2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

監督 森田芳光

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 05:00:46 ID:lO2UXwkM
監督作品

* 海猫(2004)
* 阿修羅のごとく(2003)
* 模倣犯(2002)
* 黒い家(1999)
* 〈39〉刑法第三十九条(1999)
* 失楽園(1997)
* (ハル)(1996)
* 未来の想い出 Last Christmas(1992)
* おいしい結婚(1991)
* 愛と平成の色男(1989)
* キッチン(1989)
* 悲しい色やねん(1988)
* そろばんずく(1986)
* それから(1985)
* ときめきに死す(1984)
* メイン・テーマ(1984)
* 家族ゲーム(1983)
* ピンクカット 太く愛して深く愛して(1983)
* シブがき隊 ボーイズ&ガールズ(1982)
* (本)噂のストリッパー(1982)
* の・ようなもの(1981)

その他、バカヤローシリーズの制作、ウホッホ探検隊・免許がないの脚本も手がける

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 05:07:37 ID:q5vILapR
3なら自殺

3 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 05:19:16 ID:lO2UXwkM
無かったようなので立ててみました。
これほど個性的な職人監督も珍しいんじゃないでしょうか。
また、日本映画界において最高に実力のある人だと思います。

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 06:18:34 ID:CZAsZCqX
森田さんはホリエモン逮捕に何を思う。

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 07:51:15 ID:7mWbODF4
「メイン・テーマ」糞つまらん

6 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 08:59:51 ID:d4hizpjx
キッチンまでしか観てない自分のベスト3

の・ようなもの
ときめきに死す
家族ゲーム

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 14:40:02 ID:meNSOeOe
>6
長かった不調期を抜けて、「(ハル)」から往時の冴えを復活させてるよ。
というより、頭でっかちな感じがいい意味で抜けた感じかな。森田第二期。
「39」「黒い家」もよかった。
でも、基本的にコンセプトで映画を撮るコピーライター時代の作家だから、
「ポップなホラー」がうまくいった「黒い家」のパターンもありながら、
それがまったく逆に作用してしまった「模倣犯」のような例もある。

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 17:08:05 ID:O++ieDMd
「の・ようなもの」が大好きで追っかけてたけど
「愛と平成の色男」の凡庸さに呆れて
以降期待しなくなっちゃった
>>7「(ハル)」未見なんで観てみるよ

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 19:37:27 ID:DCFACu+O
>>5
俺は薬師丸ひろ子出演作の中で最高レベルだと思うw
ちなみに最悪だと思うのは「Wの悲劇」だ

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 20:14:50 ID:3IZAGlPC
黒い家よりも模倣犯の方がよく出来てたと思うがなあ。
中居の首ジェットばかりが取り沙汰されるが、
受け付けないって人はコーエン・リンチ・ライミあたりも
だめな人なんだろうな…

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 22:28:25 ID:meNSOeOe
マスメディアの暴走ぶりと、そうした猟奇事件を面白がる大衆の図式を戯画化しながら、
そこに天使のような悪魔を置いて、ありきたりな人間愛をチャカしてみせる。
それを神の目線で撮ったような映画だったが、
原作自体がかなりウエットだったから、換骨奪胎とはいかなかったと思う。
森田はCGの出来が思った感じじゃなかったため、それを失敗だったと反省していたが、
ドリームキャッチャーみたいなアホな展開を考えていたんではないかと思うな。

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 00:06:36 ID:m0TGDsDB
模倣犯ってボロカスに言われてるが
何がどういう風に駄目なの?

中居の演技はどうしようもないし
宮部の小説と違うのは映画化というのはそもそもそういうもののはずだし
脚本は同じ時間を二つの視点でみるのは割と斬新だったし
最後の赤ちゃんも後味を残すための演出は家族ゲームと同じ手法だし

最後の爆破シーンでのCGはたしかに?だったけど
それだけでここまで叩かれる言われもないと思う
あれが駄目なら三丁目の夕日の堀北の履歴書捏造に対して
堤が吉岡にキレる時のドアの破壊時のCG丸出しの演出も駄目なはずだし

少なくとも好き嫌いは確かに分かれる演出だとは思うが
北京原人みたいに万人が見て根本的に駄目な演出とかではないと思うし

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 00:13:05 ID:LTfD6Esy
いや、最後のカタルシスを期待していた観客を裏切ったことが敗因だよね。
時代が、セカチューとかに向かいつつあったそのはしりのころだし。
それに、俺は嫌いじゃないけど、宮部の当時の怒り心頭ぶりは気持ちよくわかる。

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 00:40:51 ID:Lqw8H4JH
どうでもいいが
宮部に映画を非難する権利はないだろ
ファンが非難するのはわかるが

一応自分で森田演出での映画化を許可して、金ももらってるはずだし
だったらはじめから映画化を許可するなって感じ
あるいは自分が映画の製作に関わる契約をするとか

一体宮部みゆきは森田芳光に何をもとめてたのか
彼の代表作である家族ゲームとか見てたら
あーいう演出するってのはわかりそうなはずだし

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 00:43:44 ID:owaPCxDF
お、盛り上がってるな。

>>12
中居はそこまで悪くない、むしろ他の出演ドラマに比べたら良かった方だと思うよ。
たしかに家族ゲームもそうだったけど、謎の残し方がうまいよね。
ああいうラストにすることで、”もしかしてTV局で起こった事っていうのは
ピースの死を象徴する幻想・妄想だったのか?!”という効果もあったしね。

>>13
これからって時に、感情移入を拒否するような演出って一般的には嫌われるからね。
特にこういう娯楽映画という名目のものにおいては。
俺は映画館で観てて思わずガッツポーズしそうになったけどw

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 01:03:52 ID:LTfD6Esy
最初、「模倣犯」の監督に森田を指名したのは宮部なんだよ。
森田の「キッチン」を気に入っていて、そういうイメージいだいていて「お任せします」ってことだった。
ところが、完成試写の直後に態度が急変して、すべての映画宣伝の出演予定を拒否。
ここまであからさまな映画化批判って初めてみたので、すごくよく覚えてる。
普通、映画化権を売ると、原作をいくら酷く改ざんしても拒否できないというのは昔からの習わし。
人気推理小説なんかの映画化だと、客が事前に原作読んでいて犯人を知っているだろうからと
犯人を変えるなんていうサービスは、頻繁に行われていたらしいから。
この前後に、宮部はエージェント契約したり、海外の作家みたいなビジネス交渉をするようになった。
元々映画好きの作家だから、最終的には自分の原作を自分でプロデュースしたいんだろうね。
その後の大林宣彦「理由」はベタ褒めだった。まあ、見れば宮部が気に入るのもよくわかる。

17 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 01:13:34 ID:T+L8kUM9
公開当時の森田との対談では「直言はしないが限り無く距離を置きたい」感を放射しまくってたね。
宮部みゆきさん。

18 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 01:22:20 ID:LTfD6Esy
原作と一番違っているのは、ラストでピースの子供が生まれて、
それを山崎が預かって、立派な大人に育ててみせると誓わせるところだったよね。
悪魔との取引っていう、ドフトエフスキーみたいな話で、だからTVメディアの幻影性や首チョンパも
舞台が現代なだけで、これはファンタジーであるというのが森田の解釈のように見える。
で、俺の感想はというと、中居の起用が敗因ではないかと。
客集めのためのキャスティングとしては、中居からあれだけの演技を引き出しただけで成功だけど、
ファンタジーを成り立たせるのに、彼のTV的なイメージが邪魔していると思った。
テレビと大衆の関わり方が映画版に横たわっている大きなテーマだから、
普段の中居のTV的なイメージというものと、切り離して見ることはできないはず。
おそらく森田は、普段の中居のTVでの役回りをほとんどよく知らなかったんじゃないの。
ピースが、ほとんどTVにでないような(例えば萩原なんとかとか)映画畑の役者ならば
森田が仕掛けたような虚構性が、成りたったんじゃないかと思う。
津田寛二が上手すぎるために、それが中居の天才というイメージ付けをブレさせているし。

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 01:30:20 ID:ziiyka2F
>>15
あれが妄想・幻想だったって新しい解釈だな
なるほどね

20 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 09:18:15 ID:2eI8NBl8
「模倣犯」よかったよ。考えさせられる骨太映画。宮部ファンはお子ちゃま
が多いのかな。たぶん理解できなかったんだと思う。あと好きなのは
「家族ゲーム」「それから」「黒い家」(一番好き)「阿修羅のごとく」。
原作が大好きな「間宮兄弟」が今から非常に楽しみだ〜!!




21 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/27(月) 09:28:14 ID:2eI8NBl8
リンチも好きだけど、画からイメージさせるとことポップな感じが似てる。

22 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/28(火) 22:10:32 ID:V/AY8p4b
間宮兄弟
ttp://www.mamiya-kyoudai.com/

特報がちょっと見れるよ

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/02(木) 19:14:40 ID:vGzjg/PQ
★☆家族ゲームのスレ★☆
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1068203198/l50
(ハル)
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1077109580/l50
失楽園
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1110876903/l50

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 11:33:42 ID:DRmK4umu
模倣犯、ちょっと前にテレビでやってたから見たよ。
映像がダメだった。合わなかった。
パイナップルを食べるところ、CMやニュースのシーン、実験的な映像(?)などが
とてつもなく不快。津田寛二の演技がさらに拍車をかけた。
閉じた空間にいるような息苦しさを感じる映画だったな〜

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 17:45:09 ID:85yzsTBw
練乳ちゅーちゅーとか?

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 19:22:20 ID:83s259sq
見てみよう

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 19:51:23 ID:gJvKALdM
松田優作の本で「僕の才能を本当にわかってくれたのは優作しかいなかった」
「今まで、媚びずに、遠慮せずに演出できた俳優は優作しかいなかった」
「こうして監督していても、全面的に信頼できる俳優がいない」
「森田チームにはエースがいないのです、それが悔しい」と言ってた
松田優作が生きていたら、その後の監督人生は違ったかな?
優作も90年代以後、生きていたら苦しくなりそうだが



28 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 21:28:26 ID:85yzsTBw
しかし、みんなのシネマレビューでの模倣犯評はある種すごいな
軒並み低評価w

29 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/04(土) 22:57:58 ID:FOMDyNaI
>>28
あれははじめから駄作という目で映画を見てるから
どうしても低い評価になる

それが証拠に具体的に何がどういう風に駄目なのか全然かかれていない

30 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/05(日) 01:36:26 ID:cUY/ypuC
ピースと有馬の親父が公園で会話するシーンはどうやって撮ってるんだろ?
何回見ても不思議だ

31 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 01:43:12 ID:WueMDOxi
>>27
先日のラジオでは楽しそうに竹中と優作話してたね

森田が家族ゲームの時に優作に吐いた一言
「それじゃあ、まるでショーケンだよw」

32 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 05:08:56 ID:y1noWgnP
模倣犯、原作読んでないのに言うのはおかしいとは思うんだが、
風潮としてか、子供の遺伝については触れてはならん、みたいになっていて、代わりに育て方(「育ち」では×で)が大事、みたいな論調あるじゃない
暖かい愛情とか、育て方で決まる、みたいな、それも一種の決め付け・差別じゃないのか、と思うようなの
ダメな映画だとは思ったけど、ラストは「あんたらそんな立派なんだったらオレの遺伝持った子供まっとうに育てられるんだよな?」
だって、そういうこと言ってんだろ?て原作を皮肉したかったのかな、と思った、が・・どうなのでしょう

33 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 14:55:44 ID:C0VNJKvb
俺は原作をかなり前に読んだので記憶が混乱しているというか、すっかり忘れたが、
首チョンパ以降の展開は、かなり映画オリジナルになってたな。
子供が生まれる云々というストーリーは原作には一切ない。

原作と映画の一番の違いは、映画はピースの内面を一切描いていないことだ。
(犯罪のモチベーションのあり方などなど)
それは映画の特性的な話で、映画はそのままではしょせん絵でしかないが、しかし
犯罪者の内面をいたずらに書き込むと、犯罪者の道理に観客が引きずられることになり
あのような展開の読めない既知外の犯罪に観客を攪乱(あるいは陶酔)させることが難しくなる。
だから、森田はかなりざっくりと、ピースらの心に蓋をして映像化している。

街頭テレビを使った犯罪予告や、テレビメディアを表象として使うというのは、
人々の心の奥底に潜む闇にメディアが仕掛けるような、犯罪の連鎖をテーマ化しているのかもな。
貧しいとか動機付けと関係なく、犯罪ははびこる。
ピースですら、それは悪意のビーグル(入れ物)でしかない。つまりつまらない生き物に過ぎない。
遺伝という強固な犯罪因子を、テレビメディアなどがはびこるこの現実の中で
豆腐やのオヤジの愛によって、暴力の連鎖を断ち切ることができるかという挑戦なのかね。


34 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 14:56:37 ID:WueMDOxi
原作読んでないから皮肉かどうかはわかんないけど、
ラストは子供自体の意味性よりも、単に映画的な救いを出すため・
上でも出てるけど直前のテレビ局のシーンの虚構性をより高めるため・
子供をメタファーとして娘の存在を再確認させるため、
そういう効果のためのラストだと解釈したよ

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 20:19:39 ID:y1noWgnP
うーん、俺も当て推量だから強くは主張しないけど、
>>33さんおっしゃるメディアの機構が持つ功罪や闇をテーマとするなら、そこと対決するなら、
現行メディアを圧倒するような洒落た映像を作った上で攻撃的な表現や演出を見せ付けてくれなければならなかったと思うのですよ。
作家だから、さすが天才!て観る者を酔わせるような映像で圧倒した上で、説得してしまう、ような。
そこがチープだったから、観客は監督の意図を見詰めようとさえできなくなっちゃったんじゃないかなぁ、と
なのに、半端に、そんなふいんきだけは醸しているので>>34さんのような善良な視点ではもう見れなくなっちゃうんだ。
スカシてたくせになに急に何よ、みたいな

36 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 21:23:54 ID:aWcYn4WK
とりあえず君の言ってる事がわかりづらい。
もうちょっと整理してくれないと

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/07(火) 08:07:06 ID:/G4y/t5e
ピースはヒロミが死ぬまでは完全犯罪に拘る普通の人間だった。でもヒロミを殺してからは
人間の潜在的な憎悪やデジタル化に潜む悪意を、神の目線で人間に知らせる役割を自らに課
した。そして善良な有馬老には救世主としての役割を与えてやったつもりなのでは?

38 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/07(火) 17:06:42 ID:4QcgIayA
模倣犯の過去スレ探ってたらこんなのが出てきた。
なかなかに深い作品ですね。


61 名前: スマ姐さん 投稿日: 02/05/21 09:36 ID:C85AUdqc
でも脚本ができたのはキャスティングの前だよ。撮影開始当初から
メディアの虚構性、殺人も現実にあったかどうかわからないって話は
してる。>>49が言うのは、やはり森田監督の狙いじゃないのかな?
>>50はなんだか決め付けてるけど、狙いがずれているのかもしれないけど。
最初から「メディアのイメージの嘘」がテーマだって言ってる。


62 名前: スマ姐さん 投稿日: 02/05/21 09:39 ID:C85AUdqc
それになんだか森田監督、今週の雑誌では「哲学的映画」とも言ってたな。
そう言われても困るんだけどね。少なくとも妥協なしてない言いっぷりだよね。

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/10(金) 16:32:26 ID:qvgYumgC
この人のエロシーンってかなりエロイね

40 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/10(金) 18:23:50 ID:qvgYumgC
黒い家でボウリングの球が転がっていくのは
フェリーニの「悪魔の首飾り」のパロディかな?

41 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 04:53:11 ID:eiXEBNa5
模倣犯はコメンタリーが最高におもしろい

42 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 15:06:49 ID:Dgs6PTIl
面白いけど森田はボケじじいだw
ああやって女優にパワハラとかしてんだろうな。

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 20:33:27 ID:kU/q4BAC
『阿佐谷北』=京王線沿線住民

五十代前後

高卒

就業歴なし

90年頃から00年頃まで鬱病で入院、投薬治療を受ける

00年からは2ちゃんねる他掲示板を荒らす日々

今も警察の監視下にある元オウム信者(I田ではないかとの噂)

毎日京王線で新宿のネカフェに出かけるのが彼の仕事。

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/15(水) 02:37:18 ID:jAWKT9Ik
そういうやついるんだろうな。
小泉政権はそんな弱者の存在なんか人口にカウントしてないから

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/16(木) 13:16:03 ID:RIXQLG76
>そんな弱者の存在
働かずにネカフェ通いが出来る人間を、社会的弱者とよんで欲しくないね。
ホームレスの人に失礼だ。

46 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/16(木) 13:30:33 ID:wk1Kng3K
>>45
何ピリピリしてんの?

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/17(金) 15:47:44 ID:e57TJDED
間宮兄弟の公式が更新されてるね
>>22

48 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/19(日) 21:19:44 ID:2hiM3kdG
模倣犯見て思ったんだけど、岡本喜八の影響があるのかな

49 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 00:55:52 ID:Q/E5CM+3
こなういだ黒い家テレビでやってて
久しぶりに見たらやっぱいいわ〜
やっぱ役者がいい!
田中美里のぼそぼそしゃべりが
心地よくてなぜかリピート

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/32(土) 03:16:04 ID:yLbce0wX
39と黒家は
大切なDVDだ。

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/32(土) 03:18:06 ID:xt6SsKlV
黒い家みたんだけど
監禁された田中美里が忍に
ドス黒い液体かけられてたのって
うんこですか?

52 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/32(土) 08:54:42 ID:GnaufllZ
ときめきに死す
がやっぱり最高傑作じゃないか?
次に家族ゲーム
もう何十回と見た。

当時あの演出にぶっ飛んだよ
音楽も良い。
あぁまた見よう

53 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/32(土) 10:18:42 ID:YnWWcQMK
>>48
細かいカット割りや編集に関しては市川崑や岡本喜八なんかの
影響を感じさせるね。
テンポの出し方、省略の仕方は抜群にうまいと思う。

54 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/04(火) 00:34:48 ID:y+wGuIii
84年7月か8月に
文芸座のオールナイトで↓下記の一挙上映を観た人いない?
(もしかして「ときめきに死す」も上映したかも?)

森田と桃井が舞台挨拶に来ていた。
(多分「メインテーマ」撮り終えた後だと思う。)
朝、文芸座を出たところでオカマさんに誘われました。

初期の細かいカット割りは非常に凝っていたよね。
(ピンクカットは全編ほぼ移動カメラだけど)
そのテクニックの実験が結実したのが「家族ゲーム」のような気がする。
「家族ゲーム」はやっと80年代を描いた映画が出てきたという衝撃も強かったが、
テクニック面でも衝撃を受けた。

* 家族ゲーム(1983)
* ピンクカット 太く愛して深く愛して(1983)
* シブがき隊 ボーイズ&ガールズ(1982)
* (本)噂のストリッパー(1982)
* の・ようなもの(1981)

55 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/04(火) 00:49:29 ID:7ito0E74
自分も最初に「の・ようなもの」を見たとき、カット割りに驚いた。
後にたけしが、自分の武器として使い始める前に、
ロングのカットを、オフビートに切り返すというのを、
だらしなくなるギリギリのところで、積み上げていく感じだったよね。
「家族ゲーム」「ときめきに死す」までは、ほぼ同類だと思う。
最初、森田カラーについて考え始めたころは、ジャームッシュかと思ってたけど、
よく考えると、ジャームッシュが日本に紹介されるのは、もっと後なんだよね。
で、先日文献を読んでいたら、「テオレマ」だって書いてあった。
それ読んですごく合点がいった。パゾリーニって絵作りは絵画的と言われるけど、
カメラワークは最後まで素人だったから、あれを技巧的に狙ったわけだと。

56 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/04(火) 01:24:30 ID:YrH+48+K
「の・ようなもの」懐かしいなぁ。
俺的に「夏の別れ」と並ぶBest of 1981の映画だ。

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/04(火) 06:13:13 ID:kvJku2d9
携帯無料待受画像検索
http://m-pe.tv/u/?yuryousaito1

58 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/04(火) 07:59:44 ID:joidXmaN
>>55
> で、先日文献を読んでいたら、「テオレマ」だって書いてあった。

なにこれ、本人がそういっているの?
基本的に自分ちの持ち物である8mmカメラでの8mm映画制作体験が大きいんじゃない?

細かく割り始めたのは、「の・ようなもの」でプロと組んだので、
俺だって出来ることをああだこうだと言っていたような気がする。

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/04(火) 11:31:00 ID:QRqQtyJr
>>58
>> で、先日文献を読んでいたら、「テオレマ」だって書いてあった。
>
>なにこれ、本人がそういっているの?
>基本的に自分ちの持ち物である8mmカメラでの8mm映画制作体験が大きいんじゃない?
>
>細かく割り始めたのは、「の・ようなもの」でプロと組んだので、
>俺だって出来ることをああだこうだと言っていたような気がする。

8mmやってたって話は大前提。そういう話をしてるんじゃない。
「だからああいうカットが撮れる」じゃあ、8mmやってた人間がみな、
「の・ようなもの」みたいな映画を撮る可能性があるってことになる。
それと俺の主張は真反対だな。

「テオレマ」の件を本人がしていたのを見たことはない。
ただ、どこかでそういう話をしていたというシンパの評論家の記述がある。
俺はそれに合点がいった。キャラクター造形などへの影響は大だろう。

いずれにせよ、8mmやってたからそうだ、という論旨は、論旨以前のものだ。

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/05(水) 21:24:57 ID:nDPI9Q0e
なんで自分で映画化をOKしたのにあとから其の作品の出来が悪いから文句を言うのかね
卑怯だよな

ALLWAYSだってデビルマンだってキャシャーンだって砂の器だって飢餓海峡だって
原作とは似て非なるものだよな


61 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/06(木) 01:29:32 ID:86rduppS
「ライブイン茅ヶ崎」を観たい。

62 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/06(木) 04:50:10 ID:36A3PJY7
アメリカは、映画化権を売るとき、
「原作を改ざんしてもよい」という条件が入っているという。
ヒッチコックなどのモノクロ映画の時代など、人気原作を映画化する際に、
ミステリーだと犯人がわかっていちゃ見ないだろうからと、
犯人を変えている名作映画もたくさんある。
市川崑の金田一ものが犯人を変えてるのも、同じ理由。
ただ、向こうはオプションの売買をエージェントがやってて、
契約金をつり上げたりするスキルもあるから、もっとビジネスライク。
日本の小説で、映画化で大金を払うケースがないのは、
まだ原作者の好意で、比較的安く映画化権を得ていることが多いからだと思うので、
我が子が酷い目に逢ってると思う、思い込みが強いんだろう。

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/06(木) 09:54:26 ID:qp58WFGy
その手の話はいつの時代もあるみたいね
山中貞雄の丹下左膳もそのコメディ仕立てのために原作者からクレームがついて
最初のタイトル「丹下左膳・日光の巻」から「丹下左膳餘話・百萬両の壺」と
変更させられたくらいだしね

64 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/06(木) 23:33:47 ID:1YOZeqfD
キューブリックのシャイニングも原作と全然違うと
原作者が非難してたな。それと同じか

それで後から自分自身で作ったら大駄作になったというオマケつき
宮部も自分自身で映画製作をやるべきだな。どういう仕上がりになるか見てみたい

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/06(木) 23:41:43 ID:RqILmvWH
「エクソシスト」も、原作者が撮った第三作は、まあ力作だけどもっとも難解。
キングの映画音痴は、監督作見ても始まってすぐのところでわかるけど、
双璧なのはマイケル・クライトンだろうな。別に他者監督の原作映画けなしてはないが、
クライトンの映画は他人が撮ると名作になるが、自分で撮るとVシネみたくなる。

66 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/07(金) 00:30:01 ID:XHf7EONb
村上龍
いえ、別に、ただ、それだけです

67 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/07(金) 00:55:28 ID:Sf46DGVM
今月テレ東の深夜枠で
 の・ようなもの
 ときめきに死す
をやるお。一応チェーっ区!
ちなみに俺が観たいのは、「メイン・テーマ」。



68 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/07(金) 01:06:53 ID:OX3cYUCE
>>67中の3作の、俺ランキング

1位     の・ようなもの
同率1位  ときめきに死す

300位   メイン・テーマ

69 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/07(金) 02:47:47 ID:rqW0apI6
「メインテーマ」いいよな。
薬師丸主演作の中では「翔んだカップル」と双璧の傑作。
「Wの悲劇」なんてダサダサ映画とは全く違う。

70 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/07(金) 18:20:27 ID:pxUAhlHn
「セーラー服と機関銃」もびっくりするくらいトンデモ映画だったな
相米というブランドじゃなかったら10分くらいで見るのやめてたわ

71 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 06:53:08 ID:VpS4SOJI
>>70
そういう感想だと、相米の映画は向いてない人なんじゃない?

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 10:31:16 ID:7x0b4TZb
そうかなあ、「風花」とかは好きなんだけどね
脚本そのものは(見てないけど)テンポを求めてるのに
完成された映画はじっくりゆったり撮られているから
シーンやシークエンスが変わるごとに変に唐突な印象を受けるんだよね
やはりセーラー服は森田向きの題材だと思うな

まあ個人的な感想だけど

73 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/10(月) 13:15:50 ID:60zCVLRC
ピースが「その女は背が高すぎる」といって拉致をやめさせたてるのに
その後、背が高い伊藤美咲をさらうのは何故?

74 :よどんぎ:2006/04/11(火) 13:26:34 ID:9tpwJ91x
加藤義博(ぜんぱくって書いてあった)。
「ちげいます!シロのクーペです」の人。
これは阿修羅の中村に血が流れてるのか、あと
悲しい色やねんのイッセー、
こういうコラボの醸す独特の情緒が見れるのは彼の映画だけ。
しゃべり声をオフにする小技もかっこいい。



75 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/13(木) 13:37:39 ID:200nB4hg
>>56
おまえ麻生えりかのファンだろw

76 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/13(木) 23:26:04 ID:5I4m7vbf
しんとと、しんとと。

77 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 03:30:48 ID:0zi1PHph
タイガー&ドラゴンみたいにぎらついてなくてよい。

78 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/18(火) 14:06:39 ID:8uz8Qp7h
免許がないとウホッホ探検隊のDVD(中古)買っちゃいました
これから見ます

79 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/19(水) 13:01:51 ID:lGZWbSO7
それどっちももう廃盤じゃなかったっけ?

80 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/25(火) 10:40:58 ID:ve0/V4zO
シネ・ラ・バンバ(木曜深夜)
5/4   愛と平成の色男
5/11  (ハル)

放送決定age!

81 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 04:16:17 ID:rQHl2lV5
>>48
「39」で妹が襲われたシーンの直後にエビフライを揚げてるカットを入れ
妹の逆にひん曲がった足をイメージさせてるが、
これは喜八の「殺人狂時代」”刺客が地下鉄に轢かれる→血の滴るようなステーキ”
の影響かもしれない。

82 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 05:04:40 ID:NZOcj2aa
ときめきに死す 久しぶりに(途中から)見た。
懐かしかった。涼しげな映画だよな。昔の森田はよかったw

83 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 05:30:02 ID:f8jOc0xr
ときめきに死す。久々に見た。
もう20年以上前の作品なんだな
やっぱラストの衝撃はすんごいな
こんな演技できる役者は今いないだろうな

84 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/30(日) 22:03:16 ID:LPxYoxso
生きる邦画の歴史な笠智衆にダメだしをするのが汗かいたと森田の弁。
なんの映画?笠さんが森田映画に出てるなんて・・・

85 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/30(日) 22:21:06 ID:Jr/CHODI
>84
「それから」に出ていなかったかな?

86 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/01(月) 12:14:35 ID:AL/GUA2t
>>84
昨日の伊集院光のラジオのゲストで出ていたな。
「それから」に出てた笠さんに17回NG出してやり直しさせたって話。
「僕のイメージするセリフの話し方じゃ無かったからって・・。」
当時30代半ばの森田の根性も凄い!

87 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/01(月) 21:28:03 ID:D+3sILPJ
笠智衆もちょっとムッっとしたらしい。
かなり緊張感がある撮影だったとか。


88 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/02(火) 05:57:19 ID:/ySZ0mGw
【三千代さんを】それから【くれないか】
ttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1132364864/l50

89 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/04(木) 09:46:40 ID:9lZv8teH
ときめきに死す
はじめて見ました。
おもしろかった、ぼんやり見てたけど。
ジュリーの挙動不審ぶりがなんかよかった。
「ばかやろう」

90 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 12:17:52 ID:UdMYdUO5
テレ東深夜シネ・ラ・バンバ「愛と平成の色男」
最後まで観た自分をほめてあげたい・・・。

鈴木保奈美と武田久美子が出てなければ30分で脱落してたな。

91 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 18:00:34 ID:hWWubyEJ
>>90
武田久美子可愛かったけど喋り方にイラついた。

92 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 23:16:35 ID:yK7fn7zk
ここは、歯医者ですよ〜〜!

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 04:22:28 ID:/gkdt+tC
また「家族ゲーム」「ときめきに死す」「模倣犯」のような
バリバリにとんがった映画を撮ってくんないかな

94 :みむじ:2006/05/11(木) 09:56:06 ID:PbUrC9la
この監督には生々しさがない スケベッぽさもない
「失楽園」テレビの方が良かった どうしてもっとスケベっぽく撮れないのかな
あくびがでてしまうようなのが多いです

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 10:01:02 ID:j2Mcsy6L
そういう意味では、にっかつロマンポルノのヤツが酷かった

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 12:53:07 ID:XsKh26hR
凄くスケベな映画を撮る監督が、実は素人童貞だったという話はよく聞くが
(身近な例で言えば、「くりいむレモン」の山下敦弘とか)
反対に森田は女優食いで有名だからね。すけべ部分の欲求はプライベートで処理しちゃってるのかも。

97 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 13:45:55 ID:ujirlI3u
森田は濡れ場うまいと思うけどな。
カメラのぶれや細かいカットの切り返し、コマ落としなんか使い方は
さすがは技巧派という感じがする。
特に「海猫」はドラマとしてはちょっと弱かったなという感想だけど
濡れ場には目を見張るものがあったよ

98 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/12(金) 23:16:30 ID:vgHRm2EZ
昨夜のハルの実況スレの終了後の感想はどうでした?

俺は以前実況無しで見た時によかったんで昨夜は
先週の「愛と平成の色男」と同じで前半だけ見て寝たんですけど。
(起きてから実況スレ読もうかと思ったらdat落ちしてた)

しかしさっきのドラマ「クロサギ」にハルに出てた山崎直子が
出てたような気がしたが目の錯覚か。

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/13(土) 01:06:45 ID:aJ89jLGe
>>52
次に家族ゲーム
もう何十回と見た。

当時あの演出にぶっ飛んだよ
音楽も良い。
あぁまた見よう

家族ゲームは音楽ない映画だけどね。

100 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/13(土) 01:29:28 ID:K4U19uzo
「マイフェアレディ」の「踊り明かそう」のLPを聴いてるシーンでも
かたくなに音楽を流さないんだよね。

101 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/13(土) 11:31:45 ID:kjrF7xMu
濡れ場といえば、「黒い家」の内野聖陽と田中美里のシーンもエロかった

102 :みむじ:2006/05/13(土) 12:05:55 ID:KNL9b/Bn
森田監督ってなに撮ってもスケベっぽくならないからイライラします
「失楽園」が本当にエロくない これからエロくなるかなと思うと 止めちゃうんだもの
この監督って何か欠陥あると思った 自分で性に溺れて爛れた生活しないと直らないよ
この監督のは見ようと思いません 今村昌平の爪の垢でも煎じて飲んだら

103 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/13(土) 15:21:07 ID:uZdAl22e
今村昌平の「赤い橋の下のぬるい水」のほうがエロかった

もしも森田が撮っていたら、全然エロくなかっただろうな


104 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 09:51:36 ID:G7T6FtLE
書き込みないけど誰も間宮見た人いないの?

105 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 10:19:49 ID:hVEixPs8
今昌が「失楽園」撮ったらあんなヒットしないだろ、いやらしすぎてw

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 10:25:43 ID:G7T6FtLE
一般的には、今平って呼ばれてるんだけどな

107 :みむじ:2006/05/14(日) 12:23:08 ID:hJwR0Xrk
「遠雷」永島が 誰からも好かれる性格 男からも女からも爺様からも婆様からも
どこへ行っても堂々として 怖い物なんか無い感じ この性格がたまらなく嫌です
実際にそういう人たくさんいるし真実みはあるけど こんな男とつきあいたくない
欠点がないんだもの 性に合わない

108 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 15:30:20 ID:nlfnatf4
イマショウのほうが、ハマショウみたいでカッコイイ

>>107
ごばく?

109 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 15:30:56 ID:nlfnatf4
イマショウのほうが、ハマショウみたいでカッコイイ

>>107
ごばく?

110 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/22(月) 15:15:50 ID:W5PCBOXQ
誰も未来の想い出に触れないとはどういうことだw

111 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 15:43:32 ID:bxmkCSm3
見たことないから

112 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 22:17:18 ID:2lXDYPJp
あれはかなりつまらん部類に入る。

とにかく(ハル)で、やっと春がやってきたという感じだ。
なんでも、(ハル)以降、俳優の合宿プロセスを採り入れたのが
森田再生の決め手になったようだ。

113 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 18:49:51 ID:ArfcEi/s
そろばんづく

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 19:20:34 ID:AiGmDHeZ
東宝08正月「椿三十郎」森田芳光監督

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 05:46:05 ID:7C/ycC59
まじで?ホントなら、ちょっと楽しみ。
三十郎シリーズでは、「用心棒」のほうが何回もリメイクされてるけど
あれは黒澤作品が完成度高すぎで、リメイクの余地がなさそうだ。
モノクロっていうハンディを考慮しても、完璧すぎ。

椿の方が、リメイクに向いてそうだなと。
阿修羅で、八千草を出したみたいに、小林桂樹をどこかに出すぞ、きっと

116 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 08:31:01 ID:bkIPvhn3
椿の方が難しいと思うがな。

117 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 10:00:41 ID:7C/ycC59
そうかね。
三十郎に焦点を当てるんじゃなく、
「老獪な敵VS純粋真っ直ぐな若者集団みたいな集団力学」みたいなところに
重点を置けば、成立するんじゃないかと思って。
けっこう今風の素材のような気もするし。

118 :↑書き直し:2006/05/29(月) 10:02:07 ID:7C/ycC59
そうかね。
三十郎に焦点を当てるんじゃなく、
「老獪な敵VS純粋真っ直ぐな若者集団」みたいな集団力学に重点を置けば、
成立するんじゃないかと思って。
けっこう今風の素材のような気もするし。

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 10:53:02 ID:uite0Ig5
織田裕二が三十郎やって、草K剛が加山の役なんてなりそう。
リメイクなんてみたくない!

120 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 13:00:23 ID:bkIPvhn3
>>117>>118
用心棒は二人いいのがいれば後は雑魚でもなんとかなる。
個性的な顔を揃えれば。「荒野の用心棒」などが証明済み。

椿三十郎は、メインの二人以外も結構揃えないといけない。

馬面老中夫婦は最後を決めないといけないし、
悪いやつらはおたおたしながらもどっしりとした存在感がないといけない。
若者はそれなりにまじめそうでヤンキーづらじゃいけないし、小林桂樹の役も重要。

監督は結構いいかも。とぼけたコメディは過去の実績があるので。

121 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/29(月) 17:04:59 ID:TTspQnbW
■福井晴敏氏「椿三十郎」「用心棒」をリメイク
時代劇マガジンvol.14より。
・椿三十郎
08年正月東宝系、森田芳光監督。
脚本はオリジナルを使用。

・用心棒
09年正月東宝系、崔洋一監督。
ハードボイルドな話に作り替えるらしい。

らしいです。

122 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 02:23:56 ID:1Ho/k3fC
森田がつくる「椿三十郎」はかなりデフォルメされると思ったが、
オリジナル脚本か…
どうなるんだ…

123 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 06:09:05 ID:t6qEqs4A
つか、用心棒ってハードボイルドだろ?ハメットの翻案だっていうし>>121

椿の脚本は、
黒澤が小林桂樹のために書いたという第一稿に近いものにすれば
現代風になるかな。

124 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 08:25:31 ID:86KMVzA0
>>122
森田で椿三十郎というのは、もう一定の成功は約束されたようなもんでしょ?
コメディ・アクション時代劇だしね。

崔の用心棒の方が演出も俳優も力み返ってドツボにハマると思うけどねえ。

125 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 10:12:03 ID:wrxg3p4s
森田がラストのアレをどう解釈してくれるかが楽しみだなw

126 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 10:23:21 ID:gmeydJAH
ときめきに死すのラストと一瞬ダブった。





127 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 10:48:30 ID:qH6n4Isb
>福井晴敏氏「椿三十郎」「用心棒」をリメイク
これの方が心配だ
限りなくガンダムテイストだったりして。

128 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 10:49:11 ID:vIotXxxZ
森田ならCGを使うだろうな

129 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 18:26:18 ID:t6qEqs4A
今からキャスティングごっこして遊ぶ?

三十郎は、優作が生きてれば・・・・

130 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 18:28:02 ID:t6qEqs4A
役所=三十郎
うーん、無難すぎて。
ケン・ワタナベを使うか?

仲代vs三船。どっちが役所でどっちがワタナベでも成立するか?

131 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 18:58:18 ID:nf1Bt7so
役所や、渡辺謙だと「四十郎、もうすぐ五十郎」にしか見えないな。
これも年齢オーバーだが、ギリギリ真田広之かな。
仲代はトヨエツがいいんじゃないか。

132 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 21:02:57 ID:wrxg3p4s
三十郎は塚地でいいんじゃないの

133 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 21:37:58 ID:J8yzMHkH
今村監督亡くなったね・・・

134 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 11:03:23 ID:S9lA9sx2
香川照之が好きなんだけど、彼なんか、仲代のやった役にアワネ?
森田も好みそうな俳優っていうか、ダサくない顔でしょ、森田の好きなのって

135 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 11:07:58 ID:S9lA9sx2
意外性のあるキャスティングだったら三十郎は全然カッコよくない俳優を使う
なんていうのは、森田がやりそうだな。

アルトマンが、フィリップ・マーロウに
エリオット・グールドを抜擢したみたいにサ

136 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 11:09:51 ID:S9lA9sx2
三十郎=ガレッジセールのゴリ
仲代がやった敵役=香川照之

137 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/02(金) 22:07:59 ID:ahMVZtHs
三十郎=石井正則
仲代がやった敵役=内野聖陽

結末は誰が見ても明らかなような、三十郎の負けw

138 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/03(土) 01:37:08 ID:df+LpJz+
「の・ようなもの」、ラスト近く尾藤イサオの主題歌のイントロが
静かに聞こえてくると、もう泣けてしまう。

139 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/03(土) 22:14:07 ID:JmYroWDH
Yahoo!動画で無料
(ハル)
http://streaming.yahoo.cbo.jp/p/t/00027/v00142/
キッチン
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00027/v00139/

140 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 10:14:31 ID:HKqXXFjU
キッチンもなかなかの秀作だね
似た題材扱ってるメゾンドヒミコよりもはるかに良かった

141 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 17:18:52 ID:HCXUdrAr
三十郎=草薙


142 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 19:26:00 ID:AE/kLNwG
ベスト3

1家族ゲーム
2家族ゲーム
3家族ゲーム

143 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 07:02:37 ID:keRPYj++
伊東美咲の全裸シーンをやっておきながらB地区を見せることができなかった時点で、監督としての力量ゼロだね。

144 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 08:43:30 ID:fa84qhLb
↑そういうのって、監督次第なわけ?
事務所がだめでも撮って上映できちゃうもんなの?

145 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 13:12:53 ID:+lLg6SyL
>>144
俳優本人は現場のノリで押し切れる-大林はいつもそうだ-けど、後で周
囲で問題化する。監督もそりゃ事務所には負けることはありますよ。

146 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 13:25:43 ID:WRMR0VAx
なる程そういうことですか。


147 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 13:31:34 ID:WRMR0VAx
ううん、それでゼロは厳しいね。でも海猫の場合はしゃあないかも。
あの路線は森田作品として数えたくないのだが。
までもやっぱり画とかいいよな。

148 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 13:39:50 ID:FnK5A/sv
当時、伊東がCMやってた化粧品メーカーからストップがかかったとか
たしか本人も事務所もOKだったんじゃなかったかな

149 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 15:19:15 ID:t0Cj+0Bh
アメリカみたいに契約でいちいち書いてないけど、
色々と難しいことがあるんでしょう?

大竹しのぶはさんまの子供を妊娠して、ドラマがぽしゃって、
それで事務所が解散になったみたいだし。

150 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 16:14:28 ID:xVJUAezt
やっかいだなぁ。

大竹しのぶといえば絶対森田映画に合わない、高湿度の女優と
思っていましたが、すごい役こなしてましたね。

151 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 18:38:05 ID:1kxFK8zC
むしろ押坂しのぶのほうが合うよね

152 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 22:33:59 ID:WiKgR0aI
んじゃ俺は中山忍を推すわ

153 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 22:36:04 ID:1kxFK8zC
未来の思い出には工藤静香出たんだっけ?森田に似合わんね。
キッチン、きのうヤフーで出だしだけ見たけど
やっぱ、ネットで見ると、テンポのゆるいものは飛ばしたくなるな

154 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 22:51:49 ID:t0Cj+0Bh
部屋暗くしてフルスクリーン推奨

155 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 03:39:22 ID:6YoAUZ1W
(ハル)以前の長いスランプ時代の作品は、
何度見ても、見るところがない。
これは本人もファンも一致した意見だと思う。
やっぱ(ハル)から導入した合宿システムが効いたんだと思う。

156 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 08:25:08 ID:+ZOs9SLy
悲しい色やねんか、メインテーマ以降ってことかな。
未来の思い出以外全部好きだな。何度も観たし
一致してないね。


157 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/07(水) 09:39:35 ID:+2kUn8j4
間宮良かった。


158 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/07(水) 17:06:39 ID:dFFflNgj
悲しい色やねん」は今風のヤクザって感じのことをやろうとして
全てが空回りしてるように思えた

159 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/07(水) 22:23:23 ID:CqPfMnXP
↑パーツは最高だけどね。
イッセー尾形まわりなんてすごいよね。
他にもいい部分はたんまりある。

160 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/07(水) 23:18:42 ID:AbNGOOUT
>>158
空回りは十八番

161 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/08(木) 16:04:45 ID:U/FvXMUp
椿三十郎
北野座頭市みたいにならなければ良し。


162 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/09(金) 09:31:33 ID:Nu4Ueqa8
ラストの血がピューはいまやザラだから、やらないほうがいいな
ストーリーと関係ないし。

163 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/10(土) 10:20:52 ID:Dwrxoiw2
キッチンはじめて見た。なんか観念的な映画だったね。
森田作品はどれもそうなんだろうけど、これは特にファンタジーしてたわ。



164 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 02:03:32 ID:PTloB8vJ
92年ころの月カドに好きな作品ベスト3として
1、「激突」
2、「暗殺の森」
3、「博士の異常な愛情」
を挙げてた。
「暗殺の森」の森のシーンは「ときめきに死す」で使ってるね

165 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 06:01:25 ID:WHBlL7x4
前は生涯の一本って「ドクトル・ジバゴ」を挙げてたよね。

166 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 21:18:38 ID:tCcZS07T
こいつのシャシンは全部が小細工。口が曲がっているように作家性もヒン曲がっている。

167 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/02(日) 08:45:33 ID:kCZg8jY4
え?それ否定材料なの?
だって映画だよ。

168 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/03(月) 05:22:11 ID:zA30YVSI
シャシンてキミ

169 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/10(月) 19:32:52 ID:Rk+/vL6P
森田と噂になった女優って誰だったっけ?

170 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/10(月) 20:45:29 ID:g1guZuqU
の・がさっぱりワカンネ…

171 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/10(月) 22:03:57 ID:adwGDPNB
「愛と平成の色男」が見たい。
どうしようもない駄作だろうけど、バブルの頃を知らない者としては気になる作品。

172 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/11(火) 17:57:47 ID:ADZULy+c
三十郎役は佐藤浩市がいいな。

173 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 01:55:26 ID:qLbVUzQC
主演俳優決まったね

174 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 06:51:18 ID:MriaXAii
>>119
なかなか鋭い!感覚をお持ちですね。

175 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 06:58:40 ID:oXMXAJAs
織田か。「タハハ……」と笑う三十郎。
当初の堀川弘通版のテイスト、周五郎原作にもっと近いセンでお願いしたい。


176 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 16:34:21 ID:B5WG5nyA
ブーイング多くなりそうだな〜

織田は別に悪い俳優じゃないけどな。

177 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 17:33:37 ID:PZ6+tsIb
でも爽やかすぎる気がする…三船とは対極にいる俳優のような…



いや、対極にいるからこそ、リメイク版は良くなるかも?

178 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 19:54:16 ID:B5WG5nyA
三船=三十郎は、今だったらガレッジセールのゴリとかがいいんだけどな。
織田はむしろ仲代がやった役のほうがいいんじゃ?

179 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 19:56:00 ID:B5WG5nyA
若造たちに説教するときに
「事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!」
っていうのかね?

180 :書きなおし↑:2006/07/13(木) 19:57:36 ID:B5WG5nyA
若造たちに説教するときに
「事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!」
っていう、あの口調で言うのかね?

181 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/13(木) 23:18:04 ID:RZaa8k6b
森田が笑っていいとものテレフォンショッキングに出たときに
タモリの森田を馬鹿にしたような態度に対して本気で怒っていた。
あれがタモリの芸風だと分からんのかこいつは。

182 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/14(金) 09:27:05 ID:RNO3nmON
自分も人を茶化すような芸風のくせにね

183 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/14(金) 09:31:46 ID:5wwynKku
森田は学生時代から「タリモ」のペンネームを使っていて、
「の・ようなもの」の主題歌の作詞もこの名前。
「タモリさんとは関係なく学生時代から使ってたんだけどね」と言っていたが、
タモリと関係があるんですか的な質問を何度もされたんだろう、
そのうちに「タリモ」は使わなくなってしまった。

184 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/14(金) 12:29:39 ID:tr3aI6EA
たぶんこの人は竹中直人がテレホン出た回見ても
竹中本気で怒ってるよーと思うんだろうな…

185 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/14(金) 20:43:19 ID:JOeoeOY2
家族ゲームが最初で最後に観た映画だなw

186 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/16(日) 02:24:30 ID:thgLmdXP
三宅というディレクターは森田映画のファンなのかな
「心はロンリー」の2かなんかにの・ようなものの出演者が2人出てた
その回か忘れたが、スタッフのロールの中に
たしか「石井芳光、森田総互」という字も見えた。
ごの字はあて字ね

187 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 00:25:49 ID:wnAUoLeA
>>171
人が言うほど悪くないと思ったお。
もっとも俺の森田映画に対する評価はいつも甘いんだが。

何故か生理的に合うみたいで、世間的にはスランプと言われている時期の作品を観ても、
一度も嫌いになったことがないんだよね。



188 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/27(木) 07:25:24 ID:KzY6ludH
阿修羅のごとくがなぜあそこまで評価されたのかわからん

189 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/03(木) 15:31:18 ID:BY9t1w8X
のようなものはDVD出てないの?

190 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/12(土) 00:12:11 ID:dvF9kvYO
この人は才能ないと思う
顔も変だし

191 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 20:17:54 ID:ntg0pzZr
>>189
「の・ようなもの」10月に遂にDVDになりますね。
間宮兄弟発売に併せてみたいな事がamazonには書いてあります。

特典映像は・・・無いでしょうねえ。

192 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 21:48:31 ID:cp2xDQyS
うほ、それは嬉しいな、こういう飽きのこない邦画、最近めっきり減りましたな

193 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 22:50:21 ID:p2jSYCfv
>>191
お〜、それはしんとと、しんとと。

194 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/19(土) 20:57:10 ID:dWFx8E+R
特典映像なくともせめてコメンタリーはほしかったな

195 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/20(日) 01:48:45 ID:OY12GNbO
>>194
森田監督のコメンタリー是非欲しいですね。もう間に合わないのかな。
エンディングの濱田金吾作曲の尾藤イサオの歌も売って欲しいです。

196 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/20(日) 12:09:17 ID:7sJ+FBxM
竹中直人は森田の映画に出ないね。

197 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/20(日) 17:49:21 ID:lp+yTTl0
そういやそうだ。
他所で目立ってる人が、妙な色づけで出るのが楽しみなんだけど。
竹中直人にはもっと引き出せるものがあるだろうし。

198 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/20(日) 20:31:19 ID:mUBKvK5p
そういや森田が竹中のラジオに出たときに「一度でいいから使ってくださいよぉ〜」
って頼んでたな

199 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 22:25:19 ID:ps0BjDhV
間宮兄弟との・ようなもの注文age

200 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 22:28:07 ID:Y6r2CKba
ときめきに死すは良かった

が、最近は糞まみれ

201 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 14:58:03 ID:5m/6qFv7
高瀬比呂志氏(たかせ・ひろし=映画撮影監督)7日、脳梗塞(こうそく)のため死去、50歳。
通夜は10日午後6時、葬儀・告別式は11日午前10時、東京都府中市多磨町2の1の1、
日華斎場で。喪主は弟、勉(つとむ)氏。

日活撮影所で撮影助手として活動後、平成7年に独立。日本アカデミー賞優秀撮影賞を
受賞した「失楽園」のほか「デスノート」などを撮影した。
ttp://www.sankei.co.jp/news/060908/dea002.htm


ハル、失楽園、39、間宮兄弟での撮影は大変素晴らしいものでした
謹んでご冥福をお祈りいたします

202 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/11(月) 18:58:51 ID:s3vxo68I
家族ゲームが良かったな。
キッチンもわりと良かった。

203 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 04:08:37 ID:hMXJaM5n
流行監督宣言

204 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 09:42:04 ID:OsUSumXV
「僕は天才ですから」
と公言してしまったツケに追われる日々

205 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 09:36:30 ID:y1CCc/mU
そろばんずくの撮影時、石橋の耳元で「映画をナメちゃだめだよ」と囁く

206 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 23:17:18 ID:/G33eSkn
もうちょっと時期を過ぎてしまったけど

夏の終わりに見る「ときめきに死す」は最高
なんかさびしくていとしくて泣きたくなる

207 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/19(火) 23:28:39 ID:Oy7d92Vv
「そろばんずく」、石橋と木梨が画面いっぱいのアップで「あああああ〜っ!」って
叫ぶとこ、凄くセンス感じた。
しかし、オイラん中じゃ森田は「それから」までだな。
「メイン・テーマ」も悪くなかったよね。当時買った、カドカワの「バラエティー」の
メイン・テーマ特集今でも持っている。
出演したひさうちみちおの日記が微笑ましい。
太田裕美と共演出来たの、ホント嬉しかったようだ。
あと小倉一郎から貰ったドイツ製の鉛筆削りの話とかね。

208 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 03:05:22 ID:zEGv2ndd
新作「椿三十郎」クランクイン。
撮影は好調に進んでるとか。

209 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 10:57:51 ID:wCDV3l8L
ときめきに死すはあの音楽が作品の価値を何倍も上げてる。

最近の安易なタイアップは商売には直結するかもしれんが、心には何も残らないわ。

210 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/20(水) 21:10:58 ID:rfJS23mA
そうだね。
タイアップでも、偶然はまれば面白いんだけど。

211 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 00:28:03 ID:HhsLJYMn
「ときめきに死す」のね、走行中の車の周りをカメラが一周するのがね、当時はおお〜って思いましたよ
今はCGでなんぼでもできるけどね

>>209
いいよねえ、あのシンプルな音楽

212 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 01:14:40 ID:x9n71/tQ
http://www.campusnavi.com/jcfmovie/jcfmovie_7th/intv/7th/04/04_morita.html

こんな記事見つけた
堤幸彦や中島哲也は俺が育てたと言わんばかりだが、
ここまでストレートに匂わすやつも珍しいなw
まあ俺は森田のこういうところは嫌いじゃないけど

213 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 08:07:04 ID:1lIjDgnZ
ほほう、素直に映画の事を語っていますねー。

214 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 08:37:24 ID:GOyv1QJ2
>>212
>今、堤幸彦監督や中島哲也監督が話題になっていますが、僕が「バカヤロー!」
>シリーズで生み出して、今彼らが活躍していることは、本当に嬉しいんです。
>自分のライバルになりますからね。ライバルは強い相手である方がずっと面白いですし(笑)。

森田にすれば「初めに使ってやったのは俺だ」と言いたくなる気持ちも分かりますけどね。映画
やTV等で自分の企画(製作総指揮)や脚本で他人に撮らせるのは好きみたいですしね。
スピルバーグが好きだと言ってますけど、昔は「森田は製作総指揮とかスピルバーグを
気取らずに自分の仕事をマジメにやれ」とか書かれたこともあるよ。

215 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 08:44:05 ID:GOyv1QJ2
もちろん実際は堤幸彦も中島哲也も「バカヤロー!」で映画監督デビューさせてから
次の本編を撮るまでは何年も掛かっているわけですが。その間はCMと
かVPとかTVとかやってましたよね。
中島氏は本業がCMディレクターなのでともかく、堤氏の仕事の範囲と
量は本当に異常としか言い様がない。
三池と同じで働いていないと不安で仕方がないのだろう、誰も助けてくれないフリーの職業病だな。

216 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 10:03:41 ID:x9n71/tQ
堤は自身のブログで「間宮兄弟」について語ってるね。

あとたいしたエピソードじゃないがこぼれ話をひとつ。
まえに爆笑の太田がバカヤローで監督した時の話をラジオでしてたんだけど、
素人だから何していいかわからないまま、周りではちゃくちゃくとセッティングが
進んでいくんだって。
で、「監督できました」って言われてファインダー覗いてみたら、自分が考えていた
画とは全く違うものだったけども、周りはプロばかりだからダメだしできないまま
「まぁいいか」と撮ろうとしたら・・・・
たまたま見学に来てた森田がファインダー覗くなり「太田さーん、この前言ってた画と
ぜんぜん違うじゃん。はいセッティングやり直し!遠慮せずに言いたこと
言わなきゃダメだよ」と言って、そのまま去っていったと。
この時太田が思ったのは、プロ何十人が何時間もかかってセッティングしたものを
一蹴する森田に唖然とした。同時に映画監督はそういう度胸の持ち主じゃないと
務まらないことを実感した、と。
(ちなみにその時の撮影監督は前田米造)

217 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 19:45:12 ID:Oc0tYtUi
ほへー、そうやってできてるんだなー。
すごく繊細な映画を作るのにねー。

218 :723です:2006/09/21(木) 19:45:29 ID:TgkI7w/J
キッチンの照明が良かった。

219 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/22(金) 00:01:48 ID:lBlt/8Aq
椿の撮影入ったんだな。
角川で撮るはずだった「サウスバンド」はどうなった?


220 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/22(金) 15:24:45 ID:mLJmnYOT
>>219
07年下半期公開を目指し準備が進行中、だとさ。
しかしよー働くなー

221 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/24(日) 14:46:24 ID:ZkEgCXLy
>>220
椿の方も07年下半期公開だと聞くから、来年後半は森田の作品2連発?
このところシネコンが増えて邦画全体の興行も伸びてるから
映画の企画が通りやすくなてるのかね。
「椿」と「サウスバンド」どちらも上手くいくと良いが
黒澤リメイクはどうなるか怖いな〜

222 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/28(木) 11:40:21 ID:fbrLvHk4
森田くらいだといろんな企画依頼が入ってくるだろうけど
連チャンで仕事を受けるほどのモチベーションを
保ててるっていうのはうれしいね

223 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/29(金) 13:34:13 ID:H9Vk1qay
1983年ベストテン
 
1位 家族ゲーム          森田 芳光
2位 細雪               市川 崑
3位 戦場のメリークリスマス    大島 渚
4位 東京裁判            小林 正樹
5位 楢山節考            今村 昌平
6位 竜二               川島 透
7位 魚影の群れ          相米 慎二
8位 天城越え            三村 晴彦
9位 十階のモスキート       崔 洋一
10位 ふるさと             神山 征二郎


1985年ベストテン
 
1位 それから            森田 芳光
2位 乱               黒澤 明
3位 火まつり            柳町 光男
4位 台風クラブ          相米 慎二
5位 さびしんぼう         大林 宣彦
6位 恋文              神代 辰巳
7位 生きてるうちが花なのよ
死んだらそれまでよ党宣言    森崎 東
8位 ビルマの竪琴        市川 崑
9位 早春物語           沢井 信一郎
10位 花いちもんめ        伊藤 俊也

224 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 18:45:28 ID:4oQkKQGE
このすごいラインナップの中でよく1位になったな

225 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 00:02:14 ID:Kb1ONUDk
84年は「ときめきに死す」と「メインテーマ」が公開されてる。
85年は「それから」のほかに「そろばんずく」も。
ものすごい勢いだったな。

226 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 19:54:43 ID:KNl5AcK+
黒澤を2位にしてしまうほどの説得力が当時の森田にはあったということだな

227 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 19:58:22 ID:CIOYFEAP
「そろばんずく」はやっつけ仕事の駄作だったな…
森田もとんねるずも好きだったので大変がっかりした

結構満足している〜とか
「春日野さん」「時津風だよ」とか、くすっとくるのはあったんだけど
ほとんどすべってた

228 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/02(月) 23:16:12 ID:KNl5AcK+
あれは時代が悪かったんだよ

229 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/06(金) 23:43:11 ID:UDNZ+Re0
「いまどきの若者」に感性で追い抜かれていた当時の日本映画をなんとかしようという努力はともかく…
結果的には「(矮小化された)ポスト・モダンの体現者」でしかなかった森田。
現在の(擬似)保守本流路線でこのままいくんだろうな。昔から意識していたトニー・スコットみたいに。


230 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 02:18:05 ID:dOGjO42n
>>227
しかし、あの映画での「デトロイト・タイガース対阪神タイガースの決戦」
なんて台詞があったが、当時(20年前)ではまったくの夢物語だったが、
今、『世界一野球クラブ決定戦』なんてあったら実現可能じゃないか??
それだけ時の流れと世の中の進歩は早いもの。
これが木梨憲武・安田成美夫妻の出会いの馴れ初めになったなんて、本人
達もさぞかし痛し痒しだろうな・・・。

231 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/08(日) 01:15:17 ID:R23128Uh
石橋の「銃声」も、秋元じゃなくて森田に任せりゃもう少しなんとかなったのに。
グラサン掛けても「信用できなさ」ばかり漂う石橋自体はどうにもならんだろうけど。
木梨も、晩年の植木等かおヒョイ的「枯れた感じのいい人」を目指してるようだけど、二人とも「汚れた業界人の成れの果て」にしか見えない。
成り上がり志向剥き出しのパワーでくたばるまで頑張ってほしかった。

232 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/10/16(月) 01:55:12 ID:wHg1UQVI
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/get/20060531/20060531_001.shtml

多少古い記事
”2”があるやもです

233 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/21(土) 16:37:44 ID:KVd2kGqh
の・ようなものDVDレビューで
エンディング曲の作詞がタモリって書いてる奴がいるが
正しくはタリモ=森田芳光
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000H9HR78

234 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/22(日) 23:57:17 ID:B8qFrdc8
自作自演でホリエモン映画を希望する

235 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/28(土) 18:06:18 ID:FOoDq/+Q
の・ようなもの初めて見たんだけど、ここまで奇抜な映画だとは思わなかったよ。
もっと淡々としたもの想像してた

236 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/10/29(日) 11:28:20 ID:QijjuaFB
80年代はこういうシュールで奇抜な映画多いよね
まだATGがあったからかな

237 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/29(日) 12:12:32 ID:dHoWvA69
いや今の方が多いだろ。
「の・ようなもの」は撮り方が奇抜だけど、
結構オーソドックスな映画だし。


238 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/10/29(日) 12:24:35 ID:QijjuaFB
今の邦画は、奇をてらった演出は多いけど
作品そのものに毒のようなものを感じないんだよねぇ
あの当時の空気感に起因するものなんだろうか

239 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/10(金) 01:12:49 ID:UNMz4Fdf
サウスバウンドの情報入ってこないねえ

240 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/11/22(水) 03:09:34 ID:Uegnxm1k
http://www.sanspo.com/pachi/morita/morita.html

「CR探偵物語」をする森田・・

241 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/27(月) 16:43:56 ID:C2+Lb4uf
戸川純主演作撮れ

242 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/27(月) 21:58:07 ID:ea8mBT34
おいおいもう死んだw

…のは妹の方か

243 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/12/13(水) 22:16:28 ID:A2SxBCQS
のの字書いてハッ

244 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/12/23(土) 10:11:26 ID:KZHRksNG
「黒い家」が韓国でリメイクされるとか

245 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/12/30(土) 10:49:49 ID:UamzpzI4
このスレは俺しかいないな

246 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/26(金) 13:44:52 ID:xyk5RbM7
森田ファンというわけではないんだが、たまたまDVDで海猫を観た。
伊東が演じようとしているカオルのキャラがよく分からなかった。
ただ絵はきれいだと思った。
みなさんの中では海猫はどんな位置づけになってるの?

247 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2007/01/26(金) 19:34:19 ID:vPq3n4Qu
>>246
キャラ付けが弱いから、それぞれのエピソードの行動心理も伝わりづらかったね。
終始感情移入できないまま劇的なクライマックスを迎えたという感じ。
ホンが弱かったのかなあ・・
個人的には白石加代子のキチガイっぷりをもっと前面に押し出して「悲愁物語」を
やって欲しかったね。
ま、「海猫」じゃなくなるけど・・

248 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/27(土) 13:29:35 ID:O+sfbzrE
ひ、悲愁
かもしれない。



249 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 22:12:58 ID:EKxKgdA/
一時期妙に期待されすぎたのが良くなかった。

250 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/18(日) 10:16:57 ID:S87pqIqP
「ときめきに死す」だけで十分ですw。

251 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/22(木) 20:01:28 ID:vEu3LP4e
間宮兄弟を観た。正確には途中まで観賞した。
そして確信した。森田は、完全に才能を失ってしまっている・・・と。
家族ゲーム、ときめきに死すを観た後の衝撃。の、ようなもの、それから、キッチンを
観た後の、幸福感。そういった、良い芸術に出会ったときの喜びを、かつての森田作品からは
強烈に感じられたが、今は、その残骸さえも残ってはいないと感じる。
人はここまで才能を無くせるのかという、悲しい現実を、鑑賞者としては悲劇として受け止め
なければならない。
の、ようなもので、主人公が、夜の東京を落語を呟きながら歩くシーン、それに似たシーンが
今回の作品にもあったが、同じ人物が演出したとは思えない、画面のパワーの差を感じさせられた。
自己模倣すらままならないほど落ちぶれたのは何故なのだろう?
昭和が終わると共に、彼の天才も終わってしまったのかと思うと、とてつもなく大きな悲しみを感じる。
椿三十郎をリメイクするらしいが、失敗に終わるだろう。それよりも、小津の作品をリメイクするほうが、
彼のかつての才能には呼応するだろうが。

252 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2007/02/25(日) 13:44:04 ID:jKR/2Ns8
「海猫」改めて見直したけど、意外におもしろかった。
森田組が北海道ロケすると撮影も冴えるね。あの透明感とかブルートーンが合うのかも。
失楽園にもましてベッドシーンのカッティングは凄いし、ファンには楽しみどころが
多い作品かもしれない。

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)