2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

熊井啓について語ろう

1 :この子の名無しのお祝いに:04/09/20 20:31:41 ID:9PQQB3Vg
山田洋次・篠田正浩と並ぶ「馬鹿にされる監督」(友人談)
初期は結構面白かった(脚本担当作品含む)と思うのだが・・・

2 :この子の名無しのお祝いに:04/09/21 10:26:15 ID:mtIdnfpb
2

3 :この子の名無しのお祝いに:04/09/21 12:00:08 ID:qNf2vyJD
「忍ぶ川」は名作だ。
特に姉役の岩崎加根子の演技が抜群。

4 :この子の名無しのお祝いに:04/09/21 23:34:32 ID:vRJDiuJW
CSで見た「帝銀事件」はすんごい良かった。でも「日本の黒い夏」には萎えたなぁ。

5 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 01:02:58 ID:xhRFAv/r
>>1
そのリストの中に新藤兼人も入りますか?

6 :この子の名無しのお祝いに:04/09/26 17:44:23 ID:QA6fasEH
「謀殺・下山事件」中古DVD買うた。
密度の濃いモノクロの映像は見ごたえあり。

7 :この子の名無しのお祝いに:04/09/26 22:32:13 ID:E7ETF9BA
なんといっても「黒部の太陽」ですよ。
もう一度見てみたい。裕次郎の遺言でビデオ化
されてないらしいけど。

8 :この子の名無しのお祝いに:04/10/04 02:07:33 ID:GWfygkjb
「地の群れ」は歴史に名を残す傑作。のはずなのに…

9 :この子の名無しのお祝いに:04/10/04 02:30:17 ID:srpl9zZD
あの世代にしては案外背が高い。
それより
「白痴」完全版発見云々はどうなっておるのかえ?

10 :この子の名無しのお祝いに:04/10/04 03:29:43 ID:qTmILI2j
帝銀事件だけは正真証明の傑作

11 :この子の名無しのお祝いに:04/10/04 03:35:01 ID:rWkpiT30
この監督あんま好きじゃないけど
海と毒薬はいいと思った

12 :この子の名無しのお祝いに:04/10/05 00:54:54 ID:myF6OhVD
「千利休 本覺坊遺文」あたりまではよかったんだけど。
「式部物語」「ひかりごけ」「深い河」「愛する」「日本の黒い夏 冤罪」…
と徐々に評価を下げ、「海はみていた」でダメ作家の烙印を押されたような。

13 :この子の名無しのお祝いに:04/10/07 18:56:38 ID:rwZ94IBx
声がかすれて聞き取りにくい

14 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 02:28:33 ID:g76b3LvP
熊井監督、何にコメントしてるんだか。w
ttp://gendai.net/contents.asp?c=051&id=15460

15 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 03:41:34 ID:rnLiu9rZ
浦山桐郎と並ぶすごい酒乱で有名だね。
マジメなんだけど、技術的に幼稚、という印象があったが、
『海と毒薬』、『本覺坊遺文』あたりでだいぶマシになったか、
と思いきやその後一気に転げ落ちた。
木村威夫の美術を書き割りとしてしか生かせないようでは……

16 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 04:06:18 ID:pQ+15qtM
「愛する」は正真証明の駄作
フォロー不能な程ヒドいよ、これ。



17 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 06:38:55 ID:bKZLxex/
帝銀事件誉める奴いるんだ
役者とか考証はいいけどね

18 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 08:29:33 ID:k59quovG
熊井さんは映画の内容よりも、巨匠としての「格」で保ってきた監督だから・・・。

「深い河」では、すでに衰えていた三船を連れ出して業界から「見世物にしちゃ三船さんに
かえって失礼だろ」とヒンシュクを買いまくったとか。

ただし、各パートのスタッフはいいので、そういう点に着目すれば見れる。姫田さんや木村さんも
「好きなことをやらせてもらった」と言うし。
プログラムピクチャーの脚本家としては、日活時代はまあまあの才人だったと思いますよ。

19 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 21:11:07 ID:mEls9E0d
「帝銀事件・死刑囚」
リメイクしないかなぁ・・・
宮城刑務所から獄中で死すまでを
撮ってほしい

20 :この子の名無しのお祝いに:05/02/16 15:40:22 ID:92QxewJa
>>8
最近独立プロの作品とか、新藤兼人の作品がDVD化されてるんだけど、あれだけはないね。
小説は読んだけど、映画は見たことがない。アテネフランセあたりでやってくれないかな。

21 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 09:17:23 ID:5R+bDqpp
今となっては評価が低いけど、
白黒時代はいい仕事してるんじゃないの。

「地の群れ」を見た時はぞくぞくした。

22 :この子の名無しのお祝いに:05/02/26 14:46:32 ID:Qlf5QAhe
『式部物語』や『ひかりごけ』もどうしょうもない。

23 :この子の名無しのお祝いに:05/02/27 00:20:42 ID:j1c26sfX
千利休 本覺坊遺文は鮮烈だったけど・・。三船さんの存在感に
ひたすら圧倒させられたというのもあるかなぁ。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 15:25:15 ID:NApZCBd4
あげ

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/21(土) 22:42:26 ID:gXYIRf4U
黒部の太陽 ミフネと裕次郎 熊井 啓 (著)
出版記念 age

ttp://book.asahi.com/review/TKY200504190218.html

26 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 17:00:38 ID:q+bdtzRL
日活が「落陽」で大コケして倒産後、ナムコ資本で再建されたが、
再開第一作が熊井啓監督の文芸作品「愛する」だった。
映画の出来は正直いって物足りなかったが、
日活関係者が大勢出演して、いわば日活の再生を祝うような内容だった。
宍戸錠、松原智恵子、岡田真澄、小林桂樹(戦前の日活多摩川出身)など‥


27 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/05(日) 01:16:28 ID:9xb6BqPb
熊井啓ですぐ思い出すのは「忍ぶ川」

年度1だけあって見ごたえのある名作である

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/06(月) 06:52:50 ID:4ilaccEP
サンダカン八番娼館・望郷

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/07(火) 00:13:34 ID:Ul24ZMLO
「日本列島」って傑作だね、まさに激動の戦後史って感じで。

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/10(金) 21:39:17 ID:eXrUhLul
>>14
orz

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 23:04:25 ID:KWifbfPq
「日本の黒い夏 冤罪」って、中井貴一が台無しにしているな。
脚本も酷いが。

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 23:07:45 ID:KWifbfPq
「日本の黒い夏 冤罪」って、中井貴一が台無しにしているな。
脚本も酷いが。

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 03:29:42 ID:ZbCLodXN
何で、二度も…w

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 16:00:00 ID:iMA8lGRl
「日本の黒い夏 冤罪」は事件報道の反省会みたいになってるからな、内容としては陳腐
教育ビデオみたいで、将来、松本サリン事件の報道を知らない人が見て勉強する分には役立つと思う。
熊井さんの作品はそういう側面をもった作品が多いね。

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 21:27:18 ID:jdmN40Wb
この人、なにげに脱がせ屋だね。それもトップクラスの美人の。
 忍ぶ川・・・・栗原小巻(最初は吉永小百合を狙っていた)
 朝焼けの詩・・・・関根恵子
 サンダカン・・・・高橋洋子(ややレベル下)

 スケベ!

 
 

36 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 22:00:28 ID:y7aoIF/g
ポプリのおばさんの旦那さんですよね。

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 14:17:52 ID:oefnGO6N
>>35
深い河・・・・秋吉久美子
海と毒薬・・・・根岸季衣
海は見ていた・・・・遠野凪子

38 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 03:41:47 ID:pXklKQGl
○×事件というタイトルのものは一通り見たけど、何がいいのか分からん。
スケールや話の切実さは実際の事件であることに頼りっぱなしだし
じゃあ斬新な推理があるわけでもなし、人間ドラマとしても現在では、
新聞記者とかの「圧力や趨勢に屈しない真実を求める気持ち」より妙な特
権意識が引っかかるばかりだし。
GHQの横暴このヤロー!今だからこそアメリカ人にも見てもらいてえ!という
気概もないでしょ、あれじゃ。
よって、筋のスリリングさという意味でも、真実を見つめる切実さという意味でも
どうにもならん、GHQなり闇の有力者の横着を商売のネタにした嚆矢という
くらいの評価が妥当なんじゃないの?
雰囲気だけであんなものを社会派って感心するのは感心しないな。

39 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 09:52:00 ID:1rxHFp91
忍ぶ川、サンダカンを観てやってくれ。

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 04:51:55 ID:0LPqQK2z
「黒部の太陽」は大手ゼネコンの協賛で製作できたらしいが
それを知った左翼監督の代表格・山本薩夫に批判されて
以来、2人は不仲になったそうな。



41 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 09:44:00 ID:8zH1Dusg
山薩はしようがねえなあ
プロパガンダ映画撮るよりましだと思うが

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 21:05:03 ID:LabiM6xC
意外と
切ない恋愛映画を撮らせると
イケテルzo!

43 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 23:44:57 ID:Eu3G1+FP
『地の群れ』見たよ。。。
真面目だけが取り柄の面白味の無い監督だと思っていたけど、
フラッシュバックや心理イメージが飛び交う前衛映画だったんでびっくり。
たまたまあの作品が例外的だったのかな。


44 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 04:00:03 ID:LiLN2C9R
「愛する」、原作はすばらしいんだけどなあ…
なぜ、主人公のキャラを原作と変えてしまったのか、さっぱりわからん。

45 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 17:37:42 ID:NnuVLi5F
>>39
サンダカン
最後の墓は、解釈ミスじゃねえの?

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 22:35:56 ID:rOEb0006
この人の本領は「霧笛が俺を呼んでいる」「銀座の恋の物語」などB級プログラム
の脚本書いてた頃の殴り書きだったんだろうな

道をあやまったとしか思えん

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/09(木) 09:32:19 ID:8EMTXBEV
ホシュ

48 :AGE男 ◆9ZsPktrH52 :2006/02/11(土) 10:10:10 ID:9ZWPbSl+


 ∧ ∧
<*`ω´ *>  良スレアガレ
 (   )
  v v    
        ふぁびょいんっ
   川
 ( (  ) )




49 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/12(日) 19:16:40 ID:1rOhwRMs
イマヘイの線を狙ったんかな

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/06(月) 23:08:11 ID:NOyIgUS5
「地の群れ」で不良少年を演じていた寺田誠って
今「麦人」って名義で声優やってるんだってね。
スタートレックが代表作なんだそうな。

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 03:16:58 ID:SE7gACxq
「愛する」を見たがあまりに変な映画なので、メモ代わりに記入
この映画の主人公は誰なんだろうか?らい病が出てくるのでそれに注意を
ひかれるが酒井美紀だろう、つまり、あまりに弱く、同情心のみ強い、薄幸で不幸な女の話。
しかしそれを楽しむには彼女に共感できるだけの描写力がない、なので映画は場面場面で他のテーマに見えてしまいそれがひどく混乱した印象を生む。

導入部は女たらしが、か弱い女をたらしこむ出来の悪い非行少年の映画、ここでの主人公は渡辺篤郎、酒井に存在感が薄い
再会で仲が良くなり、渡辺もそんな悪者でないので、清純派恋愛映画に変身
病気の発覚で、やたらと不安感ばかりつのり、一転不気味さばかり目立つホラー映画の感覚、特に療養所がなんの説明もなく、その癖岸田今日子などやたらと親切で、まるで吸血鬼の館に招待された乙女のよう

らい病の宣告で一転、らい病者への哀れみがテーマに、しかしそれは続かずすぐに誤診の知らせが来る
ここで酒井が喜ぶが、さっきまでらい病者に同情してたので喜べず何の映画なのかわからなくなる、
駅から療養所に帰った酒井も迎える老人も明る過ぎる、なんのために帰ったのかわからない、酒井の心がわからない
関心を病気への同情に移らせたいが演出が明るく、のどかな田舎暮らしの話
に見える
しかし酒井が渡辺を思い出して泣いたりして、やっぱり帰るのかなと思っていたら
あっと言う間に死んでしまい、中に放り出されて終わった

らい病者へ遠慮し完全な脇役にできなかったこと、患者への哀れみを十分感じさせるだけの病気の描写が出来なかったこと、
渡辺の性格付けの不徹底、療養所へ送られる過程のあまりの不自然さ、
そして酒井美紀へもっと密着した描写が出来なかったことが、失敗した理由に思える。
これはあまりに出来が悪くて、怒る気にもならない映画でした。

52 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 03:22:28 ID:uG9wdQ3w
式部物語はどお?

53 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 03:31:02 ID:YkShmF/D
>>46
まさにその通り。日活撮影所のチーフ助監督としてホンを書いていた頃が、熊井が
最も才能を発揮した時代だったのだろう。当時の熊井はチーフ兼ホンヤとして本当に偉かったようです。

54 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/14(金) 15:02:38 ID:5fhj3Z4i
>>34
『日本の黒い夏』のロケで使われている松本協立病院は実際の事件の
被害者、河野義行さんの奥さんが運ばれていった病院。河野さん自身
も同病院の『健康福祉まつり』で“人権問題”をテーマに講演してい
る。(ここの病院職員はメンタルな問題で休職する人が多いらしい。
職員の人権も考えてやれよ)
 この『日本の黒い夏』では“神部さん”という名前で河野さん役を
寺尾聡が演じているが、それと一緒にエキストラとして出演している
鈴木順医師と一緒に映っているF看護師はこの撮影から1年経たない
うちに松本市内のN病院に引き抜かれていった・・・。
(本人今頃何を思っているんだろう・・・。)

55 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 02:43:46 ID:cApF71Mk
「日本の黒い夏」見たよ。
序盤からなんか遠まわしなシーンばっかりでなんかパンチ力ない映画かと思ったけど
犯罪者集団がサリン撒くシーン
描写はあれで良かったと思う
自分の中の松本サリン事件のイメージとそう遠くなかった
みんな見たかな、この作品。

56 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 13:23:59 ID:yDvQWkVi
>>55
見たよ、映画館に行く前に期待してなかったけど、見てよかった
河野さんの一家がほんの紙一重で、死と生が分けられたのがわかって驚いた
こういう現実を題材にした映画は、演出は抑え目で、そういうのを誤解する
人が多いんだよ

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 01:56:36 ID:89qy7Nyf
>>56
そう、演出は抑え目だったかもね。最近の事件だし、いろいろ制約もあったんだろうね。
でも、怖かったよあのシーンは。

58 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/20(土) 00:42:40 ID:Q7fdadVJ
熊井啓とは飲みたくないな。

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/19(月) 21:27:04 ID:TvPT9ndp
ひかりごけをみた
奥田の髪サラサラしすぎだろ
映画というより新劇だな、

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 09:16:48 ID:bWO0KeTI
>>51
戦前の杉村春子の映画 らい病に従事する人道的な話が作りたかったのかなと思ったが、中途半端なメロドラマを入れたので何が軸なのか分かりにくいね。
黒沢の静かなる決闘のように観念的過ぎて 共感できない。
人物の生き方をしっかり描けば、いい話になると思うし、悲恋ものにもなるおうのに 女性が流されされすぎで古過ぎる。
基本的に女性を描けない人だと思う。

61 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/24(土) 10:37:44 ID:dwnH5eqQ
原作の 私の棄てた女 女というのは、キリストのことなんだってね。
私の棄てたキリスト という意味。
女性が目立たないのは、無理もない。普通の人じゃないのだから。
遠藤周作の原作と比較してみようかな。
愛する というのは、たぶん神を愛するという意味なんだろう。
療養所は神の世界のイメージなのかもしれない。
ホラーみたいなのはそのせいかも。
最後に別れた男を思い浮かべれるシーンが余分だったね。
宗教を理解していないと遠藤周作は映像化できないよ。



62 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/29(火) 23:38:03 ID:huQ7djqJ
力作、労作はあるが後世に残る名作ってなんだろう?

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/30(水) 01:22:26 ID:qfxkAryV
『海と毒薬』が非常に良かったので『日本の黒い夏』も借りた。
ハズレだった。松本サリン事件を知らない人たちには良いかも
しれんが、映画のデキとしてはかなり低いよ。時間軸をずらす
とか省略を入れるとかしてメリハリがないとね。中井貴一が最
後まで偉そうだったのもなんだかな・・・凡作。

64 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 18:38:31 ID:xFaclb4X
「愛する」は、最高級松阪牛(遠藤の原作)に、ジャムとハチミツと青汁を混ぜてぐちゃぐちゃにし、
豚の餌にもならなくなった映画。

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 20:47:39 ID:kylgBf7W
最高級松阪牛にウンコとオシッコとゲロを混ぜたと言った方が正しい

66 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 21:29:38 ID:YXUPhamj
酒井美紀を脱がして、乳やらマンコやら肛門やらを大写しにしておけば、名作として定着したのに。

67 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 20:32:24 ID:S4o5slDw
「深い河」借りて、意外と良いと思って観てたら…

おい!なんだ階段で転んで危篤って!
最後の部分は、原作の方がはるかに良かった。

68 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/21(木) 20:33:42 ID:S4o5slDw
ついでにあげとくか

69 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/23(土) 01:33:13 ID:4UQcET+1
クマー

70 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/23(土) 01:47:52 ID:hwj9WGka
2時間ドラマのはしりの頃、酒井和歌子主演のドラマの監督。
アイリシュ原作のタイトルが思い出せない。

71 :70:2006/09/23(土) 07:54:49 ID:hwj9WGka
調べたら神代監督だった,申し訳ない。

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/23(土) 20:53:47 ID:t6H08yZ2
>>61
「私が捨てた女」とごっちゃにしてしまった。

73 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/15(日) 17:52:12 ID:hnPG+ASk
帝銀事件
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/archives/1139836966/
【国鉄】下山事件【総裁】
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/archives/1138187727/

74 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 15:41:33 ID:L2OiG8Qe
             _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^! 
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ    山森有一郎くん見てる?
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゙ヾ : : ::| イェーイ!!!!
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|`T   
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/         
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー---―''"~
   ヽ `'"     ノ

75 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 22:19:02 ID:kA6ILH+x
私が・ヌイた・女

76 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 10:06:19 ID:iUxPvv+n
日本の熱い日々 謀殺・下山事件

なんでDVD化されないんだろう・・・
「日本列島」と同様、
大滝秀次の不気味な怪演は見物らしい

77 :まさ:2006/12/08(金) 19:28:05 ID:86JMx8l2
俺は熊井啓好きだ!ただしホラー作家として!!
スピルバーグと同じ手法だ。自分の撮りたいものを撮るとゆう…

78 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/08(金) 22:36:44 ID:cSedfqFg
>>76
日本の熱い日々 謀殺・下山事件
とっくに出てるよ。俺はこれが彼の最高傑作だと確信している。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)