2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【泣ける話だ!40代だ!悪いか!】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:35:10
悲しくて切なくて思わず泣いてしまった話あるか?


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:37:30
Dr.コトー

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:40:13
Dr.くまひげ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:41:59
Dr.マシリト

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:52:39
夕飯後に、凄まじい下痢になり何度も便所に行き水のようなウンコを繰り返す

やっと落ち着き就寝。昨夜の下痢の事など忘れ快適な朝を迎える。

車に乗り込み出勤。会社まで半分ぐらい走ったところで赤信号で止まる

屁が出そうになる。気合入れて屁を放出・・・・・のはずが。

ブリブリブリ・・静かにそして確実に実が出てくる。パンツは冷たくなる

「そうだ!昨夜下痢だったんだぁぁぁあああ」と思うには、余りに遅すぎた

こんな悲しくて、切ない体験をしたのは・・つい最近です・

40代で、うんこ漏らし野朗です はははん


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 03:38:24
俺はこれで泣いてしまった・・・

また、毎日新聞のコラムにこんなパラオの話が載ったことがある。



 遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
 「あそこでみんな死んでいったんだ……」
 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

 太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
 老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
 日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

 やがて戦況は日本に不利となり、
 いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

 仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
 日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
 それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
 

 「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
 

 日本人は仲間だと思っていたのに……みせかけだったのか。
 裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。

 船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
 村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

 しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。

 そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
 先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。

 その瞬間、彼は悟ったという。
 あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと……。
 


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 04:32:24
その日は仕事が押して、夜中の12時を過ぎやっと解放された。
ちょっと気分を変え、いつもとは違うコンビニに入った。
なにせ15時間振りの飯だ、今日は思いっきり食うぞー!そんな感じで、
アイス、烏龍茶、缶コーヒー、ざるそば、餃子、サラダ、弁当、柿ピー、
食料満載のカゴをレジに突き出してやった。これぞまさしく一人満願全席。

「1963円になります、お弁当は温めますか?」
当たり前の事聞くなよ素人かお前は、そんな事考えながら内ポケットに手を・・
無い!財布が無い!そこから0.1秒で正解が口を突いて出た。
「すいませーん、やっぱ暖めなくていいです。」
怪訝そうな顔の兄ちゃんに、更にたたみかけた。
「ちょっと財布無いみたいなんで、これ戻しときますね、はーと」
そして冷たい視線を浴びながら、店内を反時計回りに一周すると
空腹感は見事に消し飛んでいました。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 06:43:04
淀川長治が若かりし頃ある所へ講演に行ったときの話
会場を出て車に乗ろうと歩いていたら一人の少年が
「握手して下さい」と左手を出してきた
左手で握手を求める程失礼なことはない!と吐き捨て
少年を無視して車に乗り込んだ(本人曰くワシも若かった)
走り出した車のルームミラーに映る寂しそうに佇む少年が
フと目に入ったがよく見ると彼には右腕が無かった
ととと止めて下さいと運転手に叫び転げるように降りた淀川は
猛ダッシュで少年の元に駆け寄ると彼を抱きしめおいおい泣きながら
自分の非礼を詫びた。驚いた少年も一緒に泣いた。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 09:51:32
>>8 私も泣いた

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 12:33:53
お袋:何故すぐ謝るの?
お袋:何故すぐ「お母さんなんて・・」って言うの?
お袋:何故すぐ「昔は良かった」って遠くを見つめるの?
お袋:何故すぐ、周りを気にして言いかけた言葉を言わないの?
お袋:何故すぐ、体が調子悪かったって言わないの?
お袋:何故すぐ、病院に連れてってと言わなかったの?
お袋:手遅れになっちゃったじゃない
お袋:ありがとうとうか言わないでよ
お袋:こんな小さかったっけ
お袋:45年間あなたの子供で良かったです
お袋:ありがとう

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 14:47:47
悲しくて切なくて思わず泣いてしまった話?

手間隙かけて、やっと出来上がったカレーを食べようとした時の炊飯器の
スイッチの入れ忘れに気がついた時

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 00:19:01
ttp://www.neet.x0.com/img/blue.swf

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 02:40:33
夫婦仲良くできず、子供(当時3歳)と3人で飯食うこともほとんど無かった。
ある日俺がたこ焼きを作って家族3人で食った。子供も嫁もなんか久しぶりの団欒だった。
みんな沢山食った。

その後、子供と風呂に入った。大量に彼は大量に吐いた。
「しんどいのか?」「風呂上がって休もうか」と俺は子供に聞いた。
子供は「うぅん。だってとうさんが作ってくれたのをかあさんと沢山食べて楽しかったんだ」
「みんなが楽しかったから楽しくて沢山食べたん。美味しかったで」

3歳の子供がこんなことを言うのかという驚きと、
その頃折り合いの悪かった嫁との関係を恥じた。子供の目にもそれが見えていたんだ。

風呂でゲロまみれの子供にシャワーを浴びせながら泣いた。
あまりに耐え切れず、その後子供を抱きしめて泣きじゃくった。「ごめんな」を繰り返した。

他の人が聞くとたわいの無い話だろけど、俺にとっては一生忘れられない話だ。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 03:05:41
泣いた

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 05:16:17
強がりはよせよ  中島みゆき

強がりはよせよと笑ってよ
移り気な性質よと答えたら
それならば唇かみしめて
なぜ目をそらすかと 問いつめて
 いつからこんなふうになったのか
 子供のようには戻れない
 強がりはよせよと笑われて
 淋しいと答えて泣きたいの

なまいきをいうなと笑ってよ
一人が好きなのと答えたら
それならこの俺の行くあてを
どうして尋ねると問いつめて
 いつからこんなふうになったのか
 やさしい女に戻れない
 強がりはよせよと笑われて
 淋しいと答えて泣きたいの

 いつからこんなふうになったのか
 子供のようには戻れない
 強がりはよせよと笑われて
 淋しいと答えて泣きたいの
 強がりはよせよと笑われて


 淋しいと答えて泣きたいの

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 05:47:38
「親のすねばかりかじって 早く出て行きなさい」
といつも言っていた親が、いざ私が一人暮らしをするので家を出ると言った時
には「お前が一人でやっていけるわけがない」と猛反対

引越しはほとんど一人で自分の車に荷物を積んで隣街のアパートと実家を3,4回
往復した。最後の荷物を積み終えて「じゃ、行くね」と行った時
母は怒って奥の部屋に入ったままだった。

父は傍にあったブラシを手に取り、私に持たせた。
「こんなものでも なければ 困るから持っていきなさい」と・・・。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 00:20:17
ベッドの角にいつもぶつかるのは 足の小指

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 12:39:48
離婚した時に泣いて「行っちゃやだぁ」と言ってた娘が結婚した。
正確には、結婚したらしい。お袋に向こうの親から連絡があったとの事

離婚してすぐ神奈川から大阪に転勤したから娘には1度も会っていない
そんな時に風見慎吾の娘が交通事故で死亡のニュースが流れてきた
いつもなら聞き流す芸能ニュースなんだが、やけに気になった

生きているのに1度も会えない娘。溺愛しているのにたった10歳で死んでしまう娘
自分と比較してしまうには申し訳ないが・・・・・
40歳も半ばにきた今。もう、悲しい事は勘弁してほしい。と切に思う

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 13:57:50
>>6
で、現地人の人は、純朴なので米軍に聞かれると、
日本軍の兵器の数とか、布陣とか喋ってしまうんだよね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 14:29:27
あかん。このスレ、涙が止まらん・゚・(ノД`)・゚・

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 17:44:24
ボスニアだか、ユーゴだかの紛争のときにフリージャーナリストが、
日本人妻の安否を確認しに行った時のニュース映像。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 20:42:49
泣ける2ちゃんねるの断トツトップ人気の「ありがとう」ってやつ

なにげなく見たら、思わず泣いてしまった。母親ものは最近弱いッス

ttp://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 04:35:46
兄ちゃん なんで蛍 すぐ死ぬん?・゚・(ノД`)・゚・


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 04:38:27
ビチビチはトラウマになる

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 06:14:25
>>22 ありがとうかぁ。
RO(ラグナロクオンラインMMORPG)の「そろそろ思い出を語ろうか」フラッシュもこの唄でしたね。

当時、嫁と別居したばかりで、仕事を終えても何もすることがなかった頃
このゲームの体験版を始めたのが始まりでした。
良い作りのゲームでもなかったですが、絵がかわいくて女の子にも人気がありました。

課金が始まれば止めようと思っていたんだけど、ゲーム内に友達ができ始めて、
とある女の子から「ゲームの中だけでもいいから一緒にいてください」といわれました。
自分が作ってるキャラも女だったし、そいつも本当は男だろうと思っていたので驚きでした。
ゲーム内では沢山楽しい事もあった。課金も予定より少し長引いたけど3ヶ月で切った。

本当は、マジで彼女が好きになっていました。20:00〜24:00はほとんどゲームで毎日彼女と過ごして。
チャットとキャラだけの付き合いは、実際の言葉を交わす恋愛より生々しかったと思います。
もっとゲームをしたいと思った。そしてそんな自分がゲームに依存していくことがすごく嫌でした。

ある日、課金を切ることを伝えた後で、「ありがとう」とお互いに言って別れました。
その後に私はそのフラッシュを見つけて。さすがに涙が止まらなくて。初めてモニター見て泣きました。
自分が思ったより彼女を好きになってたんですね。けど、決してゲームには戻りませんでした。
お互いのためだと考えてたんですが、本当はなにが良くて何が悪いんだか・・・

ただの毒男RO厨(過去)の思い出で。自己満足でした。スマセン。
もし、「ROそろそろ思い出を語ろうか」にあったフラッシュを知っている方は教えてください。
お願いします。いい思い出としてもう一度見てみたいです。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 06:42:38
俺が小学生の頃、クラスにいつもみすぼらしい服装をした女の子がいた。彼女
はどちらかというと内向的な性格で、家は母子家庭で都営住宅に住んでいた。
ある日の放課後、俺が商店街を歩いていると、寿司のテイクアウトの店で、
彼女と、同じくみすぼらしい服装をした妹が二人で寿司を選らんでいる。俺は
(意外と豪勢じゃん)とか思って、さして気にもとめず、その場を通り過ぎた。
翌朝学校に行くと、彼女に『おい、昨日妹と一緒に○○ずしにいたろう♪』と
声をかけると、彼女はいつにもなく明るい表情で『うん♪昨日はお母さんの
お誕生日だったんだ♪お母さん、お寿司が大好きだから、いつも妹と一緒に
おこずかい貯めて、お誕生日にはお寿司をご馳走するんだよ♪』と嬉しそうに
語った。彼女の母親は、二人の娘をかかえて、スーパーのレジ打ちをしている
。彼女たちは、そんな母親の苦労している姿を見て、彼女たちなりの年に一度の親孝行なのだろう。俺は今でも、○○ずしの前を
通るたびに、ほのぼのとしたような、切ないような不思議な感覚におそわれる。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 08:34:27
>>26
そのスーパーには、寿司屋が無いのか?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 01:12:37
県外に出てがんばろう!と決め、早10年 
一旦、親元を離れると親のありがたみが分かりますね;
もちろん、ホームシックにもなり最初の3年ほどは毎年帰郷していました。
ですが、だんだん都会にも慣れ、友達や彼女もできました。
今年は電話でいいかぁ・・ などなど、地元に愛着が無くなっていきました。
仕事のほうは、良くも無く、悪くも無くって感じです。
そして、10年程経った頃、結婚の話なども出てきました。
顔見せの挨拶等で3年ぶりですかね・・帰郷しました。
父親は、自分が高校の頃事故で亡くなったもので、実家には兄夫婦と母親が暮らしています。
たまにはゆっくり過ごそうと思い、3日ほど休みをもらい帰りました。
母親や兄弟、親戚と顔見せをし初日は見事に潰れました。
二日目も地元の友達と飲み酔い潰れました;夜の何時でしたかね・・・実家に帰りました。
彼女も含め母親以外寝てました;
酔った勢いで母親とまぁ、素朴な昔話ですかねぇあんな事もあったねーみたいなです。
色々話してる内に眠くなりそのままコタツで寝ました。
母親は風邪ひくよとか言ってはくれてましたが、めんどかったのでそのまま寝ました。
母親が電気を消し「私ももう寝るよ」と言い自分に毛布を掛けてくれました。
電気が消え、母も部屋に行きました。掛けてもらった毛布を頭からかぶり寝ようとしたら
毛布やコタツ、カーペット、家、総てですかね・・実家の匂いがしました。
声は出しませんが泣いてしまいました。
いつも忙しく、まともに顔すら見ていない母親の顔
何かに追われ、いつも焦っていた自分に対しマイペースな母親
いつ食べても一番うまいと思える肉ジャガ
ありがとう、感謝していますと素直に思えました。
三日目、その日は落ち着いて母親の顔を見れました。
シワ増えたなぁ・・帰る時間になり母親に見送られました。
いつも最後に言う言葉は決まってるんです。
「体には気をつけてよ」と・・・
その1年後、仕事を辞め地元で暮らしてます。
年収は減りましたが、妻も地元を気に入り子供も産まれました。



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 02:45:23
オレおばあちゃん子だったんだ
親が離婚して、父親に引き取られて
身の回りの世話、選択は祖母が全部してくれた
小学校はいる前は、遊びから帰ってきて
祖母がいないと、「おばあちゃん、おばあちゃん」って、
泣いて外を探し回る弱虫な子供だった。

小学校は気にならなかったんだけど
中学校にはいって、友達が遊びに来たとき、
祖母を見られて、恥ずかしくなったのが
きっかけで、反抗期に入る。
とはいっても、あんまり口をきかないくらいの
ささやかな、反抗。
やがて、よその県の大学にはいり
祖母が休み前になると、いつ帰ってくるのか?
って、電話攻勢にうんざり
帰ったら、帰ったで、オレにつきまとう始末。
もう、うざったくてしょうがなかった。

そんなオレも就職で実家に帰り、
そして会社をやめて独立、一人暮らしをはじめた。

相変わらず祖母の電話攻勢にうざったくも思いつつ、
いつか、祖母に「落ち着いたら温泉にいこうね」って約束していた。
でも、会社が起動にのりつつも忙しい日々で、なかなか実現せず。

30才をすぎたある日
オヤジから祖母が死んだとの電話
前の日夕食を食べて、普通に寝たらしいんだが、
朝起きたら、死んでいたらしい。
そして、通夜、葬式、あんまり涙が出なかった。

葬式の次の日、祖母の部屋に入ると、
親戚か誰かが気をつかって整理整頓されていた。
ほんとに死んじゃったんだな、、、
って、思ったら小さい頃おばあちゃんと遊んだ頃の
思い出が涙と一緒に溢れてきた
そして、その部屋で泣き続けた
その時、はじめて祖母が死んだんだって
実感した瞬間だった

そして、温泉につれていく約束を思い出して
思わず声を出して泣いてしまった。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:08:15
俺もおばあちゃん子だった。共働きの両親の変わりに育てられた。
そんなお婆ちゃんの口癖が「がんばれよ」だった。
頑張んない人間より頑張った方が良いに決まってる。何事にも頑張るんだ。と。

そんな婆ちゃんが死ぬ間際、病室のベッドで親戚の集まる中で俺を呼んだ
「すまんなぁ〜○○には頑張れと言い聞かせ続けてたが、婆ちゃんもうだめだ」
「人間そんなに頑張れんもんじゃ。すまんなぁ」
「な、何言ってんだよ。頑張れよ。頑張るって言ってくれよ」とその時は言った

次第に、意識もなくなり昏睡状態になった婆ちゃんを冷たい色々な機械が取り囲む
生きようとしているのか、生かされているのか判らない延命治療だった。
心の中で、婆ちゃんごめん。もう頑張らなくて良いよ。ごめん。ごめん。・・
少しして婆ちゃんは旅立った

通夜も終わり家でテレビもつけずに女房とお茶を飲んでいた。すると遠くで
「チリーーン チリーーン」と鈴の音が聞こえた。慌てて女房を見るが
何事もなかったように服を着替えている。俺の思い過ごしか。と思ったら
「チリーーン チリーーン」また、鈴の音が。今度は間違いないと女房を見る

「お婆ちゃん、行っちゃったね」こちらを見る訳でもなく女房がつぶやく
聞こえていた。女房にも鈴の音が聞こえていた
俺ら地方の風習で死者を棺桶に納める時に白装束に鈴の付いた杖も一緒に入れる
「あー、婆ちゃん、最後の最後に寄ってくれたのかな」
やがて小さくなる鈴の音に万感を思い泣いてしまった。

今でも女房と話す。この現代で非科学的な事だし。聞こえたのが幻でも思い込みでも
どちらでもいい。ただ、子供には事あるごとに言ってる言葉がある・・。
「頑張れ。取り合えず 頑張ってみろ」と。






31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:49:27
ホントの話しなら。世の中捨てたものじゃないな。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:51:01

( つω´)て、てやんでィ、目にゴミが入っただけでィ

33 :○八:2007/01/21(日) 05:52:48
泣けた

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:55:49
>>30
嘘じゃないだろうな!?


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 06:05:56
ホント神も仏もいないな!!
クソ

36 :大槻教授:2007/01/21(日) 06:19:34
世の中に科学で証明できないものなど
あるはずがない。
鈴の音は奥さんが隠したへそくり銭の音でしょう。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 11:31:47

良い話・泣ける話は釣りである。
          
              某出版社幹部 談

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 01:57:22
うちの父方のじぃちゃんは、亡くなる前の日
散歩途中に会った近所の人に声をかけて
あんたは若い時に死んだ妻に似ていると言ったそうだ。
父に言わせると、その人は全然似てなかったらしい。
ばぁちゃんが迎えに来ていたんだなぁと父は言ってた。
偶然かもしれないけど
そういうのあるのかもなぁと思ったよ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 02:43:34
憑依だよ・・。怖い話ではなく、体験した人じゃなきゃきっと信じられないだろうけど、
誰かの霊が、(亡くなった人でも生きている人でも)念が強い場合、誰かに憑依して意思を
伝えようとする その時まったく似ても似つかない人の顔が亡くなった人の表情に見えることがある。

憑依


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 15:20:40
もう20年以上前の事でオンボロアパートで一人暮らしをしていた時の事だ
安月給で金は無かったが無いは無いなりに何とか喰ってはいけた。
隣の部屋には50代くらいのお父さんと小学2年生の女の子が暮らしていた
お父さんとは会えば挨拶する程度だったが娘の陽子ちゃんは仕事から帰ってくると
いつも共同スペースの洗濯場で洗濯をしていたので。会う機会も多く良く話はした

いつだったか、夕方「今日もお父さん遅いの?」「うん」などと会話をしてたら
俺の腹が「グーー」「あれ?お兄ちゃん、お腹空いてるの?」「まあね」
「ちょっと待ってて」と言うと部屋に入り、まもなくして 形の「いびつ」な
おにぎりを持ってきてくれた。味も何も無いおにぎりだったけど俺は「ありがと」
と言って、たいらげた。

それから彼女と会わない日が続いた。どうしたのかな?と思う程度で気にはしなかった
ある日、仕事から帰ると救急車が止まっていた。何だ何だと覗いてみる
「何かあったんですか?」駆けつけてた大家さんに聞く。「無理心中だよ」
「まいったよ、よそで死んでくれれば良いのに」と吐き捨てるように言う
やがて救急隊が担架を運んでくる。顔までかけられた毛布がすでに死んでいるのを物語る
あれ?担架に納まる身体が小さい。子供?ま・さ・か・・・。

後から判った事だが、お父さんは病気がちで仕事もできず。ガスも水道も止められていたらしい
最後の電気が止められる時、事情を聞きに市役所の職員が大家さんと訪問して
事件が発覚したそうだ。食べる物も無く米どころか食品は何も無かったそうだ

「あれ?お兄ちゃん、お腹空いてるの?」その言葉が脳裏に浮かんでくる
あの時すでに食べる物はもう無かったんじゃないのだろうか?
たまたまお腹を空かしてた俺を、可愛そうと思い、あの小さな手で一生懸命おにぎりを
作ってくれたんじゃないだろうか?自分の食べる分も無いのに・・・・。
自然に涙がこみ上げてきた。やるせなかった。
その後、間をおかず引越ししたが。今でもあのアパートの近くを通ると思いだす



41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:30:46
かわいそうに
無理心中のニュースを見るたびに
死にたければ、自分だけ死ねよ
って、思ってしまう。
残された子供は、施設とかでも
ちゃんと、育つだろうに。

まあ、人間思い詰めると
こうなるかもしれないけど。

42 :sage:2007/01/22(月) 22:38:05
子供の未来まで摘み取ってしまう権利なんて無いはず・・
>41 の言う通り思いつめて、普通の神経では無いと思うが。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:39:48
すいません。「sage」の場所を間違えてしまいました。コテハンではありません

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 10:51:33
(生きていたら彼女も今年40歳)
                   ☆★ 岡田有希子 ★☆

アイドル歌手の岡田有希子(18歳)が自殺した事件については、
レイプなどの虐待、いじめを受けたショックがもとで、彼女が精神病(PTSD)にかかり、
PTSDのフラッシュバックの苦痛から逃れるために、自殺したのだとする説がある。

彼女は、失恋で自殺したのだという噂もあるが、これは噂であり、真相はいまだに不明のままだ。
家族友人など彼女をよく知っている人ほど、自殺原因がわからない、という意見の人が多い。

虐待が自殺の原因だとする説の根拠として、彼女が自殺する直前に人相がPTSDに特徴的な表情に、
変わっていたことが挙げられ、この虚ろで病的な表情は、亡くなる直前の映像だけに見られる。

彼女はまじめで性格は良く可愛い子だったが、殺人でなくても、もう本当に許せない事件だと思う。
死に追いやったのが、本当は誰なのか真相を解明して、彼女の無念を晴らしてあげて欲しいと思う。

岡田有希子:初期の頃(1984年頃)の映像。表情は正常。
http://fout.garon.jp/?key=GFx1OrFizjLcBKR3ScF8OY:sQ56&ext=wmv&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GQ2QhwMTmz4AJCqycDmW7FN:uwta&ext=wmv&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GeG4K2FhArM8w7ImVhx6Mo:H2M1&ext=jpg&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GhGhY0N9D0B1VdRNW2QBSy:Y0W1&ext=jpg&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GT0y3R7-eQKErMKH1kFoP2:J0x0&ext=jpg&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GUNAUGGFU2SCG5AdE8G1-6:iXt&ext=jpg&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GH1SQEUX8H4ZXT2V0EjObA4:K0X3&ext=jpg&act=view
------------------------------------------------------------------------
岡田有希子:亡くなる直前(1986年春)の映像。表情が病的。
http://fout.garon.jp/?key=GM3B3W6B5-tRpL_O2CjASxq:rNra&ext=wmv&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GUHcwlK_XW-XiYxEvVnSU:tV76&ext=wmv&act=view
------------------------------------------------------------------------
http://bbs001.garon.jp/test/read.php/memorial/1148481015/
http://find.2ch.net/?BBS=ALL&TYPE=TITLE&STR=%B2%AC%C5%C4%CD%AD%B4%F5%BB%D2&COUNT=10

45 :名無し:2007/01/23(火) 17:26:17
場違いかなぁ・・・40代だから良いかと・・・・・
長男の小学校時代だから、今から15.6年前になるのかな?
学校で自然体験の校外授業が有って、魚釣りをするから各自釣竿を持ってくるように
って通知があったんだ。
その頃は貧しくて、忙しくてとても釣竿を買ってやるなんて、余裕も頭も無かった
家の傍に竹やぶがあったのを思い出して、適当な竹竿に子供の拾ってきた
釣り糸をつけて 「ホラ、これもってけ!」・・・・・・
随分時間が経ってから、子供の親の仲間に聞いた「あの日、変な竹竿の釣竿持って来ていた子供が居たらしいぞって」
池の土手でかなり皆に囃し立てられて馬鹿にされたらしいって・・・・・・・
「僅か1500円くらいの釣竿買ってやれば良いのにな」・・・・・・

自分の子供の事だと直ぐに解ったけれど、顔を上げる事も出来ずにその場を離れた・・・

考えてみればその後も何回か、釣りの授業はあったみたいだけれど、アイツは
何も言わずに釣竿を担いで学校に行ってくれていた・・・・

アイツなりに気を使ってくれてたんだなって、その時に心から泣けた・・・
孫が出来たら父親の分まで俺が可愛がってやるぞって!思ってる





46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 17:30:21
つ; ω・`)

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 17:34:16
つ; ω・`)
; ; いい子だ・・・

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 19:45:32
うちの子どもは2人居るが性格は正反対に近い。
おっとりとした兄と自己主張の激しい妹。
そのうちの兄が小学生の頃(10年以上前)の思い出話だ。

当時「バラ色の珍生」が流行ってた頃。
毎度毎度エンディング近くになると「生き別れのご対面コーナー」
紳介が泣けるコメント連発、徳さんが涙を振り絞ってた。
その時は娘しか観てなかったが、ぽろっと言ってしまった。
「お前のお父さんも、産んでくれた母親の顔知らないんだよ」
「えーー?!じゃお父さんもバラ珍出れるやん!すごーーい!」
妙に興奮する娘。けどまぁこんなもんだろの反応だった。(そう思った)

後日。今度は娘が観ておらず、息子が憮然と隣で観ていた。
息子にも同じ事を告げてみた。
「えっ・・・?」息子絶句。
何も言わないので深く考えずテレビを観ていた。
ふと気がつくと、息子はヒザに顔をうずめ息を殺していた。
咄嗟に、なんて事言ってしまったんだろう、と物凄く後悔した。

今はヒゲ面も濃いめのおっさん顔になった息子。
しかし自分の中では、父親が可哀想だと泣いた、
あの頃の息子がどこかにいると感じる。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 11:16:04
良スレあげ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:23:55
いい子ばかり登場するから涙がとまらん・・・

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 17:34:18
最近涙腺弱くてよぉ。みんなのうたの「根っこ君」聴いていて
泣いちゃうんだよなぁ。

52 :コピペ:2007/01/25(木) 04:40:21

笑え

751 本当にあった怖い名無し 2005/08/12(金) 13:00:53 ID:0HvtL9dN0
去年のちょうど今頃の話なんだが。
仕事の関係で俺はほとんど日本にいなかった。
で、六ヶ月振りに日本に帰って来たんだよ。
帰ってきた港の直ぐ近くに祖母と叔父夫婦が住んでる家があったんで、土産持ってな。
んで、いつも通り「おいばばぁ!今年の夏は暑いけどくたばってへんやろなw」とか言いながら家に入った訳。
でも祖母の返事が返ってこない。いつもなら「お前こそ死んだと思ってたわwwww」とか笑いながら出てくるのに。
で、代わりに出てきたのが叔父。「ばあさん、3月に脳梗塞で・・・」って突然言われたんだよ。
慌てて祖父の仏壇のある仏間に行ったら、祖父の遺影の横に祖母の遺影が。
俺もう、大声出して泣いたのよ。祖母は大好きだったのに、その死に目にも会えなかったのかよってな。
そしたら、突然祖母の声が聞こえたんだよ。

「○○(俺の名前)、うちが死んだら笑ってやるって言ってたやないか!笑え!」

ってな。一緒にそこにいた叔父夫婦もしっかり聞こえたらしい。
もうそこからは俺も叔父夫婦も大笑いしながら大泣き。
滲んで良く見えない視界の隅で、祖母の遺影が笑ったような気がした。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 12:46:11
さかまく波とキラメク空がガンバと仲間をうちのめす

旅はもうこれまでだ。冒険を打ち切ろう。けれどもガンバは指さした小さな島を

カモメは歌う 悪魔の歌を 帆柱に朝日は昇る

けれど夕日は、オマエと仲間のドクロをうつす

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 12:49:18

足元に絡みつく 赤い波を蹴って マシンが叫ぶ 狂った朝の光にも似たぁ

ワルサーP38 この手の中に 抱かれた物は 全て消え行く さだめなのさ

ルパン3世 ルパン3世 フィイイイイイイ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 12:53:33

何にも無い 何にも無い まったく何にも無い

生まれた 生まれた 何が生まれた 星が1つ 暗い宇宙に生まれた

星には夜があり そして朝が訪れたぁ

何にも無い大地に ただ風が吹いてたぁ 吹いてたぁ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:22:58
宋文洲:捨て子の少女の死と、脱・格差社会のもと
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q1/523557/

 1996年11月の四川省の寒村。若い未婚の男性農夫が草むらに捨てられた女の子の赤ちゃんに気づきました。
赤ちゃんを育てるのは、貧乏な彼にとって重い負担。そう考える彼は何回も赤ちゃんを抱き上げては下ろし、立ち去ってはまた戻りました。
最後、彼は命が尽きそうな赤ちゃんに呟きました。

 「私と同じ、貧しい食事を食べてもいいかい」と。

 独身のまま1児の父親になった農夫は、粉ミルクを買うお金もないため、赤ちゃんはお粥で大きく育てられました。
病気がちな体は心配の種でしたが、聡明で近所からとてもかわいがられたのは、お父さんの救いでした。

 女の子は5歳になると、自ら進んで家事を手伝うようになりました。
洗濯、炊飯、草刈りと、小さな体を一生懸命に動かして、お父さんを手伝いました。
ほかの子と違ってお母さんがいない少女は、お父さんと2人で家をきり盛りしました。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:23:59
●突然押し寄せた不幸
 小学校に入ってからも、少女はお父さんをがっかりさせたことはありませんでした。
習った歌をお披露目したり、学校での出来事を話したりと、お父さんを楽しませました。
そんな平和な家庭に突然の暗雲がたれ込みました。

 2005年5月。ある日、少女は鼻血がなかなか止まらない状態になりました。
足にも赤い斑点が出たため、お父さんと病院に行くと、医者に告げられた病名は「急性白血病」でした。

 目の前が真っ暗になりながら、お父さんは親戚と友人の元に出向き、借りられるだけのお金を借りました。
しかし、必要な治療費は30万元。日本円にして400万円です。
中国よりずっと裕福な日本でも、庶民にとっては大金になるような治療費を、中国の農民がどうにかできるはずもありません。
集めたお金は焼け石に水でした。

 かわいい我が子の治療費を集められない心労からか、日々痩せていくお父さんを目にして、少女は懇願しました。
「お父さん、私、死にたい。もともと捨てられた時に、そのまま死んでいたのかもしれない。
もういいから、退院させてください」と。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:24:55
●自ら治療を放棄すると退院
 お父さんは少女に背を向けて、溢れ出た涙を隠しました。
長い沈黙の後、「父さんは家を売るから、大丈夫だよ」と言いました。それを聞いて、女の子も泣き出しました。
「もう人に聞いたの。お家を売っても1万元しかならないのでしょ。治療費は30万元ですよね」と。

 6月18日、少女が読み書きできないお父さんに代わって病院に「私は娘への治療を放棄する」との書類を提出しました。
彼女はまだ8歳でした。幼い子につらい思いをさせてしまったことを知ったお父さんは、病院の隅で泣き崩れました。
そして娘を救うことのできない自分を恨み、運命の理不尽に怒りを覚えました。

 娘は生まれてまもなく実の父母に捨てられたうえに、貧乏な自分と1日も豊かな生活を経験したことがありません。
8歳になっても靴下さえ履いたことがありません。
それでなくてもつらい人生を歩まなくてはいけなかったのに、さらに追い打ちをかけて病に苦しめられるとは。

 退院して家に戻った少女は、入院する前と同じように家事をし、自分で体を洗います。
お父さんに、自分は勤勉で、かわいく、そして綺麗好きな娘として記憶に残してほしい。
そう願いながら、1つだけお父さんに甘えました。

 新しい服を買ってもらい、お父さんと一緒に写真を撮ってもらったのです。それもお父さんを思ってのこと。
「これで、いつでも私のことを思い出してもらえる」と。


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:25:49
●70万元の寄付が集まり、治療を再開
 ささいな幸せの日々も、終わりが見え始めてきました。病気は心臓に及び始め、ついに彼女は学校に行くのもままならなくなりました。
苦痛から、学校に向かう小道を、1人カバンを背負って立ち尽くすこともありました。そんな時には、目は涙で溢れていました。

 少女の死が近づいたころ、ある新聞記者が病院側からこの話を聞き、記事にしました。
少女の話はたちまち中国全土に伝わり、人々は彼女のことで悲しみ、わずか10日間に70万元の寄付が集まりました。
女の子の命はもう一度希望の火が灯され、彼女は成都の児童病院に入院し、治療を受け始めました。

 化学治療の苦痛に、少女は一言も弱気を吐いたことがありません。骨髄に針を刺した時さえ、体一つ動かしません。
ほかの子供と違って、少女は自分から甘えることをしないのです。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:27:07
●訪れた運命の日
 2カ月の化学治療の間に、何度も生死をさまよいましたが、腕のよい医師の力もあって、一時は完全回復の期待も生まれました。
しかし、…。やはり化学治療は、病が進行し衰弱していた少女の体には、無理を強いていたのです。

 化学治療の合併症が起き、8月20日、女の子は昏睡状態に陥りました。朦朧とした意識の中で彼女は自分の余命を感じます。
翌日、看病に来た新聞記者に女の子が遺書を渡しました。
3枚もの遺書は彼女の死後の願いと人々への感謝の言葉で埋め尽くされています。
8月22日、病魔に苦しめられた女の子は静かに逝きました。

 少女のお父さんは冷たい娘をいつまでも抱きしめ涙を流しました。
インターネット上も涙に溢れかえり、彼女の死のニュースには無数の人々がコメントを寄せました。
8月26日、葬式は小雨の中で執り行われました。少女を見送りに来た人にあふれ、斎場の外まで人で埋まりました。

 女の子の墓標の正面には彼女の微笑んでいる写真があります。写真の下部に「私は生きていました。
お父さんのいい子でした」とあります。
墓標の後ろには女の子の生涯が綴られてありますが、その文面の最後は
「お嬢さん、安らかに眠りなさい。あなたがいれば天国はさらに美しくなる」と結ばれています。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:29:26
●殺人は微増にとどまるが…
 紹介した話は、僕が中国で旅している間に偶然に耳にしたものです。
詳細に興味を持つ方はどうぞ僕のブログ(http://bsou.seesaa.net/article/31943569.html)をご覧ください。

 セレブの奥さんが夫を、医師を目指す兄が妹を、バラバラ殺人する事件が相次いで報道されたり、息子が父親のしつけに耐えられなくなり、母親と幼い兄弟を放火殺人してしまったり、とここ最近、家族同士の殺人事件のニュースを聞かない日がないくらい増えています。

 家族同士の殺人事件は、今に始まったことではありませんが、どうも最近はこれまで以上に凄惨になり、数も増えている気がします。

 2006年版の警察白書によれば、刑法犯で警察が被害届を受理した件数(認知件数)は2001年度に273万5000件だったのが、2005年度には226万9000件と減り、殺人事件は同じく1340件が1392件と微増、放火は2006件が1904件と減っています。
検挙件数で見ると、殺人は1261件が1345件と、これも増えてはいますが、目立って増えているわけではありません。

 白書の統計の中で、家族間の殺人がどのようになっているのか分からないので、凄惨な家族殺人が増えているというのは単なる印象論なのですが、どうも現代の日本は、家族の絆や生命の重みを大事にする気持ちが、薄まりつつあるのではないかと感じます。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:30:23
●カネや国に頼る前に、必要なこと
 もちろん勘違いだとは思いますが、そう感じるのは「カネ」さえかければ的な議論が先行し、何をするにしても基本である人の気持ちが置き去りにされているようだからです。
例えば、現在、安倍内閣が掲げている教育再生や少子化対策などの是正の議論の中では、必ずといっていいほど、国が対策を講じず、必要な予算をつけなかったから「学校が荒廃した」「子供を産めない夫婦が増えている」というものがあります。

 カネがないからダメになった、という意見に、僕は素直に賛成できません。紹介した中国の少女の家庭は貧乏だったけれども、少女を優しい思いやりのある子供に育てました。
お金はなかったですが、少女には夢があり、家族愛が育まれました。

 この少女が生きた四川省の農村部では、1人当たりの年間現金収入は1000元(約1万4000円)も届かないと聞いています。
ですから治療費の30万元というのは、年間収入が500万円の人が15億円の治療費を負担するようなものです。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:31:13
●思いやる心がない社会の寒さ
 少女の話がまたたくまに中国全土に広がったのは、中国も最近の経済発展でカネがすべてという退廃した空気が充満し、そして日本をはるかに凌ぐ格差社会の実態があるからだと思います。
少女の話からお金よりも大事にしなくてはならないものがある、いくらお金があっても得られないモノがあるのだということに気づかされ、それがなんの見返りもない寄付という形になったのだと思います。

 お金は、あることに越したことはありません。予算もそうです。
教育再生、格差社会の是正に限らず、どんな改革を実行するのにも、予算は少ないより多い方がましです。
しかし、お金をかければ、必ずいい結果が出るものでもありません。

 学校が荒れているのは、教育予算の規模も関係しているかもしれませんが、僕には家族が、人を思いやる心を子供に与え、教えていないことに根本の原因があると思えます。
もちろん家族だけが人を思いやる心を教えるものではありません。家族が教えられなくても、教師、地域、仲間が代わりを務めることもあるでしょう。

 暖冬の中、寒々しい話をたびたび聞くにつけ、心のぬくもりについて考えてみました。

※作者のブログ。http://bsou.seesaa.net/article/31943569.html


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:37:24
泣けた、、、、

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 02:30:20
去年の7月に従妹がなくなった。まだ34歳だった。
不妊治療でわかった子宮ガンが、治療にもかかわらず
一年余の間に、複数の臓器に転移していた。
死の一月ほど前から、緩和ケア・
ホスピスケアのできる内科医院にはいった。
体を動かすのもようやくだった彼女が、
回診のときに、ベッドから起き上がって医師に
向かっていったという。
「先生、私、どうしても生きたい。まだやりたいことがたくさんある。
私、どんなにたいへんでも頑張りますから、よろしくお願いします」
その日の夕方から彼女は昏睡状態におちて、帰らぬ人となった。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 16:58:18
ある日カーラジオで聞いた人生相談
相談者(60代女性)
「2年前の娘の死の悲しさを乗り越えることが出来ない。こんなことじゃいけないと
街に出るが、似たような背格好の後ろ姿を見かけるとハッとして後を追ってしまう。
見失ってからやっとなんてバカなことしてるんだと自分が嫌になる。
人にも会わなきゃと趣味のサークルに入ってはみたが何気ないひと言にひどく傷つくこともある。
相手に悪気は無いと分かっているが悲しくてしょうがない。早く乗り越えるには
どのように生きたらいいのでしょう。」

回答者(80代医師)
「奥さん、あなたよく電話してくれた。俺も20年前に娘亡くしてるんだよ、だからあんたの気持ちは
痛いほど分かるさ。『あんた医者のクセに自分の娘の命も救えないの?このヤブ!』『なんだと!?
テメー言っていいことと悪いことがあるぞ!』って女房と不毛な喧嘩繰り返してボロボロになってた
時期もあったな。自分の子供亡くすくらい悲しいことないよ。ちょっとやそっとで乗り越えられるもん
じゃない。悲しけりゃ泣きゃいいし、外にでたくなきゃ家に居なよ。『ひにちぐすり』ってよく言ったもんで
長い間かかるけど時間がゆっくりゆっくり治してくれるんだよ。だから決して焦っちゃいけないよ、いいね分かったね」

運転しながら泣けた

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 18:35:52

あまりに簡単に自ら命を絶つ若者が多すぎる

もっと、先に子供を失う親の視点から。残される物の視点から見た

ドキュメント番組なり、ドラマなり映画なり作ってくれないかと切に思う。

親の心は親にならないと絶対に判らない!と良く言うがその通りだと思う

無関心と放任主義と子供に遠慮する親が多いのも事実だ。

とにかく自殺だけは・・・・やめてほしい。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 18:41:14
子供は社会をうつす鏡だよ
子供が絶望感を持つのは、
今の社会と大人の責任。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 18:47:10
だから自殺は仕方ない こんな世だから仕方ない
今の社会と大人の責任だから 自殺は仕方ないですか そうですか
止められませんか そうですか

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 19:01:39
そんなこと言ってないけど
子供の自殺を減らすには、大人がえりをたださないと
難しいっていってるんだ。

例えば君が小学生で、同級生がいじめで自殺する。
学校側は、自殺の原因はいじめではないと報告する
君はどう思う?
そんなので、学校とか大人とか信用できる
子供なんて育たないっていってるんだ。

ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20070119/eve_____sya_____005.shtml



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 19:11:34
いらいらするスレだな 終わり

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 02:41:59
上司が3年間交際した末にバツイチどうしで再婚した。
嫁さんには小学校低学年の連れ子が居た。
時々、この娘がなつかないんだよなあ、とこぼしていたものだ。
それでも幸せそうな結婚生活を送っていたが、嫁さんが白血病になり
一年とたたぬ内に、父と娘を残し鬼籍に入ってしまった。

葬儀も終わりに近づき、喪主を務めた上司が挨拶を終えた。
それから、傍らで目を真っ赤に腫らす娘の背中を押すと、
「皆さんに御礼のご挨拶しなさい」
と小さく言った。 娘は小さな手で顔を拭うと、
用意してきた原稿をはっきりとした口調で読み始めた。
「ほんじつは、おいそがしいなか、ははのために
おあつまりいただき、ありがとうございます。」
上司は口元を真一文字に結んだまま、震えながらただただ上を見つめていた。
俺はもう涙が止まらなかった・・・

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 09:59:36
他人同士が親子になっちまったか・・・
幸せになってもらいたいな。
ガンバレ 親子〜!

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 14:24:13
何か・・・40歳を越えたら 涙が我慢出来なくなっちまった

日本語おかしいかな?すぐ泣いてしまう

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 15:51:59
私事ですが。
私と彼はこの40板のスレで知り合いました。
彼のライブに行ったのがきっかけです。
もう一昨年の夏の事です。

今は彼は私と暮らしています。
私は生まれた時から父と腹違いの姉の暴力に有って来ました。
服も買って貰えずいつも同じ服装で学校でもイジメられていました。
母も毎晩父に殴る蹴るされていました。

その父はもう18年前に肝癌で死にました。
姉とは殆ど連絡をとっていません。もう甥も大学を卒業しました。
私は父が亡くなった後に鬱病になりました。
それでも年老いた母と暮らしていく為に働き続け、病は益々悪化して行きました。

そんな時2ちゃんの存在を知りました。
最初は怖かったしメンヘル板ばかりに行ってました。
40板い行った所で皆さん結婚されてて話しが合う訳ないと思っていました。
でも何かの拍子にここへ来てみました。
そこで「オヤジバンドですが今度ライブをやります。」というレスを発見しました。
その頃の私は家から一歩も出れない生活が続いていました。
それなのに彼にレスに「ぜひ伺いたいから場所と時間を教えて下さい」とレスしていました。

そして数年ぶりに1人で電車に乗りました。
冷や汗が顔の化粧を流してしまい乗り換えの階段では足がガクガク震えていましたが
なんとか会場に着きました。

それから彼との交際が始まりました。彼は鬱病の私に気を配ってゆっくりとゆっくりと
時間を育んでくれました。
彼も両親の店が倒産して借金を背負って必死に働いている人でした。
ギャンブルに溺れた事も有ると打ち明けてくれました。
そして彼も小学校の6年間イジメに合っていたと知りました。
何度も自殺を考えたと話してくれました。

彼の両親は私が鬱病が完治していないので結婚には反対しています。
でもコツコツと2人でお金を貯めてこの秋に彼は家の近所に越して来て
2人の生活をスタートさせる予定です。
私の鬱も大分良くなってきています。
籍をすぐ入れる事は出来ませんがいつか彼のご両親にも分かって欲しいと思っています。
もしダメでも2人でこの先も生きて行くつもりです。

先日彼が、私に何か有ったら自分が命を賭けて守るから。と言ってくれました。
私はあなたの命以上に大切なものなど有りません。だから命を賭けるなんて言わないでといいました。
彼はありがとう、と言って泣きました。私もオイオイ泣いてしましました。
彼も苦しい道を1人で闘って来た人です。
私はそんな苦しい思いをしてきた彼を、そしていつも精一杯私を愛してくれる彼を絶対に幸せにしようと誓いました。

今、色々な事で辛い思いをしてる人も沢山いると思います。
でも私たちのように40半ばになってやっと幸せになれそうな気がしている人間もいるのですから
どうか希望を捨てずに生き抜いて下さい。
必ず必ず良かったと思える日が来るはずですから、それまで諦めず投げやりになったりしませんように・・・。
40代、足を踏ん張って唇かんででも顔を上げて生きていきましょう。

長々と失礼しました。      ここの板に人が報われる事を信じて私も彼も生きていきます。頑張りましょう。。。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 16:07:07
もう、頑張らなくて
いいんじゃないかな?
彼はそう言ってる気がするんだけど。
幸せって、頑張らなくてもいいって
意味もあるような気がします。

意味不明な書き込みでごめんなさい
なんとなく読んでたら、そう思いました。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 16:25:40
今まで生きてきて・・・
どうにもならない事もある
どうにも出来ない事もあった
今一歩の勇気が出せない事もあった
今やれば良いのにやらずに出来ないままの事もある
後悔の連続だ。それでも・・妻がいて子供がいて些細な幸せもある

今が良いのか悪いのか判らないが、ようは自分の気持ちの持ちようだと思う
他人から不幸せに見えても何でも、自分が幸せと思ってればそれで上出来

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:24:33
>>13です。結局嫁とは別れたんだけど・・・長男の話
悲しい話ではないけど、チラシの裏の話だけど・・・書きます。ごめん。

父が22日(月曜)に亡くなった。67歳だった。
病気も無くあまりに急だったが、本当に自分の思い通りに生きてきて、
母や私たち兄妹は、殆どいい思い出などなく、「これだけ自由に生きてきたんだから67でも大往生だね」と話していた。
それくらい酒も女でも自由に生きてきた人だったから、なんだかホッとしていた。

本当に喪主というのは大変だった。
何から何まで決めなくてはいけないし、弔問に来る人たちの相手もしなくてはいけない。
忙しいし生前の父の事を考えると、悲しみなど湧いてこない1週間だった。

元嫁と住んでいる中2の長男が葬儀に参列し、昨日また線香を上げに来た。
そこで、長男が「とうさんはじいちゃんに何を教えてもらったん?」と聞いた。
「そやなーじいちゃんは礼儀にだけは厳しかった。お前も礼儀にだけは気をつけろよ」と言うと
「僕もとうさんとは別に暮らしてるけど、とうさんから教えてもらったことちゃんとしていくからな」
と言いやがった。

そこまでは良かったが、お茶とお菓子を食べ、帰る時に彼は母親(ばぁさん)に向かって
「ばーちゃん、また弟をつれて遊びに来ます。じいちゃんの墓参りのときは呼んでください。とうさん、頑張ってな」
と頭を垂れやがった。

いままで、そんなことはまだきっちりできない子供だと思ったのに、
まだまだ子供の挨拶程度しかできないと思ったのに、いつの間にか大人になっていた。

子供に「頑張って」と言われ、「おぅ」と返事を返した瞬間に涙がこぼれた。
自分の子供が成長した嬉しさと、父親に「こんな立派な孫になったぞ」と見せられた気がして泣けた。

親が死んだ時にうれし泣きってのもおかしな話だけど、誇らしくって泣けたー

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:31:25
ええ子やね

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 04:47:08
>>78
親は無くても子は育つ。
きっとあなたの分までしっかりして母親を支えているのでは?
生きてく道は違えども親子は親子。疎遠になりがちな不安定な関係な親子だけど
事あるごとに会って、何気ない話でも良いのでしていってくださいな


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 05:01:07
ええ子やね、ほんと。父親もええ父親だったんだ、きっと。
誇りもっていいよ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 22:27:20
長いスレばかりだな 退散

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:23:12
胃が調子悪いな 大田胃酸

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 12:55:30
え゛なに?
この板で知り合った香具師と・・よろしくやってるか・・むむ。
あるんだなぁ〜そんな美味しい話しも・・
当方随分長い間おりますが・・そんな浮いた話しはちーともありまへん。
泣ける話だ・・ボソ。


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 18:20:14
( つω´)て、てやんでィ、目にゴミが入っただけでィ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:03:02

夏、『8時だよ全員集合!』、網戸、蚊取り線香の匂い、鰹節とネギの乗った冷奴、
汗をかいたラガービールの瓶、若かった頃のランニング姿の親父、台所のお袋が
水を流す音、笑い転げる弟、ポンコツテレビから外れたチャンネルのノブ、
バスクリンの匂い、みんなの笑顔。

昭和の空は今よりも果てしなく青かった。
そして、夕焼けは今よりも優しくてまぶしかった。

僕らはそんな時代に少年期を過ごし夢の途中の真っ只中にいた。

何かに疲れた時、このスレに来ればいいのさ。
まっすぐに前だけを見て綺麗な瞳をしていた、あの頃の自分が出迎えてくれるから。

おやすみ。俺達に幸あれ!

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 23:40:40

何故?あの時一言「好きだ」と言えなかったのか・・・・。と

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 02:26:33
まだ小学校にも上がらない頃、母親に手を引かれて歩いてた。母親が泣いていたのを覚えてる。
父親は本当にわがままで、死ぬまで酒と女に忙しかった男だったので
多分そのときも、女の所に服でも届けてた帰りだったんだじゃなかったのだろうか。

死んだときに「若いけど大往生だったね」と言われる中で
涙さえ見せなかった母は「やっと自由になった」と俺に言った。
母親の人生を考えると、すごく切ない。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:29:08
>>88
不謹慎かもしれないが「若いけど大往生」って
どういう死に方をされたのか、少し気になった
周囲にそんな風に言われるってのは、憎まれてはいなさそうだね
それとお母様との夫婦の問題は別だけど

あなたはお母様を大切になさって下さいね

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 21:41:27
好きなことを好きなだけやって死んだのだから、とそういう言い方をする時もあるよね。大往生。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 05:06:57
1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★[off_go@yahoo.co.jp] 投稿日:2007/02/13(火) 00:20:45 ID:???0
★浴室での80代夫婦死亡、夫は水死・妻は凍死…大阪

・大阪市住吉区墨江の無職男性(82)方の浴室で11日夜、死亡しているのが見つかった
 男性と妻(81)の死因は、大阪府警の司法解剖の結果、男性は水死、妻は凍死の疑いが
 強いことがわかった。

 調べでは、男性方は2人暮らし。男性は今月6日ごろ、妻は10日午後に死亡したと
 みられる。妻には認知症の症状があったといい、同署は男性が死亡した後、妻が
 そのまま浴槽に入ったとみている。

 2人は11日夜、水が入った浴槽に、裸で折り重なった状態で見つかった。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070212-00000511-yom-soci

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 08:41:38
>>91
ここ数日大阪は暖かかったのに凍死って辛すぎる。

誕生日だったけど朝からちょっと鬱っぽかった。
ここに来て涙いっぱい流したらちょっと頑張れる気がした。
ありがとう。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 15:08:28
>>91
今朝ニュースで知ったが  悲しい話だね
きっと奥さんはダンナが好きだったんだろうね

                    合掌だ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 17:37:03
旦那の死後3日ほど風呂に入ったままだった様だ・・・・

                       合掌

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 18:26:38
>>91
胸が痛くなる事件だ・・・スレのURL載せるよ。

【社会】 82歳男性、風呂で水死→認知症の妻、その冷めた浴槽に入り凍死…大阪
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171293645/

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 18:27:06
>>92
Happy Birthday to you!
ちょっぴり切なくなるスレだけど 
他人事で涙できるあなたの心は潤い豊かでピカピカだと思う

よい年になるといいね

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 22:31:07
>>96
あなたの優しさにウルウル来たよ。ありがとう。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 23:04:17
>>97
ROMの中にも応援しとる奴いっぱいおるって!
事情は知らんけど頑張ろまい

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 22:42:37
2年前の夏、親父が死んだ。
俺が2歳のころに離婚して、それからは再婚もせずたった1人で俺の世話をしていた。昼ドラの嫁姑関係みたいな親戚しかいないこの血族じゃ、預けたくもなかったそうだ。
高校を卒業しても働こうとしなかった俺に「バイトぐらいしろや」とか言ってたけど、ずっと反抗期だった俺がそんな話に聞く耳なんて無くて。
バカみたいに甘かった親父は黙ってる俺見て「しまった」て顔して。
なんだかんだで俺が成人する年、「成人式にはいいスーツ作ってやるからな」なんて言って。その数ヶ月前にリストラされたのに、そんなこと気にしないって顔で振舞って。なんとかその歳の3月に再就職。したはいいけど、苦手なセールス関係。
なにをどうしたらいいのかわかってない親父に「無理すんなよ」とか言いたかったけど、照れくさくてそんな事言えなかった。

その年の7月12日、その3日前から体調崩してた親父が吐血。そのまま病院へ。
7月末には体調良くなって、「8月中に退院だな」なんて言ってたのに、8月20日にそのまま病院で永遠に寝てくれやがりました。

前日にメールで「明日ちょっとやってもらいたい事あるから、早めに病院来てくれ」て書いてたじゃんか。
もう何すりゃ良いのかわかんないじゃんか。もう顔見れないじゃんか。もう「ありがとう」って言えなくなったじゃねぇか。

泣きふさいで引き篭もって皆嫌いになって。


あれから2年。できちゃった婚でもうすぐ1歳を迎える娘は、どことなく親父に似た愛想笑いをして、周囲の皆に笑顔をくれてます。
アンタもそっから見てますか? アンタも笑ってくれてますか?


ぶっちゃけ20代なんだ、俺。
シャシャリ過ぎた、ちょっと吊ってくる。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 23:07:24
子供がいるなら大事にして命をつなげ。それが一番の親孝行だ。

自分は実母が病弱だったから、生まれてすぐに母方の親戚に預けられた。
姪の子供なんてピンと来ないだろうに、初孫としてバーちゃんは可愛がってくれた。
バーちゃんも病弱だったから、記憶にある姿は横すわりして笑っている所だけだ。
抱っこもないし、おんぶも無かった。でも本当に可愛がってくれて、何もしなくても安心できた。

寄り合いが有ると必ず頼まれるほどの寿司の名人で、縁側で酢飯を作り始めるともう我慢が出来ない。
「バーちゃん、バーちゃん!!」
しゃがんでピコピコはねると、「ほいよ〜」と一口だけ押し込んでくれた。
それで十分満足して、外に飛出して友達と暗くなるまで遊んだ。

親元に戻っても毎年泊まりに行ってたけど、さすがに高校に入ると少し疎遠になった。
そうしたら「もう駄目かもしれないから来て」って姉ちゃん(娘さん)
から連絡がきた。
病院のベッドのバーちゃんは信じられないくらいにギロギロに痩せて横になっていた。
もう孫の顔も分からない、と姉ちゃんが言ったのに、「来たよ」と言ったら自分を見た。
「分かってるんだ」と姉ちゃんが言った。
あまりのショックで声も出ないし身じろぎも出来ない。こわばったままの顔を
バーちゃんは何と思っただろう?
それからすぐ、バーちゃんは他界した。

何年かしたある日、鏡を見ている時に、何気なく目尻を引っ張って垂れ目にしてみた。
「あれ?バーちゃんの顔?」
自分は父親似だと思っていたのに、ちゃんと同じ血をひいていたんだよね。
今、何がどうって訳ではないんだけど、なんとなくもやもやした時には
炊き立ての飯に酢をうって、あの時のバーちゃんの味を思い出す。
確実に自分の中にバーちゃんは居る。それでいいと思っている。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 22:14:36
>>99>>100
ネタかどうかは、分からないが、今の自分をかみ締めてイキロ!!!!!!!!!!

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 22:18:05
>>101
ありがとう。100だけどネタじゃないよ。
生まれてすぐに預けられたから、実の親に懐くまで少し時間がかかったんだよな。
一番古い記憶は2歳のときに勘当された事だ。
何かで叱られて、父が「出て行け!!」と怒鳴った。
もちろん本気で言った訳じゃないんだけど、小さかったからマジで
「ここには居られない、バーちゃんのところにいかなくちゃ」
と思ったのは覚えている。すぐに連れ戻されたんだけど、
父が他界して思い出話していた時に兄が疑問をぶつけて来た。
「バーちゃんの家と反対方向に歩いていたのは何故だ?」
「だってバスに乗って駅まで行って、電車に乗らないと行けない」
2歳でそこまで分かっていたんだよな。
「20年ぶりに疑問が解けた」って母と兄が笑ったけど、
自分はそういう育ち方だった。

バーちゃんの世代は乳飲み子抱えた戦争未亡人なんて当たり前だったから、
何か有ると「生き仏の方が大事」と口癖のように言って大事にしてくれた。
命の大切さを本当に知っていた人だと思うよ。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 10:58:20
このトシになってこんな話聞いちまうと…、どうにもなぁ…








(´つω;)雨が目ん玉の中から降ってきやがるぜ…


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 16:07:08
 
 うちの飼い犬は雑種でしたが賢い犬でした。茶色の中型犬でした。私がまだ20代のころ、
知り合いからもらって、車に乗せて連れて来たのが昨日のことのようです。玄関の中に繋い
で飼っていましたが、家族同様に過ごして16年、さすがに年をとって足腰が弱っていたよう
でした。
 ある日、その犬が突然居間に上がって来ました。どうしたのかと思う間もなく、「クーン」と
言って私の膝にあごをのせました。気付いたときには犬は死んでいました。最後の力を振り
絞って私のところまで来たのかと思うとそれまでの思い出とともに涙が止まりませんでした。
 

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 17:16:13
つω+`)

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 17:53:49
犬って・・・だめだ涙で書けない。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 19:08:41

みんな良い人なんだだね。涙はストレスも流してくれるんだよ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 21:00:39
そしてスレスト


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 21:44:37
涙で 文字が 滲んでいたら わかって ください〜♪

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 21:48:30
わからん!

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 14:51:20
因幡あきらだ、なつかし

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 10:27:44
俺には親がいなかった小さいころからじいちゃんと2人暮らしだった
じいちゃんはそらぁ俺を猫かわいがりした
ガキのころいじめられて泣いて帰ったら杖を振り回して学校に怒鳴り込んだ
遠足や運動会にはでっかいいなりずしを作っていつも来てくれた
熱を出せば夜中だろうが4キロの道を俺を背負って医者まで連れてってくれた
相撲が大好きでいつも一緒に輪島を応援してた北ノ湖が勝つと2人で罵倒した
じいちゃんはだいぶ前に亡くなったがあるきっかけで
俺はじいちゃんと血がつながっていないことが判明した
俺は隣家の子供で夜逃げのときにあかんぼの俺だけ置き去りにされたらしい
そして独身だったじいちゃんが面倒見るといって引き取ったと
もし聞けるならじいちゃんに聞いてみたい
血のつながりもない他人の俺をどうしてここまで面倒見て育ててくれたんですか?
そして言えるならじいちゃんに言いたい
ありがとう俺にとってじいちゃんは唯一の家族でした
何の不自由もなく親がいない寂しさを感じないで大学まで行かせてくれて
いっちょ前の社会人になれたのもあなたのおかげです
今度墓参りには産まれた娘を連れて行きますね
ひ孫ですよ誰がなんと言おうと俺の娘はあなたのひ孫ですから
あと関係ないけどじいちゃんが俺に教えてくれたべぇごまの技
友達の間で俺は無敵だったよ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 16:57:22
>>112
じいちゃん、カッコいいね。
血は繋がってなくても本物の親子以上だと思う。いい話、ありがとう。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 20:10:14
>>112 このスレ見てて、初めて涙でてきた。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 04:11:41
スレズレだけど・・。
泣ける歌ってある?賑やかでも、やかましくても、演歌でも、民謡でも・・
自分にとってその時の思い出になっていたら、今聞くと泣けてくるんだよねぇ

ちなみに俺は
中島みゆきの「強がりはよせよ」

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 10:32:42
高校卒業して遠く独り暮らししてた時

中島みゆきの「ホームにて」で泣いてました。

最近はkokiaの「ありがとう」です。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 16:04:00
ありがとう kokia

誰もが気づかぬうちに 何かを失っている
ふと気づけばあなたはいない 思い出だけを残して

せわしい時の中言葉を失った 人形たちのように
街角に溢れた野良猫のように 声にならない叫びが聞こえてくる

もしももう一度 あなたに会えるなら
たった一言 伝えたい
ありがとう ありがとう

時には傷つけあっても あなたを感じていたい
思い出はせめてものなぐさめ いつまでもあなたはここにいる

もしももう一度 あなたに会えるなら
たった一言 伝えたい
ありがとう ありがとう

もしももう一度 あなたに会えるなら
たった一言 伝えたい
もしももう一度 あなたに会えるなら
たった一言 伝えたい
ありがとう ありがとう

時には傷つけあってもあなたを感じてたい

ありがとう。って言える人がもういなくなって・・。この曲聞くと泣けてくる

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 17:24:30
曲はフラッシュとかでよく聴くけど歌詞を改めて読むと感慨深いものがあるね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 18:27:19
つttp://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 18:39:25
ありがとう

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 19:00:59
>>119
それは「火垂の墓」レベルの反則だぁ〜。初めて見たのは会社

「課長〜何泣いてるんですかぁ?」と言われたッス

俺は、これにも変に泣けてしまった
ttp://1yoshi.zero-city.com/html/kachandobutu.htm

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 19:43:54
AAで泣かされるとは、わしもまだまだよのぅ(TT)

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 19:53:37
>>122
実は俺も・・。こんなので泣ける?と思ったら・・・
一番最後の最後のセリフでウルウルしてしまった

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 19:53:51
「ありがとう」はいつ聴いてもホントに…。俺が初めてこの曲を聴いたのはMMOの「ウルティマ・オンライン編」だったか。
いや、ファンタシースターオンライン編の亜流だとは知ってた。知ってたけど涙を抑えることが出来なかった…。
職場の重圧が厳しくてMMOに逃げ込んだ8年前、UOの画面の向こうで励ましてくれた見も知らずの奴らが思い出されたよ。
キモいオヤジでごめんな、でも書き込まずにはいられなかった…

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 20:16:22
今日このスレに来て良かった・・・・・

会社がいよいよヤバくて仕事がない状態が今日で10日間。
妻や娘に心配かけたくなくてこの状況を言い出せなくて
これからまだまだ教育費も住宅ローンもかかるのにお先真っ暗。

でもこのスレから不思議な力を貰えた気がする。
俺の身体は健康だし、家族の絆は固いし
仕事が多少不調だって命を取られる訳じゃない。
とりあえず給料だって数ヶ月は保証されてるんだし。
やるだけのことをやった上なら結果はいいじゃないか。

そう思うと明日からの営業にも気合が入る。
このスレの全住人に「ありがとう」だ。

チラウラですまん。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 20:51:25
弱音を吐いて良いスレなんだよ。
みんな頑張って生きてるんだよ。
自分の為、女房の為、父や母の為

でも、40代。静かに、確かに、そして確実に
疲れてきているんだよ。身体も心も。
叫びたくても、弱音を吐いても、ネガティブになっても
誰も助けてはくれないんだよ。

それでも過去は戻らない。未来を明日を生きていくんだよ
星の数ほどあるHPサイトのこの掲示板で知り合った40代達よ

頑張れ。男だって、女だって、そんなに強い生き物じゃないよ
でも、頑張って生きてこうぜ。弱音を吐いたっていいじゃん

せっかく生まれてきたんだし

127 :無職:2007/03/10(土) 21:10:58
疲れたなにもかも

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 21:17:09
てめえはあしたのジョーかよ!まだ灰になるには早いぜ
疲れた体に鞭打って、もうちょっとだけ頑張れよ!俺も頑張るぞ、守るべき者は誰もいないバツイチのおっさんだけどな

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 21:17:27

「地球か・・・・何もかも みな 懐かしい・・・・・。」

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 21:18:59
地上とは 思い出 ならずや

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 22:13:12
プロジェクトX 最終回 エンディング
「ヘッドライト・テールライト」中島みゆき
http://www.youtube.com/watch?v=sCh1yEeo1_M

132 :712:2007/03/10(土) 22:25:23
テラ(地球)へ・・・・・・ナツカシs

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 22:30:40
今、母ちゃん死んだら

相当後悔するなぁ…



134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 23:20:21
お袋が・・・
実家に戻るたびに小さくなっていく。今、幸せなのかなぁ

今年、親父が逝った歳になる俺。実家を出て数十年になるが

それこそ女手ひとつで育てるのは大変だったろうな・・・・。

何の親孝行もしてねーや。でも、たまには怒られたい 長生きしてくれ

お袋

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 23:28:00
花粉症がひどくて。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 00:06:21
不倫していた。
4年間も妻を裏切り続けていた。
ネットで出会った彼女。
最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。
幸い、ずる賢く立ち回ったこともあり、妻には全くばれなかった。
彼女と関係を持った夜、遅く帰っても、ただにっこりと迎えてくれる女だった。

しかし、そんな関係がずっと続くわけはなく。
最近、彼女から別れを告げられた。
新しく好きな人が出来たとのこと。
まあ、よくある話し。
独身の彼女にそう言われれば、責めることも出来ない立場であって。
ただ「よかったな」と強がりを言い残して別れた。

4年も付き合っていた女と別れるというのは、想像以上に辛いものだった。
心の中にポッカリと開いた穴は、容易に埋められるものではなかった。
その寂しさを紛らわすため、これまで全くかまってやれなかった妻に、白々しく優しくしたり、遅くまで思い出話をしたりなんかして。
妻も、結婚後久しく見せなかった笑顔で、俺の話しに付き合ってくれた。

253 :大人の名無しさん :02/09/24 19:08 ID:yeuHTyk/
機械音痴な妻に、携帯メールを教え込んだ。
彼女からパッタリと来なくなったメールの寂しさを紛らわすため。
我ながら、その動機の不純さにあきれながらも、あまり期待もせず妻からのメールを待った。

ある日のお昼前、携帯にメールの着信音が響いた。
妻からの初メールだった。
何げに開いてみた。
涙が出た。止め処もなく涙が出た。

「初めてメエルします 線が引けない もつとちやんと、習ておけばよかた でも今はすごく幸せて感じかな」

こんな不器用なメール、見たことねぇよ。
俺は今まで、何やってたんだろう。
自分の不甲斐なさや汚さ、妻に対する愛おしさがごちゃ混ぜになって、とにかく涙が出た。
こいつを一生大切にしてやろうと思った。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 00:26:41
コピペ乙 良い話だけどさすがに飽きた

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 00:43:49
今日、医者に、胃癌と言われた。
余命3ケ月と言われた。
息子は20歳、娘は16歳。
旦那は10年前に、やはり胃癌で死んだ。
子供達はまだ学生だけど、旦那が残してくれた保険金が残ってるし、あたしの保険金もあるし、なんとかなるね。
この世にまだ未練は多少あるけど、あなたにやっと会える…。

もうすぐそっちに行くから、そしたらギュッと抱きしめてね。
あたし10年頑張った。そっちに行ったら一杯褒めてね。




139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 17:08:35
>>138
なんて言っていいかわからない…
けど何かを言いたくて書いてます

子どもさんたちにも貴女の愛情は届いていると思います
きっと誇りを持って生きていってくれるでしょう
そしてこれからの日々…
(医学は絶対じゃないから「いつまで」とは言えないと思う)
今まで以上に素晴らしい日々になることを願ってやみません

いつかは皆そこにいくんだもんね
「待っていてくれる」と思えたら、こんな幸せなことないよね



140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 17:09:04
>>138
ネタorコピペを承知でマジレス

我が身が病魔に冒されても家族のことを思うあなたの心情に涙しました。

ご先祖からあなたに受け継がれてきた命のバトンは
間違いなく二人のお子さんが受け取っています。
その次のバトンを受け取る孫を見ずにこの世を去るのは心残りだろうけど
子供達に命の尊さを身を以って教える最後の仕事が待っています。

未来にあなたの命のバトンを持っている大勢の子供が見えますよ。

どうか残された時間を心安らかに有意義に楽しく過ごしてください。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 17:13:06
>ネタorコピペを承知でマジレス
むしろネタであって欲しいと切に祈る。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 17:48:54
ネタであれ マジであれ 人間いつか死ぬ

これまでは「どう生きていくか?」だったけど

これからは「どう死をむかえるか?」

出来れば、安らかな死が良いが・・。苦しむのは嫌だなぁ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 17:52:14
さっきテーブルの角でおもいっきりスネを強打した。
痛い。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 18:01:17
泣いてろ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 18:13:23
>>143
生きてる証拠だ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 19:20:44
>>143
スネならまだ良い。俺など足の小指だ こんな悲しくて痛い出来事があるか?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 00:29:57
>>146
ない。
ないが大人なら我慢しなけりゃならない。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 00:37:27
>>146
馬鹿もん!同じ体験をして右足小指の爪が殆ど剥がれてしまった俺が来ましたよ
ツープラトン攻撃だ、死ぬかと思ったよ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 01:00:11
「テロメライシン」という癌治療薬があるらしい。
末期で見捨てられた患者が回復しているという・・・。
時代は確実に進化している。
諦めるな!


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 03:11:11
もし、あの話がほんとなら
クズな人生を送ってる
俺の命をあげてもいいのにって思う。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 12:26:32
138です。
皆さん、温かいお言葉有難うございました。
あれから大急ぎで身辺整理し、今日、15:00入院です。
夕べは子供達と、布団を並べ、川の字に手を繋いで寝ました。
布団の中で、子供達の啜り泣く声を聞いて、主人には悪いけど、もう少しだけ待っててもらおう。
もう少しだけ、生きる努力をしてみようと思いました。

無事生き延びる事が出来たら、又ここにお邪魔します!

本当に有難う。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 17:02:30
マジか? マジなのか?
心臓がバクバクしてるぞ。
(ネタならこんなうれしいことはない。)

>>138
生きろ、生きろ、生きてくれ!
俺の友達も余命3ケ月の宣告をされて1年たつがまだ生きている。

希望はなくすな! 
旦那にはまだまだ待ってもらえ!

再登場切に祈る!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 17:07:41
テロメライシン
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%C6%A5%ED%A5%E1%A5%E9%A5%A4%A5%B7%A5%F3&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1

岡山大学病院に第一人者の先生がいる。

急げ!

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 17:13:51
もうベッドか?

今からでもおそくない。
テロメライシンに託せ!

抗癌剤のような苦しみはないそうだ。
今までの発想を逆転する薬だそう。

医者は既存のものに執着する者もいる。
医者に殺される前に、自ら動け!生きる為に動け!

誰か力を貸してやってくれ!

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 17:27:04
>>136 大丈夫、貴方は無事に生還します。
良い子供たちに恵まれてるし、頼りないがネットの仲間たちもついてる。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 18:29:09
>>151
こんなに祈ったことはないように思うよ
こんなに自分が無力に思ったこともない

神様がいるならお願いします
ささやかに生きる者たちをお救いください


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 18:55:54
>>151
本当に、釣りだった方がどんなにか…。
軽い病気の入院であれば「範囲は限定されるけど、病院でもネットに繋げられる場所はあるはずだから
ヒマを見てカキコヨロ」とかの軽口も叩けるのだが…。
「もうすぐそっちに行くから」とか考えないで欲しい。40代なんて、現在の高齢化社会から鑑みればまだまだ
折り返し地点をウロウロしてるようなもんだ。どうか心を折らず、生きる努力だけは忘れないでくれ。

そして全快したらまたこのスレ見て、「何かも〜、無駄に深刻ぶっちゃった自分がm9(^Д^)プギャー」みたいな
書き込みをして欲しいです。もうここは見てないかも知れないけど、負けないで下さいね…

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 20:10:02
>>151 がんばれ。
医療に携わる者としては、医者なんかより、笑うことと勇気を持つことが一番の薬だといつも感じる。

そして、このスレにこんなに住人が居たことに驚いた。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 21:55:42
赤の他人の自分がこれだけ辛いんだ。
子どもさんのことを考えると胸をえぐられるようだよ。
20歳と16歳・・・大きくなってるとはいえ、
まだまだ親元で甘ったれてるやつ等もいるってのに・・・

なんでだよ、納得できないよ!
きちんと戻ってきて欲しいよ・・・

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 22:41:24
大丈夫。
あなたとあなたのお子さんと、ここの住人たちの思いが重なり
あなたはきっと治ります。
大丈夫。>>151さん。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 22:58:31

釣られ釣られて釣り釣られ〜♪

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 23:06:49
>>151
ガンガレ!超ガンガレ!
こうなったら釣りでもいい。幾らでも釣られてやるよ。

だから。だから戻って来い!必ずだ!

163 :152:2007/03/12(月) 23:07:22
>>151
俺は今帰宅したぞ。

入院一日目だな。
明日から検査検査だろうが前向きにな。

今夜は寝られないだろうな...
PCが使える環境があればいいのだが。

また立ち寄ってみる。
がんばれ! >>138



164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 00:11:16
153だお

祈ってる、マジ祈ってる。
釣りでもいい。祈ってる。

頼りない夫、頼りない父、こんな俺だけど祈ってる。
あんまり活動してなけど、実は創価学会員だお。
無事帰還できるよう、まじにお題目おくります。
出すぎたマネかな、スマン。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 00:19:09
156です
私も祈ります 祈りつづけます
必ず帰ってきてくれると信じてます


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 17:38:49
155だが
よう分からんがとにかく戻って来い!君が元気になるとなんとなく俺も元気を取り戻せる気がする。

167 :152:2007/03/13(火) 17:58:59
入院2日目だな。

ずいぶん応援団が増えてるな。 なんかすごくうれしいよ。

>>138
希望をすてるなよ。
子供が待ってるぞ! みんなが待ってるぞ!



168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 18:33:46
>>138>>151
残念ながら、あなたはまだ旦那さんには会えないよ。
俺があなたの旦那なら、再会して抱きしめるどころか一喝するね。
「こっちに来るには早すぎるんだよ!子供たちの行く末を見守ってやるっつー
母親としての勤めがまだ残ってるだろうが!」ってね。

退院当日、二人の子供さんが微笑みながら迎えに来る情景を胸に描いて
頑張るんだ。無責任な俺にはこんな事くらいしか言えないが、病魔になんか
屈するなよ!

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 19:12:38
159だけど、俺も祈らせてくれ。
そしてこれを機に禁煙するよ。
元気に生きていけるからだを傷つけるのはバチあたりだ。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 10:45:18
こ、こんな・・・涙・・。良レスが続くスレッドを・・・うう・・泣

何故に、下に下げられようか・・・。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 11:01:57
練り山葵

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 11:28:34
シネ

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 11:29:49
ねこ

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 11:33:48
自演隊

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 11:39:42
>>171
>>172
>>173
>>174

連続投稿する暇があるならシルバー人材センターでも行って仕事探せ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 11:57:58
今頃>>138はPCの前で糞ニートがニタニタしてるんだろうなw

ってかお前、PCの前でニタニタしてろよ!!携帯でも良い。握りしめてニヤついてろよ!!
いや、ニヤついててくれと、切に思う。

駄目だ。糞が止まっちまった。しばらく仕事にならんな。風に当たってくる。

携帯からスマン

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 12:38:22
明日をも知れない命の人なんて
いくらでもいる
こんなところで
他人に同情する自分に酔えるなんて

幸せな人達

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 12:39:14
己の無力さを痛感する瞬間だ、そしてこんな人ほど長生きして欲しい、と痛切に願う瞬間だよ。

願わくば、138さんの病が回復に向かい、一年でも一日でも一時間でも一分一秒でも多く、家族と幸せの時間を送れるように。

このスレッドの皆さんの善意の願いを、天の神様が聞き届けて下さいますように、そう心から願っています。



179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 12:41:50
うっせよ、ハゲ

180 :152:2007/03/14(水) 21:50:16
入院3日目だな。

やっと2ちゃんらしくなってきた。w

ネタならネタでまったくOK!
>>138
早く帰ってこいよ。 早く帰ってこい!!



181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 23:09:49
>>180
ふふ、煽りに対して鷹揚に構えられるのもまた酸いも甘いも噛み分けてる40代!ってなもんだからね。
俺は157。見ず知らずの他人の心配するよりも自分の心配しろっての、俺!…けど頑張って欲しい。



182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 00:01:18
156です
同じ年頃の子どもの母として
151さんの気持ちは察して余りあります
ずっと祈り続けています
ここのスレの人達の思いが天に届きますように




183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 02:07:37
自覚している症状があっても
ものすごく怖くて検査から逃げてるんだ、俺。

今何かあったらどうすれば・・・

妻子が温かい。
離れたくない。
生き抜きたい。

みんな同じだと思う。
だから、>>138には帰ってきて欲しい。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 12:51:03
>>183
山ほど保険掛けてから医者行け。
俺も脳溢血の家系で先日ちょっと耳鳴りやら頭痛やらの自覚症状らしきものがあり
年齢的にもそろそろやばいと思い、多額の掛け捨て保険に駆け込み加入し
先日MRIやらCTやらその他諸々の精密検査受けた。

結果は健康そのもので全く問題無しと太鼓判を貰ってしまったが。

上のレスにもあったがこの世代はどう生きるかも大事だが、どう死ぬかも問われる。
残された家族が経済的に困窮しないように対応するしかない。

そりゃ死ぬのは誰だって嫌だよ。
だからこそ大黒柱の責任を最後まで果たさねばならんのだ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 12:53:42

俺・・・「風が吹けば桶屋が儲かる」最後まで言えんぜ。へへへへ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 15:06:58
おk

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 15:16:33
>>185
ぐぐれ、といいたいところだが、こういうのは
ぐぐるよりこっちか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E3%81%8C%E5%90%B9%E3%81%91%E3%81%B0%E6%A1%B6%E5%B1%8B%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 16:10:41
電車は全席女性優先!健康な男は立ってろよ
1 :番組の途中ですが名無しです :2005/10/02(日) 02:41:13 ID:Sb46w0
私、すごくいいこと思いついちゃったんですけど、
電車は全席、女性と病人と老人を優先にしたらどうでしょう。
健康な男は立ってろよ。。。みたいな事明言して。
座ってれば痴漢にあう確率も低いし、その位ハッキリ決めないと、どうせ譲り合い出来ないんだから!
女性専用車両よりもこの方がよくない???
投稿 kchan | 2005年5月26日 午後 12時31分

kchanさん
いやいや、本当ですね。
座っていれば痴漢にあう確率は低いと思います。
健康な男性が席を譲れば、彼らも痴漢の疑いをかけられなくてすむわけだし。
日本人って規則がなければ出来ない人種ですよね。
いっそのこと決めちゃいましょ、そしたら「規則だから」って守りますよ。
ははは。
投稿 kiyomina | 2005年5月27日 午前 10時05分
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1158910104/l100
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/employee/1133847378/l100
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/okiraku/1145161843/l100
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1151823779/l100

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 17:18:24
>>185
俺・・デブ デブ 百貫 電車に轢かれてペッチャンコ 最後まで歌えるぜ

190 :152:2007/03/15(木) 20:32:24
入院4日目だな。
>>138のいない家は子供も寂しいだろうな。
希望を捨てるなよ! 生きろ!

>>183
そうか...気がまぎれるならまた何か書いてくれ。






191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 22:02:41
>>183
家族のためにも勇気を出してください
なんでもなければ笑い話になります

ここのスレに来たのも何かの縁
あなたから元気になってもらえれば
もっと勇気を持てる人が増えるでしょう
がんばって


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 02:19:10
>>183です。
・・・・・・・ありがとう。

>>138さんにも皆さんとっても温かい。
復帰を切に願います。

俺、タイミングを計ってるんです。
今何かが発覚したら困るんです。
残せるものも残せなくなるんです。

もし何かあったら早い治療に越したことないんだけど、
それがもし恐れている病なら、
今このタイミングでは残せるものも残せない・・・

でも生きていたい。近々、病院に行きます。


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 16:00:29
病院に行くなら早ければ早いほど良い

良くある話だが もう少し早く来てれば手のうちようが有ったのに・・・

なんて言われないようにな183

194 :中川泰秀 ◆tyvkWCNtzY :2007/03/16(金) 16:02:18
私は健康のためにわざと立ってるよ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 16:05:46
あ!中川君・・・・こんなところに・・
久しぶり〜♪

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 18:01:02
41才独男母親を殺害した裁判

18年間一人で新聞配達をしながら病気の母の介護を続けたが
母親に頼まれて殺害したそうだ。執行猶予3年の判決がでたが
俺は泣いた。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 18:32:41
温情判決

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 19:59:50
介護に疲れて老親の殺害とか、
生活保護もよく知らなくてライフラインも絶たれて餓死とか、
悲惨な話は後を絶たないな。
行政のフォローも限界があるし。

せめて幼児の虐待は救えないかな?
保育所も児童相談所も気づいてたと聞くたびに、
「何やってんだよ!」と思う。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 20:49:36
みんな視ね 

染んでしまえ

200 :152:2007/03/16(金) 20:54:57
入院5日目。
>>138 待ってるぞ!

>>183
俺は何も出来ないし何を言っても他人事だ。
でもここで話をしよう。
また気が向いたら顔出してくれ。 
病院に行く勇気を持っただけでもエライ!とヘタレな俺は思う。

 

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 14:09:13
娘がもうすぐ嫁に行く。
さっき、昼間から風呂に入ったと思ったら、出てくるなり
「おとうさん、髪の毛ドライヤー当てて・・。」
「そんな事は自分でやれ・・・・・・」と娘を見ると目がウルウルモード

娘は子供の頃は極端な天然パーマで小学校低学年までは風呂から出ると
「パパ〜髪の毛真っ直ぐにしてぇ」と、俺がドライヤーで髪を乾かしていた
娘の小さい頃を思い出しながら丁寧にドライヤーを当てる

そばで見ている女房はもう涙ボロボロ。俺もウルウル・・。娘が言う
「おとうさん。ありがとねぇ・・」俺、涙・・洪水状態・・。

バカオヤジの土曜日の昼下がり。結婚式・・やっぱ泣いてしまうかな

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 15:46:35
スレの流れからして大きな声でおめでとうと言いづらいが
それもこれも人生よのぉ
皆に幸あれ

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 15:50:33
いい娘さんじゃないか、ちなみに娘さんはおいくつですか?
我が家も娘が3人いるので、他人事じゃない気がする・・・


204 :152:2007/03/17(土) 17:08:31
>>201
切ない(イイ)話だね。そういう歳になるんだね。
幸せじゃないですか! 結婚式、号泣しましょうよ。(笑

入院6日目
>>138
みんな心配してるぞ。

205 :159:2007/03/17(土) 17:31:26
禁煙5日目。一昨日はだいぶイラついたが今日は落ち着いてきた。
俺にも小学生の娘が2人いるんだが、禁煙宣言するたびに、
2・3日でイライラと周囲にあたる→娘たちが怯える→
「家族に悪影響だ」と自分を許してしまう→LOOP状態だった。
今回結構頑張れてるのは、138のがもっと辛いと思うから。
何も出来ない俺だが応援してるよ。

煙草止められたら長生きして、201のようなこともあるんだろうな。
やっぱ娘たちは可愛いし、頑張るよ。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 00:00:23
>>205
禁煙がんばってね。
舅は禁煙して約10年なんだけど、
仕事(自営)している時はずっと喫煙してました。
禁煙するとイラついて仕事にならないから、
すっててくれた方がいいと家族から言われてたんで。
ところが一昨年、姑が呼吸器を傷めて病院にいったら、
「これは夫の喫煙のせいでCOPDになったんだ」と
医者に言われてしまいました。
舅は泣きましたよ。
「もっと早くやめていれば良かった、俺の責任だ」と言って。
冷静に考えれば副流煙だけじゃなくて仕事場の油煙の影響も
有ったと家族は思っていますが、舅はかなり落ち込んでました。
今はニコチンパッチやガムも有ります。自分と家族の未来のためがんばって下さい。
このスレに書き込んだ皆さん、この年になれば必ず何かの問題を抱えています。
また戻ってレスしてください。待っています。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 00:27:47
車の排気ガスは人体に対してタバコの数倍の影響を及ぼすという。タバコをやめるのは当
然として、嫌煙者は絶対に車に乗ってはいけない。また、飲酒は様々なトラブルを巻き起こ
す。家庭内暴力や時として殺人をも引き起こす。嫌煙者は当然のことながら酒など飲んで
はいけない。飲酒運転などするやつは計画殺人と同じだと思う。酒気帯びなど区分せず、
全て飲酒運転として即刻死刑にすべきである。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 01:16:00
漏れもバカオヤジ。
娘の嫁入りなんて想像したくない・・・

こんなにも無償の愛でつつみ
一分一秒をもこの子の為に生きてきた。

昨今のバカ小せがれに
なんでタダでやらなきゃならんのか!

うう・・・
でも幸せにしてやってくれ
絶対に裏切らないでやってくれ
ちょっとぐらい貧乏でもいいから
ずっと長く仲良くいてやってくれ・・・

このバカオヤジと
それを支えてくれる恋女房のように。


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 01:28:37
妻を一度たりとも裏切ったことはないですか?
娘の婿にだけ、それを求めるのですか?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 11:27:59
求めてもいいと思うよ、親だから。
子どもの幸せを願うのは当然、親だからね。

いつまでも、鬼籍となっても彼岸の果てからも見守り続ける。
下手に口は出さずに、本当に必要なときに手を差し伸べる。
そんな親でありたい。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 16:59:17
で?
山口百恵の「美サイレント」の、口パクのところは何て言ってんの?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 17:03:13
(´・▽・`) し
(´・□・`) ら
(´・ー・`) ん
(´・▽・`) が
(´・ー・`) な

213 :152:2007/03/18(日) 21:04:29
>>159
禁煙応援してるよ。
入院期間とほぼ一緒だね。 願掛けだと思いがんばってくれ!w

>>138
入院7日目
帰ってきたら159を褒めてやってくれよ!


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 21:43:58
>>211
たしか「情熱」だったかと思う。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 05:16:47
あなたの 情熱 が欲しいのです
燃えてる ひと時 が好きだから

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 09:49:19
ポコチンかと思ってた・・・

217 :152:2007/03/19(月) 17:53:30
>>138
入院8日目
今日の我家の夕食はカレーです。
なぜ知っているかというと昨日もカレーだったので。(最低2日は続くw)


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 18:14:24
>>152
????? 
何?無理やりその話題を持続させて盛り上げたい訳?

わけわからん

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 19:15:24
>>1960 カメレスですまんが
俺もその日の朝、みのもんたと共に泣いた

彼の二十代前半から四十過ぎまでの18年間、普通なら人生を構築する時間を
全て母の介護にささげた挙げ句、母へと手をかけた彼の人生を思うと哀しくてしかたなかった

職場スキルも持たないであろう彼は、社会復帰というハードルの前でどうなるのだろう

隣家の親父も泣いていた。本当に良い奴なんだと泣いていた。
回りの包容力に希望を持ちたい。


220 :219:2007/03/19(月) 19:16:55
>>196 だ・・・スマソ

>>218 そっとしてやっても良いじゃんか

221 :152:2007/03/20(火) 00:13:09
>>218
まぁまぁそう言わず気が済むまでカキコさせてくれ。
一人くらいカウントしててもいいじゃんか。

盛り上げようなんて思っている訳じゃないし、他のレスの邪魔してる訳じゃないだろう?
自分の気持ちが整理できたら静かに居なくなるからさ。
よろしく頼んます。 

>>220 アリガト。




222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 01:19:08
そうだよ。応援してやりたいという気持ちはあたたかいじゃないの。
病気の人負けるな。がんばれがんばれ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 02:56:45
>>218
おまいがもし病に倒れて心が折れそうになったときに初めてわかる。
見知らぬ人間からのエールが心の支えになることをな。







224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 03:32:41
>>209
そう!
一度たりとも裏切ったことはない。
長い歳月の連れ添い、
不満も確かにあったろう・・・。
だが、裏切ったことはない。

ひとつは「娘の父」となって一層強まった。
ふたつは俺の母のようにはさせたくない。
また、これが母の遺言でもある。
妻の支えは大きい。
決して裏切らない。

だから、
そんな親の姿を見て育ってきた愛娘。
「パパのお嫁さんになるんだ」・・・
あのころ嬉しかった。
大きくなったもんだ。

裏切った小僧はぶっ殺す!
・・・・なんてね(涙)
バカオヤジだよ、俺は。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 09:00:49
そうかー
そういうお父さんなら娘婿にそれを願う資格がありますね!

226 :152:2007/03/20(火) 17:05:07
そ〜〜っ(謙虚に...w)

入院9日目。
元気かな〜? 
>>138、ここのみんなは優しいぞ。早く戻ってこい!

>>224
エライなァ、いやマジで。
でも>>224、それがわかった上で婿殿を大事にしてやってくれ。
結婚する時に大反対された俺からのお願い。w


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 02:00:55
何か。。。泣けた

ttp://www.geocities.jp/smhati/degicam.html

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 02:25:58
なぜか、この話が好きで落ち込んだときはこれを見て
もっと、落ち込むようにしてる

ttp://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7709/blueb21c.html

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 12:17:22
♪羽ばたくのをやめれば 落ちること
♪青空舞う鳥さえ 知ってるさ
♪君だけが知らなかったね...

230 :152:2007/03/21(水) 14:52:54
入院10日目。
>>138
春分の日だねぇ。 今日は暖かかった。



231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 16:49:29
シグナルってバンドの
「20歳(ハタチ)のめぐり合い」って曲が、さっきラジオから流れてた
この歌を初めて聴いたには、確か20歳前だったような・・。

思えば遥か遠くに来たもんだ。確かに流れて行く時の波にもまれながら
ようやくか?まだ?かわからんけど、ここまで生きてきた
パソコンなんぞ無かった若かれし頃。まさか掲示板に投稿しているとは

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 20:41:17
>>230
いつもスレ保守ありがとう
138さんが帰ってきてこのスレを覗いてくれるのを
私も心待ちにしています

3月になってからの方がむしろ寒かったけど
やっと暖かくなりましたね
このスレの皆様にも素晴らしい春になりますように

233 :152:2007/03/22(木) 17:10:33
入院11日目。
>>138
どんな状況かなァ。痛みがなければいいんだけど...

>>232
こちらこそありがとう。
気長にカウントしていきます。
138が早く顔出してくれるといいね。w

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 19:54:11
いつの頃からか春が嫌いになってた。
花粉症だし、税金だ国民年金だとお金はかかるし。
考えてみたら車検も春だしね、だからだと思ってた。

春分の日の前日、友人とたわいなく電話してたら突然、
「そういえば7回忌だよね?」と言われて驚いた。
お腹にいるうちだから、顔も覚えてない次男…
勿論忘れてない、でも彼女が覚えていてくれたことに、胸がつまった。

春は一生好きになれそうもない。
でも人の気持ちの暖かさにも気付かせてくれた。
それもわすれない。




235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 20:14:23
夢を両手に 都会に出て 何もつかめず 帰るけど
優しさの 扉を開ける鍵は  眠れない夜が そっと教えた 

心も 身体も開きあい そこから 始まる物がある  

それを 愛とは 言わないけれど  それを 愛とは 言えないけれど

あの夏の日が無かったら 楽しい日々が 続いてたのに

今年の秋は 何時もの 秋より  長くなりそうな そんな気がして 

春の嵐が来る前に 暖かい風が吹く前に 重いコートは脱ぎ捨てなければ

歩けないような そんな 気がして

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 20:58:43
秋止符か。アリスなつかしぃな

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 22:09:46
この歌を聴くと保と雪のを思い出す15歳の母
あのとき生まれた歩も今は三十路近い
俺も年とるわけだにゃ

238 :152:2007/03/23(金) 17:33:48
>>138
入院12日目。
待ってるぞ!



97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)