2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

黒澤の傑作★「八月の狂詩曲」について語ろう

1 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:00 ID:OdQvcj3p
この映画好きな人いませんか?
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。

2 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:04 ID:ZAOnWFcS
正直、あの子供達ジョン・ウェイン知らないと思うのだが・・

3 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:07 ID:iBMf5Oyk
>>1
ラストのシーンは映画史に残る。泣いちゃったよ。
でもあのシーン撮るのにヘリコプターをあのお婆さんの役者さんの
前で飛ばしたらしい。
こういうところもさすが世界の巨匠・黒澤監督って感じ・・・

4 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:20 ID:fjPuQVER
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=813568

5 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 22:27 ID:/Tv6f0yK
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。

6 :この子の名無しのお祝いに:04/06/21 09:44 ID:h8m3DpUm
ドナルド・リチー氏はこの映画の眼と原爆のミックス・シーンを批判してた。
想像力が貧困って。

7 : :04/06/21 14:55 ID:xuae4lPW
教育映画でしょ、これ。

8 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 02:50 ID:V0Q/Lpxn
原作のがよっぽどいい。
『まあだかい』も無惨。
これを「傑作」というのは黒澤に逆に失礼でわ。


9 :百鬼園:04/06/22 04:18 ID:WZx+gx0Y
>>8
『まあだかい』でしたっけ?

10 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 04:51 ID:kge4qU7Q
『もういいよ』
と比較すりゃ大傑作

11 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 05:47 ID:9RTzezig
この映画の本質は少女漫画なんだよ。

七人の侍や用心棒を見る目で見ちゃダメ。

12 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 05:52 ID:tuKwBCnN
>>9
「まあだだよ」では?

13 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 15:02 ID:yYsOnRon
リチャード・ギアが出てただけ。

14 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 16:05 ID:vZwEu/t1
デーモン小暮が絶賛していたぞ。


15 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 19:57 ID:4q8z/r7G
まだまだだよ

16 :8:04/06/22 23:30 ID:V0Q/Lpxn
あ、スマン。
百鬼園せんせの「会」と間違えた。
逝ってくるョ……。

17 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 23:58 ID:YekQPcco
寓話なんだよ。
それがわからない人が変なこといってるね。

18 :この子の名無しのお祝いに:04/06/23 12:56 ID:lsgxm4Yt
1はこの映画のどこをもって傑作ちゅうのかちゃんと書けば。

19 :この子の名無しのお祝いに:04/06/23 19:26 ID:yOf2pPh7
この映画一回二回観ただけだと駄作としか思えないけど、数を重ねてはまってしまうと、
恐ろしい影響力を持っている。一時期は観るたびに感動で全身が熱くなったな。どういう
メカニズムか解説は出来ないけれど、決して凡庸な出来のものではない。

20 :この子の名無しのお祝いに:04/06/23 21:28 ID:33Ay7Fo3
この映画はいーとことわるいとこと混在してるね。でも見終わったあと
すっきり爽やかだよね。
いーとこは(ry
わるいとこは(ry
ってことさ。

21 :この子の名無しのお祝いに:04/06/27 01:38 ID:f0VZxoiL
珍品。

22 :この子の名無しのお祝いに:04/06/27 01:48 ID:0fSLA03u
リチャード・ギア「アリと共演するのは嫌だ」

23 :この子の名無しのお祝いに:04/07/30 08:06 ID:RR1TuUBX
高校の頃初めて観たとき、ちいっとも駄作だと思わなかった。この映画の率直さと
真面目さを軽蔑するか否かで、この作品の見え方は変わってくる。

24 :この子の名無しのお祝いに:04/07/30 10:01 ID:9EsRBhpt
外国人記者
「南京大虐殺やパールハーバーのエピソードも入れて
                     バランス取るべきだ」


いいねえアホは

25 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 12:45 ID:WUfz5oLt
私はこの映画にエキストラで参加しました。
校庭で遊ぶたくさんの子供らの一人です。
あの小学校は私の出身校なのですが、
小学生の夏休みのときに撮影しました。
特に雨が降ってるわけでもないのに空模様にかなりこだわりがあるみたいで、
エキストラはみんな校舎で待機してたんですが、
一日目がだめ、二日目もだめでやっと三日目に撮影がされました。
三日ともエキストラ全員にお弁当やジュースアイスなどが配られ、
小学生だった私にもとても充実した日々でした。
当時プリティーウーマンのヒットで絶頂期だったリチャードギアも来てて、
女の教師が「サインねだったり喋りかけたりしたらだめ」と注意してましたが、
自分はちゃっかりツーショット写真とってて職員室に飾ってました。

最近また吉永小百合の「長崎ぶらぶら節」にエキストラで行ってみたんですが、
みんな朝早くから待機してるにも関わらず弁当も何も一切なしで、
待ち時間の間のフォローもなしでした。
ここで思った。
エキストラのフォローにも手を抜かない黒澤映画ってホントすばらしい!

26 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 12:50 ID:WUfz5oLt
補足ですが、
あの小学校は今はまだ在りますが、
もうすぐ少子化に伴う統廃合で、無くなります。
寂しいな〜。

そういえば今ちょうど原爆週間でタイムリーな映画ですよね。
私はこの映画でおばあちゃんちの「田舎の家ののどかな夏」
という雰囲気が大好きです。
そうめんのCMに出てきそう。

27 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 13:53 ID:BYNkDpbt
いい経験されましたね。
チット裏山市ですw



28 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 15:56 ID:nmOh3nJO
あのシーンの子供たちが出てくるのはちょっとわざとらしいんだけどね
黒澤監督の意図は非常によくわかります。
対位法的効果を狙ったんでしょう。
一発の原爆で命を奪われた子供たちとの対比。

いや、別にわざとらしくてもいいんですよ。
黒澤監督の祈りの気持ちが十分伝わってくるいいシーンです。


29 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 15:59 ID:nmOh3nJO
あのジャングルジム(撮影用に作った奴)も取り壊しですか?

30 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 16:03 ID:rA6eqw+Q
黒澤の映画の大半は嫌いだけどこの映画は好きという人いる?

31 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 17:47 ID:WUfz5oLt
あのジャングルジムは撮影終了後にすぐどこかに持ってったみたいです。


32 :この子の名無しのお祝いに:04/08/09 06:53 ID:mu2iSsL6
この作品、観ようか見舞いか迷っている。
スレが伸びてないって事は、作品の出来はいまいちってこと?



33 :この子の名無しのお祝いに:04/08/09 13:31 ID:fKQODzsc
こんなに素晴らしいとは思いませんでした。★★★★★
まじめな真摯な態度が画面いっぱいに広がっている映画だということです。
ちょっとの揺らぎもなく、遊びというか、変な下心のあるような映画ではないということです。
はじめのうちは「雷が落ちて心中した二本の杉の木」の話を聞かせれても子供たちは都会っ子、
ましてや生活スタイルは欧米様式、夜の怖さ、自然の恐怖は知りません。
基本はこの自然の恐怖にあると思うのです。
そして人間のいろいろな意識の衝突や出会いをさまざまな人を介して、いろいろな
角度から描写することで夏の彼岸前後の出来事をまとめて見た感じの映画なんですね。
老人の女性の一生の思い出がつづられる感じで関係ないようで
ひとりの日本人の戦後の生き方、さらに戦後を問わず日本人の女性の感じ方をうまく
子供たちを使って描いております。
最後に「幽体分離」するシーンを象徴的に描いてますが
(私はそう思っております)この辺は監督うまい。
孫たちが間に合うかどうか、とはらはらしながらみているのですが、そこに
シューベルトが流れます。なぜシューベルトか、わからないのですが、
それは薔薇がおばあちゃんだからでしょう。
「野中のバラ」これはおばあちゃん。
これで8月9日の日に孫が見たようにおばあちゃんはあの世でおじいちゃんに
出会えるでしょう。
そしてお兄さんにも。

この孫達がおばあちゃんを一番理解でき、アメリカ人も理解できたことが
とても美しい、素晴らしいドラマだと思います

http://dvd.e-provider.jp/asin/B00006RD6F.html

34 :この子の名無しのお祝いに:04/08/09 13:34 ID:fKQODzsc
今日見たんだけど
黒澤明の八月のラプソディー
日本の風景・田舎
戦争・子供・大人
アメリカ・日本
音楽
とにかく最高だから・・・。
http://64.233.167.104/search?q=cache:4Ig5Mpu-OTIJ:tar.seesaa.net/article/57073.html+%E5%85%AB%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC&hl=ja&lr=lang_ja

35 :この子の名無しのお祝いに:04/09/10 14:37:43 ID:MD+gJhrz
滝つぼで子供が水浴びをするシーンがあったと思うのですが、
ロケ地はどこだかご存知の方いらっしゃいますか?
黒沢作品は風景が心に残る事が多いです。

36 :この子の名無しのお祝いに:04/09/10 19:11:02 ID:dLH3KzBp
>>35
静岡県のどこか知らないが
「浄蓮の滝」
隠し砦にも登場したらしいよ。

37 :35:04/09/11 09:34:24 ID:Jo3e6H/9
>>36さん
ありがとう!すっきりしました。

38 :この子の名無しのお祝いに:04/09/11 14:36:16 ID:VSehZwcq
ギア「タイの滝のーぼり!」

39 :この子の名無しのお祝いに:04/09/11 22:16:42 ID:4X+H476p
この映画のラスト見て、黒澤監督ってやっぱスゲーと再認識した。
ああいうことできんの黒澤さんだけだと思う。

40 :この子の名無しのお祝いに:04/09/12 03:32:03 ID:UB9ZZxTB


               目

41 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 22:15:54 ID:/q6mzrPQ
あのデーモン小暮が一番感動した映画らしい。

42 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 00:58:40 ID:iqNv2uAC
金のかけすぎ。
どですかでんみたいな味わいがほしかった。

43 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 01:41:53 ID:MlLHKTXh
中原昌也もこの映画が好きらしい。

44 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 13:31:28 ID:7mLveM8f
>金のかけすぎ。

この映画の場合適切な予算っていくらぐらいなの?



45 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 16:01:17 ID:u5TkjJq/
>>43
中原って黒澤映画好きなの?

46 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 19:32:02 ID:MlLHKTXh
>>45
これと「どですかでん」「夢」の3本だけは好きらしい。モノクロ時代の作品は
全部嫌いだとか言ってた・・・どこまで本気か分からないけど。

47 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 22:52:53 ID:u5TkjJq/
>>46
中原って映画の趣味変わってるもんな。
シャマランが大好きとか平気で言うもんね。
まあ俺もシャマラン好きなんだけどね。
黒澤映画では「夢」が一番好きなんだけど人前で言うと
「え?そんなの好きなの?」って言われるから
「用心棒」が一番好きだってことにしてる。

48 :この子の名無しのお祝いに:04/10/24 00:16:07 ID:HvVK4xic
タルコフスキーに対するオマージュ映画。
特にノスタルジア

49 :この子の名無しのお祝いに:05/01/11 16:54:12 ID:IQXhUdg3
http://www.movie-faq.com/main-169.html
八月の狂詩曲(ラプソディー) (1991)
Rhapsody in August: 名無シネマさん :02/03/06 02:17 ID:ELlE5t1G
とっても恥ずかしい質問なんですが 「8月の狂詩曲」の最後で雨の中を走りますよね?
あれってどう言う意味ですか?


50 :この子の名無しのお祝いに:05/01/19 03:12:54 ID:KwjGN8U2
>>43
青山真治も大好きらしい。

51 :この子の名無しのお祝いに:05/02/20 16:40:45 ID:vadwjvoj


52 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 01:33:08 ID:Iw60uzey
ハリウッド映画に渡辺謙が出演してパールハーバーのことを英語で謝るみたいなもんか

53 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 02:21:42 ID:WvkRG/LK
あのジャングルジムってどうなんでしょ?
リアリティある?(モノ自体は作りモノらしいが)
戦時中、一般家庭から兵器作るのに鍋釜を供出させた時代にジムって・・・。
初日に観ましたがずっと疑問です。

54 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 04:57:08 ID:zh4vi+x3
>パールハーバーのことを英語で謝るみたいなもんか

映画ちゃんと見た?
原爆投下を謝ってはいないんだけどね。

>リアリティある?

あなたは「シンボル」という意味わかりませんか?

55 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 05:03:35 ID:1ga/my7N
>パールハーバーのことを英語で謝るみたいなもんか

これ不思議だね。
原爆投下を謝ってると受け取る人が少なからずいるな。



56 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 13:49:57 ID:F0EnijmU
人の話をきちんと聞けない人っているから。

自分の先入観で解釈して相手の言葉を自分の中で
捻じ曲げてしまうんだな。

57 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 14:27:13 ID:PLlAYcAO
>>49
話につまると王蟲がおしよせてきてヒロインが生き返るでしょ
あれですよ

58 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 14:30:56 ID:qXmEKbVo
これ最初見たのは小学生だったけど怖かったな・・・。
子供が無邪気に笑ってるシーンとかでも
田舎特有の薄気味悪い恐ろしさに
原爆の恐怖が重なってあの目が頭から離れられなった。
そして最後の終わり方にボーゼンとなった。
アレで終わりかよ、と。

59 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 18:09:00 ID:TCAKYb/0
クラークの問題の台詞。
「おばさん、長崎の人、なのに私たち気が付かない。
私たち悪いです。私たち悪かった。」

悪いといってるのは
おばさんが長崎の人だから
原爆のことでアメリカに対し複雑な感情があるであろうことは
容易に想像できたのに、そのことに思いが至らなかった
自分達の無思慮に対して。

60 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 18:49:13 ID:8DuW4Lkd
ギアは日系にみえないんだよ
そもそも日系人にわびてもらって嬉しいか、ばーさん

いっとくが長崎への投下は軍事的には必然性はなかった
ソ連の参戦にびびったホワイトハウスがあわてて落とさせたのだ

とはいうものの、この映画の反戦思想は正直かなりあやういところがあると思う
戦争はしょせん行為でしかない
そして行為というものは、行為を行なう主体があってうまれるものだ

清太や節子がいかにむごい死に方をしたとしても
それは原理的に反戦思想にはなりえないのだ
アフリカの土人のガキどものポスターをなんぼはりつけても
それは気の毒という感情以上のものはうみだせない

61 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 22:29:29 ID:kNQZ0b3P
まぁ、E.H.エリックみたいにどう見ても日本の血が見えないハーフもいるしなぁ。

62 :この子の名無しのお祝いに:05/03/08 10:54:15 ID:Vqi2PNkJ
日本語が『戦メリ』のろーれんすよりへたな日系二世

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/25(月) 15:07:56 ID:NFNugRc+
どうみても黒ン坊にしか見えないが
英語は全くしゃべれない日米混血児もいる。

「ホテル」というTVドラマに出てた女は母親は日本人だが
そういう風には見えなかったな。

>それは気の毒という感情以上のものはうみだせない

そこから何かがはじまるのではないの?

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 03:30:30 ID:BozhcpM5
二本の杉の木のとこでいきなりガバッ

「そう来るか・・・」と思ったよ


65 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 15:22:45 ID:ua+qtxXR
>そもそも日系人にわびてもらって嬉しいか、ばーさん

だから、原爆投下をあやまってるわけじゃないんだって。

自分達の無神経さに対しての謝罪。

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 17:19:47 ID:99ZxSaCe
よかとですよ

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 22:18:30 ID:DDcjXPia
この映画ラストシーンをほめる人が多いけど
「倶会一處」のシーンの薔薇の花を見つめて
微笑みあうクラークと信次郎
これが、マイベスト。

68 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/16(月) 04:02:00 ID:8jeJGNao
リチャード・ギアが日系人に見えないという意見があるけど
ギアの顔ってよく観ると東洋的な顔立ちしているよ。

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 10:19:49 ID:2fsqMm/O
おばあちゃんの料理がマズくて食べられない子供達のシーンが妙に印象的

観る人によって感じ方は違うんだろうけど何かが心を打つ作品だと思う
うまく説明できないけど

たださんざんガイシュツだが、俺もラストシーンをどう解釈していいのか分からない

70 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 11:30:55 ID:YbHaCjfP
>>69
後期黒澤独特の、技術的・現場的には何か凄いことをしているしロケも丁寧だしカネも掛かっている
のだが、見せられる方は反応に困ってしまう映画の1本。

「これ全部作ったのかよ、このロケセットは凄いなあ」とか「この夜の情景は綺麗だなあ」
とか、上にもあったが天気待ちまでして絵を作ったのかすげーとか、そういう場所しか見所がない。
後は劇中は夏だけに、出てくる女の子のブラ透けとか、そんな所ばかり見てました。

正直、にっかつ児童映画の監督・スタッフなら、遥かに低予算で的確な映画を
造ったことだろう。

もちろん何か、何かに胸を打たれることは事実なのだが、このわからなさこそ
が魅力ということか?

71 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 13:21:56 ID:2fsqMm/O
>>70

そうなんですよね
その「何か」が自分でも分からない

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 18:38:00 ID:M53u/dWP
童(わらべ)は見たり、野なかの薔薇(ばら)。
清らに咲ける、その色愛(め)でつ、
飽(あ)かずながむ。紅(くれない)におう、野なかの薔薇。

逆向きに開いた傘は薔薇の花。
薔薇の花は、おばあちゃんの亡き夫への思い。

その前にいろいろ伏線はってあるし
そんなに意図不明な演出なのか?
あのラストシーン。
むしろ意味がよくわからないという人がいるのが不思議。

よくこの映画で聞く、変な感想に
「アメリカ人が原爆投下を謝るはずがない」というのもあるけど
本当に映画見てるとは思えないな。

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 18:42:38 ID:w6wzdQWt
おれはラストシーン見るたび涙が止まらないけどな
おのおばあちゃんは亡きうちのおばあちゃんそっくりだし
しかも長崎出身。いろんなことがだぶってしまう・・・

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 18:44:30 ID:CQCoPBZ3
>出てくる女の子のブラ透けとか、そんな所ばかり見てました。

同士よ!
君と握手。

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 19:25:06 ID:d49OGjYa
>逆向きに開いた傘は薔薇の花。
薔薇の花は、おばあちゃんの亡き夫への思い。

こういう暗喩がわからない人はどうしても出てくるだろうね。
野薔薇の文語体の歌詞を直感的に理解できない人もいるだろうし。

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 04:12:22 ID:fF/fdRUI
やっぱりラストなんだね。この映画は。俺もあのラストにはゾクッとした。
でも俺はそういう意味の暗喩には感じなかったな。

あの風は原爆による突風で、傘は婆さんの心。
婆さんの中にリアルに残っている原爆当日の心象を表現しているように感じた。

77 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 13:47:16 ID:ygun42mC
ヒーローインタビュー、スペーストラベラーズと並ぶ
人生のワースト3の一本。
不愉快な映画は多々あれど、画面を見ることに羞恥心すら
覚えたのはこの3本だけ。

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 22:49:01 ID:cUJ4FPwM
>77
ふ〜ん。。
そうやってカッコつけるのもいいけど
結局、何が言いたいの?

79 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 04:54:32 ID:x64h/WLn
>>77
おれは「免許がない」だったがな。人生最悪の映画は。
映画とも呼べんよあんなもん。
見て以来、舘ひろしまで嫌いになっちまった。

あと周防監督の作品もどうかと思う。
モノが変わるだけで中身は全部同じ。

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 21:37:16 ID:V0lacWPb
子供達のセリフが凄く不自然なのが気になった。

81 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:37:13 ID:LJa1bt8Y
吉岡「長崎や秩父ロケで、ごはんとか、ずっと一緒に食べてたし、俺たちって、仲良かったよな。
でも、俺、北海道とか九州とか、地方ロケが多いんだ。なんか知らないけど田舎顔なのかな。」
鈴木「やっぱり!?」
吉岡「ナニ〜!」
鈴木「ウソです。九州の人とか、北海道の人とかやさしいでしょ。
  お兄ちゃん(吉岡)はそういう人だよ。」
伊崎「合宿は楽しかったけど、寂しい恐いとこでしたね。」
大寶「泊まったところが山の中だから、霊とかいるらして、霊感が鋭いお兄ちゃんとかみなちゃん(鈴木)が逢ったね。」
吉岡「そう。いろいろ逢ったけど、恐い話はやめよう。恐いから。」(笑)
大寶「クランクインしてすぐ、私が風邪ひいちゃって、みんなにうつしちゃったんだよね。ごめんなさい。」
伊崎「みなちゃんだけひかなかったよね。」
鈴木「日頃の行いってやつ!?」

82 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:38:09 ID:LJa1bt8Y
吉岡「長崎や秩父ロケで、ごはんとか、ずっと一緒に食べてたし、俺たちって、仲良かったよな。
でも、俺、北海道とか九州とか、地方ロケが多いんだ。なんか知らないけど田舎顔なのかな。」
鈴木「やっぱり!?」
吉岡「ナニ〜!」
鈴木「ウソです。九州の人とか、北海道の人とかやさしいでしょ。
  お兄ちゃん(吉岡)はそういう人だよ。」
伊崎「合宿は楽しかったけど、寂しい恐いとこでしたね。」
大寶「泊まったところが山の中だから、霊とかいるらして、霊感が鋭いお兄ちゃんとかみなちゃん(鈴木)が逢ったね。」
吉岡「そう。いろいろ逢ったけど、恐い話はやめよう。恐いから。」(笑)
大寶「クランクインしてすぐ、私が風邪ひいちゃって、みんなにうつしちゃったんだよね。ごめんなさい。」
伊崎「みなちゃんだけひかなかったよね。」
鈴木「日頃の行いってやつ!?」

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:39:39 ID:LJa1bt8Y
伊崎「風邪もつらかったけど、ボクは、監督のするどい視線に緊張した〜」
鈴木「私も。」
吉岡「みんな、監督のパワ〜には圧倒されたよな。
オレが苦労したのはオルガン。なかなかひけなくてさ。
ほかの3人はオルガンとか習ってたのに、引く役が引けないオレだもんな。『野ばら』と♪ジャジャジャジャ〜ンっていうのと、『猫ふんじゃった』の大特訓。
『猫ふんじゃった』は、しんちゃん(伊崎)が教えてくれたね。」
伊崎「エヘヘ」(と照れ笑い)

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:41:26 ID:LJa1bt8Y
吉岡「それと、しんちゃんには饅頭投げられたな。
たみちゃん(大寶)には突き飛ばされて、みなちゃんにはタックルされて、おかあさんには頭たたかれて、一応、ボクからだ張った演技したね。(笑)。でも、一番痛かったは、たみちゃんの突き飛ばし」
大寶「ごめんなさい。でも、アレは、、、、」
吉岡「突き飛ばされて尻餅ついたところが、ちょうど切りみたいなのがでててさ。そこで背中打って、セリフが出てこなくなっちゃって、声が裏返っちゃって『ちょっと待ってよ〜』だって〜」(笑)
鈴木「アレよかったよ。そこらへん、じっくり見て欲しいですね。」
吉岡「イヤ、あそこは流してみて!!」

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/06(土) 07:14:13 ID:hkpK8/++
誰か「>>81-84は出典を示せ」とか
指摘しないのかよ?
もう十日もたってるぞ…

話は変わるけど、「黒澤監督が軽薄な現代社会
(「平成の世の中」と言ってもいいが)を舞台に映画を撮ったんだなぁ」
と、まずはその勇気に感動しました。
内容についても、私は、いい映画だったと思います。

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/06(土) 16:39:24 ID:VZ9jrWXN
>>85
どっかの掲示板にも貼り付けてあったけど
POTATO?とかいうアイドル系の雑誌に載った映画公開時の座談会らしい。

マジメをダサいとかいう感覚の人には受け入れられない種類の映画だけど
いかにも黒澤監督らしい真直ぐな視点で作られた気持ちのいい映画です。

リリィなんとかという表面上おしゃれを装って、不快なだけの中学生が
出てくる「リアル」な映画よりずっといいですよ。

87 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 07:04:48 ID:gXEXGxag
良い映画だと思うよ。もっともコアなファンにしか理解されないかも知れないが。

88 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 07:37:59 ID:AkAXDKim
なんでこの映画ってオープニングが松竹なの?
松竹製作ではないと思うけど?

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 15:54:15 ID:IFwL0EBi
なにが驚いたって、大寶智子が「おおはまともこ」じゃなくて「おたからともこ」だったこと。

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:50:23 ID:DGXu4ZB8
「八月の狂詩曲」は、黒澤のフィルモグラフィの中で大傑作とは言わないが、
十分佳作と言っていいと思う。



91 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:59:52 ID:+4VeI6WE
子供たちの衣装がダサい

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 10:01:00 ID:oI5242og
原作は面白かったよ。
映画は井川の演技で興ざめした。

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 02:55:43 ID:7hzCgTI0
メイキング映像に黒澤監督が撮影現場で書いた絵コンテをベテランスタッフが
若いスタッフたちに見せている場面があったんだけど、明らかにそのスタッフたちが
「下手糞な絵だな」みたいな表情をしていた。
見ててちょっと悲しくなったよ。


94 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/19(日) 06:39:25 ID:sMD8id97
明らかにいびつなのになぜかさわやか。もう一度みてみよう。

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/20(月) 01:16:13 ID:nVSoT4uS
長崎の再現シーンがなかった。

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/20(月) 19:47:07 ID:hdF+GIFn
【winny】黒澤明の未発表の作品が流出http://news18.2ch.net/test/read.cgi/editorial/1142731497/

97 :ななしスクリーン:2006/04/25(火) 21:02:43 ID:Wfry9dzd
「どですかでん」と並ぶ異様なパワーの作品だよな・・
黒澤作品を順番おって見ていけば理解できるんだけど
いきなり見た人は違和感を感じるんだろうね。



98 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 02:23:47 ID:462kPf7x
黒澤伝説

「羅生門」
・雨に墨汁を混ぜて映像に凄まじい迫力を加える。
・世界で初めて森にカメラが入り太陽を撮影。
・屋根瓦を作るために焼きあげた瓦の数が4000枚、その1つ1つに「延暦寺十七年」と年号を刻む。
「生きる」
・市役所のセットに軽トラック3台分もの古い書類を運び込む。
・新品の壁、小道具に至るまで靴墨で汚しリアリティを出す。
「七人の侍」
・新人の俳優に歩くだけで朝から夕方までNGを出す。
・水車小屋を燃やすシーンでは4回も水車小屋を作り直す。
・地面を花で埋め尽くすために4tトラック15台分もの花を2週間がかりで植える。
・撮り直しの出来ない雨の戦闘シーンでは世界初の試みマルチカメラ方式で撮る。
・百姓の衣装を一旦土に埋め何日かして取り出しそれを束子で擦って古びた感じを出す。
・日常生活で衣装のどこが磨り減るかを再現するためにスタッフに家では衣装を着て生活するように指示。
「蜘蛛巣城」
・弓道の有段者数人を使って本物の矢を一斉に三船敏郎めがけて射さす。
・石油を細かく噴出させるアメリカ軍の特殊兵器で大量の霧を発生させる。
「どん底」
・衣裳部屋に古今亭志ん生を招き、役者とスタッフに「粗忽長屋」という古典を聞かせる。
「隠し砦の三悪人」
・3台のカメラを並べたリレー方式の画期的な撮影方法で戦闘シーンを撮る。
「用心棒」
・世界初の斬殺音、人体切断、血糊。
「椿三十郎」
・白い椿を黒く塗ることでモノクロでも赤く見せる。
・アフレコ時にも役者に衣装と日本刀を身につけさせる。
・茶室の狭さを出すために望遠レンズで撮る。
・椿屋敷の実物の木に2万個の造花を10日がかりで結ぶ。
・リハーサルの段階から役者は本物の日本刀を腰に差す。
「天国と地獄」
・撮影の邪魔になる民家を取り壊させる。
・エキストラの数を倍に見せるために壁を全部鏡張りにする。
・特急こだまを貸し切り8台のカメラを別ポジションで同時に回して撮影。
「赤ひげ」
・たった20秒の雪のシーンのために麩3000本と発砲スチロール250キロを使用。
・三船敏郎は白黒映画にも関わらずリアリティを出すためにヒゲを赤く染める。
・開ける予定の無い薬箱全てに本物の薬を入れる。
「デルス・ウザーラ」
・サーカス用のトラの眼が死んでるからと野生のトラを捕獲させる。
「乱」
・嵐のシーンを撮るために台風が来るまで何ヶ月も待つ。
・燃やすために4億円かけて城を建てる。
・5秒のワンカットのために9ヶ月もかける。

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 21:54:02 ID:wqoLVE0Q
トリビアage

100 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 22:47:46 ID:7uMfHL9U
100げっと?
蜘蛛巣城で本当に矢を射ったって、作り話じゃないか?ありえね〜

101 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 23:24:50 ID:5uTEsqRS
見ていて痛々しかったという点では「ヒーローインタビュー」と双璧。

102 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/15(土) 00:54:55 ID:e7yApsb2
デーモン小暮がこの映画に感動した理由の一つとして
幼少時代、広島に住んでいたからと言ってたな。

103 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/02(水) 21:35:42 ID:q+Nc0Tfm
この映画の純真素朴さ、童話のような絵本のような、
いやそれ以前の、画帳に描きつけた夏休みの日記
のような出鱈目さ、幼稚っぽさ。
ゆえに話は脈絡がないし、人物描写はデッサンが狂
っている、まことにいびつな作品である。
だが、そこがいい。
世界のクロサワが、童心に帰っている。

104 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 00:40:28 ID:qLQGYrkO
見るにふさわしい時期が近づいてるのであげ。

この時期に見たので、結構真面目に見れて色々考えさせられたな。
退屈なシーンも多いけど、最後まで見ると何か心に残るもんがある。
俳優目当てで見たつもりが、思わぬ拾い物。
とにかくおばあさんが、抜きん出て良い。リアル。

105 :正論派 ◆KtKsDuZC0Q :2006/08/08(火) 03:53:45 ID:dhuKBcYE

なんか批判も多いけど、そもそも黒沢をエンターティナーと見る時点で間違っていると思う。
で、アーティストと見るのも間違っていると思う。
アーティストにしては映画界を変えようってまでの意気込みは、どう贔屓目に見ても彼からは感じられないし。(結果論は別。あくまで志の問題で。)
で、僕は思う。
彼の場合、単なるオタク(偏執性)と呼んだ方が適切なんでは?と。

観客は黒沢の偏執振りを楽しめば宜しいだけでは?
何かのメッセージや面白さを期待するだけ無駄だと思う。

オレは「乱」や「夢(はじめの二本)」が好きだった。
評価する人間は少ないけれども、あの映像美は誰も作り出せないものだと思ったし、これは誰も否定出来ないと思う。
こういう楽しみ方もまさしく「映画」だと思うんだけどなぁ。

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 04:59:47 ID:7D3PqnyO
>>100
ほんまですぜ
撮影現場の記録写真もある
もっとも、三船さんより2〜3メートル離れたところに射ち込ませたらしいが

107 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 05:00:56 ID:7D3PqnyO
>映像美は誰も作り出せないものだと思ったし、これは誰も否定出来ないと思う

否定します。書き割りの映像美なんてつまらない。

108 :正論派 ◆KtKsDuZC0Q :2006/08/08(火) 06:30:32 ID:dhuKBcYE
>>107

>否定します。書き割りの映像美なんてつまらない。

困ったなぁ。
困ったちゃんに説明するのは面倒だけど、もう一度きちんと読んで。
オレは「誰も作り出せない映像美」だと言ったまでで、それを「誰も否定出来ないだろう」と言ったまで。
「その美しさを理解しない人間は居ない」とか、「その映像美に価値を認めない人間は居ない」とか言った訳ではないよ。
あくまで独創(パイオニア)技術(撮影技法)としての観点で語っているだけ。

どうしてかなぁ?
黒澤に限らず有名監督アンチのレスは日本語を解さない人間が多いんだよなぁ。
黒澤(有名日本人)が世界的な映画監督だから気に入らない→日本人の功績は認めない→日帝が居なければ我が韓国は、、、って論理と似ているよな。
日本語を理解してくれないのも同じだし。



109 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 16:10:30 ID:ychlrpnb
書き割りは舞台の背景画のことだけど
107は理解できてるのかなw


110 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 19:41:55 ID:KQYvOJrp
単に「書き割り」という言葉が専門家ぽく聞こえるから
使っただけでしょう。

意味を理解して使ったとは思えん。

111 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/14(月) 03:26:35 ID:CjF5Xg5v
今見終えた
なんとも不思議な映画だったな。。。
始めのシーンで寝むくなりそうだったが何故か最後まで見れた
と言うか魅せられた。
ホント不思議な映画だ。。。

112 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 21:41:23 ID:XokmypFH
映画は3,000本程度しか見ていませんけど、
見苦しい映画を一本挙げよと言われればこの作品ですかね。白痴向けでしょう。

113 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 22:30:14 ID:eYm0QEcZ
どのあたりが白痴に向いているのかわからない。
白痴はもっと映像的にわかりやすい面白さを求めるだろう。
まあこの作品は黒沢に興味がない人にはおすすめ出来ないのは事実。

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 23:29:07 ID:3rBXXCZk
黒澤が白痴になって撮った作品だからこそ価値がある。
詩人というのはある意味、白痴なのだが、この映画は
黒澤の詩人としての側面が最も露骨に表れているという
意味で、白痴であり詩的であり比類なき絵本のような映画
になっている。
黒澤=リアリズムの巨匠という先入見を捨てないとこの
映画の美しさは分からない。

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 23:41:40 ID:rIZ8xhi8
>黒澤=リアリズムの巨匠
アクション映画監督に誰もこんなことは思ってないからw
チャンバラを撮ってればいいのに年を取ってエンタメから離れてグダグダになっただけ。

116 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 03:15:27 ID:wqE+AmQi
>>115

ハイハイ
さようなら。

117 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 03:22:57 ID:yRRch2I0
>>チャンバラを撮ってればいいのに

黒澤は「チャンバラ映画」なんて一本も撮ってないよ。

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 06:31:52 ID:jEKG/Zw8
Youtubeにこの映画の予告編が置いてあった。
ttp://youtube.com/watch?v=roxp-YA4OAI

映画本編自体は好きな人、嫌いな人と意見も分かれるだろうが
この予告編だけは満場一致で「つまんねー」となりそうだ。

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 03:32:33 ID:hMXJaM5n
「生きる」は大嫌いだけどこれは好き。大島渚では「日本春歌考」がベストなのと似ているような。
言いたいことを詰め込んだ挙句、清順ばりのムチャクチャさに達した趣き。


120 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 07:09:23 ID:TwvzONrL
劇場公開時から既に何度も観ているが、当初は失敗作と
思っていたが、何度も観ている内にある意味で黒澤の
達観の境地が窺い知れる、佳作だと思います。

121 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 00:20:33 ID:HcgxnZA0
細部が突出し、要約不可能ないびつな感触を残す。
黒澤の新境地とも言える怪作。

122 :この子の名無しのお祝いに :2006/11/08(水) 20:48:48 ID:S7wc673+
半分ボケてるんだけど、子供たちに語り掛けるときに元教師らしい身振り素振り
を垣間見せるところがいい

123 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 16:25:10 ID:b9UmuoCQ
アカデミー特別名誉賞を撮った後にこれを撮ったのが凄いよ
AERAとか当時ボロクソに言ってたけど俺は黒澤監督を改めて尊敬した

124 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 21:09:28 ID:fGCdvgd3
これとか「生きものの記録」は反戦メッセージが強いから敬遠され気味だけど
映画として観てずいぶん面白いと思うんだけどな
「7人の侍」だって左翼映画なんて考えずに普通に楽しめるだろ?


125 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/05(月) 00:04:36 ID:LDdsAF+T
ギアの役、蛭子さんでも良かったと思う。

126 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 19:34:54 ID:VWavlij0
86歳の婆さんに水ぶっ掛ける発想がすごい
カンヌで招待じゃなかったら主演女優は村瀬ばあさんだったに違いない

127 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 07:44:58 ID:06EBPiOv
>>126
86歳ってほんと?

128 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 14:51:57 ID:evXj8tHm
これはラストに流れる野ばらの児童合唱がいいんだな

129 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 04:30:58 ID:l0pq9LAD
この映画観て以来、
強風で傘の裏表がひっくりかえると

「わーらーべーはーみいたありー」

の歌が頭ん中でリフレインするようになってしまった。

130 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 08:58:25 ID:RStq7CFL
この前、あらためてビデオ借りてきて見たんだけど、いいねぇ〜この映画。
黒澤の晩年の映画って映像美による「体験」なんだよな。

131 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 21:51:56 ID:X2K3AbZn
ブラジルとかソ連とか世界各地から犠牲者を追悼するオブジェが送られているのにアメリカが無い。
「当たり前じゃないの。原爆を落としたのはアメリカなんだから」
随分とストレートなことを言ってくれて、これがドナルドリチイには面白くなかったんでしょうね。
このセリフ、映画館で見たとき拍手してた奴がいた。
そいつは右なのか左なのかと考えたけど、どっちもいるなと思う。
しかし映画のあと、アメリカのどこかから慰霊碑を贈ってきたそうで、
長崎市が黒澤に感謝の手紙をよこしたらしい。
大臣でもだめなことを黒澤なら実現できるのだなと感心してしまった。


132 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 23:24:59 ID:l6Qv/q5W
>>131
>これがドナルドリチイには面白くなかったんでしょうね。
そうなんでしょうね、アメリカ人にはまったく不評だったようです。
ただ香港や中国人にも不評でしょうね。黒澤はエライ、でもこの映画でアメリカ人
や中国人の原爆の見方を変えられなかったのが残念です。

133 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 23:34:49 ID:x5pg6r1Q
映画館で見た、普通に好きな映画
夏休み従兄弟たちと雑魚寝とか綺麗な田舎の風景とか、
衝撃のラストwも好き。

134 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/19(月) 02:43:29 ID:1bVqkKcT
ツインピークスよりは好き。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)