2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三國連太郎

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 19:41:42 ID:/N2YqXCa
『釣りバカ日誌』のスーさんだけではこの俳優の真価はわからない
皆さん語って下さい

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 20:14:14 ID:K4UjKD9Q
3なら自殺

3 :大久保さん:2006/06/16(金) 20:39:49 ID:Xpd6LIRs
いやスーさんだけでいいよ

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 21:45:57 ID:kWdYWIt5
大場総業会長 大場一成

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 22:59:17 ID:hjNHLQ49
倍賞のオッパイもみすぎ!!!

6 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 23:27:05 ID:PQAj9+Q1
今83歳だってね、取り敢えず思うのは頭でかいよなこの人
5頭身ぐらいじゃないか

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 00:53:30 ID:eGsGjTBb
大正生まれにしちゃあ背も高い

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 17:31:15 ID:umJObviW
そう入れ歯にしたのは引く

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 17:44:36 ID:l2ikOkxj
歯も悪かったんじゃないか。歳だし。

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 19:09:29 ID:tN7wwuoa
三國が総入れ歯にしたのは若い頃、たしか三十四歳のとき
「老け役がくるかもしれないので」というのが理由
いつかNHKの「スタジオパークからこんにちは」に出演したときは
「『異母兄弟』に出て役者を辞めようと思ったので記念に抜きました」と答えていたが
西村晃に相談したら抜歯を勧められたとも言ってたな

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 19:43:23 ID:+qKnIivB
老け役が来るかもしれないので、じゃなくて老け役が来たので、の
間違いじゃない?どうしても若い顔に見えてしまうので歯を抜いてみたら
年寄りの顔になった、とテレビで話してたの聞いた覚えがある。

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 08:56:03 ID:7WHNTLL9
日本映画で初めてGパンをはいて登場した俳優は
三國連太郎である

1957年、日活映画「鷲と鷹」のことであった



13 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 09:23:15 ID:AVX+Q1aw
シベリア抑留を体験してるんだよな
悪役や不気味な役を演じさせると
そこはかとない闇のオーラを感じるのは
その頃の経験がモノをいってるのかな、と思ったり

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 00:29:04 ID:ydu6ilc5
burakumin

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 11:20:58 ID:RgOfYa1n
息子は幾つになっても好青年風で、オヤジさんみたいな怖いオーラが無いね。
それもまた貴重なことで。子供みたいで可愛いんだよ。

「美味しんぼ」で共演時の記者会見が微笑ましかった。
お互いに「三国さん」「佐藤君」と他人のように呼び
(過去に確執があったとも聞く)
佐藤が「俳優というのはサービス業なので、
本当の親子で親子の役をやるというのは、
(話題づくりの点で)最高のサービスじゃないかと思う」と言ったら、
三国がすかさず「その時点で既に反論があるんだが、
俳優というのは宿命的にはサービス業になってるだけど、
演じてる瞬間というのはサービスなんかじゃないんだ」と切り返す。
すると佐藤が「私は非常に屈折した形でこの業界に入ったから、
こういう言い方をしてしまうんですが、当然私もそう思っております」
とフォローする。
もう、記者たちは、目が点になってなって、絶句。
佐藤と三国は、苦笑を浮かべ、
記者たちも、それでやっと緊張が緩和され笑い出す、という感じ。

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 11:25:48 ID:eSbfedxl
>>13
>>14
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480420894/249-8659400-3185130?v=glance&n=465392
↑の対談本に生育環境と映画デビュー前の経験について触れてるし、伊豆の被差別地域の話は
詳しいけど、赤紙逃れ出征して満州の話はあったけど、シベリア抑留の経験は確かないはず。

17 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 22:01:00 ID:U5X/VkF3
>>15
全然微笑ましくないんだが

18 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 22:21:36 ID:Kh4y9ANv
絶妙な会話ですね。ちょっと火花散ってるしww

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 23:35:29 ID:RgOfYa1n
微笑ましい感じだったんだよ。書き方悪くて伝わらなかった。
なんつうか、議論好きな親子っていうか、
インテリの家庭にありそうな感じだったんだ。

20 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 23:38:39 ID:RgOfYa1n
インテリっていうか、互いを他者として認め合う欧米的な親子って感じ?

21 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/20(火) 02:16:20 ID:urJcBdzw
欧米的って言っても、冷戦時代の東西ドイツみたいな感じだろ。

22 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/20(火) 02:28:27 ID:G3ql7y3x
そんなに仲悪いの?
「おしゃれ関係」に三国が出たとき、佐藤が芸能界入りしようとしたら
これからは他人だと思ってくれ、と言ったらしい。

そういうのは、ライオン的でカッコイイ

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/20(火) 02:30:17 ID:G3ql7y3x
「おしゃれ関係」に出たとき、他人うんぬんの話をしてた、な。
文法的に変でした。すまん

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/20(火) 19:36:14 ID:CO9vfPG9
本当にインテリだったら見てて気恥ずかしくなる事はないんだが
彼等の会話は何故か顔が赤くなるんだよな
誰にも触れて欲しくない内面があって、それを守るために理論武装
している中学生みたいな感じがする。

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/20(火) 19:48:13 ID:G3ql7y3x
そこが可愛いのさ。キュン!

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 19:55:12 ID:mzg+Yvv1
83と40すぎだよ。いいかげん大人になれ、痛すぎる

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 20:21:07 ID:N6R9OTUM
俳優だから大人になんなくてもいーんだよ。

28 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/22(木) 19:56:30 ID:DYiXpmg7
そうかなあ

29 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/22(木) 21:14:45 ID:s8o71bvN
そうなんだよ

30 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 00:13:40 ID:Ry++RTEX
いや、うまく言えんが何か納得がいかん!

31 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:17:58 ID:gp+o/tn3
石田えりに嫌われたから釣りバカ下ろさせたんだろ。
やっぱり中学生みたいな人なんだよ。

32 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:23:27 ID:DtDkgfhp
最近、釣りバカやってない気が
もう終わったの?

33 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:28:23 ID:n6GZptAt
若い時は凄い美男子だ。
銀座だったかでスカウトされたと言う話を先に聞いてて何で?と、思っ
たけど、昔の写真見て納得。

34 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:46:13 ID:CRJd90MM
いや、船越エイジとかもそうだけど、三国さんとか
こういう凄みのある美男がいたんだねえ。

いまなら濃すぎて、あんまり表に出てこれないかもな

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 12:51:25 ID:KXQ2NFTP
昔(40年くらい前)は放浪癖があって、誰にも告げずに車や徒歩で2〜3ヶ月間
国内を放浪することが何度かあったらしいね。
金が無くなったら乞食みたいに恵んでもらったりしてたって。

36 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 16:14:24 ID:ZqUcaKrI
ついこの前、DVDで『飢餓海峡』を見た。
若いのォ。

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 00:09:35 ID:qM+EdRbJ
業が深そうでヤダこの人キライ

38 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 00:17:12 ID:uUAihT4u
そんだけ演技がうまいってことだと思うが。

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 03:11:47 ID:3TSw5BOu
>>37

仲代達矢や長門裕之+津川雅彦みたいに
優しいおじいちゃんになってもらうと困る

40 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 04:31:08 ID:wv8gLvsD
最近、若いときの「死の十字路」を見たけど
美男の若いときから陰のある性格俳優だったんだね。

41 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 22:25:51 ID:uUAihT4u
この人や丹波、大滝秀治、佐藤慶あたりが死ぬと、日本映画はもう「巨悪」を
描けなくなるな。

42 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 23:10:52 ID:FKIcqRwN
「大いなる驀進」で 寝台特急さくらの専務車掌役では かなり細身だったな

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 04:02:23 ID:Ddc3CZ61
ツーカーの携帯のCM見てると、痩せてしまって凄みも感じないんだが
肩幅が確実に狭まってる。
凄みのある俳優だったんだが、老いるのは悲しいことだ

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 12:50:09 ID:4PgIwk3u
>>43
また、老いを強調した、役作りをやったんじゃないの。

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 16:45:28 ID:Qh7i9dn8
釣りバカも1作と最新作では随分様変わりしてるよなぁ
あたりまえだけど.............
「八甲田山」あたりが一番脂が乗っていたのでは?

46 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 19:57:40 ID:DswxAgjM
「狼と豚と人間と」の長兄役は良かったなあ。

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/03(月) 23:06:37 ID:5JE5IeB+
>>40
俳優に成るまでは放浪人生を送ってからね。

48 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/11(火) 19:47:49 ID:qQognvLd
あまり好きじゃない

49 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/05(土) 15:48:41 ID:w3ERhXmf
釣り馬鹿age

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/16(水) 19:21:35 ID:ux+GaJei
うんちくじじい五月蝿い大嫌い

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/16(水) 19:37:39 ID:WGicAdQb
この人、若いときは彫が深くてバタくさい美男子
だったけど、最近は違う意味で綺麗な顔になっている。

俗気と言うのか、邪念と言うのか、業と言うのか
そういうアクが無くなって余計なモノが洗い流された
感じがする。

小林桂樹なんかも、そういう綺麗な顔になった気がする。

52 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/17(木) 11:07:24 ID:kE4iWIQl
「鷲と鷹」のラストの台詞がいい!(今日1日メシでも食って名残を惜しむんだな、
それから出向くんだよ お前ひとりで)

53 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/20(日) 18:44:51 ID:btp5GfyW
この人の監督作品「親鸞 白い道」が好きなんですけど、DVDは一生出ないんでしょうか。
ものすごい怪作だと思うのです。とくに犬神人・宝来というキャラがすごい。
で、この役をやったのは誰なんでしょうか?何度クレジット見ても判らないんです。

54 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/21(月) 21:02:38 ID:+2IHQj6w
本人になんとも言えない陰影があるのは生い立ちと無関係ではないだろ。

父親は棺桶屋。つまり、いわゆる「被差別部落」の生まれ。そして徴兵忌避者
でもある。随想で「人の死に関わる家業の人間が人を殺すのはなんとなくおかしい
と思った」と述べているが、ともかく赤紙が来ると対馬あたりまで逃げて朝鮮半島
へ密航するつもりだったとか。

ところが、今生の別れになるかもしれないと故郷の母親に電話したらその母親が
憲兵に連絡して、三国青年は対馬で捕まってしまう。その後のことを「被差別民
である父親は終生尊敬していたが、母はついに心から許すことはできなかった」
と述べている。戦争から還った三国は一応結婚するものの、母親への不信から
生まれた女性への嫌悪はぬぐいきれず、当然のごとく妻となった女性を捨てるに
至る。

息子である佐藤浩市にとっては、三国の妻へ対する仕打ちが(たとえ自分を国に
売った母に対する恨みの代償だとしても)許すことのできない傷になったわけだ。
独自の死生観、人生観を持つ三国と、母を捨てた父を許せない佐藤が、いかに
血の繋がった父と息子だといっても、相容れない存在であることはいうまでもない。

世の中にはこんな宿命を背負った親子なんてゴマンといるんだけどね。











55 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/21(月) 21:42:58 ID:VXspmsSW
>>54
あんた何者だ
なぜそんなに詳しい
プロか

56 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 09:37:57 ID:TrY+fsPo
強姦のシーンで本当に女優をレイプしようとしたのは有名な話。

恐怖を感じた女優が本気で泣き叫ぶと「それだよ。演技しちゃダメなんだよ」
と一言。すげぇ俳優魂だなと思ったが、単に女性が嫌いなだけだったんだ。

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 12:47:57 ID:eDihZXYn
未完の対局
で中国ロケ逝ったら何処逝っても三国だけに原住民が睨みつけてくる。
憎しみの眼差し。
何故だ?何故自分だけ・・・

58 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 20:32:02 ID:FV2yeunC
>>53
女性を尊敬しているなんて抜かしてたけれどね。
うさん臭い男だと思ったけど。

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 20:33:47 ID:FV2yeunC
おっと間違えた。上のは
>>54ね。

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 20:39:09 ID:0Ah/WalZ
この人が主役の映画で、あとは素人の子供たちだけって作品の名前何でしたか?
何年か前に深夜テレビでやってたんだけど、途中で寝てしまった・・・。
見てたのは少しだけだが偏屈ジジイの役がはまってた印象があります。

61 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 21:19:32 ID:KLx+nJ23
>>60
http://www.jmdb.ne.jp/1994/dr000690.htm

62 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 22:05:34 ID:op7kMtTb
『戦争と人間』のDVD特典で語っていたが、撮影時山薩が持参した自作の絵コンテを
山薩の目の前で破り捨てたそうだ。
いくら絵コンテが嫌い(深作ともやりあったらしい)でもそこまでしなくてもいいだろうに

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 22:19:49 ID:dEoFtmeX
>>62
やったっていいじゃんかよ!と思うんです。
いや、本当に分からないんだけど、それの何がいけないんですか?

64 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 16:34:15 ID:/A988GEo
人がせっかく描いて来た絵を破り捨てるなんて最低の行為だと思います。
その人の努力を無にする行為だと思います。

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/24(木) 00:26:21 ID:VyM31kt/
せっかく描いてきた絵、じゃなくて仕事で書いた書類だから。
仕事で重要なのは努力じゃなくて結果だから。
曖昧に受け取る人より目の前で破り捨てる人のほうが俺は好きだな。

66 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/24(木) 01:08:23 ID:BjCq4opV
丹波リンだったら絵コンテ見せても何の意味もないくらい別の演技するんだろうけどな。



67 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/24(木) 01:41:50 ID:s3pc5tRK
丹波は渡そうとしてもまだ来てない。

68 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 23:02:24 ID:+qQXkteA
今日「死の十字路」(56)見ました。
奥さんを殺す場面が「飢餓海峡」を思い出させ、
無気味な存在の沢村国太郎さんも印象に残りました。


69 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 23:20:18 ID:voc/QY5V
こんなのあったよ

http://taichikiwako.hp.infoseek.co.jp/



70 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 01:48:37 ID:9rIKPdVZ
>>68
いかにもスリラーといった映画ですね。
新宗教に狂った山岡久乃や悪徳探偵大阪四郎、
一方に清純的役割の芦川いずみを配し十字路の
場面には美川洋一郎の巡査が出てくるし映画は
昔の方がよかったとつくづく思います。

71 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 19:25:02 ID:zA12hit1
>>65
仕事で書いた書類でも破られたら普通は怒るんじゃないかな
努力だとか結果だとか、そういう事とは違うと思う。

他のエピソードを読むにつけこの人は他人に対する思いやりが
欠けていると思う。まあどうでもいいけどね

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 01:17:51 ID:BGyB76Zi
被差別民の怨念などあなたには一生理解できまい。

73 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 20:25:35 ID:ncJrwWNL
理解したくもないわそんなもん

74 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 21:57:16 ID:FlZ8/EYc
>>72
実は違うらしいよ。

75 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 21:49:55 ID:hINXtv96
>>74
実家の近所がB地区だったとか。

76 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/29(火) 18:38:12 ID:WJMmX+4f
>>54を嫁

77 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 15:10:58 ID:eLs89YWt
確執はあるにしても最近息子の浩市とはそんなに悪くない関係じゃないの?
息子もある程度人生経験を積んできて映画俳優としての地位も高まってきた
のも原因かな、あと父がずいぶん老けこんできたみたいだし。
釣りバカがいつまで続くのか、三國が渥美清とだぶって仕方ないこの頃。

78 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 16:16:02 ID:72GAQSrs
切腹の三國が一番好きだ。「悪人ではないが嫌味が滲み出てる役」をやらせたら、日本随一だと思う。

79 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 21:07:57 ID:rUtW7qv/
>>76
だからそれはあくまで本人の弁で、父親とされる人は
実の親じゃなかったらしいよ。
>>69を読んでみな。

80 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 22:28:02 ID:36/7OyUD
>>69を読んでみたが、冥王星が占星術に出てくるな。いいのか?
(伝統的な占星術で冥王星はないだろう?)

81 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 19:26:49 ID:KS+Pta1O
age

82 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 20:23:59 ID:RyUYgakX
チャンネルnecoでやってた伊藤雄之助主演!のB級映画に三國さんが
ちょっとワルの役で出てた。最後に雄之助に撃たれて死ぬんだけど、
死に方がけっこう様になってて感心。
酔いどれ天使の三船の死に方に触発でもされたのかなって思った。

83 :横浜人:2006/09/17(日) 17:45:55 ID:E3/UqBNB
昔にビルマの竪琴見たが。ジョージクルーニーに似てると思った
外タレ風ハンサムで。時間とは残酷だと思いましたね

84 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 17:50:55 ID:IfIrJ1JV
この人ほどかっくいー歳の取り方してる人も少ないと思うけどなあ・・・

85 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 18:01:08 ID:OtzZak04
いつも何かに追い詰められてる役が多いな

86 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 13:02:06 ID:ojqh0KTV
若い頃には成瀬映画とか渋谷映画で飄々としたコメディなど演じてたのが
後半は業の深い陰影のある役が多くなった。もっとも釣りバカでは本家還り
してるみたいで。
警察日記での新米巡査の役が好きだな。この映画は森繁、三島雅夫、伊藤
雄之助、東野英治郎などみんな巧い。

87 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 19:07:23 ID:rwI37+93
宍戸錠には徹底的に嫌われてる

88 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 02:17:33 ID:SDW3dixn
「夏の庭」の台本に
「この映画はどうして『ポン・ヌフの恋人』のようにならないんだ!」
と書き付けたケッタイな俳優。

89 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 03:02:19 ID:u/JwAyub
>>87
高倉健・鶴田浩二も全然ダメ。
錦之介・裕次郎とは何故か?相性は良かったが・・



90 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 03:23:29 ID:ltPfNelu
>>89
高倉健とはそこそこ一緒にやっていないか?
大作っぽいヤツでも「飢餓海峡」「八甲田山」「野性の証明」なんかぱっと思いつく。
東映ギャング映画だが「狼と豚と人間と」の高倉、三国の絡みがとても好きだったが。

91 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 03:29:29 ID:ltPfNelu
あと国鉄の映画(名前忘れた)で親子の役をやっていたな。

92 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 23:55:39 ID:mk12u/n1
一時期はほとんどの映画会社の嫌われ者だったんだろ

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 20:13:23 ID:Khs9Y8Vw
クランクインしてから自分の勝手な都合で出演拒否→逃亡
なんてことを何度もやってるからな。

94 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 22:26:07 ID:Z1FTKU1p
三國が「恍惚の人」に・・・。

ドラマコンプレックス 有吉佐和子スペシャル「恍惚の人」
ttp://www.ntv.co.jp/d-complex/contents/20061017_m.html

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 22:44:09 ID:8OgpwdKX
>>93
自白してるよ

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/19(木) 20:31:00 ID:m+/TIAHG
恍惚の人、今一つ迫力不足だったな

97 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 12:06:33 ID:x65wr43N
20代の頃の画像きぼん

98 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 20:00:20 ID:95ZdKTPV
息子もそうだけど、頭でかいよね!

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/22(水) 08:12:36 ID:9faD7EqC
雨のアムステルダムの三國さんは不気味だったな。
話し方とか言葉遣いはスーさんなのにすげー残酷だし…なんかツエーし…


100 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/22(水) 20:49:08 ID:jHptE8ZG
100get

101 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 01:13:44 ID:0pNdda/V
次回作はこれになるのかな?
ttp://hokushin-naname.jp/
神山征二郎監督作品だそうだ。

102 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 00:34:49 ID:PZy3NdNf
「大いなる旅路」の機関士役が最高傑作だったな。
高倉健も息子役で出ている。
次点が飢餓海峡か。

103 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 01:25:09 ID:on38VE6f
東映チャンネルで「愛欲」って映画やってた。
三國と丹波のツーショットってすんごい濃いんだけど、
丹波よりも三國の方があくが強いとはっきり見て取れる。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)