山 死のバーベキュー」
この間25日間だったか六甲山で難して助かった男性、雪が無くて幸運
だったが焼肉のタレは生存と関係無かったって・・エバラ可哀想。

80 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/21(木) 21:58:55 ID:bz8Yid1Y
>>77
「剣岳 点の記」ですか?
剣岳に初登頂した陸軍測量部(今の国土地理院)の柴崎技官のお話ですね。
いい話ですが・・・

ただ、原作には少しファンタジーなシーンがあるので、そこをどう描くのかな?

81 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/21(木) 22:47:50 ID:8YtEf2Qi
天は我等を見放した! 神田大尉

82 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/21(木) 22:48:05 ID:Ce7qFdeA
>>67
CDサイズのケースのDVDの解説書に俳優の名前が書いてあったよ。
とりあえず大竹ではない。

83 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/24(日) 10:03:39 ID:ARMWmBjW
山行はいよいよ来月ですな。今頃は打ち合わせですかな。

84 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/24(日) 15:20:40 ID:0YSyTS65
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル >>83

85 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/25(月) 04:42:56 ID:fbDSAq6O
靴下に入れる唐辛子買ってこよーっと。

86 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/26(火) 00:15:26 ID:fTmtMg1m
懐炉に入れる桐灰も

87 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 11:04:01 ID:ZciqQTOn
吹雪いてきたな。山は荒れるぞ。

88 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 20:36:48 ID:psmxGmGI
大竹まことの台詞
「どうだっていいじゃねぇかそんなこと。
こっちは温泉にどっぶりつかってさぁ・・」
ソリをひく隊員のひとりでしたね。

89 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 22:25:55 ID:CzVrHcfd
大竹まことばっかり・・

90 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 23:03:32 ID:FOJ8u8f4
>>70-76
ぶつけるどころか棒立ち状態を後ろから蹴り倒したらしいぞwww
高倉、北大路、三国等の主要キャストは撮影現場まで雪上車で行ったが
エキストラは本当の雪中行軍状態でなおかつ彼らのブーツやコートは
特別性で暖かくエキストラの兵隊役たち物とは別物だったとか。
自分もカナダにオーロラを見に行った時に"二重底のブーツや特別性の
コート"を貸与されたがマイナス20℃でも全く寒くなかった。
グローブのみ"スキー用の物"だったようで手が悴んで辛かった。

91 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/29(金) 07:50:06 ID:q9oWfPfw
今日も吹雪くなぁ...

92 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/29(金) 18:32:25 ID:Z+yJ95Sn
>>91
里も大雪だべ

>>90
シャレにならんなwwリアル世界でも階級差別。そのエキストラ皆さんも今頃は重鎮になってたらいいな。

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/30(土) 21:07:41 ID:rjQrKasR
映画とはいえ、三国役の山田少佐に腹立ったw

94 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 03:27:46 ID:Be9WK6F0
中学の頃、同級生6人くらいで放課後渋谷まで見に行きました。
見終わると、全員三国に対して「あいつ許せない!ムキー」とか激怒したのを思い出しましたw

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 07:22:08 ID:ztQOA8vB
まあ、映画なんだからはっきり勧善懲悪わかるように
メリハリつけるだろうし。
書物によると実際の山口少佐(実名)はもう少しイイ人らしかったようだゾ。
八甲田の雪をナメてたという責は免れないが。

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 11:28:07 ID:rE/VwS68
>>93
> 映画とはいえ、三国役の山田少佐に腹立ったw
 
ちょっと待て、山田少佐役の三国じゃないのか?

97 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 19:16:27 ID:T6tzOCBO
>>93
>>96
なんか微笑ましいw

98 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/01(月) 01:45:37 ID:MPKLcrLa
役で「憎まれる」のは名優の証だね

99 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/03(水) 22:37:05 ID:N9Zrt7qc
「賽の河原を越えて」みたいなセリフが
何度か出てくるけど、賽の河原越えたら普通にあの世だよなぁ。
今より当時のほうがずっと迷信深かっただろうに
出発前に、この地名軽くヤバイとか思わなかったのかな。

100 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/04(木) 12:52:38 ID:43E1vwcw
けろろ軍曹

101 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/04(木) 21:15:23 ID:4CYUiVIZ
おらぁもう、ずぶんの考えでぇ歩ぐ!

102 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/05(金) 01:02:35 ID:GLeL0DLD
>>101
秋吉久美子が来るまで待て!

103 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/06(土) 19:57:20 ID:FJvawJUz
>>99
軍隊の行動を迷信ごときで変えることなじょ出来んわなW
やばいと思った兵隊もおったろうが

104 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/06(土) 21:58:53 ID:9E9O5tTA
爆弾低気圧ですね。

105 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/07(日) 12:30:53 ID:67qCNsYR
いつものことながら・・・

酸ヶ湯、積雪183cm。国内観測ポイント最大。


106 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/07(日) 13:34:16 ID:NsvRS93u
さーて、今日も歩くか

107 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/07(日) 13:44:45 ID:pbsLKbYk
関東は風強いけども雪さ無いわ、したっけ八甲田はしばれるべなぁ(元道産子)

108 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/07(日) 22:23:52 ID:mDpxBmol
志賀高原でスノーボーダー6人、遭難か
7日午後2時25分ごろ、長野県山ノ内町平穏の志賀高原・焼額山のスキー場へスノーボードに
出掛けていた岐阜県安八(あんぱち)町、安田智章さんの母親から、「『今、山の中でさまよって
いる』と息子からメールがあった」と110番通報があった。
中野署によると、行方が分からなくなったのは、安田さんら岐阜県から来た20歳代の男性らの
グループ6人。7日夕、このうちの1人と携帯電話で連絡がつき、同署は、その場で穴を掘って救
出を待つよう指示した。現場周辺は吹雪で、遭難対策協会関係者らが捜索している。


案内人を頼まないからこういうことになるのだ!!




109 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/08(月) 01:05:45 ID:KFq5Nms1
今日のプラネット・アース、
ペンギンの群れが歩く姿が、
八甲田山みたい、ってレスが多くてワロタ

110 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/08(月) 01:51:43 ID:MQQiIdeZ
村山伍長殿〜

111 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/08(月) 03:38:12 ID:IbR1ytVZ
>>108
だから秋吉久美子の到着を待てとあれほど...

112 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/08(月) 05:21:04 ID:UnRiz3M7
>108の遭難者は無事救助されたみたいだ。

白馬村の遭難者1名はまだ救助されていない…。


113 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/08(月) 22:01:38 ID:FHnrTrsy
>>108
>案内人を頼まないからこういうことになるのだ!!

お前は案内料が欲しくてそのような事を言っているのだろう?
戦地で案内人を頼む軍隊がどこにあるかッ!

114 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/09(火) 06:10:08 ID:S83WbA2Q
彼らにカップヌードルを喰わせてやりたかった。

115 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/09(火) 13:56:44 ID:KAuC/3wr
>>114
お前は案内料が欲しくてそんな事を言っておるんだろっっ!

116 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/09(火) 16:28:05 ID:OUjUsOne
天は我を見捨てたか...

117 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/10(水) 08:41:50 ID:DtxMm/e2
中高年の登山って迷惑だよね
団塊世代は頑固みたいだし
救助ヘリ代300万〜500万(一回で)だってね。

118 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/10(水) 09:09:30 ID:zehU28Hu
>>117
電車は止めても実際は損害賠償の請求されるのは少ないらしい。
電車賃は前払いだからこれは実費が発生してるからね。
友人の兄弟が山で遭難して救助費用の支払いが多額で大変だった
とぼやきいていた。

119 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/10(水) 21:27:11 ID:gGUEYped
ゴム長履いてれば助かりますかね。

120 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/10(水) 21:47:03 ID:DtxMm/e2
 

   ∧_∧
ミ    ( ´・ω・)  <ゴム長?どうだろ・・
    ⊂   ノ 
   ┠し'(_) 
  ≡   ┷┷    



121 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/10(水) 21:47:52 ID:DtxMm/e2
耳ずれた

122 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/10(水) 23:02:16 ID:sRwoXHMn
隊長、そろそろ野営を...

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 22:06:43 ID:P71T9ock
神田大尉!神田を呼べ!

124 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 19:47:06 ID:IluDXJal
青森湾だ・・

125 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 22:28:34 ID:D40UPJeE
馬立場はこっちだ。

126 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 22:31:45 ID:D40UPJeE
按木森山を右前方に見ながら、前進。

127 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/14(日) 01:50:14 ID:lxCpi046
雪中行軍を中止し、ただちに帰営をするっっ!

128 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/14(日) 15:11:08 ID:GLeL0DLD
ザックザックザックザック...

129 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/15(月) 07:18:12 ID:MwewGGCI
大尉、帰路が判りましたっ!

130 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/15(月) 10:59:00 ID:HyUDh/To
愛蔵版のDVDのレンタル在庫がある場所知らないですか?>日本全国どこでも結構です

131 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/15(月) 12:34:23 ID:nIz7xr9O
吹雪いて...前が...見えん...

132 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/15(月) 21:30:08 ID:48ALcHeU
>>129
進藤特務曹長が知っとる

133 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 18:52:51 ID:zB8cqIrg
>>132
部隊がパンパカしてしまうぞw

134 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 18:55:26 ID:zB8cqIrg
いち、に〜、さん、すぃ…
「あっ、今弟がっ!」

135 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 19:06:42 ID:zB8cqIrg
>>132
違った!道迷ったのは加島さんだ。失礼しました、ゴメンなさいm(_ _)m

136 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 22:30:54 ID:zB8cqIrg
>>130
auの携帯ショップサイトで検索したら、2004.6.23発売(監督 森谷史朗)てヒットしましたが、これは違いますか?
>こっちも面白そう。北部機動隊八甲田山踏破(ドキユメント)
あれ、写し間違ってたらスマソ

137 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 22:40:34 ID:Wf1iYNiT
>>135
あんちゃんがもっと早ぐレスすればよがったんだ〜!!
許すぃてくれ〜〜!!

138 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/16(火) 23:20:17 ID:HBjgutin
DVDいま観終わったけど、冒頭のシーンとか、全然違うタイプの映画なんだけど
「ピクニック・アット・ハンギングロック」って映画思い出した・・・
なんかカメラワークとか、建物の雰囲気とか不思議に似てる気がした
あっちは夏山の遭難でこっちは冬山だけどさー
大部隊のほうが門から出発するシーンが女子生徒達がが馬車で校門から出ていくシーン思い出したし
ラストに自害する将校が「ピクニック」で自殺する女校長とダブった。


139 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/17(水) 00:03:58 ID:tphxcOMh
>>90>>92
大竹まことが話していたね。緒方拳のブーツを借りて履いたら
全く別物だったとか。

140 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/17(水) 02:32:56 ID:oBL9S7QW
唐辛子が見づがらねぇ...靴に入れねば...

141 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/17(水) 21:07:35 ID:OKsLXR8L
Σ(゚д゚lll) 31連隊の計画書が!?

142 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/19(金) 18:58:59 ID:WFJvheK5
福島泰蔵大尉
「よく聞けい!明日早朝を期して十和田・八甲田に向け出発する、体調を万全に整えておけぃ!」

143 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/20(土) 06:25:29 ID:MqAk4CIR
福島隊、出発したらしいよ。

144 :大門 圭介:2007/01/20(土) 15:53:34 ID:msQxVerC
うむ。

145 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/20(土) 23:47:18 ID:ozCcR326
あちゃー、福島隊もう出ちゃったー?

146 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/21(日) 06:58:24 ID:/umaB41r
福島大尉
「今日は8km先の切明までだ!途中、琵琶平を通過するが冬の難所として恐れられた処だ、気を引き締めてゆけぃ!」

147 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/21(日) 16:59:25 ID:eCXduaSu
「軍歌、雪の進軍〜♪」

148 :大門 圭介:2007/01/21(日) 20:09:03 ID:fXhsDD7f
そうか。

149 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 01:41:32 ID:Smce71vd
ゆきーのしんぐん こおりをふんでー♪ ザックザックザックザック

150 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 06:42:47 ID:6ps0vPS6
福島大尉
「今日は銀山までの28km、ほとんどが急坂である。装備の点検を完璧にせよ!」


151 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 08:59:45 ID:elpfNkAE
軍歌 ウルトラ警備隊の歌〜♪

152 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 09:27:15 ID:BdAoKsz+
今年のような気候だったらあんな悲惨事にはならんかったろうに
合掌......

153 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 21:54:12 ID:g5lbF/BO
小峠までの予行演習では、あんな気候だったんだから油断は禁物だぞ。

154 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/22(月) 22:00:05 ID:Smce71vd
軍歌 風のフジ丸の主題歌ー!

155 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 04:14:14 ID:Xw8UojyA
この映画のなかでしょんべん漏らしただけで死んじゃった人が
いたけどあんなんで死ぬの?

156 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 06:24:42 ID:fXLzK1+d
福島大尉
「目的地は宇樽部だ、いいか、岩は凍っていて滑るゾ。湖畔の枯れヅルや木の枝を握って前進するんだ!」


157 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 10:04:32 ID:fd3Pt0RJ
凍死しちゃうんじゃない?オシッコで>>155

延々一人が書き込んでるのかしらセリフ書いてる人w

158 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 12:03:29 ID:X+Qw0trF
105年前の今頃
雪中行軍隊天候急変
今、引き返していればあんな事には…

159 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 17:55:50 ID:fXLzK1+d
今時分、先頭は馬立場あたりか?

160 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 18:54:00 ID:6YiIbrIr
子供の頃テレビで見てうろ覚えだけど、
手が凍ってそれが氷みたいにわれたシーンがあって大恐怖だった記憶がある・・・
そのせいでこれ観返す勇気がない。

161 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 18:57:42 ID:bzJ49xmH
そんなシーンあったっけ、、、忘れてもうた

162 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 19:58:58 ID:X+Qw0trF
>>161
映画には無いシーンなので
テレビドラマの方だと思われる
今頃はすでに大暴風雪の中死の彷徨中…


163 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 21:59:53 ID:BQkjSux7
ザックザックザックザック............ザックザックザックザック.........

164 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 23:19:06 ID:u1hsSxvb
田代への道が発見出来ません!!!

165 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 23:22:26 ID:X+Qw0trF
今の時間は第一屯営場所で雪壕を掘っている頃か
すでに凍傷になっている兵士もいただろう…

166 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 23:35:08 ID:oB4C0mka
この頃の日本映画って既に「時代を映像で再現する」という力を大きく失っていた頃だけど
八甲田山はそういう方面での破綻が少なくて安心して観られるね。
「現代」が画面に入って来にくい山奥が主体の映画でもあるし
麓の場面でも雪景色が現代色のカモフラージュに随分と役立っている。
ちょっと現代を感じさせるのは森田健作の髪型くらいだった記憶が。
それって記憶違いかな?森田も短髪にしてたっけ?

167 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/24(水) 00:18:37 ID:OuPFz0qx
毎年1月23日から数日実況中継が行われるなあ
もう少しすると「神田〜! 神田大尉を呼べ〜!」か?
(史実は「神成大尉」)

168 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/24(水) 06:08:33 ID:X6DAa9rY
>157
そうW
福島大尉
「各人、綱で腰をつなげ。前の者の足跡を見失うな!」

169 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/24(水) 08:35:20 ID:e5UCzGSl
雪山のロケはどこで撮ったのでしょう?とうほぐ?

170 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/24(水) 09:10:24 ID:Ugmh9nuP
>>169
冬の八甲田山中でリアル雪で撮影されました
かなり過酷なロケだったらしく
発狂して裸になる役者さんは大変だったらしい

171 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/24(水) 13:35:20 ID:slc3enN1
子供のときに見たが、神田大尉がもっとしっかりしてれば
こんなことにはならなかったろうに、と思ったもんだ。
あの場に大隊長がいても中隊の指揮権は、中隊長たる
彼にあるのだから。


172 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/24(水) 22:45:24 ID:X6DAa9rY
神田大尉
「やはり我が隊がいるのはここら辺りかと思われます。ここから脱出するには、この駒込川の支流に沿って西に進み・・・・
この付近で方向を変え、馬立場へ進む意外に方法がないと思われます」


173 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 00:38:34 ID:DO5ccGKn
そろそろ誰かが真っ裸になっているころ…

174 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 01:32:30 ID:U2LHLezh

「1月と2月の八甲田は
 一度踏み込んだら生きて帰れネェ。
 白い地獄だニ。」


今日(つか24日)
焼山→蔦→谷地→黒森→田代→峠茶屋→火箱沢林道→萱の茶屋→雲谷→青森
で走破してきた。


帰って来てからニュース見たら
・城ヶ倉大橋で30代の女性が落ちて救出された。
・黒石でパトカーが滑って信号機壊した。
だって。

城ヶ倉通って黒石に出れば良かったなぁ。(=´ω`=)


175 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 06:01:03 ID:/S5rMl9i
>>174
積雪量はどのくらいでじか?

176 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 06:30:43 ID:/S5rMl9i
神田「大隊長殿! 大隊長殿!!」
     と叫びながら山田の前に行く。
神田「このままの時間経由は、ますます多くの隊員を失う。歩いているほうがむしろ被害が少ない
   直ぐに出発させてください」
山田「いや、出発は明るくなるまで待て。昨晩は夜中に雪濠を出たのが間違いのもとだった・・・・
   同じ過ちを二度繰り返しては」
神田「(全身で叫ぶ)昨晩は夜明けまで待つべきでした。しかし現在の状況は違う!出発!出発させてください!」
倉田「そう興奮するな、神田大尉・・・・」
      神田。ハッとして倉田を見る。
倉田「(落ち着いた口調で)暗夜での帰路の発見は極めて可能性が少ない。明るくなってから出発しよう
   明日になれば風も雪も少しは収まるだろう」
      神田、暫く黙り込む。ちょっと頭を左右に振り、自分の場所へ帰り始める。その心の中の声。
神田(全く倉田大尉のいう通りだ・・・俺の頭は寒さと疲労のためにどうにか・・・それに何かもうひとつ・・・
   そうだ、三十一連隊の徳島隊だ)
神田、元の場所の元の位置に立つ。
神田(明日か、明後日には必ずやってくる・・・徳島隊がこの敗残部隊を見たら・・・いやなんといわれても・・・
   徳島大尉、徳島大尉に逢えば・・・生きる道がまた開ける)


177 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 12:27:25 ID:EIQU4InR
あ〜また見たくなった
今日DVD借りてこよう
でも今時期は競争率高いんだよね(+_+)

178 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 14:54:40 ID:b4YsZpro
>>170
レスアリガト、リアル八甲田か

>>174
城ヶ倉大橋?もしかして八甲田を彼方に望む近代的な釣り橋かな。
数年前の夏に橋から景色を眺めたような記憶が。
あそこ下までかなり距離あったわ。6階建てビルとかくらいの高さで
死にそうだな、落ちたら・・
近くに小さな温泉地があったんだな確か。



179 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 22:35:50 ID:/S5rMl9i
   そのブナの疎林を進んだ神田隊、横に広がり停止している。
        神田、倉田、山田以下立ち尽くし、一同は全く声もない。
        行手は鋭い急な斜面でとても上がることなど出来ない。
        山田、眼をつぶりふらっと倒れかかるが、なんとか耐える。
        神田、息を吐く、息を吸う、眼をつぶる。
        吹雪のおさまった疎林の中はシーンと静まり返っている。

神田「天は・・・天は我々を見は放した」
        血を吐くような悲痛な声が静かな疎林の中へひびく。

神田「(眼を開き)こうなったら露営地に引き返し、先に死んで逝った者と一緒に全員が死のうではないか!」
        と、神田の傍の長谷部が足許へ声もなく崩れ落ちる。
江藤「長谷部!(雪沓で肩を蹴るがもう全然動かない)」
        江藤、仕方なく銃を拾い枕許へ墓標のように逆さに突き立てる。
        倒れたのは長谷部だけではない。神田の声がまるで引き金のようになり、隊員が次々と倒れかかる。

倉田「(この有様に顔色を変え力一杯叫ぶ)帰路が発見出来たぞ!ここに高地のあることに依り、露営地の位置が
   分かったのだッ!」
        倒れる寸前の者がハッとし、いや、倒れかかった者までが 吃驚したように倉田を見る。

倉田「全員露営地に戻り、馬立場へ急げば今日中に帰営が出来る!見ろ!(手を上げ)天候もあの通り回復してきたでは
ないか!!」  


180 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/25(木) 23:13:23 ID:U2LHLezh
>175
積雪は、銅像茶屋付近が2mくらいですかね。
SWの屋根より高かったです。

>178
城ヶ倉大橋。八甲田の西になります。
八甲田に来る人は、黒石ICで降りてココを通ります。

ttp://www.jomon.ne.jp/~kkk/k_jyouga.htm

例年なら積雪で歩道部分は柵と同じ高さくらいに積もる
(車道と歩道の間にロープが張られて縁に近づくことは禁止)
のだが、今年は雪が少ないので滑って落ちることはないです。

夕方、ABAのニュースで防災ヘリが救助している映像が流れてたが
案の定、朝の新聞には載ってないです。


さてDVDでも観よ。

181 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/26(金) 20:51:46 ID:VhCgc2am
        神田、その風と地吹雪、吹雪の中を歩いている。
        しかし、今にも倒れそうで、従っているのは江藤伍長以下もう数名。
        神田は心の中で血を吐くように叫んでいる。 
神田「(倉田大尉殿!なぜそちらへ・・・ここはもう賽の河原、こ、これを越えれば大峠・・・駒込川はいけない!
   そちらはいけない!!」
        しかし、賽の河原の地吹雪と吹雪はますます強くなる。

神田「藤村!いや、江藤、江藤伍長!」
江藤「中隊長殿!!(とやってくる)」
神田「江藤伍長!ここはもう賽の河原、真っすぐ進めば大峠、小峠、田茂木野村だ!斥候となり先行、田茂木野村へ行け!」
        だが、江藤は神田の様子に躊う。吹雪と地吹雪に倒れたのか遅れたのか、指揮班は神田と自分以外にいない。

神田「(決然と)倉田大尉殿以下は駒込川の渓谷だ、一刻の猶予も・・・田茂木野村へ先行して住民を雇い、雪中行軍隊、
   雪中行軍隊の救助に当るのだッ!!」
江藤「ハイ、では・・・では中隊長殿!!」
神田「行けーッ!!」
         江藤が頷いて進み出し、その姿が雪の中に消え始める。
         神田、立ったまま見送っているが、体が倒れかかる。しかし、倒れず、一歩一歩その後を歩き出す。
        神田―白い飛雪の賽の河原をただ一人で、足を踏み締め、踏みしめ、どこまでもどこまでも
         進んで行く。


182 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 02:08:51 ID:/uYMTpC2
今日DVD借りられた
1年ぶりにみた
この時期には必ず見て雪中行軍隊の冥福を祈ります
105年前の今日が神成大尉の命日ですね
合掌m(__)m
今でも八甲田山山中をさまよっているのだろうか



183 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 12:15:58 ID:etLrIYyH
ザックザックザックザック....

184 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 12:19:22 ID:MQWWH/Ut
グッフグッフグッフグッフ....


185 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 15:14:16 ID:PWKSMGe9
軍医〜〜!!!

186 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 17:43:19 ID:r8IbWCiw
         大峠に近い賽の河原。
         案内人5人を先頭に、三上少尉の指揮する五連隊の救助隊六十人が悪戦苦闘で進んでいる。
         と、先頭の案内人が妙な顔をして立ち止まり指差す。
         三上少尉以下が見る。
         雪の中から石地蔵のようなものが立っている。
         三上、近寄って見ると、胸まで雪にうずもれた氷の立像のような江藤伍長。
         三上、慌てて軍医を呼ぶ。
         駆けよる軍医や看護卒、花田伍長。
         雪の中からその後藤伍長を掘り出し抜き出し始める。
         −毛布を敷きその上に後藤伍長を寝かせ手当てが進んでいる。
         江藤の顔にほんの少しだが赤みが出てくる。
         三上,花田伍長などが息をつめ様子を見ている。
         江藤、蘇生し唇が少し動き始める。

江 藤「(かすれた声で)中隊長殿・・・神田大尉殿」
三 上「神田大尉殿がどうしたのだ!」
         江藤、なにかいおうとするがいえない。
         三上、江藤の耳に口を寄せ、
三 上「山田少佐殿以下、雪中行軍隊はどこにいるのだ!!」
 

         津村、木宮他の首脳部が、花田伍長の報告に、息をつめ顔が硬直したようになっている。
木 宮「大峠付近で発見したのは、中隊指揮班の江藤伍長だな?!」
花 田「はい、仮死状態にあったのを、手当ての結果蘇生したのでありますが、この江藤伍長の言によりますと・・・
    雪中行軍隊は山田大隊長、神田中隊長以下全滅の模様・・・引き続き付近を捜索中であります!」
         津村、木宮他真っ青になる。


187 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 18:01:15 ID:r8IbWCiw
         徳島、その雪原を過ぎて隊を停止させる。
         ただ一人で引き返して来て立ち止まり、しゃがみ込む。
         雪の中に横たわり永遠の眠りについている神田大尉。
         その青白い蝋のような顔の唇から流れ出た、一筋の血が黒く乾いてこびりついている。
         徳島、その神田の顔をじっと見つめている。
         −神田の青白い顔が次第にぼやけてくる。
         徳島の眼は涙で少しうるみかける。
         神田、次第に生きている顔になり、徳島へ微笑する。

神 田「特島大尉・・・やっと約束通りに」
徳 島「(頷き)八甲田で・・・」
神 田「いろいろとご苦労されたでしょう」
徳 島「いや、苦労は、血の涙の本当の苦労は、神田大尉、あなただ!」
         神田の顔、ニッコリ笑いかけるが、瞬間にそれはもとの青白い屍蝋の顔になる。
         神田の枕許へうずくまってしまったような徳島、ギュッと血が出るほど唇を
噛みしめたちあがる。
徳島、涙に耐え隊員のほうに歩き出す。


188 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 18:31:16 ID:r8IbWCiw
>>185
永野軍医殿は既に・・・・・合掌

189 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 19:07:03 ID:r8IbWCiw
名場面の書き込み、ご苦労様です。
出来れば最後までお願いしますねW

190 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 23:10:20 ID:etLrIYyH
秋吉久美子マダーーー?

191 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 01:32:01 ID:TFf/2K+R
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070127-148073.html

第1大隊長、第3大隊長、及び連隊の全ての中隊長を呼べ!!

192 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 07:28:16 ID:meeSg4ka
>>190
期待に応えてW


          徳島達が昨夜を過ごした開拓農家。
          滝口伝蔵が息子の嫁の滝口さわ(21)を連れてきている。

徳 島「戸来村からこの宇樽部へ嫁に来た。だから実家に帰るために往復し、
     道はよく知っているのだな」
伝 蔵「へい、その通りでございます」
          さわはただ頭を下げる。
福 島「我々の今日の行程は中里までだが、途中には犬吠峠という難所がある。
     雪のある一月にこの峠を越えたことがあるか」
伝 蔵「へえ、確か一度か二度・・・そうだな、さわ」
          さわ、頷きペコンと頭を下げる。
伝 蔵「しかし、大将様、この通りの天気だし・・・さわがこれじゃダメ、峠は越せない
     と言ったら、その時にはさわを叱らずに引き返してください」
          徳島、流石にちょっと言葉につまる。
伝 蔵「銀山に働きに行っている倅の大事な嫁で、やっと誕生を迎えたばかりの子供も
     いる。どうか大将様・・・(両手を突き)これだけはくれぐれも私からお願い致します」



          もんぺで雪沓を履き、みのぽっちをつけた滝口さわ。
          そのさわを先頭に宇樽部を出発して進んでいる。
        


          犬吠峠の手前でさわが立ち止まり、手を上げている。
          徳島以下は声もない。道は見えないが、さわの指先がくねって孤を描き、
          さらに上がり、また上がり、峠の頂点に達する。
          見上げる殆ど仰角一杯にまでそびえ折重なる山と山との稜線の僅かな
          切れ目。
          −ーズシンと胸にひびく、途方もないその山越え。
          さわがさっさと歩き出し、徳島と隊員達が慌てて続き始める。



          犬吠峠にかかり、さわを先頭に坂道を上がっている。
          だが、吹き降ろしの向かい風と地吹雪で顔が上げられない。
          徳島以下、お互いが離れないように麻縄で体を縛合って繋ぎ、さわを目標に、
          喘ぎながら進んでいる。



          犬吠峠へ進んでいるが風と雪の狂乱でにじるような速度。
          飛雪の白い渦がさわも隊員も飲み込んでしまう。
          だが徳島以下はとにかく全員が一本の麻縄の鎖だ。
          それに飛雪に見え隠れするがーーその先頭にさわがいる。

                                                     続く

193 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 07:29:46 ID:meeSg4ka
          峠が近く坂道は急になり、向かい風が一段と激しい。
          隊員達は寒さや痛さを越え手足の感覚がもうない。
          さわに続く徳島の怒鳴るような号令も、風が吹き飛ばして伝わらず、一同は雪
          の中を泳ぎ、ただ這うように進む。 
          だが、徳島以下は麻縄の鎖だから、足を捻挫の松尾伍長が倒れそうになって
          も倒れず、隊員はバラバラにならない。
          さわは深い雪をふわりふわり踏み越えて行く。歩けそうもない風がくると、ひょい
          と雪の中へ身を伏せ、また歩き出す。
          まるで風のリズムに体全体を合わせているような歩き方だ。
          徳島、時々そのさわを見失い、
徳 島(案内人!案内人!)
          と、必死で叫んでいる。



          さわーー犬叫峠の頂点に立っている。
          その顔が風の中でまるで童女のように輝いている。
          徳島以下、やっと峠に達する。
さ わ「(ニコニコ)ここまで来たらもう大丈夫、弁当を食べましょう」
          だが数珠つなぎの徳島以下は疲れ切って声も出ない。
さ わ「あっち、あすこが風がないから、あすこにしましょう」



          峠で昼食を済ませ、羽井内に向かいもうかなり下っている。
          風、雪、地吹雪もすっかりおさまり、山も谷も以外に明るい。
高 畑「中隊長殿、案内人は最後尾に」
徳 島「いや、このままでいい」



          徳島隊、さらに進んで立ち止まり、道端に整列している。
          さわ、徳島と並んで隊員に向かい、ちょっと恥かしい。
徳 島「案内人の生家が戸来の鹿田なので、案内はここまでとする」
さ わ「(ますます顔が赤くなり)じゃ、兵隊さん、みんな元気で・・・」
          といってペコンと頭を下げ枝道へ歩き出す。
徳 島「気をつけ!」
          さわ、吃驚して立ち止まる。
徳 島「案内人殿に敬礼、頭アー右ー!ッ!!」
          さわ、慌ててドギマギと手を振りながらすたすた去って行く。
          そのさわに、徳島は挙手と、他の者は頭ア右の徳島隊の全員。  
 
つかれたピーW


194 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 08:46:10 ID:At0BAwrR

また来年も頼むな

195 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 09:46:49 ID:T2qR2rUD

もう来なくていいよ

196 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 13:09:49 ID:SFeNt6qN
面白かったよ、ミニ上映会ありがとう、乙

197 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/28(日) 16:20:12 ID:fB2Cyh99
八甲田で猛吹雪 40台立ち往生
www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070128113729.asp

198 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/29(月) 03:33:17 ID:NtLeNPer
秋吉久美子キテターーー!

199 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/30(火) 18:21:30 ID:hp8iYPPz
つかれたピーって・・・

シナリオ研にでもいたのか?信じられなーいっbyヒルマン

200 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/30(火) 19:28:55 ID:IW9jqxhc
>>199
いやいや(笑)シナリオを書き写しただけよ。



201 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/30(火) 21:11:17 ID:IW9jqxhc
最後の力を振り絞りW

         土間に詰めている救助隊の五連隊の下士卒。
         入ってくる徳島を見て、水を浴びせられたように総立ちになり、中には悲鳴を上げる者さえいる。
         黒い外套は凍りついた雪で真っ白。雪焼けで顔はドス黒く、眼がぎらぎら光り、遭難した誰かの
         亡霊としか思えない。
徳 島「三十一連隊の雪中行軍隊だ・・・八甲田を越えて来たが、宿舎の必要があるので、設営指揮官にお逢いしたい」
         奥から出てきた救助隊指揮の木宮少佐、徳島を見て息を飲む。
         下士卒を遠慮させ、木宮と徳島が二人きりで向かい合っている。

木 宮「負傷者を一人、三本木から汽車で帰したが、後は全員無事に?」
徳 島「その通りであります」
木 宮「ところで、八甲田ではなにも見なかったか」
徳 島「本日午前十一時、鳴沢で収容を待っている犠牲者の遺骸を一つ、それから賽の河原では午後三時四十分、
     行軍指揮官神田大尉以下の遺骸を」
木 宮「(妙な顔をして遮り)賽の河原で?しかし、そんな?賽の河原はくまなし捜索し、遺体二十三体の収容を終わっておる」
徳 島「え?!(思わず声を上げる)」
木 宮「それも昨夜のうちにだ・・・(暗然と)指揮官の神田大尉は、今回の雪中行軍に責任をとるためか、凍え切った体に
     最後の力を振り絞り見事に舌を噛み切っていた」
         徳島、全身が全く硬直したようになってしまっている。


         その家の裏。
         裏口から木宮と徳島が出て来て木宮が指差す。
         指差すまでもない、そこには雪の中に急造の遺骸安置所。
         木宮、徳島を案内して進み立哨の兵が銃を捧げる。
 
         その遺骸安置所の中。
         木宮と徳島が入ってくる。
         侘しい裸電球の下にズラッと棺桶が並んでいる。
         その一番奥に黒くうずくまっていた人が顔を上げる。
         神田の妻のはつ子、喪服の顔だけが白い。
         しかし、徳島はまだなにか半信半疑で納得が出来ない。
         木宮、黙ってどうぞと手で示し、徳島が近づき、はつ子が立ち上がり迎えて頭を下げる。

徳 島「三十一連隊の徳島です」
         はつ子の表情がハッと動く。
徳 島「お別れをしたいと思いますので」
         はつ子はなにもいわずにただ頭を下げる。
         徳島、棺桶へ近寄り蓋を取って横に置き、中を覗き込む。
         −間違いなく神田だ。
         賽の河原で今日見たのと同じ青い屍蝋の顔。
         だが、舌を噛んで流れた血だけはきれいに拭い取られている。
         徳島、その神田の顔をじっと見つめる。
         だが、どんなに見つめていても神田の顔は変わらない。
         徳島の眼が涙で一杯になってくる。
         しかし、神田の顔は依然として変わらない。
         徳島、たまらなくなり目尻から涙が一筋二筋頬へ流れ出す。
         その徳島へはつ子がしみじみとなにか訴えるように、
はつ子「八甲田では三十一連隊の徳島様に逢える・・・それだけが、今度の雪中行軍の楽しみだと申しておりましたのに」
徳 島「いや、雪の八甲田で逢った!自分は間違いなく神田大尉に」
         同時に両眼からどっと涙が噴出してくる。
         涙はあとからあとから噴出してとまらない。
         −徳島は泣く、嗚咽はこらえるが、溢れる涙で徳島ははじめて泣く。


202 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/30(火) 21:31:36 ID:SR8WbzAe
>>200
お、台本持ってんのか、いいなー

名場面、乙。

203 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/31(水) 07:01:43 ID:+eyzM4Lf
この場面も・・・

八甲田―山麓の田茂木野村
         津村が二、三の連隊本部の者と自ら出迎えに来ている。
         山田その他は橇に乗せられ、倉田と伊藤は救助隊員の肩にすがった徒歩で―八甲田から降りて来る。
         救助隊が近づき、津村が二、三歩前に出て橇が止まる。
         山田、津村を見ると、橇の上で起き上がり始める。

津 村「いや、そのままで」
         だが、山田は橇の上へ起き上がりきちんと姿勢を正す。
         倉田と伊藤は山田の橇の傍で津村に対し直立する。
山 田「連隊長殿、申し訳ありません・・・こんな不様な有様で」
津 村「いや、山田少佐、それより体のほうは?」
山 田「(答えず)今回の遭難の最大の原因は、山とか雪に対し、あまりにも自分にその知識がなかったからであります。
    第二の原因は神田大尉の指揮権に強く干渉したからであり、全責任はこの自分にあります」
         津村、なにもいわない、いや、いえない。
         倉田と伊藤は粛然として立っている。

山 田「ところで連隊長殿、三十一連隊のほうは?」
津 村「予定より二日遅れたが全員八甲田の踏破を終わり、青森市内に宿泊し、昨日浪岡に到着・・・」 
         山田、流石に顔が少し硬張ってくる。
津 村「(少しいいよどみ)今日はその浪岡より、弘前の三十一連隊に向かっている」
         山田、一、二度頷き、
山 田「・・・死んだ部下のことをよろしくお願いします」
         と眼をつぶる。


204 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/31(水) 23:53:45 ID:Ly8lJLTf
倉田サンと伊藤サンはめちゃタフだな

205 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/04(日) 20:34:48 ID:yzEeQSpD
今年の実況は・・・・END?

206 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/04(日) 22:13:30 ID:O7reARQI
毎年自分の誕生日が来るとこのスレで遭難中なのが・・・ハァァ・・


207 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/08(木) 13:59:40 ID:GSyKj5Wx
案内人再婚age

208 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/08(木) 17:38:48 ID:S9D0VZEh
>>205
実況は?ですが、名場面のリクエストがあればどうぞ

209 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/08(木) 18:16:04 ID:s5YST4Fv
>>207
前夫と再婚だって?26歳下の人。裏山

210 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/09(金) 22:52:02 ID:i3qrU84m
兵隊さん、みんな元気でー。

211 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/13(火) 12:26:48 ID:zY/VBrm9
大竹まことってドラマ版にも出てたよな、徳島隊で結構目立つ役立ったような
記憶がある。

212 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 12:56:56 ID:yt/rNIzl
【青森】八甲田スキー場で雪崩 スキー客2人巻き込まれる 
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171424221/l50

213 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 13:03:02 ID:ODHzhpKM
>>212
だからあれほど・・・・

214 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 14:49:35 ID:qApEgfv5
秋吉久美子が来るのを待てと、口を酸っぱくして言ったのに...

215 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 20:39:16 ID:QHZz+aDz
こういうニュース聞くと、なぜか本棚にある「八甲田山」のDVD引っ張り出したくなってしまう不謹慎な俺。
冒頭に登場した第八師団司令部のロケ地は、昔俺が通ってた保育園の敷地内の建物だったなあ(遠い目)

216 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 20:49:10 ID:fCeAHebE
で、"銅像ルート"の銅像って、あの伍長さんのでつか?

217 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 21:11:28 ID:vfEp03gr
>215
営林局?


218 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 21:20:08 ID:vfEp03gr
連続書き込みスマン。

>216
そうです。銅像茶屋の道路に出るコースなので銅像ルートと言います。
銅像茶屋の前はバスが2台くらい退避出来る分だけ除雪されています。

判り易く言うと「馬立場」にバスが待機します。


219 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 21:53:02 ID:QHZz+aDz
>>217
いや、以下のリンクの中盤過ぎにある「弘前女子厚生学院記念館(旧偕行社)」ってとこ。
ttp://lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp/hobbie/hirosaki.html
幼少の頃にあそこの池で泳いだら、菱の実がパンツにくっついて鬱陶しかったよw

ってか、今DVD観てるけど、田茂木野の長老の「白い地獄だ」のセリフキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


220 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 00:14:10 ID:91VqFAmu
>219
「白い地獄だに。」


221 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 00:42:42 ID:Bgsl4PLl
徳島大尉!神田大尉!
どうだ?暖冬の八甲田を歩いて見たいとは思わんか?

222 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 01:13:39 ID:BpKfYzhE
>>220
すまん、加藤嘉のその名台詞、うろ覚えだったよ。
ってか、いくら田舎者でも地元の人間は語尾に「〜に」なんていまさら付けないぞ(当時はどうだったか知らんがw)

いや現在、徳島と神田の亡骸の御対面…もうダメだ(ノД`)・゜・

223 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 01:22:32 ID:dsVhqv2x
>219
「白い地獄ニダ。」

224 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 01:23:15 ID:BpKfYzhE
観終わった。

笑いたければ笑ってくれ。…今日も目頭が熱くなってしまったよ

225 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 05:30:00 ID:FhdX4Zqo
>>221
雪崩に巻き込ませるつもりか!

226 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 07:51:19 ID:M/J53cFH
八甲田で見たことは誰にも話してはならぬ

227 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 08:32:37 ID:JOuf6d4H
みのの朝ズバッで雪の進軍かかってたよ

228 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 08:40:45 ID:5PgK0MTV
>218さん、レスさんくすです。
>しかしあの気象状況でも八甲田に入る人が居るのに仰天。今回の雪中訓練は何が目的なのかな?

229 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 09:53:13 ID:JOuf6d4H
やはり今回もロシアとの戦争をにらんで行われたのでは


230 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 10:52:29 ID:sG60NqKh
いや、白頭山での戦闘ジャマイカ

231 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 11:50:18 ID:5PgK0MTV
>229,>230
それは近未来にリアルに起こりそうで、ヒキ(笑)

232 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 22:37:55 ID:OiqOMmuy
「八甲田山」も「バルトの楽園」もストーリーはいいのだが、シナノ企画が関わっているんで嫌い


233 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 23:30:25 ID:IphpZNx4
吹雪の中を行軍することに意味があるとかなんとか
適当に理由を付けて、やってみたら案の定壊滅的被害。

あほらし。

234 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 00:22:18 ID:7cDEu47h
MXで落として見終わったんだけど
ラストシーンはどんなのですか?

大隊長が病室でピストルを心臓に・・・ってとこで切れちゃってたんだけど

235 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 03:59:40 ID:mGs/dBY/
>>234
その後、諸国を渡り歩き色道修業を重ね、34歳のとき父の死によって遺産を相続。
以後20数年、京、大阪や江戸の遊里を舞台に好色生活を送る。
60歳になって浮世の好色を尽くしたとして、好色丸という船で女護が島に船出する。

236 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 10:08:19 ID:Kl8j5GgC
ここには熱心なファンしかいないと思ってたので
(シナリオを持ってたり台詞を詳しく覚えてる人とかいるみたいだし)
>>235の回答には残念です

237 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 12:54:58 ID:LqkC4BtR
>>236
MXで落としたやつなんかを見てるからだ。
DVD買え!

238 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 13:20:30 ID:Kl8j5GgC
それより、おしえていただけませんか?m(_ _)m

239 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 15:17:55 ID:nRlv+pJS
MX厨は死んだほうが世のため人のため
どっかの山で凍えて死ね

240 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 17:09:32 ID:oh5c5vQ0
だな。さまーみろw回線切って吊れよクズ。

241 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 17:13:38 ID:mdF8QVG3
>>238
それではご期待にお答えして、山口少佐自殺の場面からENDまで。

青森―衛戍病院の一室
         山田、寝台の枕元の椅子にきちんと腰かけている。
         軍歌が聞こえてくる。得意の時にも苦難の時にも、青森五連隊、そして弘前三十一連隊が
         雪中行軍に歌った、あの「雪の進軍」が。

               雪の進軍 氷を踏んで
               どこが川やら、道さえ知れず
               馬は倒れる 捨ててもおけず
               ここはいずこぞ みな敵の国

         静かに左手で白衣の胸をまさぐっていた山田、右手の拳銃を心臓に当て、
         ダアーンと銃音が響く。


青森市郊外・幸畑
         五連隊雪中行軍隊の墓地。
         山田、神田を中心に、その左右に百九十九名の墓。


青森市―ねぶた祭り
         弘前の古風な武者絵と輝きを異にし、巨大で豪華なねぶたが次々と街を行く。
         馬を投げ飛ばす大入道の武者、剣を抜いた坂上田村麿呂、凄艶な雪女郎のような美女。
         太鼓、花笠、掛け声とそのハネ踊り。
         ―時の流れ、八甲田雪中行軍はもう七十年前だ。


幸畑・雪中行軍隊の墓地
         林立する墓石の向うを墓の中央へ一人の老人が歩いている。
         その義手と義足がなにか印象的だが、誰だか分からない。


八甲田連峰
         田茂萢岳、前岳などが晴れ上がった空へ稜線を際立たせ、山腹からの視野には、田代平、鳴沢、
         馬立場、ヤスノキ森、賽の河原などの緑一色の起伏の大平原。

                           
その田茂萢岳の頂上に近い八甲田ロープウェイ山頂公園駅。展望台や周辺にいる人々。
登山姿も見えるが、殆どは観光客だ。そうした人々からポツンと離れ、行軍隊の墓地を訪れていた老人が立っている。
義手で義足、顔に深い無数のしわを刻みこませた、それはかってただ一人田代元湯にまで達した九十歳の村山伍長。
その村山伍長がゆっくり見廻す。緑の八甲田連峰やその広大な平原へタイトルがW始める。

  三十一連隊の徳島大尉以下の雪中行軍隊と、五連隊の倉田大尉、伊藤中尉らは、二年後の
  日露戦争中、極寒零下二十数度の黒溝台で、二昼夜飲まず食わずに戦い、続く奉天大会戦を
  勝利に結びつけ、全員が戦死した。
  今に残るのは、本州最北端の地に、うすれかける記憶で語り継がれるー八甲田山雪中行軍の
  物語だけである。

タイトルの終わり頃からO・Lで、八甲田連峰は再び冬になりー静かに雪が降り始める。 (終)

242 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 18:30:00 ID:lI6sjmev
うわぁ、涙がっっ

243 :名無しさん:2007/02/17(土) 20:02:56 ID:QrLEg8Wk
>>241
御苦労様です。
これ見た人間ならラストの余韻の雰囲気が伝わるけど、
未見の人間には難しいだろうなあ。
>>238よ今からでも遅くないからDVD買うか、借りるかして見た
方がいいよ。

244 :弘前在住です:2007/02/17(土) 20:44:31 ID:LQ0ZC0N9
>>241
GJ!この映画はネットで落とすのじゃなく、是非とも劇場の大画面でご覧頂きたい。
ラストで、義足引きずってとぼとぼ歩く村山伍長…(ノД`)・゜・
冬場は雪原の地獄だからこそ、地元民には緑や紅葉にけぶる八甲田の有り難みが
感じられるんだよね。
今年の春は到来が早そうだ。雪が溶けたらまた八甲田にバイクに跨って行ってみよう!

245 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 21:18:37 ID:Kl8j5GgC
>>241
thxです。
そうね、DLしたのだと誰が誰やら分かりにくくて。
香山雄三出てなかったですか??
村山伍長って「俺の好きなように歩く」って言ってた人?(緒方拳?)
今時劇場の大画面なんて無理でしょ?

246 :名無しさん:2007/02/17(土) 21:51:28 ID:dxeMmEvG
>>244
加山雄三が誰かわからんというぐらいなら、なおさら
せめてDVD画質でのちゃんとした視聴をした方がい
いと思うが。

ところで、永野軍医ってたしかフジの高島アナの父親
だったよな?


247 :弘前在住です:2007/02/17(土) 22:25:06 ID:LQ0ZC0N9
>>246さんに指摘されたので、不肖私がお答えします。
加山雄三氏の演じた役柄は、歩兵第五連隊第二大隊本部付の倉田大尉殿であります!
>>245さんも再見の際にはよくご注目下さいます様に。そして仰るとおり、今では大画面で
観られる機会は殆ど無いです。某かの映画祭とかでは今でも上演される事がありそうですが・・
で、永野軍医役の竜崎勝氏の娘さんはご指摘通りスーパー競馬の高島彩アナですね

248 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 22:45:07 ID:CJTkLFyz
彩パンの父竜崎さんは渋かったねーー早世が悔やまれる

249 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 12:30:33 ID:Ti/jNLkY
えっ知らなかった、マジで?
高島アナってただのアホじゃなかったのかw
ごめんよパパン


250 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 20:37:25 ID:MynLVClx
【青森】八甲田雪崩犠牲者2名を追悼 陸上自衛隊第九師団第五普通科連隊(画像あり)
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171883508/l50

251 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/20(火) 11:14:40 ID:emFtSB3b
>>249
以前フジの特番かなんかで「食いしん坊バンザイ」の竜崎さんの話題を
誰かが振ったとき彩パン、ボロボロ涙を流してたよ。まだ小さい頃に亡く
なったんだもんね。

252 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/20(火) 11:57:49 ID:DlbGGtEi
>>249
お前より確実に彩パンの方が頭良いだろ

253 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/21(水) 00:15:01 ID:uK1ddXVN
竜崎勝さんはウルトラマンゾフィの人間体としても有名


254 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/24(土) 18:10:01 ID:bxeH2r+a
週末
「天は我を〜」

って言うらしいね

255 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 10:25:21 ID:GvLO38iD
>>254
え、万俵大介がですか?

256 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 13:31:33 ID:097DF6oH
もう八甲田山なんて奇跡の映画は撮れないだろうな
木村大作も健さんも健在だけど老いたから無理、大滝秀治も三國も
高齢。脇を固めた藤岡琢也も丹波さんもいない。

257 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 17:14:54 ID:UFrloA72
キムタク、渡ではいかが?

258 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 18:05:03 ID:dfBY73Nv
>>257
長髪の陸軍士官などいない!!!
これだけで、奴は不適格だ!!

259 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 18:34:30 ID:uVc5nuyY
>257
渡: 「やーだよー。」
木村:「なん じゃ そりゃ。」


つか77年に撮影されたアノ映画は、今見てもスゲー。
撮りなおすことも出来なければ、撮りなおす必要も無い。


260 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 22:17:16 ID:C62fYQh7
今ならお手軽にCGで雪崩も吹雪も、遠くにいる兵隊も作っちゃうんだろうな

261 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/25(日) 22:27:36 ID:sJf0l582
天は我々を見放したかッ!!

262 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/26(月) 05:41:31 ID:8G6A/qBu
「天は我に味方したか」

万俵大介さんの談

263 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/26(月) 08:52:44 ID:/f4GmiWM
撮りなおしてもいいけど木村拓哉だけはイヤ。
最近邦画が盛り返してるというからキャスト、脚本、カメラ次第
ではいけるかな。
森谷司郎みたいな監督が今だと誰にあたるかわかんないけど。
いっそ、アメリカでやったらいいかもw

264 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/26(月) 13:51:24 ID:1o4ofGSJ
コマカイ処なんだけど、二泊目の雪壕で神田大尉のセリフ
「昨夜は夜明けまで待つべきでしたッ・・・しゅっぱぁ〜ツ、出発させて下さいッ」
この<しゅっぱぁ〜ツ>、声がデカくて長く延ばすから、何回見ても
「いきなり勝手に号令掛けた?」ように聞こえてしまうんです。

・・・あ、いや、それだけです。

265 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/26(月) 19:44:44 ID:Z471gwHe
>>264
よく見ておられるW

266 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/26(月) 22:50:26 ID:9gMREBjE
>264
大隊長殿が
「いや昨晩は待つべきであった」
と眠そうな顔で言っていたので
起こそうとしてるんじゃねぇの?


267 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/27(火) 00:52:29 ID:gRDOLxS2
顔の骨格が違うんだよ、若い俳優。
戦争ものをやってももう昔の味は出ない。

268 :264:2007/02/27(火) 19:33:38 ID:BPhgQ/Ub
>>266
多分おっしゃる通りなんでしょうね。
デカイ声はそれでいいとしても、「しゅっぱぁ〜つ!」と長く延ばすもんだから、
一瞬「神田悩乱、突如号令!」に聞こえてしまうんですよ、アレ。
山田少佐の肩に手を置くかして、「出発!出発させて下さい」なら良いんだけど。

・・・ま、俺だけスかね、こんなコマカイこと考えてるの。皆さんすみません。

269 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/27(火) 21:06:35 ID:fw/vzJXA
渡辺謙ではいかが

270 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/27(火) 22:21:44 ID:820x22eJ
>>269
渡辺謙の歳だと児島大佐(丹波哲郎の役)くらいしかできんと思うよ
確かに精悍な頬を持った若手俳優っていなくなったねぇ・・・

271 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/28(水) 11:48:59 ID:RYvyLJwY
それじゃ今井雅之にお願いしよう。

272 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/28(水) 12:55:34 ID:5VTfHBmC
>>271
奴は顔が恐すぎ(´・ω・`)

273 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/28(水) 14:50:04 ID:+9HlcIdP
速水もこみちくんに出て欲しい♪

274 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/28(水) 14:59:55 ID:xDJWpXyC
このスレを見ている人はこんなスレも見ていますに

二百三高地もありそうだ 

275 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/28(水) 22:38:22 ID:R9xItRh+
参考までに配役

島田 正吾 : 友田少将(第4師団長)
大滝 秀治 : 中林大佐(参謀長)
高倉   健 : 徳島大尉(第1大隊第2中隊長)
丹波 哲郎 : 児島大佐(連隊長)
藤岡 琢也 : 門間少佐(第1大隊長
前田   吟 : 斎藤伍長(雪中行軍隊員)
北大路欣也: 神田大尉(第2大隊第5中隊長)
三国連太郎: 山田少佐(大2大隊長)
加山 雄三 : 倉田大尉(第2大隊本部)
小林 桂樹 : 津村中佐(連隊長)
神山    繁: 木宮少佐(連隊本部)
森田 健作 : 三上少尉(遭難救助隊長)
東野 英心 : 伊藤中尉(雪中行軍隊第1小隊長)
新   克利 : 江藤伍長(雪中行軍隊員)
緒方   拳 : 村山伍長(雪中行軍隊員)
栗原 小巻 : 神田はつ子(神田大尉の妻)
加賀 まりこ : 徳島妙子(徳島大尉の妻)
秋吉久美子: 滝口さわ(案内人)
加藤   嘉 : 作右衛門(田茂木野村)
花沢 徳衛 : 滝口伝蔵(宇樽部村)
山谷 初男 : 沢中吉平(熊ノ沢部落・案内人)
田崎   潤 : 鈴木貞雄(三本木の宿の主人)
浜村   純 : 中里村の老人
大竹 まこと :輸送隊員C

276 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/01(木) 00:27:08 ID:wkq0QtUs
山本太郎くらいしか思いつかない

277 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/01(木) 02:25:14 ID:dCs7R9pV
田崎潤が軍人じゃないってことがシブいね
蝦夷の血を表現したかったのかなあ

278 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/01(木) 22:05:59 ID:Hjk5VFqI
浜村純っていつから老け専門でやってたんだろ
自分がまだ若い頃すでにジジイ役ばっかりで、それ以降も
ずーっとジジイ。笠智衆をある意味越えたよね。

279 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/01(木) 22:25:18 ID:U9xMkTGE
>>275
ふと気づいたけど第4師団じゃなくて第4旅団じゃないかな?
あそこの師団は第8師団だし、師団長は立見中将だよ

280 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/01(木) 23:00:22 ID:nJWH9Ha7
>>276
山本太郎って、「バトルロワイヤル」で中学生役やってた人か

「新撰組!」は、いい面子がそろったけど、ガキっぽいイメージがあったなあ
同じ年齢でも、昔とは存在感がちがうねえ


281 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/01(木) 23:03:29 ID:22w1OV5X
>>277
あの人はマジで青森県出身だからね。八甲田山の台詞回しを見ても全国向けに噛み砕いた表現だなあと思った。
津軽弁ってのはホント、他県民の人には何言ってるのかわかんないからw
ちなみに田崎さんで印象深いのは「海底軍艦」の神宮寺大佐かな

282 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 02:01:41 ID:YikT5V7n
んだねは

283 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 07:01:51 ID:Ho6UPVBY
>>279
失礼しました。第4旅団が正解です。
八甲田山〈完全版〉のキャストの表が間違っており、
そのまま転記してしまったm(_ _)m


284 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 08:49:58 ID:U5rsIaSN
>>283
ヽ(´ー`)ノキニスンナ

浜村純第二弾
そんな訳で私の中では浜村さんは90過ぎてヨボヨボジジイの
イメージがあった。ある時TVで徹子の部屋をつけたら、ゲスト
が浜村さんだった。けっこう若い、ダンディ、元々背は高いし、
すらっとしてる。話し方もごくまともw
ア〜あれは芸風だったんだと浜村さんを見直したよ。
殿山泰司も私生活はシャレてたっていうし、昔は癖のあるうまい
俳優がいっぱいいたね。

285 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 13:35:27 ID:/yuotCrF
>>275
ほんとオールスター総出演だなぁ
今はもう再現できない

286 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 14:41:53 ID:hG7lO9t7
>>276
あ〜、いいかも。

287 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 15:34:07 ID:KzinYQmE
若手、中年で骨太な感じがする俳優としては
池内博之
伊原剛志
小澤征悦
香川照之
佐藤浩市
高島政伸
高島政宏
細川茂樹
村田雄浩

みたいなところかな、でもこうしてあげてみると当時の役者に比べて
小粒な感じが否めないな
照英



288 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 17:05:17 ID:Ho6UPVBY
そろそろ、「新八甲田山」の配役を

289 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 19:47:01 ID:lqbn3P14
>>287
元マジモン自衛官だった今井雅之も外せないでしょー
彼には倉田大尉あたりの役で頑張ってもらいたいものだ

290 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 13:31:44 ID:CYZdiOt2
中年では
役所広司
大杉蓮
中井貴一
竹中直人
阿部寛
若手では
玉木宏



291 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 00:29:22 ID:TDDFvTl9
>>290
ビートたけしも入れたげて。
メリークリスマス、ミスターローレンス。

292 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 13:33:53 ID:C7vhTkQ+
佐藤浩市を神田大尉でどうよ

293 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 14:28:09 ID:i++4nzwS
>>291
>佐藤浩市を神田大尉でどうよ

うんいいかも。
ビートたけしは好きじゃないが軍曹顔だよね。
先日12chで見た「壬生義士伝」がすごくキャストが良かったから
佐藤、中井、村田ははずせないw
ただ、大滝秀治さんは存命だが早くしないとあっちに召されてしまうよー
浜村純の代わりっていっても庄司永健さんか今福正雄さんあたりか・・

294 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 21:50:19 ID:5LrIBDaX
八名信夫あたりも案内人役に入れたいもんだ。
あの人、以前は悪役オンリーのレッテル貼られてたけど、過酷な山を生き延びてきた
武骨な爺さん役も結構はまると思うんだけどな。長身なのがネックかな

295 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 23:43:53 ID:TDDFvTl9
八名信夫、軍隊組でぜひ。
案内人役には丹古母鬼馬二を推薦します。

296 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 23:44:50 ID:TDDFvTl9
>>293
庄司永健さん亡くなったはず。
連投スマソ。

297 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/05(月) 00:54:34 ID:KlMECRbG
オナゴの配役はどうだろう?

神田大尉妻が25〜30歳、徳島大尉妻が30〜35歳位がいいのかね?
案内人は16〜22歳位?

ちょい考えてみたんだけど、軍人の妻はどうしても高貴で古風、貞淑のイメージになるな。
思い浮かんだのは若村真由美、財前直美、羽田美智子、水野真紀、石田ゆり子あたり?石田ゆり子はちょい派手か。

案内人は出てこないなぁ。

298 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/05(月) 09:54:34 ID:mEWQeXCu
>>296
ショボーン(´・ω・`)(´・ω:;.:... (´:;....::;.:. :::;.. ... ... ....:::::;.・´). 
庄司さんも鬼籍に。知らなかった。ここに泉ありに出てたっけ。

山谷ハッポンさん健在ですから再登場でどうどす?

299 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/06(火) 19:39:14 ID:CcllfQ1n
初めて見た時、前田吟のカバンの紐が切れた場面で、
「おとうとが死んだのであります。」
が完璧な発音、訛り方で吉幾三が喋ってるのかと思った。

300 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/06(火) 22:29:45 ID:kK9wd9s/
「すんだのであります」「ゆるすでくれえ〜!」

ネイティブ津軽弁のイントネーションかと問われればちと微妙ですが、ありゃあ泣けました(ノД`)・゜・

301 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/06(火) 23:03:02 ID:KWEj/+S7
>>298
庄司さんはまだご存命ですよ。

302 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 04:31:34 ID:i1PTuL1G
誰もリメイクなど望んでない

303 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 16:50:41 ID:0ylyw3xX
ヽ(`Д´)ノウワァァァン >>296

>>302
誰もってことないでしょう。
映画が無理ならTVのスペシャル枠で3時間くらいのドラマで。
TVなら木村大作も動くかもよ。





304 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 22:55:24 ID:zFl1pHOh
>303
「70年代に作られた、映画の方がマシだった」
と言われるのがオチかと。(´Д`)


305 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 23:19:49 ID:z/UhDbQp
TVじゃどうせ丹沢か秩父あたりでロケして、それに雪のCGかぶせるだけでしょ

306 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 09:07:40 ID:BMxMUK0a
まあ、いかにリメイクされようと、映像や音響・・その他諸々が観客に訴える迫力という点においては、
'77年公開の映画「八甲田山」を凌駕するものを作り出すのは難しいんじゃないかな

307 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 12:02:07 ID:fMAoiwW1
ゴツゴツした顔の役者が減ったから無理

308 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 14:03:16 ID:JCZ26dtI
国村隼
塩見三省
六平直政
あたりなんかどうかな?

309 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 18:07:18 ID:SVzcaFlL
>>308
ゴツゴツにもほどがあるよ〜その3人じゃ・・
だけど演技はたしかだから許す、って違うかww

>>305 >>306
何も77年版を凌駕しなくたっていいのでは?
八甲田の後日談ドラマでもいいや。緒形拳を語り部に。

310 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/10(土) 18:56:36 ID:L3DacmMZ
>>309
まあ、言われてみればそうだね。リメイクするにしても、逆立ちしたって77年Ver.にはなれないんだからな。
後日談を作るとすれば、「失われた銃」のエピを巡って生き残った兵卒や案内人たちの「その後」を絡めていく・・
といった展開かな(新田小説版は後日談も重かったしなあ、「生き延びし者、すべて幸福にや非ず」みたいな感じで)?

311 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 13:16:58 ID:g0Ooi1HJ
独りでも援護してくださって光栄の至り。それとかなり原作にも
詳しいわ。新田原作は読んでるようだし。

なんで私がリメイクを、とレスしたかというと今TBSでやってる「加齢なる
一族」があるから。原作がしっかりしてるドラマはキャスト・脚本さえ
はずさなければいいものができると考えるから。
加齢なる〜もしょせん映画版(佐分利、仲代)を超えるものにはなってない
んでしょう?演者が違いすぎるよね。それでも視聴率はいいと聞いてる。



312 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 13:41:20 ID:QXbfulzW
山口少佐は凍傷が激しく、到底拳銃の引き金を引けるような指でなかったらしいが。
したがって拳銃による自決は無理だった。

ノモンハンの現地指揮官のように自殺を強要されたという説があるが。

313 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 19:23:26 ID:ti+831UW
>>312
山口少佐合意の上、軍医が処理したと考えるのが一番自然だろう。

314 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 20:10:13 ID:tIbTEgHU
もしリメイク作るとしたら、31連隊との絡みとか、脚色とかは控えめにして
出来るだけ史実に沿った物語を見てみたい。

ま、そうなると高倉健の役は不要になってしまう訳だが。リメイクとも言えんかw

315 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 22:52:28 ID:btpUk5Fe
青森連隊だけで作っても成立するよね。

316 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 02:53:41 ID:8fmqcq3C
秋吉久美子の役に上戸彩がキャスティングされそうな悪寒

317 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 06:25:33 ID:qiiskTp2
 >三十一連隊の徳島大尉以下の雪中行軍隊と、五連隊の倉田大尉、伊藤中尉らは、二年後の
  日露戦争中、極寒零下二十数度の黒溝台で、二昼夜飲まず食わずに戦い、続く奉天大会戦を
  勝利に結びつけ、全員が戦死した。

パート2はこれをやればいいんだよ
それにしても
音楽だけはいつも頭から離れない、別の映画のシーンでも音楽はこれが鳴っている。

318 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 16:19:36 ID:xvRkPOh3
>>317
へえー全員が死亡。やはり口封じの感があるわ。
余談ですが明治天皇は初めロシアとの開戦をかなり渋ってたそうですね。

319 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 18:06:25 ID:9VGW61mM
>>318
史実では全員戦死じゃないんだけどね

320 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 18:35:58 ID:1KE1JoO1
>>318
口封じじゃないよ。黒溝台の戦いは、そりゃもう大変だったらしい。


321 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 15:21:41 ID:mzRD++yE
>>316
東北弁上手なのでせめて堀北真希に…>秋吉役

322 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 16:47:54 ID:eNo+L2+m
ゴム長靴ってそんなに効能あるのかな

323 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 18:44:38 ID:Y8VlwtKQ
>>322
藁靴との比較だからね、濡れれば凍傷になるだろうし・・・
こちらで倉石大尉のゴム長靴の複製が見られますよ。
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/heiki8/hakkouda/hakkouda.html


324 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 20:22:54 ID:q7OvMgLl
>そりゃもう大変
酷寒のなか、暗夜不眠不休で長駆行軍、
総崩れ寸前の前線を支えたんだよねぇ。
全満州軍を救った立見師団・・・その中核に居たのが八甲田生き残りの・・
まぁソースは司馬遼だけど、そんな風に結びつけて勝手に感激してる。
しかし、そう言えば「坂の上の雲」黒溝台のクダリ、
八甲田遭難については全然触れてなかった記憶があるんだが。


325 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 21:38:38 ID:tJbdRuQj
当時の写真を見ると、軍帽に耳あてがついてなく耳がむき出しになっていた。
耳がすぐ凍傷になったと思う。

326 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/14(水) 05:16:31 ID:FmaC6EOw
NHKも「坂の上の雲」をやるし、日露戦争ブームが起こるのは必定
徳島大尉の日露戦争の戦いも映像でみてみたい
徳島大尉役は2代目健さんキボン

327 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/14(水) 05:20:40 ID:q5OiQsUl
恐山

328 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/14(水) 16:25:56 ID:LvtSC2xg
>>326
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」放映予定
2009年から毎年秋に3年がかりで放送される。
放送回数は2009年に5回、2010年に4回、2011年に4回の予定。


【放送計画】(全13回・各回90分)
【第1部】2009年秋 【第2部】2010年秋 【第3部】2011年秋
第1回「少年の国」
第2回「青   雲」
第3回「国家鳴動」
第4回「日清開戦」
第5回「留 学 生」 第6回「日英同盟」
第7回「子規、逝く」
第8回「日露開戦」
第9回「広瀬、死す」

第10回「旅順総攻撃」
第11回「二〇三高地」
第12回「敵艦見ゆ」
最終回「日本海海戦」

八甲田エピソードは微妙。脚本家次第?
配役の香川照之、阿部寛はいいんだけどモックンが嫌だ。







329 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/15(木) 08:19:34 ID:6kaYHXND
>>321
自分としては新山千春を推したいな。ご当地出身だけあって、彼女の津軽弁は若手女優の中では際立ってます
(若手と言っても結婚してしまってるからなあ、何やってんだ黒田〜!)

330 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/15(木) 17:52:42 ID:TgTFJzgK
そう言や、金子ゴジラの時、少し訛ってたような記憶が・・・>新山千春

331 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/15(木) 20:54:04 ID:hGGxuUrO
ネイティブ青森人っていうと
津軽花子、三上寛、田中義剛、伊奈かっぺい、吉幾三がいるね
人間失格の太宰治は遭難時は子ども時代だろうか

332 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/16(金) 01:33:53 ID:aXCS2xCe
女優だと現役では長内美那子、奈良岡朋子、木野花ぐらい?
男優だと松山ケンイチ、 吹越満、金八先生の警官の鈴木正幸とか舞の海とか元祖ムキムキマン?
テーマソングは作詞がもちろん川内康範で、演奏は矢野顕子とか人間椅子とか佐藤竹善とかゴスペラーズ??

333 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/16(金) 08:05:49 ID:F+O3GK84
鈴木正幸がいたーーwこうやって見ると異色なメンツだわ。
川内先生は月光仮面の人でもあるし、今話題だね。
アーティスト系でいえば「わだはピカソになる!」の故棟方志巧とか。

334 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/16(金) 08:23:56 ID:cnX17XD/
人間椅子好きだから名前があってなんか嬉しいw

あとアート系の人なら寺山修司とか?天井桟敷みたいな八甲田山を…

335 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/16(金) 18:58:55 ID:fQo4Tl8C
>>333 >川内先生演ずる村の長老。
「藁の雪靴。それと耳は耳毛伸ばして防寒ぢゃ!」

336 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/16(金) 20:44:13 ID:S3vYobO7
あの〜、そろそろ、まとめては・・・

337 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 00:13:27 ID:/In2/Fqy
映画監督なら、旧制弘前高校出身の鈴木清順がまだ存命。
あとは下村天とか、他にも誰か居たような。
川島雄三、相米慎二、寺山修司などは没してるね。
相米慎二で思い出したけど、女優の黒柳徹子(トットちゃん)は南部町に疎開していたらしいよ。三戸の女学校に通ったらしい。

338 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 14:59:45 ID:nrWwWNIP
【青森】 青森空港で大麻初摘発 スノーボードしに来た韓国人逮捕 [03/17]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174098925/

339 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 22:00:11 ID:CC+PJl4C
>>334
あの〜人間椅子は江戸川乱歩でしょ。
人間失格は太宰だよ、だ ざ い お さ む
玉川上水で愛人と心中した作家。
本名は津島某といい、地元津軽では旧家の家柄。

340 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 23:00:31 ID:xseTYAlt
>>339
マジレスすると、>>333とか>>334の言ってる人間椅子ってのは青森出身のメタルバンドの事。バンド名だよ
確かに太宰とか乱歩の小説を題材にした曲作ってるけどね

341 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 23:03:54 ID:xseTYAlt
間違えた。
>>333じゃなくて>>332

342 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/18(日) 02:41:52 ID:QwKXzppC
だざいは
津島修治な


343 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/18(日) 09:46:49 ID:+ziWa7wQ
>>340
 ('A`)青森出身のメタルバンドね…全然知らないわ

>>337
鈴木清順は八甲田撮るタイプとは思えないな、近作も狸御殿だし。
ハードな自然もの撮れる監督って今誰ですかね?佐藤純弥とか?

344 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/18(日) 11:08:41 ID:L4UaPiS+
恥ずかしくて出てこれなくなった339のいるスレはここですかw

345 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/18(日) 14:36:28 ID:+ziWa7wQ
だから私が>>339なんだってばよぉ

346 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/18(日) 19:00:09 ID:ua4I5qqf
案内人殿に対し、敬礼!

347 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

348 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/19(月) 12:25:37 ID:QpanrwI/
ご静養中の皇太子妃が従僕さんとIちゃんを連れて奥志賀スキー場で
昨日吹雪の中午前2h、午後2h滑りました。
体調の波があり公務祭祀はできない割りに非常に体力の要るスキー
はできるそうです。情報では妃の妹ご一家も同じホテルに同宿だそう。
スケジュールがガラ空きの皇太子ご一家の警護に税金が使われるのは
百歩譲って許すとしても皇族でもない一般人の一家にも長野県警、他県警
の応援で多大な税金が使用されています。スレチでした。

349 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/19(月) 14:56:36 ID:jCRnr4hH
>>332
いや、テーマソングは是非とも生まれも育ちも弘前出身の菊池俊輔に・・・!


って、ものすごくヒーローっぽいテーマになるかもなw

350 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/19(月) 19:11:51 ID:mBvNQf4+
>>349

雪の嵐に 囲まれた
八甲田で 立ちすくむ
旧帝国陸軍 青森五連隊〜♪

みたいな感じか?そんな八甲田山、イヤだ!

351 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/20(火) 08:29:03 ID:AtOgP49m
>>345
よく恥ずかしげもなく出てこれるな
日本人ではないのは明白

352 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/20(火) 09:15:57 ID:Rz2JgRh2
え?北海道出身の日本国籍ですが?
母方の祖先は会津で曾お爺さんは鶴ヶ城の戦に参加したよ。
父方の祖先は越中富山だよ。

353 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/20(火) 19:57:44 ID:iukRwk0m
初めてこのスレを読んでいたら
久々に八甲田山を見たくなったよ
今 DVDじやない、LDを出して見てるよ〜

354 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/21(水) 14:42:01 ID:InCI9m7Y
ほう

355 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/21(水) 18:16:57 ID:aaQilNx3
衛星劇場で木村大作が言ってた。
「雪の中をただ歩いてる映画なんか当るとは思わないよw」だって・・
企画時点では誰もヒットするとは思わないよね。
時代は日露戦争直前、軍人が大勢凍死する映画なんてね。今より左翼
は元気だったしな77年頃。


356 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/21(水) 18:21:39 ID:ki7dLSAp
「天は我々を見放したぁぁぁぁ!!!」
たしかあの頃「教職の碑」って映画もやってて、そっちは
「この子供たちは、私の命だぁぁぁぁ!!!」って叫ぶのよね。
絶叫系映画が多かったのかな。

357 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/21(水) 20:28:17 ID:N86ZXuMi
>>356
聖職な。
こっちはつまんなかった。
か弱い子供じゃなくて、屈強な軍人の奇跡の生還・悲劇の遭難だから強烈だったんだよな。
山の雨風より八甲田の暴風雪のほうが百倍怖い。
北大路君、またも無念の死者組だった。

358 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/22(木) 10:40:03 ID:gNr35qCj
でも欣也の死に顔はキレイだったなぁ…(遠い目)

359 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/22(木) 14:06:57 ID:yRajDjCo
>>357
あれは、八甲田山でヒットしたので2番煎じみたいな感じだったからな

360 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/22(木) 16:00:16 ID:CPKvNPqp
>>356
> 「この子供たちは、私の命だぁぁぁぁ!!!」って叫ぶのよね。

当時映画館で見たが、ここで笑う人がけっこういた。
テレビの宣伝も良し悪しだな。

361 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/22(木) 17:11:21 ID:gNr35qCj
「八つ墓のたーたーりーじゃー!!」も同じくらいだったかも。
今はあんなにインパクトある映画コマーシャルは見ないもんねぇ。


「八甲田山」では死ぬ前に思い出すねぶたの映像が秀逸!!

362 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/22(木) 17:32:14 ID:yRajDjCo
>>361
そんなシーンあったか?
あれは徳島が思い出すシーンだったと思うが、いつもの徳島ならば
苦しいと言えども、風向きとかそういう現実的なことばかり考えていたが
神田大尉のように幼いころの記憶を思い出す感動的なシーンだった多と
思うのだが。

363 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/23(金) 07:39:54 ID:tg7IM7gs
「ねぶた」じゃなくて「ねぷた」だねえ。
人形型のでかい奴が勇壮に出陣するのが青森ねぶたで、扇形の奴がユラリとくり出すのが弘前ねぷた。
賽の河原にさしかかる直前の徳島大尉の回想シーンに出てきますな。あの辺りを毎回見る度に、もう俺の
涙腺はスタンバイ状態ですよw

364 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/23(金) 13:18:50 ID:xYpNgKHy
>>363 や〜やど〜!
あと、夏の十和田湖回想から、一転して吹雪の咆哮する湖畔へ逆戻り。
このシーンも大好きです。

365 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/23(金) 17:26:24 ID:JKCO73nH
健さんって若く見えるけど76なんだって・・
まだ2、3本主演してほしい。無理しなくていいから。

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)