2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【成瀬の遺作】乱れ雲(*´Д`)【真のエロス】

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 18:42:52 ID:ze+3gfwV
依頼があったので立てて見ますが、本当に書き込みあるのかいな?

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 19:49:57 ID:nGXnHets
司葉子の美しさが強調されるが、
加山雄三も名演。

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 21:19:40 ID:ntvkU3ic
ラストの宿屋のシーン、あ〜やりたいのに、ヤリたいのに〜〜
感がすごいよね。
結局できなくて・・・加山が民謡歌うところ、あれグッときちゃうな。
あの日は司葉子もパンツの中は相当汚したとみた。
もう、ギンギンに勃たせた男と、愛液の匂いをムンムンに
発散させてる女がお互い脂汗を浮かべながら、差し向かいに座って、
静かに酒飲んでる。
あ〜いやらしい。。

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 21:24:49 ID:BvlQd/1V
おお
本当にスレが立つとは

武満の音楽も最高ですよね
森光子も良いですよね

5 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 21:27:12 ID:NxGj7TYW
やっぱりそういう映画なのかw

6 :5:2005/04/12(火) 21:34:57 ID:NxGj7TYW
>>3へのレスねw。

いや、確かにわかるんだけどね。
色っぽいと思います。

7 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/13(水) 00:38:23 ID:DUcDzlKO
成瀬巳喜男はロケ嫌いで有名だそうだが、既に先が長くないと自覚していたこの映画では、
十和田湖やその周辺のロケが美しい。
こんなページがあったので、見ながら懐かしく思い出していました。

ttp://www.asahi-net.or.jp/~ut5m-ok/japan/midaregumo/

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/13(水) 17:30:12 ID:SfCmQqOA
バハハーイ ケロヨーン

まさに1967年の世相語。ちなみに、ぼくぁ幸せだなぁ、は前年。


9 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/13(水) 20:39:37 ID:emawBLJR
花畑のなかで農作業をしている司を加山が訪ねるシーンは
日本映画には珍しい、ジャン・ルノワールの映画を思わせるような色彩美が
横溢しているとおもうが、そこにあるのはルノワール的な幸福感ではなくて
もっとなんというか、日本的なウェットな情緒。
あでやかな色彩の中の湿った涙とでもいうような独特な世界が
描かれていると思う。
もっと世界的に評価されていい作品のはずだ。

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/14(木) 10:39:50 ID:PDneRJw8
商社が通産省相手にビクビクしているのがいかにも日本的な官尊民卑で嫌だな〜。

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/14(木) 11:27:08 ID:GMUB/Dgt
>ジャン・ルノワールの映画を思わせるような色彩美が

この映画自体が、ロケとか自然が多くて、色彩豊かな傾向ありますよね。
ただ、これまで劇場で見たケースでは、フィルムの状態が悪くて…
今年はニュープリントでやってるのかな?

12 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/15(金) 12:41:24 ID:6/A0rDjV
司葉子がバスに乗ってるシーンが何度か出てきてそのたびに意味が変わってる。

最初は帰郷の時―風景を眺めながら土屋嘉男を回想(バスに乗り遅れる二人)。
次は加山と偶然再会―このあと加山が病気になって二人はバスをやり過ごす。
最後は加山のもとへ―ただじっと座ってる(何も見てない、頭の中はもう・・・)

やっぱりそこへ行き着くのね、成瀬監督って。

13 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/15(金) 17:22:59 ID:rlNr65ue
この映画の、外国人の接待のシーンについて議論してたスレがあったような記憶が。

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/16(土) 18:36:23 ID:D88bJZae
今みてみたけど、司スレの話題の3割くらいがこの映画の話題か?
しかも結構論争してる…

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/16(土) 18:40:00 ID:6ARz4hAJ
>>11
はい。


16 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/17(日) 00:25:11 ID:yJkupUf1
>>15
そうでしたか。
NFCあたりの特集で見るのを楽しみにしています。

17 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/18(月) 04:36:00 ID:XLvE4OFJ
二年前の新文芸座のときの成瀬スレッドで、この映画を見た人が、司葉子綺麗だなー
綺麗だけど貧乳だなーとこぼしていたが、
そんなことはどうでもよい。とにかくこの映画では艶っぽい。

18 :マンコ原理主義者:2005/04/18(月) 20:16:33 ID:kT7FpLAp
賓乳など問題ではない。清楚な女が漂わせるマンコの匂いこそが
この映画を支えているのだよ。

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 13:20:06 ID:/NrLjfZ1
森光子の表情面白いね。
口を半開きにして下唇を突き出して、いかにも勝気なんだけどちょっと男にだらしない感じ。

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 14:56:29 ID:NvgVvmdH
ヒョットコみたいな顔で踊ってるところも面白かった。

なんとなく「その場所に女ありて」の司−森関係にも似てるね。

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/21(木) 04:55:26 ID:Ske76FlU
成瀬は既に撮影中、死期が近いと悟っていたというねぇ…
そう思ってみると、また、切ない。

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/26(火) 19:35:06 ID:j0D6TjbW
好きだ、この映画。

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 01:04:54 ID:FFDwCelP
森光子いいかねえ…
ちょっと演技が舞台的で、成瀬の映画には向いてないと思った。
顔、特に視線の演技が激しすぎるんだよね。
後ちょっと斜視なんだね。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 02:46:25 ID:auHYPrwa
斜視といえば、司葉子も、片方の目がちょっと外側をむいてるっぽい。

加東大介は「乱れ雲」でもいつもの熟練の演技って感じでしたね。

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 10:51:09 ID:GmXFszRv
>>23
そういう役なんじゃないかな・・?
あの森光子は見てて神経に触るようなところがある。
せかせかした無神経な女。
愛想はいいけど大げさで押し付けがましいところが草笛光子と反りが合わなかったんだろうなって思った。

26 :23:2005/04/27(水) 16:11:28 ID:FFDwCelP
いや、役作りじゃなくて、他の映画でもそう。
だからキャスティングとしてはまあいいんでしょう。
それでも演技過多だと思うけども。
実際映画ではあまり成功してないし。

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 20:22:11 ID:NQ1ahU20
草笛光子はいい存在感ですね。
藤木悠は最初っきりなのに。

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 21:26:22 ID:zeHTwXRJ
昔は、窓ガラスにハンケチを貼り付けて
乾かしてたのか??

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 21:32:29 ID:NQ1ahU20
>>28
ワラタ
まさにあの場面が目に浮かんだ。

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/28(木) 00:30:29 ID:a1RK+QQe
>>28
ハンカチが汚れそうなのにね。
まあアイロンはかけなくて済むかもしれないけど。

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/28(木) 05:53:58 ID:Ps8Rq+6c
そんでカーテンしめてこれから…というつもりなのに、
加山雄三はその気になれず、カーテン開けるんだっけ。
浜美枝は尻切れトンボっていうか、そんなに重要な役じゃないなぁ。

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/28(木) 10:57:07 ID:Hg0VZLkK
森光子の義姉は、なんとなく元水商売の人って感じ。
仕事だから心にも無いようなお世辞も言うし(いかにも堅実な草笛とは合わなそう)。

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 14:49:05 ID:rwFvoEL1
生活感もあって、それだけにちょっとずる賢くて、という役が結構
似合ってるね、草笛光子。

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 16:34:37 ID:JDrmy7/h
1960.05.21 娘・妻・母 1960.07.12 夜の流れ 1962.01.14 女の座
1962.09.29 放浪記 1963.11.16 女の歴史 1964.01.15 乱れる
1966.01.25 女の中にいる他人 1967.11.18 乱れ雲

別スレにあったが、草笛は8作品、しかも全部60年代だから、
成瀬の晩年のことは色々語ってくれそうですね。

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 11:29:22 ID:+buJkbqt
>>33
司葉子と同居するつもりがないことや加山の送金が遅れるのは困るのを、
「こんな狭いところで〜」「女が一人で生きていくのは大変〜」って、本心を
直截的に言うわけじゃないけど相手にははっきり伝わるように言う人だね。

36 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 14:34:49 ID:quskCgRc
>>35
「乱れる」になるとかなり露骨になってくるけどね…w

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/06(金) 09:08:58 ID:pSbsGzjd
「放浪記」の草笛光子はちょっと可哀想。
それにもう一出番ないと可哀想だよなあ。

38 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/07(土) 10:54:17 ID:PupGjWFU
「乱れ雲」もデータベースによると何度もドラマ化されている。

1 1970 NTV
栗原小巻、中村敦夫、山口崇、浜木綿子、名古屋章、菅井きん、横森久、
浜田寅彦、柏木由紀子、柳川慶子、藤木悠 

2 1974 CX 
北川めぐみ、西口久美子

3 1988 YTV 
十朱幸代、三浦友和、園佳也子、大出俊、生田悦子、穂積隆信 

39 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/10(火) 11:45:08 ID:Wt90RPn7
司葉子はラブシーンがうまくできなくて、成瀬監督に「ちゃんと欲望してね」って言われたらしい。

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/13(金) 04:28:12 ID:sZeBaj/w
>>38
今なら差し詰め、昼ドラで大河内奈々子主演でリメイクでしょうね。
で、真珠夫人みたいに人気が出たらやるドラシリーズでリリースされたりして。
それもPS2じゃなくてPSP。電車の中でテメーがひき殺した旦那の女房に
ちょっかい出すゲームをやるのは勇気が要りそう。
あと、主人公の究極の左遷先もラホールじゃなくてイラクのヒート。
「僕は貴方の旦那をひき殺した上に貴方を好きになってしまいました。
どうか僕と一緒にイラクに逝って下さい」
っていう鬼畜な言葉を吐ける俳優がいるかどうかはわからんけど。
話は違うが、インドとパキスタンを旅行した後にこの映画を見たから、
中丸忠雄先生がド迫力でラホールの悪口を言う場面は違和感を覚えたよ。
いや、加山や司葉子に言われるんならともかくあんた自身がこの世の果てみたいな
顔した中丸センセに言われたくねーっつーの。

41 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 03:50:27 ID:cSUTXSVz
「流れる」スレがあがってたのでこっちもage

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 17:54:11 ID:Gvgbhjj4
7月の新文芸座で見る予定。
3のレスを見るとかなりエロそうなので期待してます。

43 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 00:58:21 ID:HS+gIWId
雰囲気がね

44 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 05:19:34 ID:OgrOgF1k
俺は>>3みたいにはまったく思わなかったな
やる気が無くなってからどう始末を付けようかって場面だろ


45 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 20:20:44 ID:QOK3s6gc
至って普通の映画。
どこが凄いとか優れているとかは言えないレベル。

「高峰秀子が美しい」   ただそれだけの映画。

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 00:06:08 ID:o7oCsIIS
↑これは多分釣りじゃなくてただのバカだな。

47 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 16:29:11 ID:qrmveCGQ
つまんなかった。この人って脚本家次第? 
乱れるよりはマシだったけど、浮雲とかめし・夫婦・流れる・あらくれ・秋立ちぬ・おかあさん・晩菊とかに比べたら格段に落ちる

48 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 16:39:51 ID:wH4boV3h
あなたの挙げているのは確かにいいのばかりだけど、
「乱れ雲」「乱れる」だっていいよ。

それからちょっと監督作家主義的な見方が、
> この人って脚本家次第? 
に感じられるけど、成瀬の場合は、演出が脚本家によって変るという事はあまり無い。
ほとんどの映画でよく練られた演出が観られるからね。
単にあなたの好みに合わない話だったってだけなんじゃないのかな?

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 01:56:33 ID:BapX3yvL
どちらかといえば「乱れ雲」「乱れる」の系統の作品が好き。
純粋に映画的な緊張感があるから。
文芸映画は確かによくできてるけど、別に成瀬監督じゃなくてもいいかなって感じ。

50 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 17:16:17 ID:22TWE1TA
土屋嘉男、せっかく三十郎に助けてもらって
司葉子と逃げおおせたのに・・・不運な奴だ。

51 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 00:35:33 ID:2eEhLYXf
土屋って「杏っ子」でもヒロインにふられる。なんか悲惨な役ばっか。

52 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 15:21:56 ID:Hbjwh/eS
恵まれない境遇がなんか多いね>土屋さん

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 22:24:14 ID:f+oE1nYp
新文芸座言って参りました。

初めて見たんだけども、最後の旅館のシーンの手前
交通事故のシーン。どんなに盛り上がるかと思えば興ざめしました。
旅館入ってから、司葉子からキスをし返すところは良かったけど
交通事故のシーンの伏線があるので結ばれることはまずありえないなと、
ドキドキもしませんでした。
司葉子さんは綺麗だなぁと思いました。


54 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 09:15:01 ID:PZdb3pTN
激しい恋愛劇を求めるなら、成瀬は止めた方が無難。
静かに燃える炎、こんな「乱れ雲」でさえ成瀬の中ではもっとも激しい部類。

55 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 12:16:59 ID:y9Nf7tvU
そうね、最後の交通事故はねえ…
みんな言うけど余計かもね。

56 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 12:20:49 ID:PZdb3pTN
けど、なにかないと宿で断れない、
というか、司が単に優柔不断の女に見えてしまうから。

救急車が事故にあった人を宿に運び込むのは、???と思うけど…

57 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 12:46:00 ID:aF3dwPfw
おいおい。救急車が来るまでの間預かってたんだろうが。

58 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 13:14:12 ID:PZdb3pTN
ああ、持ち込んだのは救急車じゃないね。
あれってどうして他に移動してんのかね。瀕死なら動かさない方がいいし。

59 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 03:10:48 ID:i8YuflmQ
>>58
応急処置ぐらいは出来る人が居たんじゃないの?
手当てしていたみたいだから。

60 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 00:17:48 ID:PuRzQa9O
 

61 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 00:49:33 ID:6+lqIKtd
スクリーンは見てても、映画見てないやつがいるね。

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 19:12:17 ID:bBCI/79a
■■■■■■■■■■■■■■■■
■                     ■  違う板にコピペすると、四角の枠の中に
■                     ■  メッセージとURLが現れる不思議な絵。
■                     ■
■                     ■  (その仕組みがリンク先に書いてある)
■                     ■
■                     ■  この原理を応用すると、まったく新しい
■                     ■  コピペが作れる予感。
■■■■■■■■■■■■■■■■


63 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 05:49:16 ID:EtJQpv2X
何げにラホールは野蛮人とかひどい事行ってるよね
実際思っても口に出してはいけない

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 13:07:04 ID:wGnmXF3E
「ぼくは野蛮人なんだ」

65 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/19(火) 20:01:55 ID:zJEsWIT6
時代が時代だからね

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 00:40:39 ID:YeWQxis8
でも加山の会社は多分三井物産か三菱商事あたりがモデルで、
結構エリートサラリーマンなんだよね。

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 01:07:36 ID:1At/WNvq
そんなでかくないだろう。あのトバされた支社を見る限りでは。
ワンマン経営っぽかったしね。

68 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 14:55:00 ID:ZtBEjqww
ラホールなんかに支社持ってるんだから、大手商社なのは間違いなかろう。

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 15:06:43 ID:+cjbPBz4
>>68
パキスタンのあの辺りは広大な綿花畑で有名なところだから、
たまたま紡績関係の貿易会社だったということも考えられます。
ただ、外務省との関係を気にしていたので、ある程度は大きいと思いますが。

まあ、設定としては>>66並の大手商社なんだけど、
左遷の悲壮感を出すためにちょっと青森支社を小さくしすぎたのかも知れませんね。
ラホールもどんどんクラクなっていくための設定でしょう。

それから大手にしては閨閥の扱いがちょっと怪しげ…


70 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 00:57:34 ID:o2CwBFqw
加山は英語ペラペラだったから、あの時代では相当のエグゼでは?

71 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 17:47:37 ID:ooI/HJKu
まぁ、映画だから現実そのままの設定はしないんじゃないの。
今あるか知らないけど、兼松合商とか伊藤忠とかw

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 18:19:15 ID:46WkBtYI
それにしても加山の上司を演じた中丸忠雄が酷い大根に見えたが、
この人は悪役でない普通の役をやるとダメなのか?

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 00:04:35 ID:jb+2EZr7
確かにあの上司はどういうキャラなのかさっぱりわからん。
加山がこの後どうなるか、それを推測するのに何の役にもたたん。
つまりあの濃い顔でわざわざ出てくる意味がない。

74 :この子の名無しのお祝いに :2005/07/25(月) 20:05:12 ID:c3X8f1zh
中丸のあの役はドラマの進行上絶対必要だろ。
けっこういい味出してたと思う。

ところで以前どこかのスレでも出てたけど、
あのリーマンにしては不自然な短髪は
「日本の一番長い日」の丸坊主軍人役からあまり時間を置いてなかったからなんだろなw

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/14(日) 00:25:41 ID:wPbodUc3
特集近し

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/28(日) 00:18:12 ID:3VtkarEq
DVD発売オメ

77 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/28(日) 22:16:32 ID:Shpw1QL1
DVDきたけど
なんか音こもり気味のような気がするが
どう?

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 21:20:11 ID:SHb33YT1
直接関係は無いんだけど、
ウェザーリポートって言うバンドのプロセッションっていう
アルバムに入ってる「Plaza Real」って曲、「乱れ雲」のイメージに
ぴったりの曲だよ。一度聴いてみてくれ。


79 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 21:28:10 ID:GKRt+RqJ
だからさ、チンドン屋や金魚売りの話を、スナップショットで
とるだけでいいかね。小津は二人もいらないからさあ
小津ができない、大岡や大仏の仏文学を本気でやって欲しかったのよ
天才だから

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 22:05:27 ID:nP1ESD41
>>78
武満の音楽を差しおいてぴったりなどと宣うとはよい度胸の御仁だ

81 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 22:31:08 ID:SHb33YT1
>>80

嘘か真か試してみればぁ?

武満<ウェイン・ショーター or ジョー・サヴィヌルだお。
この「Plaza Real」は同様にアコーディオンが利いてるんだお。

82 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 22:54:01 ID:qUTkeLJK
是非聴いてみたいですね
でも武満のあの音楽も絶品だねえ

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 13:47:41 ID:lYCAOG9z
nhkbsでみますた。
司葉子品のあるキレイな女優さんですねぇ。
加山雄三は、「乱れる」とキャラがあまり変わってないような・・・ガッカリだなあ。
あとラブシーンがないのに、エロいでつ。司が押しかけてから宿のシーンのラストがむんむん。

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 14:00:54 ID:VZ3EzTb8
>>83
加山雄三に可能な演技: ブスッとしている。意味なく朗らか。唄う。

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 14:47:18 ID:lH/QeBAd
旅館で差し向かいあう二人。
加山のアカペラからの、ラストシークエンス、
司葉子の後姿で終わるのが好きだ。
「では、僕が好きな津軽民謡を歌いましょう。
この歌を聴くと皆幸せにになれると言い伝えがあります。
貴女も幸せになってください。」

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 04:45:32 ID:O4G1a1G/
>>83
まさに>>3の表現がぴったりだよな。少し大げさだけど

87 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 21:11:20 ID:9DwGyFIT
ラストまでの15分間ぐらい、
司の台詞は溜めに溜めての「ごめんなさい」
と「許してもらうのは私の方だわ。ラホールへなんかに。」の二つだけ。
無駄な台詞そぎ落とす成瀬監督の真骨頂だと思った。

88 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 21:49:11 ID:qkpF4J3z
俳優もびっくりするくらいどんどん脚本から削っていったって司さんいってたね

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 23:53:33 ID:5dH+JCvx
この映画の司葉子

工口杉

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 00:05:11 ID:x0E98Bca
別にそれほどでもないと思う

91 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 00:50:17 ID:W2Ul2FZt
>>89
司「いつ受け入れることを決断するのでしょうか?」
成瀬「出来るだけ引き延ばすのが良い」
つーのが効いているよね。

心は完全惹かれているのに、堪えてる感じが。


92 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 00:58:24 ID:K1HB1lu5
でも、セックルしないんだよな

93 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 07:19:02 ID:kmSvgh52
我慢汁映画って事でいいのか
「いけない!ルナ先生」みたいな。

94 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 17:30:27 ID:Vx1z5NN3
いや、田舎の住人の楽しみはセックルだけ、というテーマでは・・

95 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 12:25:00 ID:9fxmQczB
レンタルビデオ屋で超自分好みの女優が出てる新作AVを
借りて抜く気マンマンでギンギンになって家に帰って
ふとテレビをつけるとたまたま金曜ロードショーで
「火垂るの墓」がやっていて思わず見入ってしまい
思わずいたたまれない気分になって結局抜く気にもなれず
翌日そのままビデオ屋に返却してしまった俺の体験談に
ダブるラストシーンだった。

96 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 14:54:36 ID:JutI8XSy
>>95
貴様のようなやつはそれこそラホール送りだ。
でも好き。

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 21:09:05 ID:CdTqoVqH
この映画のテーマを一言で言うと
ズバリ「萎え」

98 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:42:16 ID:ysNMFwZD
加山雄三って「乱れる」でも我慢汁だね

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 06:25:40 ID:hWdozeOj
カウパーの若大将

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 08:31:51 ID:Ym0JEY2F
「乱れる」は治まりきれなくて暴発しちゃうけどな。

101 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 10:59:59 ID:ew6Q4DwT
なかなか開かない踏み切りの場面は演出がめちゃくちゃ下手。
俺のほうが上手く撮れるよ。

102 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 21:50:09 ID:hdRl2Dpj
>>101さんはどんな風に撮るの?
ちょっと演出方針を言ってみてよ。

あそこはちょっと不思議な演出だね。
その後の事故の様子が見えて脇を通り抜けるシーンも含めて。
迷っているところを強調するわけでも、
せいているのをみせるのでもなさそうだ。
車が停まった=逡巡ってだけのシーンでもないようだ。

しかし今では、この後の加山の歌、司の後ろ姿を含めて、
はっきりしないモヤモヤを狙った演出だと思っている。

どう考えているのか、どうするつもりなのか、
この後どうなるのか、はっきりしないんだな。

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 07:34:26 ID:ekFI6zKq
この映画のタイトルは
「寸止め」の方が
いいんじゃないのか?

104 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 19:39:27 ID:jPeC+3cv
成瀬が最後の力を振り絞って撮影した作品のタイトルが
『寸止め』ってのはいくらなんでもマズイだろうw

105 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 07:45:57 ID:xKZM7R8i
寸止めワロスw
氏腺液も候補にいれといて

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 03:15:40 ID:K3LRHb7a
「我慢汁」の方が正確なとこだろうな。

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/04(日) 22:04:56 ID:D0R2CICC
見たことないけど俄然見たくなってきたw

108 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/05(月) 03:23:35 ID:W77GJQDh
年明けからBSでまた成瀬映画やります。
2月以降に「乱れ雲」あるのかな。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/05(月) 12:18:37 ID:U1iKBYPa
でもさ、昔の「旅館」っていやらすぃ所だったんだなと、ふと思った。

110 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/05(月) 12:21:16 ID:4PNQdZzV
連れ込み旅館ってやつですかね

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/05(月) 17:04:35 ID:Y0ig58o1
温泉マークとか、さかさくらげなんて言ってたな。

112 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/07(水) 22:03:38 ID:OnxaV+u2
この当時の加山雄三って「乱れる」もそうだけど
妙に人懐っこくて母性本能をくすぐる妙な魅力がありますね。
司葉子のガードが下がってしまったのも納得できます。



113 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/09(金) 07:53:56 ID:8UmAzEcj
「乱れる」の警察から義姉と帰る時も非常に馬鹿っぽい感じなんだけど、
ああいうのも甘えているだなあと見えてくるから不思議だね。

114 :ななしスクリーン:2005/12/20(火) 20:40:01 ID:XQgafaMu
加山雄三は成瀬監督の回想を書籍なんかでしてるのかな?
「乱れ雲」は最後の旅館のシーンで加山が「風呂ではなくめしにしてください」
は完全に(二人の関係が)終わったんだなと感じてジーンしましたが・・・
加山の民謡で涙・・・




115 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/21(水) 07:51:09 ID:+V9i9OL9
森光子が変わってないのが怖い・・

116 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/25(水) 21:54:21 ID:OtGjIS39
>>114
意外なほど聞きませんね。宝田と違って。
まあ成瀬の演出をしみじみ語る加山ってあんまり想像できないが…

117 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/25(水) 22:05:52 ID:omSyvxEu
きっと清順の映画の渡と一緒でいい思い出じゃないんだろう。
下手な役者はマリオネットみたいなもんだから。

成瀬の映画の加山は、同時期の他の映画観たことある人間からすると、
唖然とするくらいいいんだけど、「乱れる」も「乱れ雲」も憮然とした表情か、
むやみに明るい表情かどっちかなんだよね。そういう役を当てられてる。
仲代や山崎みたいにややこしい役は振られてない。

けど成瀬の映画の加山は本当にいいから、後二三本出たら、
いい思い出になったのかも知れない。役者としても脱皮しただろうし。

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 05:43:22 ID:MmcPFZFo
司葉子って、今の女優で誰かに似てるなあと思ったら伊東美咲だった。
ということで、相手役の男優は誰でもいいからリメイクよろしく。

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 21:29:53 ID:CwdJ9Q8K
>>118
司葉子 → 伊東美咲
このディスカウント感を考慮するなら、そうだなあ、城咲仁あたりでいいんじゃないの。
おたがいの安い感じがつり合うと思う。
脚本は北川悦吏子かなんかそのへんに。最終回、最後の最後にテロップで「一年後」と出て
残尿みたいなオチが付くのよ。
でき上がったものは、「乱れ雲」とは別物とわりきって笑いながら鑑賞できそうだ。

120 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/27(金) 21:38:24 ID:Vl9rz0gw
司葉子は外も内も本物。
伊東美咲は外も内も紛い物。

121 :ななしスクリーン:2006/01/27(金) 23:27:03 ID:u+ElPw0/
>>120
司葉子はスター、伊藤美咲はタレント女優といったところか・・・
時代が違うからしょうがないけどね。
司葉子は小津からだいぶ絞られたとか・・

122 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/28(土) 00:19:15 ID:tM5eONGS
演技力の話だと、司葉子も伊藤美咲くらいのキャリアの時は下手だったよ。
まあ、司葉子は当時の邦画界でも抜群に魅力のある人でしたが。

デビューの1955.01.29 天下泰平から、1959.10.25 日本誕生で、
47本も出てるから、うまくなるわけだ。

123 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/28(土) 00:27:24 ID:k5VXKUex
伊東美咲も黒い喪服が似合いそうだハァハァ

124 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/05(日) 08:30:48 ID:5quBIFNn
よく考えたらこの映画の司と、今の伊東美咲って髪型が同じなんだな。

125 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/17(金) 07:50:07 ID:Byd5Ecad
実はみんな伊東美咲のことを良く知ってるじゃないか

126 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/28(火) 06:11:18 ID:wV1E14KM
DVD出てありがたいが
またおっきなスクリーンでもみたい

127 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/28(火) 08:22:49 ID:y65tRJo5
映画館で2回しか観てないんだけど爺の客がよく笑う
なんなんだ? 寅さんみてる感覚なのか?
加山が「あいつらさっきからなに見てやがんだ」というシーンで爆笑したり…
俺は泣きたいのに勘弁してほしい


128 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/28(火) 08:51:40 ID:kQX+iqPn
成瀬の父親が交通事故で死んでたなんて初めて知ったよ。
何であんなにひき殺すのが好きなのか不思議だったけど、そうなのか。
轢いたり殺したりするのは、藤本真澄の趣味なのかと思ってた。

129 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 00:59:27 ID:erlmkNnm
中川梨絵ファソの立場から見ると、
加山はアフォとしか云いようがない

130 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 03:19:32 ID:NYT3CnJ3
なんと中川のデビュー作品なのだな

131 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 06:10:51 ID:iCfUGqnA
>>129>>130
ラピュタ行ったのかい?

132 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/09(火) 19:52:24 ID:C2CzuSE1
もしかして青森支社の子のこと?
あの時もうすでに加山の頭ん中は司葉子のことで一杯だったろうからな〜。

133 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/10(水) 09:02:02 ID:uHOi4Cmd
>>127
左ト全の登場シーンは笑いが起こった。もう、出てきただけで。

134 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 03:30:49 ID:zEFTqy+X
浜とのお別れ×××を拒絶する場面があるのに>>3みたいな見方はありえない。

135 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 16:44:22 ID:c9feOM9B
梨絵タソの場面だけ見るか
初々しいな〜俺だったら絶対手出すな〜

136 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/30(日) 14:02:40 ID:zGEG7CJu
ハァハァ保守

137 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 12:02:02 ID:rHRtSbYJ
ラホールage

138 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/04(月) 14:59:36 ID:L8t4CwR0
「帰ってもらってぇ!!!!!!!」

139 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 03:33:32 ID:dj3JSWzd
hoshu

140 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 21:02:33 ID:cY2+JZq+
ラホールてそんな危険な場所なのか?
http://www.ne.jp/asahi/eden/kanata/pakistan/lahore/guide.html

141 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/06(金) 22:00:11 ID:w5WkIyuO
むしろ危険度では911以降の方が大変だなw
パキスタンは米国とイスラムの板ばさみだし。

http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=011#danger
(ロ)ラホール市
    2003年6月、ラホール市で日本人旅行者が金品強奪目的で殺害され
   る事件が発生しました。さらに、7月から9月にかけて日本人旅行者が
   同市内で日本語を話すパキスタン人に、ラワルピンディーまで車で一
   緒に行こうと誘われて、移動中に睡眠薬を混入された飲食物を食べさ
   せられて昏睡し、金品・旅券等の所持品を奪われる事件が発生してい
   ますので、見知らぬ人物には気を許さないなど十分な注意が必要で
   す。
    なお、2005年9月にはラホール市内2か所で連続爆発事件も発生し、
   また、2006年2月には予言者ムハンマドの風刺画掲載問題に関連し全
   国各地で宗教政党や民衆による抗議集会・デモが発生し、ラホール市
   では3人が死亡しています。


142 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/12(日) 19:01:20 ID:58CkXwkh
>>118
司葉子に失礼だよ。
気品も顔立ちも全然似てないと思うんだけど。
司葉子は綺麗な彫刻みたい、特に横顔。



143 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/12(日) 19:27:13 ID:wyP3FMST
これ、BSで見たんだけどやっぱDVDの方が画像綺麗ですかね?

144 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/12(日) 22:10:31 ID:APl90hnX
本ストーリーとは関係ないけど、
自由主義社会の日本で民間商社が通産省の役人にやたらペコペコしてるのが嫌だな。
今だったらありえないというか、許されない設定だ。

145 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/13(月) 05:27:49 ID:aB13cmQq
ありえなかねえだろ。

146 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/16(木) 16:58:32 ID:75XIg7Fo
この司葉子が俺が今まで見た女優の中で一番美しいと思う
乱れ雲は演出も音楽も加山もいいし絶品の日本映画だな

147 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/17(金) 01:09:07 ID:YkvQ/1U7
うん司の美しさは後半にいくにつれて際立つ

148 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/17(金) 07:32:17 ID:2d5mffaL
うん。
俺も、そうおもた。青森の実家の旅館にもどってから。

149 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/27(月) 22:35:39 ID:i4t+Tpul
司はこの映画がベストで作品もすばらしい。
しかし142は伊東美咲に失礼だな。

150 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 14:40:58 ID:rd/P+aha
これエロイの?

151 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 21:08:54 ID:oCYQH2LE
>>150
言っておくが、ハダカはでてこないぜ。

152 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/09(土) 15:51:55 ID:u0dlQfTl
借りてきました
個別スレが立つほどの作品なのかな
今から見ます

153 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/09(土) 23:42:03 ID:u0dlQfTl
今見ました、加山、運悪すぎ。
飛ばされるたびに、浜三枝や司葉子にそんな所についていけないわ、だって

154 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/09(土) 23:55:13 ID:mcK828P0
葬儀行った後、加山と中丸が二人並んで会話しながら歩くシーン、
男女じゃなくて野郎二人だけど、いかにも成瀬なお約束ショットなんだよなあ。

155 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 00:04:46 ID:mZYCsJ1w
ピッチピチの中川梨絵タンが全て忘れさせてくれるのに・・・
加山のバカさ加減に呆れるばかりです

156 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 00:23:15 ID:qxNte3Rh
中川って送別会んときに加山を誘う子?

ウェイトレスがコーヒー置いて、
加山が「乱暴だなぁ」
2度目のとき、テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

「君といつまでも」の「幸せだなぁ」と同じ言い方なんだもん

157 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 00:56:18 ID:mZYCsJ1w
梨絵タンだよ
http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/S/SomeCameRunning/20060430/20060430004318.jpg
その後
http://images-jp.amazon.com/images/P/B000B63G22.09.MZZZZZZZ.jpg

158 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 08:54:51 ID:qxNte3Rh
ヒダリボクゼンの、せこいコメディリリーフとか
ケロヨンとか
けっこう時代に合わせようとしてたんかね?

ボクゼンなんて下手すると「TATOOあり」の
「のりおよしお」みたいなもんで

159 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 09:26:38 ID:qxNte3Rh
>>157
竜馬暗殺の人だね

160 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 11:37:32 ID:Bxv1SGFB
>>154
その辺りとか、冒頭とか、補償の話前後とかうまいよなあ。

161 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 12:48:56 ID:qxNte3Rh
ところで妊娠中の子供はどうなったの?
流産?

162 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 12:56:07 ID:Bxv1SGFB
堕胎です。

163 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 13:04:43 ID:qxNte3Rh
ああ、病院でのあのシーンはそういう意味だったのか。
それにしちゃ、その後の草笛とかの反応が普通すぎるな。
もっと気づかうような感じがあっても・・・

164 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/10(日) 13:42:07 ID:YMaamOrV
数を数えるうちに麻酔が効いてくる
たまに映画とかでも見るシーン

165 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 02:17:39 ID:xC0ckW6m
しかしあの裁判の判決理由だけ聞いてると、
三菱自動車みたいな事故なんだよな。
加山が賠償するよりも自動車会社に損害賠償請求すべきだろ。

166 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/16(土) 13:32:41 ID:1eisiBgt
加山に一方的に非があるんだと、
その後のドラマが発展しないんよ。司が好きになれないじゃん。
その辺は作劇上の問題として割りきって。

167 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/04(木) 07:26:50 ID:75nlvAXc


168 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/05(金) 00:34:26 ID:WC4CeQ4m
ずーっと観たいと思っててやっと観た。
司葉子がすばらしく綺麗なのはもちろん、登場人物みなすっきりした
いでたちでお洒落だなーと思った。町並みや風景の美しさもあいまって、
なにか遠い異国の物語をみているような変な気分になったよ。悲しいやね。
でも加山の元上司の人(メガネ)だけが妙に今っぽい感じの人で笑った。



169 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/27(火) 00:15:35 ID:UXpyuBOb
死んだ旦那の親父からの手紙が時代劇で笑える

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)