2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 ときめきに死す 

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 08:25:05 ID:A4hFIWGV
70年代のニューシネマっぽい感じと、
80年代のヘンタイオシャレな感じが融合した、
あまり類例のない映画。

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 08:33:34 ID:A4hFIWGV
似てる映画があるとすれば、やっぱ森田の「家族ゲーム」
あとは、
大森一樹の「風の歌を聞け」(この映画の原作、村上春樹の『羊をめぐる冒険』の
北海道での話は、なんか通じるものがある)

洋画なら「砂丘」「さすらいの二人」「気狂いピエロ」「泳ぐひと」なんかが
似た雰囲気かな。

3 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 09:11:52 ID:A4hFIWGV
シネスケ
ttp://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=2037

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 12:12:21 ID:RFQ2u59v
公開時オールナイトニッポンで武が唐突に

日本映画なんて興味無いけどさ、ジュリーのときめきに死すっての観てさ
案外無茶苦茶面白いンだよ 説明一切無しでさ 右脳映画だよ

とか言ってて。後に3−4x10月観たときニヤリとしたよ俺は。

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/15(水) 19:59:59 ID:A4hFIWGV
そうそう。
初期の武の映画は「ときめき〜」や「家族〜」に空気感が似てるね。
それが、あったか。

6 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/16(木) 14:36:50 ID:YfFE6EON

原作
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1130548333/l50

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/17(金) 20:19:29 ID:PBHdbsjb
「ときめきに死す」は森田のベストだと思う。
「家族ゲーム」や「それから」などの方が作品の評価は高いだろうけど、
好きなのは圧倒的にこれ。

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/18(土) 00:55:09 ID:f0NaRjSU
俺もそうだな

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/19(日) 10:36:39 ID:YVtqx+rT
ラストの血がピューは凄い

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/20(月) 05:24:08 ID:O62mha4C
ジュリーが故郷を訪れるシーンは意味深

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/25(土) 20:08:24 ID:CZIHlOlD
始まり方もいいな。駅みたいなところで
あれは道南だよな

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 23:21:26 ID:cTrY6q1Z
杉浦直樹ってとこがいい

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/25(土) 00:59:10 ID:b4f15ap2
反層化映画と捉えましたが間違いないですか?

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/25(土) 03:18:17 ID:2312I/vp
シネ・ラ・バンバ(木曜深夜)
4/6   兜王ビートル
4/13  メギド
4/20  の・ようなもの
4/27  ときめきに死す

テレビ放送決定age!

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/25(土) 14:29:15 ID:9cpi5+O6
ttp://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_ngt_load/index.html

マジですか!

DVD買おうか迷ってました
放送楽しみです

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/25(土) 21:52:03 ID:/iAXpyNT
>>13
そうか、あの宗教団体は・・・

17 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/27(月) 19:52:43 ID:j/dCSfrW
最後の血糊の量、すごいの?

見たことないので、想像しまくりなんだけど…



18 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/29(水) 03:37:31 ID:EMAJvJJO


あのアル・パチーノが
「もう名声と財は手にしたので、アジアのマイナー作品にも挑戦してみたい!」
と、如何にも、な気紛れで、コレやる気だった、
という噂は本当かね?

ソースは近所の馬鹿。

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/29(水) 08:22:21 ID:3w9FwAZP
>>18

映画秘宝っていう雑誌の
内田裕也のインタビューに、そのへんのことが書いてある。

当初、丸山健二の「ときめきに死す」を映画化しようとしたのは
内田だった。
ジュリーの役を、パチーノ、
杉浦直樹の医者を、内田が演じる、という企画だった。
デヴィッド・マメットの芝居「アメリカンバッファロー」の公演中に、内田がパチーノに出演依頼に行ったとか。

しかし、ジュリーもこの小説を映画化したがってて
ジュリーからの熱烈な要請によって
内田はこの小説の映画化権を、ジュリーに譲ったのだとか。

>「もう名声と財は手にしたので、アジアのマイナー作品にも挑戦してみたい!」
ほんとうにパチーノがそう言ったかは分からない。


20 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/29(水) 19:16:06 ID:fcFOmOIN
で、ジュリーはあんな肉体で…


最近の姿、TVで見掛けたんだけど、たまげた。
蘭鋳みたい。



21 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/29(水) 23:58:10 ID:3w9FwAZP
でも、若い頃も、スタイルがいいとは言えなかったね。
顔の大きさが・・・・

22 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/30(木) 12:12:15 ID:GMb7mQMj
パチーノ云々は裕也の何時もの誇大妄想っつー事だな。

でもコレ今、武の最新作だ!ってヨーロッパ持って行っても通用するよw。

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/30(木) 21:32:00 ID:LhuVs/K4
>>22
アハハ、やっぱそうかねw

上のほうのレスでも、ジュリー・スレでも、武がこれ好きだって書いてあったけど、
やっぱなんか似てるものがあるね。
こっちの方がややキザで文弱っぽいかな。

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/30(木) 21:35:26 ID:LhuVs/K4
そういや内田のコミック雑誌〜に
ドライブシアターでこの映画がかかってる、というシーンがあった。
ジュリーとダンプ松本がつきあってるとかいうネタ提供のシーン

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 08:29:27 ID:RLPzkHaR
原作では杉浦直樹の演じた歌舞伎町の医者の目で書かれている。
映画でもその目線かな。映画館で観てみたいね。
役者がみんな好い。出番は少ないが、旅館の女将役の宮本信子が
印象に残った。

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 08:49:28 ID:KOEKXXnv
杉浦直樹の髪型のせいで手放しで好きとは言えない映画。

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 15:59:35 ID:OPwLmjh0
donnnakamigatadakke
どんな髪型だったっけ

28 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 18:11:48 ID:Ycb0GPxg
ツタヤにあったな

29 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 19:19:31 ID:oBFjnoRh
この映画に出てきた「渡島駅」はこの駅でロケをしたのですかね?
ttp://www.ogaemon.com/haisen/kamisunagawa-sen/kamisunagawa/P6120512.JPG
ttp://www.ogaemon.com/haisen/kamisunagawa-sen/kamisunagawa/P6120511.JPG

30 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 22:47:39 ID:+5U4ChSt
初歩的な質問でアレですが、
杉浦が運転、助手席に樋口、後部座席にジュリーが乗って暗殺に向かう終盤のシーンで
走る車をカメラが360度回転して撮るシーンがあったけれど、
あれはどうやって撮ったのですか?

31 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/31(金) 23:05:41 ID:qP1eUL7M
涼しいですね

32 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/32(土) 09:51:13 ID:mcHNw3bp
>>29
あの駅のあたり、いいよね。道南地方だと思う。森田は函館ゆかりの人らしいから。「キッチン」も函館じゃなかったかな。

>>30
そう、あれ疑問だよね。
友達に聞いたら、あんなの簡単だよ、って言って何たら説明始めたけど、よく聞いてなかった


33 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/02(日) 00:39:05 ID:+rRB4a0M
>>30>>32
屋根の上にクレーンカメラ乗っけて、車の外観を撮ったのかな?
ただ、あのシーンは夕景でクレーンとかの影が映ってないんだよね。

34 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/02(日) 13:31:21 ID:AhEwfcj1
>>26、27
杉浦直樹は確か、髪の毛をサイドから分けてたような。
よく似合ってるじゃないか。

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/13(木) 09:53:56 ID:rJfijUbG
juri-gakazokuniainiikusi-nnha

ジュリーが家族に会いに行くシーンは意味深。
他のスレでも話題になってたけど・・・・。

原作の小説では、あの部分はどう書かれてたのかな?

36 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/13(木) 10:05:26 ID:J81uyxTA
住民全員が旗振ってたやつ?

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/13(木) 10:22:32 ID:rJfijUbG
そうじゃなくて、ジュリーが実家に帰って、プレゼントを渡しにいくと、原始人みたいな服装の子供たちが、「お兄ちゃん!」とか言って
追いかけてくるところ。ジュリーは「来るな!」と言って逃げる。

38 :よどんぎ:2006/04/13(木) 12:46:09 ID:o+CSyc7g
最高。
ピンボール、矢崎滋、ワイドレンズ。などなど。
相当感情移入して見ました、映画そのものに。

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/13(木) 21:06:31 ID:tdUtlysy
>>38
ちょっとお疲れのようですね。

40 :よどんぎ:2006/04/14(金) 08:49:44 ID:FHBrldfB
かもしんないすね。

41 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/15(土) 10:15:55 ID:dB8qdviy
北は涼しいですね

42 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 08:42:39 ID:yQ2raRaq
こういう雰囲気のもっと見たい

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 10:26:56 ID:xoDnj0Eq
やっぱラストシーンは凄い

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 18:11:29 ID:QH+RxDM8
筒井康隆の日記の本に
この映画のことが書いてあったと思う。
テレビ放映されたのを息子と一緒に見て
父「これでは全く意味がない」
息子「それがいいんじゃない」

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 20:24:44 ID:Q2t8zVzo
あったあった。
この映画が全く無意味かというとそうでもなく
筒井師の作品が意味づくしかというと、そうでもない。
ま、どちらもたいへんよろしいのでいいか。

46 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 14:47:25 ID:g/irgJj8
樋口可南子はどうよ

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 17:55:11 ID:que+Xw+l
絡みシーンで抜いたよ

48 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 20:12:15 ID:g/irgJj8
なしでは生きていけない

49 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/22(土) 23:31:14 ID:rcJRZXtK
テレ東で

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 01:30:12 ID:6GHLoh6m
メインタイトルの音楽が戦メリのパクリと当時よくいわれていたが、
当時は森田のお遊び精神満載だった。

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 05:32:02 ID:YIJkuFgg
音楽、淡々としつつノスタルジックで素敵。
映像はクールなのに不思議な温かみがありますね。


52 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 06:12:52 ID:C7JHxLgS
確かに故郷のシーンは意図的なものを感じるな
家族が大勢で追い掛けて来たのは少し引いた

53 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 06:54:20 ID:ma84FN+i
>>50-51
音楽は確かに戦メリっぽいね。

>>52
あのくだりは原作の小説ではどんな感じだったんだろうか





54 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 08:04:12 ID:71Xqz5AJ
>>52
小説には、あのくだりはありませんでした。
ていうか、全体的に(「家族ゲーム」と同様に)かなり大胆に
原作から飛翔しておりますですよ。
樋口可南子の演じたキャラは原作では存在してなかったし。

55 :54:2006/04/23(日) 08:05:19 ID:71Xqz5AJ
誤  >>52
正  >>53
ごめんなさい…

56 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 08:16:14 ID:ma84FN+i
>>54
レス、サンクス。

原作にはもっとハッキリと故郷の家族は何だったのかが書いてあって、
それを誤魔化すために幻想的なシーンにしたのかと思ってました。

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 20:16:47 ID:ma84FN+i
これTBSの月曜ロードショーで放映されたと思うけど
荻さんはどう解説したっけな

58 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 22:09:25 ID:71Xqz5AJ
>>57
うろ覚えですが…

主要登場人物3人の人間関係に、日本映画特有の「湿度」が
ないことを絶賛。
そして
「もうすぐ公開される「ストレンジャー・ザン・パラダイス」をご覧になって
皆さんは「ああこの人間関係は「ときめきに死す」が予言したものだな」
と思うに違いない。」
みたいなことを言ってた。

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 23:32:16 ID:ma84FN+i
そうだそうだ!サンクス。>>58
アメリカでは何たら(横文字のジャンル名を言った)という人間関係の中に何の粘着性も無い乾いたコメディが流行ってて
森田はそれを予見した、というようなことを言ってましたね。

やっぱり見てた人いたんだぁ。
あの当時は、あの時間帯でもこういう映画を放映していたんですよね。清順の「カポネ、大いに泣く」(TBS)、大森の「ヒポクラテスたち」(日テレ)
ケン・ラッセルの「クライム・オブ・パッション」(テレ朝)とか。

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/24(月) 02:00:49 ID:AhsyclPr
テレ東で


って書いたけど反応ないのね。
今度の木曜深夜にやるのみんな知らんの?
http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_ngt_load/

61 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/24(月) 08:10:37 ID:sKBITP3+
sirannkatta
知らなかったサンクス

62 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/24(月) 09:42:38 ID:VnNT3CRE
>>60
>>14

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/24(月) 23:15:25 ID:HOAunhqE
>60 は眼クラ


64 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/25(火) 15:34:48 ID:UVKcZnfZ
tigaunekura

違う。「根クラ」
聴いてる音楽は「イエロー・マジック」www

80年代〜w

そういえば80年代って、音楽やファッションの好みによる、色分け、レッテル貼りは流行ったけど
映画に関してはあんまりなかったね。まだ前半はビデオが普及してなかったから?

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/27(木) 23:13:42 ID:4u7zNi90
「ときめきに死す」(1984年ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)
テレビ東京 3:00〜4:45

丸山健二の同名小説を森田風にアレンジしたクールでスタイリッシュな作品。
若き暗殺者と彼の世話人、組織から送られてきた美女の3人による
奇妙な共同生活を軸に描いたハードボイルド・サスペンス。
ある組織の指示を受け海辺の町にやって来た寡黙な暗殺者・工藤。
そこには、工藤の身の回りの世話を焼くために雇われた大倉がいた。
大倉は工藤の正体も目的も一切知らされず、質問することも禁じられていた。
黙々と体力作りのためのトレーニングに励む工藤だったが、
やがて組織からの指令で一人の女・梢が現れ、 3人の奇妙な共同生活が始まる。
森田芳光監督。沢田研二、樋口可南子、杉浦直樹、岡本真、矢崎滋、日下武史
宮本信子、加藤治子

まもなく放送age!!



66 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 15:42:17 ID:aO4Dr6Oe
宮本信子が出てたんだね

67 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 18:03:55 ID:aO4Dr6Oe
>>17
かなり凄い
ドキッとするラストシーン

68 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/29(土) 04:57:12 ID:zPesHpee
デザートは最初に食ってみるもんだな

69 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/29(土) 08:43:04 ID:QWiy42U5
キウイ、
近所のスーパーで、6個100円で売ってた。
足立区です。

70 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/29(土) 08:58:15 ID:WeHDe9D7
陸上の選手でしたっけ?とか杉浦がジュリーの過去をセンサクすると
ジュリーが「やめろよ」というときの、表情がリアルだった。

気の弱い男の怒り方、って感じかな

71 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/29(土) 16:17:54 ID:+fbYgzbA
ジュリーにしても、役の男にしても、
気の弱い、というものでは無い。
この映画は、デリカシーの無い者には
分からない。

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/29(土) 21:49:31 ID:y4QYMWW/
NHKの「マチベン」にてジュリー、一徳の競演!
しかも「おともだち」の関係w

73 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/29(土) 23:43:01 ID:zPesHpee
ジュリーは高校時代空手部だからね。
京都のあの時代に体育会空手ってのは相当な猛者のはず。

74 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/30(日) 23:15:16 ID:gEMj+Y+J
杉浦直樹さん(74)に旭日小綬章が贈られたage

おおよそ「泣き」の要素とは無縁のこの映画だが
杉浦さんのあるセリフを思い出すと
ちょっと泣きそうになる。
たぶん沢田に対する、唯一のタメ口。

「工藤さん、あんたがやんなくたって
誰かがやるよぉっ!」

75 :74:2006/04/30(日) 23:15:57 ID:gEMj+Y+J
ageてないじゃん俺…

76 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/30(日) 23:24:07 ID:DvedFksj
ここにも工藤ちゃんか


77 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/01(月) 00:31:41 ID:XAFssMSc
>>30
「映画撮影とは何か」って本でキャメラの前田米造がその場面の
撮影技法を詳しく書いてるよ。


78 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/01(月) 07:39:19 ID:iVPutek5
本当に走ってる車の周りを360度回転しながら撮った?命がけで

79 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/01(月) 23:10:08 ID:1tfwRUi2
車の上に回転台を載せて
かき氷器をぐるぐる回すみたいな感じで撮影したのでは?

80 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/02(火) 10:40:07 ID:LRwXnq8g
まわすためには車の天井に人が乗ってなくちゃならんけど危なくないの

81 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/02(火) 14:37:53 ID:YAYDFOHa
体とか縛っておけば、大丈夫でないかい?

82 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/02(火) 15:00:11 ID:LRwXnq8g
そうだね。
でも、なんてことないシーンにそこまでやるかな。
映画界の人は、なんでも監督のいうようにやる、よほどの事がないかぎり
できません、って言わない、とはタケシの弁。
売れ線ではないこの映画でも、そうだったのか

83 :30:2006/05/02(火) 23:07:27 ID:uloFaDhF
>>77
いじわるしないで教えて下さい。今知りたい。ググれば分かるかな?

>>79-81
夕陽を浴びて走っている車なのに
360度回転中にスタッフやカメラやクレーンの影が一切映らないので不思議なんです。

84 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 00:50:55 ID:+GYExwlq
撮影より編集の技かも

85 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 00:56:08 ID:+GYExwlq
今見た、吉田喜重の「日本脱出」のクライマックスと
ときめき〜のそれがちょっと似てた。

オリンピックで国旗振るところと
青いハートの旗振るところ

86 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 04:48:01 ID:BL8acmjG
>30>83
あのシーンは本当に車の屋根にスタッフが乗ってカメラを360度ターンして
撮影したんだよ。特機部の労作だって。DVDの特典に書いてあるよ。 

「なぜ、ガラスに反射しないのかって?」

それは、偏光フィルター(ガラスの反射等を低減させるヤツ)
を使っているからなんだよ。しかし、ライトの光は写っているけど…。

それから、工藤が故郷にかえるとこ。
あれは、どうみても同和地区(被差別部落)のように感じるのは漏れだけ?

この映画を高校1年の時観て以来、キューイは半分に切って、スプーンで食べてます。




87 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 12:13:23 ID:+GYExwlq
>工藤が故郷にかえるとこ

他スレでもそういう意見があったな

88 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 13:41:09 ID:F9elAc1G
【HN】 阿佐谷北 asagayakita 阿佐ヶ谷北 京王線沿線住民
【本名】苗字は「石田」 名前は「むね○」らしい
【年齢】昭和三十年代生まれ(自白) 現在42-51歳 
    千葉市の検見川・稲毛周辺に実家あり
【経歴】無職(生活保護申請は却下) 前科あり(現在も警察に所在確認をされていると自白)
    元オウム在家信者 カルト宗教ハレークリシュナ元信者(完全追放された模様)
    鬱病患者(稲毛駅前の○塚クリニックに通っていたと自白)
    老人ホームでの僅かなボランティア歴を誇らしげに語る
【趣味】2ちゃんねる荒らし ジャズ喫茶・漫画喫茶通い カルト宗教通い
    オウム教義叩き オウム担当警察官・NHK職員の情報収集 ヤクザ映画鑑賞
【出没地】稲毛 中央線沿線の漫画喫茶(ゲラゲラ他)ジャズ喫茶(四谷いーぐる他)
     新宿署 京橋フィルムセンター ラピュタ阿佐ヶ谷
【天敵】警察官・刑事 公務員(都庁職員・福祉課課長・図書館職員等) テレ朝職員 東大
    全共闘世代 キリスト教徒 騙り 刺青をした外国人 帰国子女 ビートルズ

89 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 17:39:04 ID:KEnki9iw
あんな町本当にありそうで怖いな。
層化だらけの町とかあるんだろ?

90 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/03(水) 17:43:16 ID:+GYExwlq
若い頃見たときは、そういう社会的な側面がよく分からなかったよ。>層化

91 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/04(木) 19:42:44 ID:bM5IvRnt
大倉が海岸で女達に話しかけるヒワイな台詞、すげぇセクハラだなw

92 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/04(木) 20:00:19 ID:MpMfFHyg
豆はどうたら・・・ってやつか。
歌舞伎町の医者っていう設定だからな
「歌舞伎町の人間をなめんなよ」って台詞にワロタ

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/04(木) 20:52:27 ID:TyNzeNR/
女のセリフ
ワカイノタクサン アーユー で、
いいですか?

94 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/04(木) 20:57:35 ID:MpMfFHyg
「豆」とか言ってた人が受勲

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 08:19:04 ID:sSZfEzZj
ビデオに録画したときは、コンピュータの画面が解像度が低くて、
画面の文字が読めなかったけれど、DVDではしっかりと見える。

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 11:24:54 ID:0Bmewc7B
ターゲット、とか

97 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 11:51:53 ID:yK7fn7zk
我々の組織に必要のない人物を摘出せよ

カナ部分はカタカナでしたね

98 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 12:27:43 ID:0Bmewc7B
あの当時のパソコンは、今と全然違うよな。
ウチは兄貴がそういうの好きで「マイコン」と言われてた時期から
家に在ったけど、
データを保存するのに、フロッピーじゃなくて音楽用のテープを使ってたし。

斜めの線は書けない。インベーダーゲームのキャラみたいに斜線がカクカク。
もちろん、ローマ字、カタカナは打てるけど、漢字は無理

ときめき〜の頃は、それよりは進歩してたようだけど

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 14:30:12 ID:TmW9e16l
あの少年がジュリーですね

100 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 19:32:03 ID:0Bmewc7B
100get?

キャンディの入ったビンから腕が抜けなくなるシーンあったな


101 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 20:00:33 ID:72TwIv20
クルミを歯でかち割ったり、妙に顎の力の強さを見せていたのはラストシーンの
伏線だったのか・・・

102 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 20:10:46 ID:0Bmewc7B
原作でも自害するけど方法が映画と違ったような記憶

103 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 23:12:39 ID:yK7fn7zk
原作では刃物を使うよ
顎の力云々は映画オリジナルだね

104 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 01:29:39 ID:srdkoaYr
漏れの好きなシーン<そのT>
@オープニングで大倉が居眠りし、渡島駅で工藤とすれ違い、始まるとこ。
A別荘の最初の晩餐での会話。
Bボートに乗って釣りをするとこ。
C工藤の故郷に向かう風景と例の360度カメラターン。
D大倉が精力剤?を飲むとこ。

105 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 02:03:34 ID:oY6yeHN6
岸部一徳の登場シーン

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 08:52:17 ID:cQO1LEOd
沢田が女といちゃついてる隣室で杉浦と樋口が
ひそひそ声でおしゃべりしてる時に、杉浦に電話が。
ひそひそ声のまま電話に出て途中で
慌てて口調を変えるとこ。

107 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 10:26:20 ID:pCVKuVD2
谷川会長?

太作とは似ても似つかぬが

108 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 10:48:32 ID:dJBLj28V
杉浦直樹って、すげー長身でガタイがいいのな。
役者の身長スレ見たら、身長180センチもあるんだね、
ドラマ「合言葉は勇気」の時にはそんな風には見えなかったからびっくりした。

109 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 12:43:49 ID:oY6yeHN6
>杉浦
日本人離れした人だよね、外見とかじゃなく
小学低学年で見たテレビドラマ「おとこ同志おんな同志」っていうドラマの頃から注目してた。

岸田今日子、マチャアキ、池上季実子、小倉一郎、かたせ梨乃らが出てた日テレ土曜九時のドラマなんだけど見た人いる?

110 :30:2006/05/08(月) 00:41:32 ID:okz0UHr0
>>86
遅くなりましたが、有り難うございました。

初期の森田作品の撮影方法は凝っているので、当時いろいろ分析してたのですが、
これだけは分からずそのまま森田が一時失速してもう忘れていたのですが、
このスレ見て思いだて書いてみました。ありがとうございました。

111 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 00:47:24 ID:xKV9Enlg
分析してる間に失速・・・・たしかに
悲しい色やねん、とか・・・・
(ハル)で復活するまで長い(フユ)が続いた?

112 :30:2006/05/08(月) 01:00:26 ID:okz0UHr0
メイン・テーマですでに失速の兆候が見えたのですが、
当時本人は「売れっ子監督宣言」していた最中でドンドン作品を撮っていたが、
そろばんずくや、未来の想い出・ラストクリスマスが決定的でしたね。
それから(ハル)まで4年間の沈黙があったからもうこの監督は終わったと
あの頃は思っていました。

113 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 01:12:28 ID:xKV9Enlg
「おいしい結婚」、「愛と平成の色男」なんていうのもあったね
軽薄短小ポストモダンみたいなノリが空転した時期が長くて
このまま終わるのかと思った。

でも(ハル)は良かったけど、その後はどうですか。
失楽園は退屈で途中でストップ、鈴木京香の39も個人的にはダメ

ダサくない顔の俳優を揃えるセンスだけは健在か?
「阿修羅のごとく」も、なるほど、この四姉妹の顔ぶれなら見ようかな、
と思わせた。大竹黒木深津深田
作品自体は、なんとなくあの時期に向田!っていうタイミングの良さ以外は
なんも無いと思ったけど

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 01:58:59 ID:/gkdt+tC
(ハル)は結構衝撃的な映画だったよね

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 03:27:46 ID:9OMYKacO
>>112-113
日本映画は番線の硬直化などで何をやっても当たらない時代が長く、その
中では森田氏も頑張ったと思う。森田は中身はともかく何を撮ってもセンスがいい。
ロケハン・セットと、こういうアジア的にポストモダンなビジュアル重視の作風は海外では受けそう。

116 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 11:45:51 ID:Fjum6Cid
ロケといえば、「阿修羅」でタバコの自販機が置いてるあの坂道はいいねえ。
何気ないんだけど味わいのある風景。

117 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 22:58:30 ID:8hBkSlX0
森田の最高傑作だと思う

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/08(月) 23:32:57 ID:xKV9Enlg
漏れも漏れも。
沖縄を舞台にしたウンタマギルーっていうのも、
この映画に似てるかな。
幻想的なんだけど、一方で社会派っぽいところもあって、みたいな

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 23:59:26 ID:UuvpCvwT
同じ北海道でロケした「プープーの物語」(上原さくら等出演)も
辺境の地ならではの幻想的な雰囲気と社会派っていうか現代風の問題(援助交際、)をミックスさせたような映画だったが
全然ダメだった。
こういうのは、割りと簡単な手法かもしれんが、それでも下手な人がやると目も当てられん
つか、演技力も保証されてないギャル二人が主演だからかな

120 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/10(水) 10:58:34 ID:aBGzTFZ1
明日、女が1人ここに来ます。

121 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/10(水) 20:14:57 ID:63QKo1A9
あのパソコン弄ってる子供は何者なの?

122 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/10(水) 23:51:08 ID:SplEHRUF
教祖の子、孫かもしんないし、
単に子供がパソコンいじってるのが今風ってことかも

123 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 01:02:45 ID:KtkQ2kIB
何でも言って下さいね。高い金で雇われてるんですから。

124 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 02:37:13 ID:bqAlJKT7
工藤が海水浴場の駐車場でDQNカップルと
トラブルを起こして、大倉が制裁に入るとこ。

DQN男のセリフの一部が変な音で聞こえない。
あれは、放送禁止用語でもしゃべったのかな?
気になります。

125 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 02:58:08 ID:e+i2SyUB
こいつ口ばっかりだよ、歌舞伎町の人間をなめるな、っていうくだり

126 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 02:58:47 ID:e+i2SyUB
?を文末につけて↑

127 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 10:53:24 ID:KCwl9Tl7
>125 そのとおり。

128 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 11:13:08 ID:cxzqnJjs
普通に聞こえるよ
もっと場面を狭めてくれないと

129 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 12:29:52 ID:PGj/zxi3
ツレの女の発音が中国人ぽくてなんだか意味深だよね

130 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/11(木) 12:48:48 ID:e+i2SyUB
そうだったっけ?
でも、仕返しに後ろから殴るとか、DQNという語がぴったりのカップルだったね

131 :124:2006/05/14(日) 01:42:34 ID:EgJRNUot
スマソ。
あのDQN男のセリフではなく、DQN男が工藤が乗り込んだ910ブルのドアを
開けた瞬間に鳴る音でした。サックスみたいな…。

その後の大倉のセリフがかっこいい。
「50マンならこんなポンコツ環八走りゃ、いくらでもあるぜ!」
「嫌だったたら暴力で泣き寝入りしてもらうしかないな…運が悪かったと思って諦めろよ!
このションベン姉ちゃんお前の前で犯すことだって出来るんだぜ!歌舞伎町の人間を甘くみるんじゃねえよ!
エっ?どうする?」
ションベン姉ちゃん「こいつ口だけだよ!やっちゃいなよ!…」

132 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 02:16:15 ID:Ck2BcjEq
そのシーンは憶えてないけど、あの映画に満ち溢れてた
森田特有の「遊び」、というか奇を衒った演出じゃないのかな?>>124

上でも出た360度ターンとか
レストランの背景のビルでの喧嘩とか。

あとこれは俺の観た劇場だけかもしれないが、上の海岸シーンの前後だったか
フィルムが裏焼きになってたよ。
何か違和感を憶えてたんだが道路の標識を見て気が付いた。

133 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 16:32:07 ID:k+SWezkg
「何色の何ですか?」と尋ねた若い警官の声

>>132
それだけいいことを書いておいて冒頭で
>そのシーンは憶えてないけど
と一言で斬り捨てる。
かっこいいな、あんた。

134 :132:2006/05/14(日) 23:24:08 ID:9SpfT0Ik
>>133
ありがとよw

殺し屋が殺し屋然としていない、というか矢崎滋がスナイパーてのが
凡百の邦画とは一線を画してるじゃねぇか。

「キッズリターン」「ブリット」に出てきた殺し屋も
傍目にはとてもそう(殺人業)には見えない。

135 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/14(日) 23:28:54 ID:nlfnatf4
殺し屋早咲きだったのか

殺し屋は矢崎だったのか

136 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 00:55:31 ID:xvDVv/bv
蛭子能収がこの映画誉めてるの知って驚いた

137 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 01:02:13 ID:rNHtpqmh
蛭子さんは好きでしょ、こういうの
ゴダールも好き、黒沢清も好きらしいから

138 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 06:02:10 ID:xvoZA+SL
矢崎滋は印象に残らなかったな。
>>134とは違って、殺し屋然過ぎたと思うのだが。
ひょうきんな調子でやったら面白かった。
当て馬の素人殺し屋に対する、プロということだろう。

139 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 06:41:20 ID:hfp5hhKb
大倉を矢崎滋
殺し屋を杉浦直樹でやっても面白そう…。

140 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 06:49:56 ID:rNHtpqmh
大倉をジョニー大倉
殺し屋はキラー・カーン

141 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 07:35:09 ID:lplEP4Vh
>>139
年齢が...


142 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 11:37:26 ID:ywos3Zvo
蛭子はリアルに「ときめきに死す」の中の住人みたいなおっさん。

143 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 16:18:40 ID:rNHtpqmh
ki
岸部一徳が海で「僕と友達になってください、カモーン」ってからんでくる
シーンは、蛭子漫画みたいだね

144 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/15(月) 19:37:52 ID:MxVFBstn
あのあと、岸部はどうなるのですか?

145 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 01:35:11 ID:BzwPyG3W
いつの間にかいなくなってた
溺死?

146 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 01:41:47 ID:4Rzlxrbw
ジュリーに鯖折りされてるやん。ボキッていってるし

147 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 02:31:47 ID:3j8qPU0n
良く見てないと判らないけど、ドライブのシーンで運転手がハンドルごと右側に移ってたりするのは遊びでしたんだろうなあ

148 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 06:47:51 ID:o7LbANmD
裏焼きしています。

149 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 22:59:26 ID:njP8PMek
今日、会社の用事で関西方面の
某宗教の本部がある街に行ってきたんだけど
駅の壁に、旗が何本もはためいていた…

この映画のシーンを思い出しました。
写真撮ってくればよかった…

信濃町とかすごいのかな?

150 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/16(火) 23:02:25 ID:BzwPyG3W
あんまり、新興宗教とかのパワーを見知らぬうちに成人しちまった

151 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 00:35:07 ID:hxUcW9a7
ひょっとして、工藤は「高機能自閉症」かも…。
もし、そういう役の設定なら、20数年前から先見のあった森田は凄い
と思う。

152 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 01:21:02 ID:mbuYIeOG
先日同じシネラバンバで放送した「ワイルドジャンボ」も、主人公たちが
宗教団体の金を奪うというストーリーだった(立○佼○会の建物がモロに
映る)。
昔はそういうのをネタに使って映画が撮れたんだなぁ。今じゃよほど勇気が
ないとできんわな。

153 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 07:40:34 ID:GMg8wv2D
narusenoukikumo
成瀬の浮雲にも新興宗教でてくる

154 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 08:12:53 ID:TqgxzlUS
>>151
アスペルガー  そうだろうなあ

155 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/19(金) 14:14:51 ID:R0BOCdv+
>>152
ワイルドジャンボでは、実は警官や医者もみんな町ぐるみ学会員だった、みたいな
描写があってちょっと不気味だった。
ときめき〜もそんな雰囲気があるな。後半、大倉を取り囲んでボコにする
無言の兄ちゃん姉ちゃんたちは何者?やっぱり宗教の人たち?

156 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/20(土) 05:38:51 ID:KxbmopUk
↑あれは、二人連れDQN女どもが、大倉が「別荘」に泊めてくれなかった
ことに逆ギレして、若い男を雇って仕返しをしたのれす。宗教とは無関係。

157 :155:2006/05/20(土) 14:38:37 ID:jipCCDcJ
なるへそ、気付かんかった。そりゃとことんDQNだな。

158 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/20(土) 21:37:51 ID:SICTzD4y
で、殺されたんだよね、組織に。

159 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/20(土) 23:03:23 ID:KxbmopUk
↑殺したのかどうかわかりまへん。
しかし、やったのは矢崎滋です。
つまり、組織はバックアップとして矢崎滋(こ香具師が本命かも??)を
雇っていたのれす。最後のシーンでエンストするサファリは実は、矢崎滋
の愛車で、エンストするとなかなかエンジンが掛からないという伏線は大倉
がDQN女どもからやられるシーン(BGMがセルのクランキング音)からなのです。


160 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 18:37:09 ID:1yxGFUSV
清順の「悲愁物語」の影響を感じる

161 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 01:15:09 ID:o1I8pVXI
>>160
そうなの?
最近、「殺しの烙印」より前の清順映画を見てハマってます。
浪漫派三部作とか、烙印とか、ワケ分かんなくて、清順ってこういう監督なんだな、と思ってたけど
それより前のものはかなり好きです

そして「ときめき〜」も大好き。

162 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 20:19:58 ID:AoMPU+Aj
日活時代の清順は異様なパワーがあるよね。
ただの任侠物、青春物には終わらせてない、言葉変えればヘンテコw
どれも好きだけど、「悲愁物語」はやはり別格だな。
「ときめき」は乾いた狂気だったけど「悲愁」はグロテスクな狂気

163 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 12:11:24 ID:l5RCVJ8b
森田のハズし方は秋元康的。「コレが狙いです」というのがミエミエで、ビルの屋上で喧嘩してる人とかもこれ見よがしで鼻につく。
工藤栄一にせよ北野武にせよ、ブルーのトーンで撮られた邦画って(クールな映像美?)ダサいと思う。



164 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/04(日) 17:27:29 ID:RbjP/Nj8
秋元的っていうのは同意だけど


165 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/05(月) 00:23:58 ID:/FDJtqx9
ジュリーが時々つまむ、ゼリー?を入れている大きな
お洒落っぽいガラス瓶もこれ見よがしかな。

166 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/11(日) 15:46:09 ID:k82xBmmL
最初から銃殺すればいいのになw

167 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/12(月) 17:23:16 ID:dQhLLGZM
エディマーフィのネタかい

168 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 05:08:33 ID:KUJ5i2xK
日本映画が特に若い人々に見捨てられていた時代。その中では相米のような「反時代的」スタンスを保つほうが遥かにラクだと思う。
森田の軽薄にも見える頑張りは当時から空回りしていたと思うし、やはり好きにはなれないのだが、商業映画監督としての「現役感」で行定や三池あたりとタメ張る80年代監督って他にいるだろうか?

169 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/16(金) 12:01:33 ID:1AqTowi0
相米が「反時代的」だったとはとても思えんのだが。
それに行定や三池が80年代初頭の森田・相米・根岸・大林と
タメ張れるとでも言うのかね

170 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 09:32:21 ID:xv+2Tbh2
「商業」監督としては2者のほうが上でしょう。
いわゆる映画そのものでは比較できないけど
三池監督は結構いけるんじゃないか。「牛頭」や「IZO」てダテじゃできない


171 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/17(土) 19:41:53 ID:wlpyl4li
>>155、156
亀レス許せ。
うる憶えだけど、そのシーンでモールス信号の音が入るじゃない?意味ありげに。画面も裏焼き。
海岸の女二人はやっぱりあやしくて、「組織」と関係あり。ってのがわたしの解釈

172 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 08:57:05 ID:icPhQJBf
相米って通俗的企画を効率の悪い撮影方法でいびつに芸術化させがち。かと言って、「芸術」などとは洒落でなきゃ言わない映画馬鹿。
森田は斜に構えてそうで常に映画の通俗性を考えてる。「映画」には媚びないが風俗には媚びている作品も多い。
三池はマカロニ。AVでも嬉々として撮るだろう。
行定は西川克己に劣るだろう(?)。

173 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/18(日) 19:09:16 ID:1TTpOxnU
行定ってGOは手堅くまとめたけど、あれは原作脚本俳優などの力量じゃね?

「ひまわり」とか「贅沢な骨」とか見てらんないよ。
時代にシンクロしてるかっていうと、そうでもなくて
けっこう70年代っぽくね?

174 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 00:31:02 ID:QRZcXzNC
いや、行定という人の映画作家としての力量はここでは問題外。
知名度みたいなものがポイントだと思う。

175 :156:2006/06/21(水) 06:52:56 ID:S8HImyn0
>>171

いや、あのDQNオンナ&雇われオトコたちが大倉や工藤、楠を襲ったので
バックアップ(組織の本命)の矢崎滋が出動し、DQNオンナ&雇われオトコたちを
処分したのです。モールス信号は『緊急事態』の意味を表し、つまり、矢崎滋の出動
を命じたもの。

ということは、DQNオンナ&雇われオトコたちは組織と無関係。

176 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:01:04 ID:ZQ1y4mX3
谷川会長役の人は俳優ですか?

177 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:31:34 ID:42M2+cf6
オレてっきり雇われ男はションベン姐ちゃんのツレの男だと思ってた。
DQNオンナが海岸でションベン姐ちゃんとそのツレに出会って、双方の利害一致したから
杉浦直樹達を襲ったのかと…

178 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/23(金) 01:45:59 ID:TvwwI9aK
この映画をリメイクで、三色旗使いたいんですが、夜道を歩いても大丈夫でしょうか?

179 :156:2006/06/24(土) 04:26:28 ID:37ROffUw
>>177

一瞬ですが、DQNオンナ&スパナをもった雇われオトコが工藤達を襲った
あと、ニヤニヤしているカットがありますよ。

180 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 16:10:42 ID:AAKEu7Ei
この映画が好きな人が、けっこういて嬉しいな

181 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 18:43:25 ID:/V/clWpa
この映画のサントラが欲しいけれどCDは出てないんだろうなあ (´・ω・`)

182 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 20:09:29 ID:ZSOeUauU
>>181
そうなんですよね、良い曲なのに…
そんなオレはレコードをCD-Rに焼いてクルマで聴いてます。
まったりしたドライブに合うんだコレが。

183 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 21:46:09 ID:CVkag09f
質問

1.暗殺決行直前にジュリーが相手した売春婦は誰ですか?

2.宗教団体幹部宅にいる子供が真の支配者でないですか?

3.ジュリーの一族は特殊な部落(被差別・アイヌ)なのですか?


184 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 02:24:17 ID:kVmxL0nq
>>182
そうそう、ドライブとかしながら聞いてみたい〜
「そろばんずく」のサントラと交換して
くれー!! (ノ゚∀゚)ノ

185 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 07:11:09 ID:mfeP/DMH
セリフ入りのだったっけ。

186 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/25(日) 18:35:05 ID:pHcnjVk7
「そろばんずく」のサントラはセリフは無しだよ、あのコミカルな曲は今でもTVでBGMなんかに使われているよね。




187 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 16:28:08 ID:XQIKNlIZ
この前の深夜放送したぶんを見ましたが
台詞部分が聞き取りにくい映画だなあと思いました。


188 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/30(金) 18:39:22 ID:vvAclQnU
それが森田タッチ

189 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 11:13:43 ID:+cGoSEJj
ぼそぼそしゃべるのが聞き取りにくいということかな。
変にこなれた日本語だしね。
あれ、大友が日本人の目を小さく描いたのと同じ位ショックだったなぁ。


190 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 11:45:54 ID:TOhSjrts
 ↑
大友とは大友柳太郎のことですか?

191 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 12:34:31 ID:4aC/1nhb
>>190
克弘と思われ

192 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 12:37:47 ID:TOhSjrts

誰ですか、その人?

193 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 13:12:57 ID:4aC/1nhb
>>192
ぐぐれ

194 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 13:14:44 ID:4aC/1nhb
>>191
克洋
だった・・スマソ

195 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 17:13:14 ID:s1afU0ml
>>191,3,4

 ぷ 

196 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 21:36:57 ID:xY8tZuTA
ものを食べる音がピチャピチャと聞こえてきて気持ち悪かった。

「野良猫ロック ワイルドジャンボ」とこの映画両方やったテレ東はすごいね。
宗教もの。

今はこういうの無理なのかなあ。

川田小作とかw

197 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/02(日) 08:33:03 ID:kCZg8jY4
宗教ものなのかなぁ。

198 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/02(日) 23:01:34 ID:h5dGs+q6
いや、見た当時は宗教団体っていう側面はあんまり意識しないで、
たんなる何かの組織っていう風に思ってたけど
今見るとまたちがってみえる

199 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/04(火) 22:36:58 ID:YjXT4K+l
ジュリーが大事そうに持ってて
故郷に持ち帰ったのって、何?

遺骨?

200 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 01:48:24 ID:FPhsIH9r
報酬じゃないの?

201 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 04:09:53 ID:08Rlhy9o
質問に答えます。

1.暗殺決行直前にジュリーが相手した売春婦は誰ですか?
  A、よく分かりませんが、恋愛感情のないセクースがしたかったのかな… 
    楠は工藤に『恋愛感情』を持ってしまったから。

2.宗教団体幹部宅にいる子供が真の支配者でないですか?
A、実は、私もそう思っています。

3.ジュリーの一族は特殊な部落(被差別・アイヌ)なのですか?
  A、私もそう考えています。 

202 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 07:22:00 ID:kQchsCcC
もう200レスか。それほどヒットしなかった映画なのに、好きな人いるんだな。
この原作者の映画に、「正午なり」っていうのもなかった?
金田投手の息子が主演で、欽ちゃんも出てたような。
脚本書いたのはは、漫画家のフクチ・ホウスケとかいう人

203 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 07:24:07 ID:kQchsCcC
これか。俳優の長門裕之も製作に加わってるよ。奥さんも出てるし
ttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=146538

204 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 08:08:30 ID:vtA7i1do
気になる。ATG。
千日の瑠璃の作家だったのか。

205 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 08:39:09 ID:9X25Lx2T
>>108
「四万人の目撃者」(1960)では野球選手やってるよ。
すげーガタイがよかった。

ボルヘス&ベルトリッチの「暗殺のオペラ」も雰囲気が似てる。
割りきれないストーリーとか。

206 :183:2006/07/08(土) 10:33:24 ID:6iTKa5Qa
>>201
>>1.暗殺決行直前にジュリーが相手した売春婦は誰ですか?

質問の仕方が悪かったです。

売春婦を演じた女優さんの名前を教えてください。

207 :201 :2006/07/08(土) 17:57:39 ID:08Rlhy9o
残念ながら、無名の役者のようです。
エンドロールやDVDのキャスト欄にも記載されていませんでした。

208 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/08(土) 23:29:51 ID:fTiOccV2
?なしでは生きてゆけない

209 :183:2006/07/09(日) 00:56:58 ID:urWe1iUC
>>207
残念!好みだったのに!!

210 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/09(日) 04:31:09 ID:wsEddlbH
売野春子じゃね?

211 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/09(日) 04:34:53 ID:wsEddlbH
http://www.jmdb.ne.jp/1984/dh000410.htm
ここ見ると、吉川遊土というのがそうかな?
だけど、杉浦とやるほうの売春婦かも

212 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/09(日) 04:37:57 ID:wsEddlbH
レンタルしようかな〜。でも、当時はあんまり多く映画見てなかったから
新鮮だったけど、今見ると退屈かな〜

杉浦はこの作品で、アジアで賞獲ったって。

213 :201 :2006/07/09(日) 05:45:46 ID:1U6CCnHt
>>211
そいつは、大倉の相手。売春屋のオンナ
『?なしでは生きてゆけない』

214 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/12(水) 22:38:38 ID:acItHP3E
神戸牛がうまそうだった

215 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 14:30:59 ID:AaVE2e2b
DVDの予告編がおもしろい
作り手と売る側のセンスがチグハグで。

時計じかけみたいに監督がつくりゃいいのかもしれない。

216 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 14:36:09 ID:jCIDpwef
>作り手と売る側のセンスがチグハグで
邦画の予告編はそれ専門の会社が作るんだよー

217 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 15:45:18 ID:iyFmD7C9
チグハグっていうと、熱いテロリストの話みたいに、作ってるのかな

218 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 17:23:10 ID:DggFLXcW
今さらだけど丸山の原作読んでみた、えらく短い話だね。

219 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 19:34:15 ID:6bk3WVLS
>218
最後、主人公は自殺するの?

220 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 22:29:09 ID:iyFmD7C9
>>218
本一冊分くらいの分量は無かったっけ?薄いけど

221 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 23:13:49 ID:r4blMAqj
あの本、短編集なんです。

222 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/17(月) 23:46:05 ID:iyFmD7C9
そうだったっけ?
パラパラしたような記憶あるけど
自殺の仕方が映画とは違うんだよな。
水道管かなにかを手首の動脈に差し込むとか
そういう感じじゃなかった?

223 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/18(火) 00:00:57 ID:r4blMAqj
>>222
お腹にナイフ、だったはず。

224 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/23(日) 22:09:14 ID:rffzCfaH
唇に火の酒、じゃなかったっけ?

225 :訂正↑:2006/07/23(日) 22:09:54 ID:rffzCfaH
背中に人生

226 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/25(火) 19:07:43 ID:I4UeqSSO
背中に赤ちゃん、だろ?

227 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 08:45:56 ID:xG0wjKzI
医者の役に杉浦直樹っていうのが、不思議なセンスだなあ。
あの髪型と愛嬌のある大きな目が、シリアスな話に合っていない気がするが狙いなのか?
フツーの(凡庸な)センスの監督なら、山崎努を選ぶと思う。
もっともそれだと役にハマりすぎで、映画の世界がもっと自閉的に完結したもの
になってしまったかもしれない。


228 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 10:17:34 ID:iP9ahjN4
杉浦はいいよな。
フィリピーナに卑猥なこと言ったり、歌舞伎町の人間をなめるなよ、とか
いかがわしさがよく出てた。

229 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 11:40:00 ID:nr0UW3JT
>>228
フィリピーナ?どの場面?

230 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 13:57:10 ID:umFpNyOl
>>227
うまい。的確。 相当な方かも

231 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 14:19:34 ID:iP9ahjN4
フィリピーナじゃなかったっけ
「お前の豆は黒いだろ、もう片方は・・・・」とか杉浦が言うの

232 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 14:56:11 ID:nr0UW3JT
>>231
あれは日本のアバズレ達だろ。
後半、ヤンキー使って杉浦を
襲わせる。

233 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/01(火) 20:50:48 ID:iP9ahjN4
あれ、外人だと思ってた、記憶違いか?

234 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/12(火) 18:40:16 ID:BS8F56tW
宗教団体がもうちょっとシリアスに描写されてた方が、暗殺未遂シーンの緊張感
がもっと高まるような気がするんだけど、勘違いかな?
いろんな遊びがあるのが良いんだけど、宗教団体の怖さが感じられたら、
映画がもっと締まったと思う。

235 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 05:16:34 ID:QPCHIKVk
ジュリーじゃなくて山下達郎だったらなァ

236 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 19:59:11 ID:zqCzGUl4
>235
いやだよ そんなのw

237 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 03:10:10 ID:hMXJaM5n
山達は山中貞雄ファン

238 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 22:23:23 ID:NYr3hZ+B
>>234
伊丹十三監督みたいに、消されますよ


239 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/28(木) 03:04:09 ID:y+lgMlzo
工藤には最後まで女を抱いてほしくなかった・・と思うのは俺だけ?

240 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/28(木) 22:29:57 ID:yMT+cezK
>>239
あの女優さんが好みなのでおk


241 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/06(金) 23:57:04 ID:MBTpPVAq
層化をモチーフにしたかのような宗教団体、
主人公工藤の故郷のシーンとか、
けっこう今ならいろいろうるさく言われそうな内容だけど、
この作品は普通にゴールデンタイムとかにTV放送されたの?

242 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 00:40:05 ID:1OqNl7oi
>>241
公開の翌年くらいに月曜ロードショー(解説:荻昌弘)でTV放送された。

243 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 01:12:37 ID:ih3GNO8P
>>241
漏れは深夜映画だったな。最近。

244 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/09(月) 06:06:02 ID:cV1hg0XV
久々に、見ました。
山下敦弘の「リアリズムの宿」は、これにかなり影響受けてると思われる

245 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/09(月) 23:39:09 ID:cV1hg0XV
レストランの窓から、ケンカしてるシーンが見えるのは
家族ゲームの屋上のケンカを、他の角度から見ましたって感じだな

>>240
ジュリーに脱がされながら、何この人?みたいな感じで何回も
顔色うかがってるのが、いい感じ

246 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/11(水) 00:47:26 ID:0XWulAls
その女優さん、クレジットされてないね>ジュリーが抱く女

247 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/11(水) 00:50:45 ID:AS/4dSHQ
>>246
好みなので、何とか名前がわからないものかと。

248 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/11(水) 01:53:06 ID:0XWulAls
映画自体がヒット作でもないし、難しいねえ
バニーガールの女優はクレジットされてるのに。
存在感はどう考えたって、ジュリーが抱く女のほうが上だろ

249 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/28(土) 10:53:21 ID:r2dR+/m1
かきくこ

250 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/29(日) 14:23:14 ID:cMwgAHKy
この頃の森田はよかったな

251 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/30(月) 13:38:51 ID:snmVCtG8
最近は?

252 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/30(月) 22:57:41 ID:BwsBq8WW
「ときめきに死す」以降、「ハル」を除いては、ちょっと・・・

253 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 01:11:01 ID:p55jEWKO
漏れも同感
京香の「39」も、なんか映像以外は素人に逆戻りって感じだったな

254 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 01:11:41 ID:p55jEWKO
黒い家は評判悪くないけど未見

255 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 02:52:25 ID:tXeNyyN3
書店の開店セールでビデオ五円コーナーにて入手して早三ヶ月
まだ未見です
忘れてた…

256 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 14:35:05 ID:tEgcRJbN
俺は昨日、中古ビデオ480円で落札したよ。この前テレ東で深夜に放送したのは録画したが、実際10分位カットされてたからなぁ。ラストの手首噛みきりシーンは強烈だったな、初見は中1。

257 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/31(火) 17:30:05 ID:p55jEWKO
題材的にけっこうヤバイのが、
家族ゲームほど話題にならなかった理由か?

258 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 10:44:58 ID:fCfqwgOV
いや、単に映画自体(ラストを除いて)が地味だったからでは。

259 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 11:30:09 ID:3T71N+wY
家族ゲームもそんなにハデじゃなかったと思うが。


260 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 13:09:55 ID:SyAk0QyW
>>259
話題性あったよ。
テーマが違いすぎるだろ・・

261 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 18:55:43 ID:LTaEPm1R
受験とか、伊丹がバット殺人なんて言ってるけど
あのへんの問題は
タイムリーな問題だったような。

新興宗教はどうだろ。オウムで沸騰したけど
前からあったんだろう。俺はオウムまで実感したこと無いけど
成瀬の浮雲とかにもちょっと出てくる。
でもあの映画のころは慢性化してマスコミ的には不感症だった時期じゃね?

262 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 19:00:03 ID:LTaEPm1R
話題性じゃなくて映画自体のことか?

家族ゲームは地味派手っていうか
優作の言動がいちいちちょっとずれてて笑いを誘うようなところがあった。
だから、華々しくはないけど、分かりやすい刺激に満ちてた。

ときめき〜のほうが普通の映画として見れるから
地味といえば地味だな。

263 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 19:04:11 ID:LTaEPm1R
くすぐってくすぐって最後に爆発(家族〜なら食卓の乱闘、ときめきなら血がピュー)
っていうのは同じだね

それからも原作にあったような主人公ダイスケの狂気に満ちた狼狽ぶりを
ちゃんと映像化すればよかったのに
スカしたまんま終わっちまった。
ダサくない顔の俳優を揃えるキャスティングセンスはさすがだけど
単なるオシャレ映画になっちまった。

264 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 19:07:43 ID:2q9YQilM
どこをとっても普通の映画としては見れないが?

265 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 19:09:46 ID:LTaEPm1R
>>263
それから→「それから」(漱石原作)

優作、ジュリーときて
ショーケンでもああいうテイストの撮ってほしかったかな

266 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 19:12:05 ID:LTaEPm1R
>>264
家族ゲームのほうが、
すごく生活感に満ちてるはずの日常的な風景を異化してるから
奇抜に見える。

ときめき〜は、北海道の異国的なムードがあるから逆に映画的には
ノーマルに感じた。

267 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 20:53:58 ID:4aYYnHPM
つか、単純に宣伝に金かけなかっただけでしょ。
家族ゲームも宣伝が割りと派手になったのは東宝が買い取って?からの2度目のロードショーからだし。
それに対して「ときめきに死す」は松竹系で普通の宣伝だったし。

268 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/01(水) 20:55:41 ID:4aYYnHPM
>>267>>257>>258に対するレスです。


269 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/02(木) 15:59:47 ID:Si+MxPyN
あの頃ジュリーは落ち目って感じ
優作は、試行錯誤の時期らしかったが
落ち目という感じじゃなかった。

270 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/02(木) 22:16:56 ID:lik8PewO
>>111

271 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/04(土) 12:24:56 ID:Y4YG3q5+
あの強烈なラストのまえふりとして話が初めから淡々と進んでいく。
この作品を観た人なら分かると思うが、どうみても商業ベースにのせれる映画
ではない。それにこの頃、ジュリーの商品価値はすでに落ちてたし。
だから宣伝なんかに金をかけられないのは当たり前。(同じ年に公開された「
メインテーマ」と違って)
ただ作品自体は地味でもクオリティーについては森田の撮った中では1番かと




272 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/04(土) 21:33:17 ID:yOLJkeW6
味は変わってるけど、普通に盛り上がったよ。
サイレンの音があんなに殺伐として聞こえてくる映画も滅多にない。

273 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 11:21:45 ID:WWdKes9/
けっこう台詞聴き取りづらいのな。

ジュリーが、丁寧語使ってると思ったら
「××してよ」とか、タメグチになるとか、ああいうのがリアル

274 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 12:06:46 ID:oMmdDv7z
既出だが公開時
映画の知識無い 興味も無い
と公言していた武がラジオで何度か褒めていた。
武が映画制作に向かう切っ掛けになった作品のひとつではあろう。

275 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 13:58:52 ID:g3xPhRGg
杉浦「あなたの全てを知りたくなりましたねぇ」
沢田「やめろよ」
杉浦「……」

276 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 16:42:03 ID:WWdKes9/
>>274
そうだね。
これとか家族ゲームは、北野映画に多少は影響与えてるな。
その男凶暴〜でも、冒頭でホームレスを襲った少年のうちに
吾妻刑事が訪問し、少年を殴って、帰っていくところ
あの、行き帰りの感じは、家族ゲームの吉本が沼田のうちに来たり去っていく
感じに良く似てる。カメラワークうんぬんじゃなくて、雰囲気が。

277 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 16:45:45 ID:WWdKes9/
>>275
ジュリー演じる工藤が、
被差別(あるいはアイヌ)部落出身らしきことは
プレゼント渡すシーンだけじゃなくて
そことか、あと海で
「北は涼しいですね」
「こんなところにずうっといたいものですね」
「ずうっと?・・・・・・」
という工藤の沈黙などに表れてると思う

278 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 18:26:01 ID:rpQo/wTw
月曜ロードショー(荻昌弘さん解説)で初めてこの映画を観た翌日、友達をつ
かまえてはひとり、この映画の話ばかりしてたなぁ。

279 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 19:11:18 ID:SnQBiCRN
こうしてみるといろんな「禁忌」に触れた
映画ってわけだ。よく公開に漕ぎ着けたな。

280 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/05(日) 20:43:55 ID:WWdKes9/
月曜ロードショーはビデオセットしたのに前半が撮れてなかった。
ほとんどラストのシーケンスと
荻さんの解説だけ。
その後、同じ局で土曜の10時〜11時あたりに放映したのを観た。

あとはビデオで1〜2回。
DVDで最近一回。

281 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/06(月) 17:21:30 ID:xPlO6Jcl
この映画の宣伝と言えば、
日本アカデミー賞にノミネートされた「家族ゲーム」での監督のコメントで
受賞発表前に早くも敗北宣言した際に完成したばかりの「ときめきに死す」の宣伝をしていた。
事実、他の作品が受賞した。


282 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/06(月) 19:28:55 ID:6q+w/a8h
? ? ? ?

283 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/06(月) 20:18:05 ID:OfIlnIWE
森田が、こりゃダメだと思ったんだろうな
最近は少しマシになったのかもしれんが
日アカはそうとうヒドイ賞だよ。

ズレズレというか。
誰も認めてないね。


284 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/06(月) 20:19:19 ID:OfIlnIWE
森田の失楽園で黒木が最優秀女優賞とって
「夢のようです」なんて泣いてるの。
おいおい、こんなのもらって泣くなって思った

285 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 05:55:32 ID:pEa0YV38
世界観を作り上げた最高の映画だな。

最後のスタッフ・ロールで夕暮れの駅の背景が悲しくて、
最後の最後まで魅せてくれた映画だった。

誰かがトチ狂って現代版でリメイクしても、
あの雰囲気は二度と再現できないな。



286 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 07:43:52 ID:2CYYPJi/
雰囲気って大事だね。
そういうのが全面に出てる感じ。

287 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 19:33:33 ID:FNQcgiV3
耳に残るあの音楽も雰囲気づくりには欠かせない。

288 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 22:23:21 ID:8USW1g/z
ベースは戦メリかもしれないが髄分不思議な印象が。
間宮も好きだけど、こういう余韻が欲しかったな。

289 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 22:43:25 ID:wafbr/VT
>ベースは戦メリかもしれないが
ちょ、戦メリよりも古い映画だってば

290 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 22:48:38 ID:NyBU8A+I
あ、そうなの?
公開は戦メリより後だが
戦メリ 1983.05.28
ときめき 1984.02.18  

291 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 23:25:52 ID:wafbr/VT
>>290
自分の頭の中の時空列に間違った認識があったことを認めおわびいたします。
(´・人・`) スマソ

292 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/07(火) 23:45:23 ID:xHZSTRoL
いや、戦メリより後だよ、撮ったのもね。
戦メリが1982の夏ごろ撮影してたから、だいぶあとだろう。

オファーを断ったジュリーは戦メリ見て
「釣り逃した魚はでかい!」と言ったらしいから
そういうのも音楽に影響してるかな。
坂本のラジオ番組にも出て、非常に羨ましがってたよ
サカモト「坊主になるのイヤじゃないですか?僕はイヤだったな〜」
ジュリー「僕は野球やってましたからね。その辺は大丈夫です」
だって。

293 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/10(金) 20:24:57 ID:WsW6ylQN
ときめきに寿司

294 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/10(金) 20:30:12 ID:dUDPDIj/
ジェンキン寿司

295 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 00:27:59 ID:DdibTrfJ
ときめきにブス

296 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 01:33:32 ID:yMLNprPK
あのパソコン少年がジュリーなのですか?
集落の人たちは教団の反主流派という事でいいですね。
役者がみんな気持ち良さ気ですね。
小学生のマーチ演奏で、女の子が頭髪後姿で指揮を振り、
「碇を揚げて」を少し変えてやりますがあそこが好かった。

297 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 03:26:19 ID:Q8PeQGzK
そういえば決行直前の人ごみのなかで、
エキストラの妙齢の女性がジュリーを意識しないようにしないように
胸はときめき、って感じに見えるのが
ワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

298 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 03:28:53 ID:Q8PeQGzK
>>296
集落って、ジュリーが小包持って会いに行く、あの?
あれは被差別部落か、と言われてるが
たしかに、あの人たちが着てる服は教団の服と似てる
そう解釈したほうがいいかも

299 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 08:06:20 ID:7YG9QulP
>>298
北海道には同和系はないよ。
アイヌ系はあるが、まさかそれとは思えない。

300 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 10:03:07 ID:Dg4tLpeK
反主流派の集落!これは斬新な視点ですね。
そう考えたほうがイロイロつじつまあってこない?


301 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 15:09:36 ID:Q8PeQGzK
>>299
そう。でも、あれはただ「北」とだけ言ってるから、
作風も幻想的だし。
ロケは道南だけど、北海道じゃなくてもいいような。
東北だったら「蝦夷(えみし)」とかいるでしょ?
まあ、細かく見ると、たしかパソコンの工藤のデータに
「登別高校卒」みたいに書いてあって、地理的な特定はあるようだけど。
作風からして、そういうリアリズムは外してもいいんじゃないかと。

アイヌかな〜とも思ったけど。

302 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 18:38:57 ID:GxktQKwK
逃げちゃいましょうよ、面白いじゃないですか〜
みんなで南にいきましょう

こんなセリフがあったが、3人で南へ逃避行をしてどんな生活を
したか、観てみたい気がする。うまくいかないにしても

303 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 19:04:27 ID:/YwiwmFS
>>303
それに続く杉浦のセリフが
僕はすごく好きなんですわー。
確か
「工藤さん、あんたがやんなくたって
誰かがやるよお!」
とか言ってたと思う。
思わずタメ口になってしまうほど
暗殺に行ってほしくない(どうせガード固いんだから)=無事でいてほしい
という気持ちがほとばしり出たんだと思う。

304 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/11(土) 20:49:10 ID:r6/zyNRK
「誰がやるんだよ、ばかやろう!」

305 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/12(日) 02:52:45 ID:DTgc8nJw
3人で南に逃げて、食堂でもやるんじゃないか。
杉浦は料理が出来るわけだし。
やっぱり海の近くだろうな。
ジュリーは引きこもりだろうが。

306 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 10:41:05 ID:zwfXJ7nL
>>183
亀レスですが、林亜里沙という女優です。
日活ロマンポルノに数本出ていました。
平凡パンチのグラビアにヌードが載っていました。
写真集も出しています。

307 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 14:18:36 ID:9Xurz0II
おお!サンクス!>>306

308 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 14:19:41 ID:9Xurz0II
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%CE%D3%B0%A1%CE%A4%BA%BB&n=5&b=1&c=image&rh=20&d=1&to=3
写真集↑

309 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 14:22:14 ID:9Xurz0II
http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=17632
森田脚本、「桜の園」の中原俊監督「三年目の浮気」に主演。
表情のいい子だよね。

310 :183:2006/11/13(月) 15:34:34 ID:ltmQvpgX
>>306
うおおおおおおお!!!!!

ありがとう。

どうやって調べたか、が一番興味ある。

教えてください。

311 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 16:02:47 ID:H/PYfzAO
俺はキライ、こういう娘は。
相手はお客さん。いろんな事情がある。
怪訝な表情をしたらいけない。

無表情の演技をして貰いたかった。


312 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 16:06:52 ID:9Xurz0II
そこがいいの(;´Д`)ハァハァ

いや、マジレスするとさ、映画だから怪訝な表情を多少してたけど
それは誇張的演技ってことで
「怪訝に感じつつも、大人しく抱かれる」っていう演出なんじゃ?
怪訝、ということだけを強調するんだったら
もうちょっと声出して騒いだりさせるはずだから

313 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 17:11:05 ID:kIO+UTNV
>>306
今、映像を確認できないのでうろ覚えだが、
林亜里沙は海辺のDQN女じゃなかったけ?

↓だと干場てる美(響野夏子)ということになってるが。
ttp://www.geocities.jp/otakarabako/ka-gyou.htm

でも↓をみるとバニーガール役になってる。
ttp://www.jmdb.ne.jp/1984/dh000410.htm

響野夏子に改名後に出演したVシネマ「殺しのメロディ」
のジャケット写真を見ると「ときめきに死す」のジュリー
に抱かれる女の子に似てる。「ときめき」の映像がないん
で確信はもてないが。
ちなみに「殺しのメロディ」で響野夏子の脱ぎはなし。
でもFridayでは脱いでるみたい。ピアニストでも売り出し
てたよう。

>>312
森田の演出が巧いのか確かに印象に残るシーンだよね。



314 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 20:17:01 ID:9Xurz0II
>>313
響野夏子だったの?あれ?
いや美人ピアニストで一時売り出してた人だよね
今井美樹のドラマで財津一郎の愛人みたいな役だった。

あの人=響野、最近どうしたかな〜と思って
ネットでも調べたことあるけど
あんまり検索されなかった。
響野名義のときは、セクシーだけど脱ぎはしない、って感じだってけど
脱いでたのか。
顔もあんまり似てないような。髪形はだいぶ違うね

315 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 20:19:54 ID:9Xurz0II
財津一郎 → 財津和夫(チューリップ)

316 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 20:21:16 ID:9Xurz0II
「思い出に変わるまで」か>今井のドラマ
本当に思い出に変わっちゃったな

317 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 20:28:49 ID:9Xurz0II
多分バニーガールのほうだと思うよ
顔が違うもん。
でもマキノ映画の安田道代とか、山下敦弘の映画の尾野真千子とか
タンポポの黒田福美とか、実物とぜんぜん違うからな〜
撮り方でだいぶ変わるというのはある。

jmdbのキャスト表でも
あの女がクレジットされなくて、バニーガールのほうがクレジットされてる
というのもヘンだなという感じもしたし

バニーガール=あの女、っていう解釈も出来る。
あるいはナチュラルボーンキラーズの中村佐恵美みたいに一人二役とか

あと、天下のジュリーを相手に脱ぐ役だからポルノ女優は使わないかな
っていうのもあるね



318 :313:2006/11/14(火) 01:09:40 ID:/dDMC4Sg
映像確認したけど、林亜里沙は海辺の黄色い水着の女。
干場てる美がバニーガールとジュリーに抱かれる女の
二役じゃないかな。

319 :183:2006/11/14(火) 10:03:47 ID:VAe7UIY1
悪い。バニーガールって、どの場面のこと?

320 :313:2006/11/14(火) 11:58:24 ID:+y/vbYlI
>>319
映画の冒頭、教団幹部がピンボールやってるところ。
バニーガールとジュリーに抱かれる女、似てなくもない。
バニーガールの時はカツラだろ。

321 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/14(火) 13:49:06 ID:Wjs/Ob8a
あの娘のことでこんなにもスレが賑わうなんて
よほど、いい女なんだな

322 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/14(火) 14:03:23 ID:Wjs/Ob8a
昔、日テレ、深夜で目黒祐樹と向井亜紀が司会の番組があって
「島国根性」撮った監督が武将みたいなカッコウで出てきて
目黒と口論になったりしてた。
それに、響野夏子が出て、
向井以外のもう一人のレギュラーの女の子になんか暴言吐かれて
ムッとしてたけど、やたら気が強そうだったな。

ジュリーに脱がされるときの顔も、恐怖におびえるという感じでもなく
なんなの?この人って感じで、気は強そうだね
面影はあるような気はするが、本当に同一人物?

323 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/14(火) 14:09:32 ID:Wjs/Ob8a
http://web1.aaacafe.ne.jp/~nazono_k/kakolog41.html
ここでも同一人物説が
ときめき〜のことも書いてあった。
やっぱり娼婦だと。

324 :313:2006/11/16(木) 10:04:14 ID:HUgOTN1c
>>323
■確定
 ジュリーに抱かれる女≠林亜里沙
 バニーガール=干場てる美->響野夏子
■??
 ジュリーに抱かれる女=干場てる美(響野夏子)

響野夏子のヌードが載ってる1987年1月9日号のFRIDAYを
ネットの古書店で注文したから映画の登場人物と同一人
物か確かめてみるよ。
映画の公開から3年だからそう感じは変わらんだろう。

ちと気になるのは、このスレ見てあの場面を確認したが
おっぱいをはだけるところで顔が映ってないんだよね。
吹き替えヌードってことはないだろうな?

325 :183:2006/11/16(木) 11:37:12 ID:uGTllAvi
>>324
たのむぜ!

326 :313:2006/11/16(木) 13:28:01 ID:HUgOTN1c
今、書店からメールがあってFRIDAY1987年1月9日号は売切れ
だって、ザンネン。
代わりにヌードなしのFRIDAY1986年11月7日号を頼んだ。

ヌードありの1987年1月9日号は暇なときに国会図書館にでも
行って閲覧してくるよ。
顔よりもオパーイで比較した方が確実と思われw


327 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 15:09:11 ID:GiyRJ0VY
>吹き替え
顔とオッパイが両方映ってるカットあったか?

印象としては、干場のほうは眉がキリッと濃く
夏子のほうはそうでもなかったような
気の強そうなところは共通してるけど
あんまり似てるとは思えん。

バニーガール=ジュリーの相手と考えると、
いちいち、個別の役割の女を揃えられないという
教団の台所事情が透けて見える

328 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 15:12:08 ID:GiyRJ0VY
でもバニーガールはエキストラ同然なのにキャストにクレジットされてて
ジュリーの相手は、それよりは重要な役なのに、されてない
ということから考えると、同一人物説有効か。

響野がメディア露出多かったときにこれがあんまり話題にならなかったのが
不思議。
まだ、ネットが普及してなかったからか?

329 :313:2006/11/16(木) 16:34:12 ID:HUgOTN1c
>>327
>顔とオッパイが両方映ってるカットあったか?
ないよ、だから吹き替えの可能性もありと思った。
でもクレジットにも載らないようなマイナー女優
にヌードの吹き替えはないよな。

>印象としては、干場のほうは眉がキリッと濃く
>夏子のほうはそうでもなかったような
>気の強そうなところは共通してるけど
>あんまり似てるとは思えん。
干場てる美=響野夏子、これはガチ。↓を見てごらん。
 http://i-dic.dorachan.com/data?kunntk00
 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/5784/siryousitu/kaimeinoizumi.html
問題は、干場(後の響野)がバニーガールとヌード役の二役
をやったか、ヌード役は全く別人か、でしょ。

>バニーガール=ジュリーの相手と考えると、
>いちいち、個別の役割の女を揃えられないという
>教団の台所事情が透けて見える
ストーリーの問題じゃなく、単純にキャスティング
の問題でしょ。
例えば脱ぐ女優が見つからず、バニーガール役の干
場がヌード役もやった。でも、干場がバニーガール
役のクレジットは許可したけどヌード役のクレジット
は拒否したとか。

>>328
>響野がメディア露出多かったときにこれがあんまり話題にならなかったのが
>不思議。
>まだ、ネットが普及してなかったからか?
メジャーな女優ならともかく、マイナー女優が話題には
ならんだろ、俺もこのスレ見てネットで検索する前には
名前も知らなかった。ネットの普及って、アンタ、20年
前のパソ通の時代だぜ。まだマニアの世界だったよ。


330 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 17:44:44 ID:GiyRJ0VY
>>329
サンクス。
いや、奇遇というか、ちょうど何かの拍子に響野夏子を思い出して
そんな人がいたな〜と思ってて、
ネットで検索したけどあんまり目ぼしい情報に到達しなかった。
画像も少ないしね。

「ときめき〜」も、なんとなく、最近DVDを見て
ジュリーの相手役の女、いいなぁ(;´Д`)ハァハァ と思ってた。

しかし、ピアニストがたまたま美人だったんで女優にもチャレンジした、
という感じだと思ってたら、違うんだね。ガックリ
似たような経験は、女子アナだな。
たまたまニュース読む能力のある人が美人なんだと思ってたら
多くの人が大学時代にミスコンとか、
半分芸能人みたいなことやってるんだね。

国家そのものが、新興宗教の教団のみたいなもんか?
オウム事件で思ったのは、あれはアナクロだけど、
結局こっち側の世界の漫画的な鏡像にすぎないってこと。
世間知らずの理科系エリートを重用したり
実にさり気無く、そこそこの美人を、対外的なところに配置したり、とか。

これからは美人何々っていうのは、全部疑ってカカロット。
大好きな向田邦子や櫻井よしこサンでさえも怪しくなってきた。

これからは放送局も、虚より実を取るようになって
「実力派ドブス女子アナ」とかを使うようになるかもな。
そっちのほうが信頼されるとか。
それがエスカレートして、よりブスなほうがいい、ブスこそ女子アナの条件だ!
ってことになって、
頭も悪いのにブスな女子アナとかいっぱい出てきたらイヤだな

331 :313:2006/11/16(木) 17:51:26 ID:HUgOTN1c
話題は変わるが、ちょんの間の遣り手婆役の加藤治子や
女の世話もする、ちょっと上品な日本旅館の女将役の宮
本信子なんかもいい味出してたよな。
もともと加藤も宮本も芸達者なベテランだけど、森田も
あの若さであの枯れた味を演出できたもんだと感心する。


332 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 17:57:36 ID:GiyRJ0VY
まだ、伊丹映画でブレイクしてない頃だね。
撮影の前田ヨネゾウさんも伊丹組か。

それから、阿修羅のごとく、に到る、
ジャパネスク(といってもモダンというか和洋折衷な)感じを
さりげなく出せる

333 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 22:54:04 ID:OElmvLdw
森田の最高傑作だよね、これ。

しかし、最近の森田作品は個人的にどれも駄目だなあ。
(特に「失楽園」以降)
「間宮兄弟」ものれなかったし、「椿三十郎」はもう観る気も起きない。

334 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/17(金) 01:04:09 ID:TBoGhgxc
ワリと線が細いっつうか、何でもできる器用なタイプじゃないのに
いろんなことやろうとするから、ダメになるんじゃ。

今風の顔の俳優を揃えるセンスはある。
ときどき、中居とか織田みたいの出すけど
あれは、売るためで脇役は森田センスで揃えるだろう。

家族ゲームや「ときめき〜」みたいのばっかり撮ってたほうが
良かったんだと思う

335 :313:2006/11/18(土) 01:16:16 ID:V6LAt0QQ
>>325
>>330

FRIDAY1986年11月7日号が届いていた。響野夏子のヌードなしの奴。
内容は、モデル出身の美人ピアニストの売られ方、実力のほどは
「?」みたいなシニカルな記事だった。

で、「ときめき」のヌードの女と同一人物かどうかだけど、俺の
見た限りでは間違いないと思う。

一応アップローダーにアップしたんで消えないうちに確認してみて。
http://kuronuko.up-ch.com/uploader/sn/upload.cgi?mode=dl&file=6961
DLKeyは「tokimeki」
スキャナーもデジカメも所有してないんで携帯のしょぼいカメラで分かり
づらいかもしれん。雑誌の写真は当然ながらもっとシャープに写っている。

FRIDAY1987年1月9日号のヌードありの奴が確認できればもっと確実だろ。
映画では小ぶりだけど、形のいいオパーイだったからねw



336 :330:2006/11/18(土) 09:52:49 ID:85ZuaOGb
>>335
おおおお!サンクス!!!(;´Д`)ハァハァ

お礼に、ホーン・ユキ、知ってるかな?
http://www2s.biglobe.ne.jp/~Macky/Hon.JPG

いちおう、ジュリーとショーケンは、
GS時代PIGとかいうグループで一緒だったし
清順の「カポネ大いに泣く」でも共演ということで
ショーケンつながりで「傷天」のユキちゃん(;´Д`)ハァハァ

337 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/18(土) 10:08:34 ID:85ZuaOGb
しかし、このスレ立った頃は、わりとマイナーな映画だから
落ちるの早いと思ったけど、けっこうレス付いてるな。

338 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/18(土) 10:11:09 ID:85ZuaOGb
やっぱ、バニーガール=ジュリーの相手
っていう線でいいのか。
意外。

339 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/19(日) 17:52:54 ID:2GqQAOxO
なんかいいとも増刊号で監督出てたよね。
逆噴射の石井監督とか、これでチラ観の映像見て興味が湧いたのが見たきっかけ
なわりに湾岸道路?かなんかと間違えてた。


340 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/19(日) 18:33:56 ID:DIPNB29o
>女の世話もする、ちょっと上品な日本旅館の女将役の宮
本信子なんかもいい味出してたよな。

宮本も森田も実家が
「女の世話もする、ちょっと上品な日本旅館」だった筈

341 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/19(日) 18:48:52 ID:5axtLC2O
売春はいけないんだぞう!

342 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/19(日) 22:15:26 ID:AnDHOBAj
山梨の石和温泉辺りでもOKかな?

343 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 16:26:31 ID:lEmLMZ9q
大倉が売春宿で女を抱いている時
背後にモナリザがあるんだけど、あれは何か意図があるの?

344 :183:2006/11/20(月) 17:12:53 ID:ckrR6NvF
>>343
意図を問いだしたら果てしないものが
この映画にはありそうだな。

屋上のケンカ、奇妙な部落・・


345 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 18:31:13 ID:IJIafUZH
例えば、屋上のケンカは、筋と無関係じゃなく
対抗勢力の狙撃手が発覚して、やられてたとか。

そういや、樋口可南子が、最初はカメラの前で後姿を見せて
座ってたのに、窓のほうに背を向けて移動したのはなぜか?
ケンカを見たくないから移ったとか

そうだとすると、狙撃手が近くにいるって知ってるのに
のほほんと食ってるというのも変か。

346 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 19:19:52 ID:7Ki19VSX
>>345

>そういや、樋口可南子が、最初はカメラの前で後姿を見せて
>座ってたのに、窓のほうに背を向けて移動したのはなぜか?
>ケンカを見たくないから移ったとか

むしろ樋口の席移動で窓の外でケンカしていると映画を観てる人の
注意を惹きつけるためではないか。

モナリザは「ヴェールをかぶったフィレンツェの娼婦」という
初期のタイトルがあったくらいだから単に売春婦を記号化しているのでは。





347 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/21(火) 22:10:05 ID:lr1c3thZ
あれ娼婦だったのか
むしろ聖女の象徴なんだと思ってた

だから、尼僧物のポルノみたいなミスマッチを狙ったかな?と

348 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 18:53:10 ID:DF7/wE5y
響野夏子萌え

349 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/12/02(土) 20:02:50 ID:hlQ1iAAe
キウイやメロンなんかは、ああいう食い方以外はおいしく感じなくなった

350 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 08:52:04 ID:3t4qas9a
デザート先に食べちゃうんですか?

351 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 03:22:23 ID:/ayekuOU
キウイ・・・

352 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 00:50:23 ID:R4Iygu/I
>>346
高尚ですな。GJ☆

353 :さじ投げた ◆MOVIEgfGLQ :2006/12/13(水) 22:27:20 ID:A2SxBCQS
「の・ようなもの」ではYMOのBGMジャケ、「ピンクカット」ではアルパチーノのポスター、
「模倣犯」ではクリストの絵、他にもいろいろありそうだけど・・・
森田はああいう演出好きみたいね。

354 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/14(木) 13:12:12 ID:qX4kFd5N
ハルでは、春樹の本が並んでたね

BGMのジャケ、歯ブラシを洗ってる絵だよね
あれ好きだな

355 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/23(火) 10:37:10 ID:2LKy2TEL
あげ

356 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/05(月) 16:09:38 ID:Fz6O+BK5
良い意味で、ギャグにしか見えなかった。

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)